エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. コラーゲンって本当に美容効果があるの?

コラーゲンって本当に美容効果があるの?

美白/美肌 老け
  828 Views
コラーゲンパックする女性

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか?コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物ですよね。

コラーゲンは美容に効くと聞くけど、これを食べて本当に肌に効果があるのでしょうか?そんなコラーゲンの期待される効果などを説明します。

コラーゲンの美容効果について

最近よく、コラーゲン配合の化粧品や食べ物を目にするけど、コラーゲンを摂取することにより、本当にプルプルの肌になるの?疑問に思う方は多いと思います。

コラーゲンとは

コラーゲンの効果

コラーゲンとは私たちの体にあるたんぱく質の一種であり、私たちの体の中にある全てのたんぱく質の約3割をこのコラーゲンが占めています。

体の中にあるこのコラーゲンのうち、皮膚に40%、骨や軟骨に20%、残りはその他全身に存在します。

たんぱく質の中でも、コラーゲンは弾力性があり、細胞同士を結合させるという働きをしています

 

コラーゲンは、肌にハリを与える特徴があります。また骨を丈夫にして、関節の動きを滑らかにする働きがあるとされています。

私たちの体の中のたんぱく質であるコラーゲンは、年齢を重ねる毎に、その量は減っていきます。20歳がピークとされていて、段々と減り、60歳になるとピーク時の量よりで25%程減少します。
実はこのコラーゲン、量と共に質が年齢とともに低下してしまうことが明らかになっております老化の原因の1つである、活性酸素によりコラーゲンの質が低下するといわれております。

 

そのことにより、コラーゲン自体が固くなってしまうため、正常に分解が出来ずに、いびつに変形したコラーゲンが増えるのです。

そしてコラーゲンの質が落ちると、新しいコラーゲンが生成されず、肌のハリが失われ、肌が老化して行きます。また、関節の動きが滑らかにするコラーゲンが少なるなることで、傷みやすくなります。
食べるコラーゲンはこちら♪お試し用110gが999円!

コラーゲンの効果

コラーゲンで肌に弾力がある女性

 

コラーゲンを摂取したからといって、その効果は絶対ではありません。しかし最近では、コラーゲンの効能が認められつつあり、コラーゲン商品は様々なかたちで販売されています。期待される効果はこんなにもあるんです。

弾力のある肌を作る
コラーゲンは、肌の真皮の約7割を占めているとされており 真皮の中でコラーゲン同士が結合することにより、肌に弾力が生まれハリが出ます。
コラーゲンが不足すると、しわやたるみの原因になることがあります。

シミやソバカスに効く
コラーゲンは、シミやソバカス対策に役立つとされています。表皮のターンオーバーを活性化させることにより、シミやソバカスの原因であるメラニン色素をターンオーバーを正常にするため、剥がれ落としやすくします。

髪に潤いを与える
髪の毛が生えている真皮のコラーゲン量が多ければ、潤いハリのある美しい髪を手に入れることが出来ます。

関節の動きを滑らかにする
コラーゲンは、関節の動きを滑らかにする働きがあるとされます。関節を保護するための軟骨に、コラーゲンがしっかりとあると、丈夫な軟骨を作りますので、関節痛などを和らげることも出来るとされています。

骨を丈夫にする
コラーゲンにカルシウムなどが沈着して骨となっているため、コラーゲンが豊富だと、骨を丈夫にします。
コラーゲンは、閉経後の骨粗鬆症予防にも有効だという説もあります。

丈夫な血管を作る
コラーゲンには、血管壁にも豊富に存在します。傷ついた血管壁を修復する効果があるとされ、コラーゲン不足になると、高血圧や動脈硬化という恐い病気を引き起こしやすくなります。

目のトラブルを予防する
目にもコラーゲンが多く含まれ、目の角膜はコラーゲンが積み重なった結晶体です。
コラーゲンをしっかり摂取すると、老化による視覚障害や目のかすみなどの予防にもなります。摂取を怠ると、疲れ目になりやすいです。

更年期障害の緩和と予防
コラーゲンをしっかり摂取することで、卵胞細胞を活性されます。この卵細胞にも、コラーゲンが豊富です。更年期障害は女性ホルモンの分泌からなるため、その分泌低下速度を緩やかにすることにより緩和されます。

胃の新陳代謝を活性化させる
胃の新陳代謝を活性化させるとともに、消化液に対しての抵抗力も高まると言われているため、胃を元気にさせます。

アレルギー症状や花粉症の緩和にも効く
コラーゲンは肌を潤わす効果があるため、アトピー性皮膚炎による肌の乾燥症状をやわらげます。そのため改善効果の期待ができます。
また、花粉症の症状緩和にもコラーゲンは効果的だという説もあります。

ガンの予防への期待
ガン細胞の周りをコラーゲンが取り囲むと、ガン細胞が体内に発生した際にガン細胞の増殖を抑制すると期待されています。

コラーゲンがこんなにも多くの効果をもっていたことを知っていましたか?女性が一番気になる効果は、ハリのある肌を保つということだと思います。やはりいつまでも若々しい肌でいたいのは、みなさん同じですよね。

コラーゲンを保つ方法

コラーゲン鍋

年齢を重ねる毎に減るコラーゲン。これは私たちの体にとって自然なことであり、残念ながら仕方のないことです。では、どのようにしたら、いかにコラーゲンを保つことが出来るのでしょうか?

1.化粧品から摂取する。
最近コラーゲンを含む化粧品がドラッグストアに多く並んでいるのをみかけますよね?
コラーゲンはお肌の保水を保ち、肌のターンオーバーなどにも働きかけます。ですが、残念ながら肌から直接コラーゲンが吸収されることはないです。

2.食品から摂取する
コラーゲン鍋など、体の内部に食品から摂取するという方法もあります。
コラーゲンは、動物や魚類の骨や軟骨などに多く含まれ、豚足はよくコラーゲンが豊富だからと食べる方が多いのではないでしょうか。
また、ラーメンの豚骨スープや牛スジ、鶏の手羽先やフカヒレなどにも多く含まれます。
しかし、これらの食品は、脂肪を多く含むものが多いです。コラーゲンを摂取したいからとやたらと食べると、太る原因になります。

3.健康食品から摂取
コラーゲンサプリ

コラーゲン単体を摂取したからといって体内でコラーゲンになるとは限らないです。
リジン・プロリン・ビタミンCなどの成分が体内でコラーゲンを合成するために必要な成分であることが分かっています。

そのため、サプリメントやドリンクでそれらが含まれるもので摂取することをおすすめします。
さらにおすすめは、コラーゲンの吸収率を高める効果があるとされる、ペプチド化されているサプリメントです。

サプリメントであれば、食品から摂取するときのように脂肪を気にすることもありませんよね♪

肌が若々しいと元気で輝いて見えます。継続的にコラーゲンを摂取し、いつまでもハリと弾力のある肌で、美しい女性でいましょう。


\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

コラーゲンパックする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • レチノール配合の化粧品は美容効果が2倍!?

  • え、まだ高級クリーム?ファイトケミカルのアンチエイジング効果

  • コロカリアはオールインワンジェルで、楽ちんアンチエイジング

  • ホスピピュアは乳首の黒ずみに効果なし?使用して分かったことまとめ

  • 更年期障害が原因のひどい肩こり【症状とケア方法】

  • 化粧のノリが悪い・肌荒れの原因と改善方法