専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 「背中」の贅肉は、見た目年齢を大きく左右する?!姿勢を正して後ろ美人に♪

「背中」の贅肉は、見た目年齢を大きく左右する?!姿勢を正して後ろ美人に♪

 2017/05/19 痩せない
  176 Views
背中がキレイな女性

美しい後ろ姿が魅力的!!

 

どんな人だと思いますか?
自分ではチェックしにくい後ろ姿ですが、他人は前からみるよりも後ろから見ていることが多いようです

 

どんなにおしゃれしていても、猫背で下を向いて歩いているようなら、素敵な後ろ姿とはいえませんよね。

凛とした姿勢の人はやっぱり魅力的。綺麗な姿勢で美しい後ろ姿の女性を目指しませんか?

 

まず、「姿勢を正すこと!」がとっても大切

姿勢を正しく歩く

意識することは「つむじが天井に引っ張られているイメージ」を持つこと。

天井から糸で吊られているようなイメージを持って歩くことで、きれいな姿勢になれます。

つい、気がつけば下を向いて歩いている人は、背中も丸まってしまいます。顔を上げていることで視線に困る人は、顔を上げて目線だけを下に落とすようにすることをおすすめします。

美しい姿勢をキープするには、常にこのイメージを持って過ごすことを心がけていきましょう。

 

なぜ、首が前に出てしまうのか?

猫背の女性

加齢と共に、姿勢は前かがみになり、それに伴い首も前に出てしまう人が多くいます。

それは、背中の筋肉の衰えから、頭を支えきれず頭が前へ垂れ下がった状態なのです。

背中の筋肉は、日常生活の中で、あまり使われない筋肉なので、衰えやすくなっています。

 

背筋エクササイズは基礎代謝UP・背中の引き締めにも効果的!

背中の筋肉が良く使われているか?いないか?でエネルギーの消費量にも大きな差が出てきます。

背中の筋肉が活発な人はもちろん背中の贅肉もつきにくく、お肉もたるみにくいです。

また、背中の筋肉を良く使われている人は、必然的に背中の引き締め効果が期待でき、かつ基礎代謝のアップにも大きく影響します。

また、姿勢の改善やぽっこりおなの解消にも効果があります。

 

背中の筋肉は面積、体積も大きな筋肉なので、背中をエクササイズすると基礎代謝が上がり、結果的には脂肪燃焼効率が高まり、太りにくい体質になっていきます。

 

背中には、頭を正しい位置に支えている筋肉の代表「僧帽筋(そうぼうきん)」と、姿勢維持に大きく影響する筋肉の代表「広背筋(こうはいきん)」があります。

これらの筋肉をエクササイズすることで、猫背や肩こり、腰痛の解消・改善なぼにも繋がっていきます。

 

僧帽筋って?

僧帽筋は上部・中部・下部と三つの線維に分けらます。

それぞれの主な役割は、肩甲骨を内側に引き寄せること。上部は肩甲骨を引き上げる働きを担い、下部は肩甲骨を下ろす働きがあります。肩や首のこりは上部が緊張してしまうことが大きな原因です。

 

僧帽筋上部のエクササイズ

上部の働き

肩甲骨を内側に引き寄せる・引き上げる・腕を前回しさせる

①肩をすくめるように持ち上げ、少しキープしてゆっくり下げていきます。これを5回繰り返しましょう。

僧帽筋上部エクササイズ1

※肩をすくめる時に、首を前に出さないように気をつけましょう。

※肩先を耳たぶに引き寄せるように意識しましょう。

 

僧帽筋中部のエクササイズ

中部の働き

肩甲骨を内側に引き寄せる

①両手を横に広げ、手のひらを後ろ向きにし肩甲骨を背骨に引き寄せるようにしながら腕を後ろに引きます。胸を広げ前に出すように行いましょう。これを15回繰り返しましょう。

僧帽筋中部エクササイズ1

※手先だけで運動してしまわないようにしましょう。

※首を前に出さないようにしましょう

※肋骨を開いた状態で運動しないようにしましょう。

 

僧帽筋下部のエクササイズ

下部の働き

下部   肩甲骨を内側に引き寄せる・下ろす・腕を後ろ回しさせる

①両手を前に伸ばし、肘を90℃に曲げ脇を締めながら後ろに引きまましょう。これを15回繰り返しましょう。

僧帽筋下部エクササイズ1

僧帽筋下部エクササイズ2

※脇が開かないようにしましょう。

※肩甲骨を寄せるように意識しましょう。

 

3つのエクササイズを順に行い、これを1セットし、慣れてきたら3セット行いましょう。

僧帽筋をエクササイズすることで生活の中で凝り固まってしまった肩や首をほぐすことができます。

 

広背筋って?

広背筋は背中の下半分を占める筋肉で、運動をする際、上半身を安定させる働きがあります。また、広背筋は腕を回したり、引いたりする動作にも関わります。広背筋が弱まると、身体のひねりや、腕がスムーズに動かず、重たいものを持ち上げにくくなります。

 

広背筋エクササイズ

①両手でタオルの両端を持ち、頭の上に伸ばします。

広背筋エクササイズ1

②左右にタオルを引っ張りながら吐く息に合わせ、頭の後ろに下げてきます。これを15回繰り返しましょう。

広背筋エクササイズ2

※下げるときも、もとに戻すときもタオルをピンと張るように左右に引っ張っておきましょう。

※タオルは、小指と薬指でしっかり持つように意識しましょう。

 

 

ボディメイクトレーナーからのメッセージ

長時間同じ姿勢でいるデスクワーカーの人などは背中が丸くなり、贅肉がつきやすいので注意しましょう。パソコンなどを長時間触っていると腕や肩が身体の前にあるので、広背筋が緊張してしまい、猫背になってしまうのです。背中の脂肪を落とすには、やっぱり運動が必要です。

背筋エクササイズは、姿勢の改善だけでなく、背中の引き締めにも効果があります。

また、筋肉量を増やすことで、基礎代謝が高められ、太りにくい体質を作ることができます。

 

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Eriko

Eriko

ボディメイキングセラピスト、パーソナルトレーナー、の資格を保有。様々な経験を経て、健康とダイエットについて日々情報を集めています。他にもエステシャン、薬膳アドバイザー、アロマコーディネーターの資格を活かして現在は美容ライターとして活躍中。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • がたいがいい女は卒業! 「華奢な女性」と言われたいなら…

  • 美容・ダイエット効果がスゴイ!さつまいもを食べると勝手に・・・

  • ぼっこりお腹が気になるなら、今すぐ『美腸エクササイズ』

  • たるんだ二の腕はおばちゃんの象徴?今すぐ始めたいエクササイズ方法

  • バランスボールでエクササイズ!痩せたいなら身体のバランスを整えよう

  • 運動しているのに痩せない・・ジムでのダイエット効果を高める秘訣