エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 30歳過ぎたら「美腹メイク」で 美しいウエストを手に入れよう!

30歳過ぎたら「美腹メイク」で 美しいウエストを手に入れよう!

美腰

薄着の季節になるとウエストのくびれが、気になリませんか?

キュッと引き締まったウエスト」は、それだけでスタイルがよく見えます。ただ痩せて細いだけではなく、上半身と下半身とのバランスが大事だと思います。キュっとくびれたウエスト、引き締まったお腹は女性の憧れです。「美腹メイク」で美しいボディラインを手に入れましょう!

 

キュっとくびれたウエストを作るのは『腹斜筋(ふくしゃきん)』

腹斜筋

お腹のエクササイズというと、『腹筋』と思いがちですが、お腹のどの部位に刺激を入れたいかということで、運動の仕方が変わります。確かに、ぽっこりお腹を引き締めてくれるのは、皆さんが良くご存知のいわゆる『腹筋』運動です。

ですが、くびれたウエストを作るのに重要なのは『腹斜筋』です。

 

『腹斜筋』は、肋骨の下からわき腹あたりにある筋肉のことで、体を捻じる動きや、内臓を支える役割です。脇腹をキュッと締めて腰を伸ばしてくれるコルセットのような筋肉といえます。

 

つまり、『腹斜筋』を鍛えると、たるんだ内臓を押し上げ、脇腹を支える力がつくので、必然的にくびれができるということです。

 

姿勢美人は「くびれ美人」になる!

くびれ美人

『腹斜筋』をメイクするには、まず、立っている時やお仕事で座っている時にお腹を意識的に引っ込めて、内臓を持ち上げておくこと。

 

※中世ヨーロッパ時代の女性がドレスの下に下着として必ずつけていたコルセットをイメージして見てください。現代でいうと、着物の帯をギュッと締められる時の感覚。

 

腰を伸ばして、「姿勢を正すこと」これが意外と難しく意識と継続、習慣性が求められます。気がついたら背中を丸くしていたり、姿勢が悪くなったりしていませんか?普段から姿勢を意識するだけでもだいぶ違いが出てくるはずですよ。

「美腹メイク」で美しいボディラインを手に入れましょう!

 

・ツイストクランチ

①仰向けになり寝ます。

②両膝を90度に曲げて軽く持ちあげます。

③両手で頭を抱え上げ、肩を少し浮かした状態で片方の膝を胸に引き寄せ、もう片方の膝を伸ばします。この時、足は床につけないで斜め上方へ伸ばしましょう。

④次に、膝と肘を近づけるように体を内側に捻りながら起こします。これを左右交互に合計20回繰り返します。

⑤1セット終了したら、両足を抱え込み腰を緩めます。30秒くらいキープしましょう。

⑥⑤のポジションから、右の腕で両足を抱えたまま、右側に倒します。顔は天井を向いたままにし、左腕を横に広げ、左肩を床につけておきます。反対側も同じように行います。左右30秒づつ。

①〜⑥を再度同様に行いましょう。(2セット)

 

始めは回数を減らして行い、目標回数に近づけるように少しづつ頑張りましょう!

 

・オブリーク ツイスト

①体育座りのように、膝を曲げて座ります。

②両手を太ももの外側に回し、お腹を引っ込めるように意識して、骨盤を後ろに倒すように意識しながら、ゆっくりと腰を床につけていきます。

③腰がついたら、再びゆっくりと元の姿勢に戻ります。これを10回繰り返します。

④次に、上半身は左を向くように捻じり、右手で左の太もも外側を持ちます。②の要領でゆっくり骨盤を後ろに倒していきながら左肘を床につきます。

その時、左腕や肩に体重が乗りかかり過ぎないように肘で床を押し、体を引き上げ、左の脇腹をしっかりと持ち上げておきましょう。

5秒キープしたらゆっくり元へ戻り、今度は、左手で右の太もも外側を持ち、同様に行っていきます。これを左右交互に20回繰り返します。

 

・チェアオブリーク クランチ

①椅子に腰掛けて行います。両手を頭の後ろに置き、肘を横に大きく開きます。

②体を内側に捻じり、片方の足を持ち上げながら、膝と対角線の肘を近づけ2秒キープします。これを左右交互に30回繰り返します。

③1セット終了後、両手を天井に向け体を伸ばし、大きく背伸びします。そのまま、体を左右に倒すように10回動かした後、2セット目を行いましょう。

 

『脂肪』がつくのは、冷たいお腹が原因!

脂肪のないお腹

ご自分のお腹、触って冷たいと感じませんか?

お腹を触って冷たい!と感じた人は、脂肪の貯蓄がはじまっています。

お腹が冷たく感じる=筋肉活動量が少なく、『脂肪』が多くついているということになりますね。

 

これは、お腹だけに限らる話ではなく、筋肉の活動量の少ないところには全て『脂肪』がつきやすくなっています。これは、『脂肪』が体を守ろうとする正しい反応の一つですので、これを「防御反応」といいます。

 

お腹にはいくつもの重要な臓器があるので、体はその臓器を冷えから守ろうとしてお腹周りに『脂肪』を蓄えていきます。

 

ですが、筋肉がつき血流が良くなることで体温が上がれば、『脂肪』は仕事がなくなりすぐに退去していきます。

 

ですから、お腹が…体がとっても冷えている人は運動効果の効率が悪く、成果が感じにくくなり効果を実感するには時間がかかるでしょう。

そんな人でも少しでも早く成果を出すには、まず、運動前には「温める」こと。

 

そして、普段から冷やさないように、心かけることが成功の秘訣です。

普段から筋肉をよく使われている人は、体温も高いので、『脂肪』を必要としません。ですから必然的にスタイルも良くなります。

 

また、美腹メイクの効果は、くびれだけではなく、腸の働きも活発にし、年齢と共に下垂傾向にある内臓を本来の位置に保ち、排泄力を高めることに併せて、女性に多い便秘の解消や婦人科系の疾患予防にも繋がっていきます。

さあ!美腸メイクで姿勢美人を目指しましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

美腰

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

下田 絵理子

下田 絵理子

学校給食、有料老人ホーム等にて管理栄養士として勤務後、料理教室や女性向けの美容食セミナー等を開催。個別の栄養指導も評判が良い。
健康的に痩せる、痩せたらリバウンドさせない、肌を衰えさせない食事など、日々研究を行っている。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 無添加のおすすめ生酵素サプリランキング!ダイエットや美容に効果的なサプリTOP5

  • 内臓脂肪を減らす!と思ったけどダイエットに疲れた女性へ

  • フルーツ青汁おすすめTOP5!おいしい人気青汁ランキング!

  • 更年期に太りやすいのはなぜ?原因と具体的な改善方法

  • 【お腹の肉を落とす方法】年齢と共に皮下脂肪は増加する?

  • 絶対&確実に痩せるダイエット方法がついに?必ず痩せる法則