エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. アルブチンの効果はシミ・そばかす・美白に期待できる?

アルブチンの効果はシミ・そばかす・美白に期待できる?

美白/美肌 しわ しみ
  1,502 Views
アルブチンを摂取してシミがない女性

最近薬局にいくと、アルブチン配合の化粧品をよく見かけませんか?

しかしアルブチンの美白効果とはどのようなものなのでしょうか?

 

また、美白に良く効くとされているハイドロキノンビタミンCとの違いは何でしょうか?

アルブチンの成分を良く知ることにより、シミやそばかすなどの肌トラブルを防ぎ、美白な肌を手にいれましょう♪

アルブチンについて

アルブチンは桃から抽出

アルブチンとは天然型フェノール性配糖体で、植物では、コケモモ、ウワウルシ、梨などに含まれます。

アルブチンは、シミのもとであるメラニン色素の生成を抑制させるため美白効果があるとされています。

 

メラニンは、日焼けのもとでもあり、シミを促進させるもとでもあります。
しかし私たちの肌に日焼けやシミが出来るのは、メラニンだけのせいではなく、チロシナーゼという成分がメラニンを酸化させるためにあります。

このチロシナーゼに直接作用するのがアルブチンと言われています。

そのために、アルブチンを摂取していれば、メラニンが黒く酸化する前であれば、紫外線を浴びた肌でもまだ間に合うということです。

これらのことからアルブチンは美白を期待することが出来るのです。

アルブチンの種類

アルブチンには種類があり、「βアルブチン」と「αアルブチン」の2種類です。
αアルブチンは、スイスの企業と日本の食品メーカーが共同開発したものになります。
さて、この2種類はどう違うのでしょうか?

アルブチンを摂取して美白な双子

αアルブチン

植物(梨やコケモモ)にもともと含まれていますが、配糖化技術ブドウ糖ハイドロキノンに結合させたものです。

βアルブチンと比較すると、私たちの肌とより相性が良いのはαアルブチンで、しかも約10倍も美白効果が高いとされています。

最新技術でここまで変わるとはすごいですね。

近年美白化粧品に配合されているのは、こちらのαアルブチンでしょう。

βアルブチン

ツツジ科のハーブ(ウルワウルシ)に含まれる、天然植物から抽出したものです。
美白効果がありますが、αアルブチンと比べてしまうと、その効果は劣ります。

ビタミンC誘導体との違い

アルブチンとビタミンC

ビタミンCは美肌効果があるということはご存知の方が多いかと思います。
そんなビタミンCを、私たちの身体の中に留まりやすくする働きをするビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCにとって相棒と呼べるくらいの大切な成分です。

 

しかし、紫外線対策用の化粧品などに配合されているビタミンC誘導体は濃度が低いです。

これには理由があり、ビタミンC誘導体は私たちの肌には刺激が強すぎるのです。
そのために、あまり実感できない人が多いとおもいます。

 

前述でも記述があったように、α-アルブチンは、紫外線を浴びた後の肌にも効果があり、もちろん紫外線予防にもなります。

どちらも美白効果はありますが、ビタミンC誘導体は刺激が強いので、摂取のし過ぎには注意が必要ですね♪

ハイドロキノンとの違い

アルブチンで美肌な女子

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるようにシミや色素沈着に効果があるとされます。

病院などでも処方されるくらいの成分のため、効果は抜群です。

 

しかし、ハイドロキノンはビタミンC誘導体と同じように、私たちの肌には刺激が強すぎてしまいます。

そのため、使用方法や使用料を間違えてしまうと、後悔するくらい大変な肌トラブルを起こすことになるでしょう。

アルブチンは、肌に刺激が強すぎるハイドロキノンと比較して、美白効果はもちろん弱いです。

 

しかし肌トラブルを起こしにくいために、安全性が高いです。

そのために、美白対策としてもそうですが、アンチエイジングのための化粧品もにも多く配合されています。

アルブチンの効果

シミやそばかす予防をする女性

アルブチンには美白効果があり、そのためにシミやくすみやそばかすなどへの効果が高いです。

シミやそばかすは、日焼けなどの原因でもある紫外線がメラニン色素をつくりあげ、そのメラニン色素が酸化するために出来てしまう症状です。

 

紫外線が私たちの肌に直接当たり、肌を守ろうとメラニン色素をつくります。
普通、メラニン色素は28日周期の肌のターンオーバーで自然と肌から排出していきます。
しかし紫外線を浴びすぎた肌はメラニン色素を外に排出することができずに残ってしまい、これが色素沈着を起こしてシミやそばかすの原因になってしまうのです。

 

また、年齢を重ねた肌は代謝が悪くなりターンオーバーのリズムが悪くなります。
これも色素沈着を起こす原因になります。

 

アルブチンは、このシミやそばかすなどの原因であるメラニン色素を酸化させるチロシナーゼという酵素の生成を抑える働きがあります。

そのために美白効果があるとされ、シミやそばかす、くすみなどにアプローチする効果があります。

アルブチン単体では、シミやそばかすを予防することに効果があります。

アルブチンの効果を上げるために

アルブチンは単体では、シミやそばかすの予防になりますが、他の成分と一緒に摂取することにより、既にあるシミやそばかすを薄くしてくれる効果があります。

その他の成分とは、ビタミンCです。

 

ビタミンCは、メラニンの生成を抑制しますのでアルブチンと一緒に摂取することにより、シミが今より濃くならないように働きます。

さらにコラーゲンを生成するビタミンCは、肌のターンオーバーの周期を正常に戻しますので、肌のくすみも改善すると言えるでしょう。

ビタミンCとアルブチンを一緒に摂ると相乗効果を生み、更に美白肌へ近づくことが出来るということですね♪

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

アルブチンを摂取してシミがない女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 抗糖化で肌の老化予防をする方法

  • 紫外線対策に!守ると攻めるのスパイラル♪「アスタリフト ホワイト」

  • 話題のエテルノ濃縮プラセンタドリンクの成分・効果

  • なんで乳首の色素は黒くなる?黒い乳首をピンクにする方法

  • ブロッコリースプラウトはアンチエイジングに必須!?効果と成分

  • 目元の小じわ・シミに効く商品口コミランキング