専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. フケができる原因はシャンプーのしすぎ?正しいケアで改善

フケができる原因はシャンプーのしすぎ?正しいケアで改善

 2017/04/21 抜け毛/薄毛
  161 Views
フケに悩む女性

女性が抱える頭皮トラブルの原因のひとつに「フケ」が挙げられます。髪の毛や洋服にフケが付いているだけで、不清潔に見えてしまうばかりか相手に不快な印象を与えてしまうフケ問題。

 

年齢を重ねるごとに症状がエスカレートするフケには、乾性フケ脂性フケの2種類があります。乾性が原因の場合、その名の通り乾燥によって頭皮の皮が剥がれてフケとなり、もう一方の脂性フケは過剰な皮脂分泌が大きな要因だと言われているんです。

そもそも、こうしたフケを引き起こしてしまう根本的な原因とは一体なんなのでしょうか?また、厄介なフケを改善するためにはどうしたらいいのか、ケア方法についても合わせてご紹介しましょう。

 

主なフケの種類はこの2つ

乾性フケ

冒頭でもお話しましたが、まずひとつ目の原因となる「乾性フケ」頭皮が乾燥することが主な要因です。触った時の感触がサラサラしており、女性に多く見られるのがこのタイプです。

 

脂性フケ

「脂性フケ」は、頭皮から分泌される皮脂の量が過剰になってしまうことが原因です。皮脂でベタベタしているのでジャケットに落ちることはなく、髪の毛に残った状態になることが多いタイプ。フケを触るとベタベタしています。

 

フケができるそもそもの原因

間違ったシャンプー方法

現在使っているシャンプーの洗浄力が強すぎる洗う頻度が少ないすすぎ残しが多いなど、間違ったシャンプーの仕方でフケを誘発させている可能性があります。

まず市販されているシャンプーには、「石油系界面活性剤」という非常に刺激の強い成分が配合されているものが多くあります。つまり、頭皮の潤いを保つ皮脂まで洗い流してしまうため、バリア機能が低下して乾燥によるフケを引き起こしてしまうんです。

また、洗う頻度が少ないと毛穴に皮脂汚れが詰まり、毛穴が呼吸できなくなってしまいます。濯ぎ残しも要注意です。皮脂汚れや花粉、空気中に舞うホコリが付着した泡が頭皮に残ったままだと、毛穴に詰まって炎症を起こし、乾性フケと脂性フケの両方を生み出してしまうというわけ。

 

紫外線

私たちの肌は春夏秋冬問わず、一年中強い紫外線にさらされています。紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)の2種類があり、特にA波(UVA)はB波の20倍以上も降り注いでいると言われているんです。

カーテンをすり抜けて室内にまで侵入し、肌の奥深くまで到達して細胞を破壊するほど恐ろしい力を持っているんです。

当然、頭皮もこの紫外線の影響を受け、強い刺激により肌表面の角質がめくれて水分が蒸発。その結果頭皮の表面が乾燥し、ひどい場合は肌内部の乾燥によって皮脂の分泌量が増えインナードライという症状につながってしまう可能性もあるんです。

 

食生活

ビタミン、ミネラルが不足しがちな現代人の不規則な食生活は、頭皮にも影響が現れます。美しい髪の毛は、土台となる頭皮が健康であってこそです。

毎日夜遅くまで残業続きだと、自炊をするのもちょっと億劫になってしまいます。スーパーのお弁当・お惣菜コーナーの出来合いで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか?

野菜不足、トンカツ、唐揚げ、スナック菓子、お菓子などの油っこい食べ物ばかり食べていると、毛穴が詰まって頭皮がべたつきやすくなり、フケはもちろん不快なニオイを生み出してしまうんです。

 

睡眠不足

上司とうまが合わない、思うように仕事が進まない、恋人となかなか会えないなどの内的・外的ストレスは、あなたが無意識のうちにどんどん心と体に蓄積されてゆきます。

その結果、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて睡眠不足に。血のめぐりがどんどん悪化して肌代謝のサイクルが崩れ、肌表面に残った垢が悲しい「フケ」を引き起こしてしまうんです。

 

フケを改善する方法

自分だけでなくまわりの人にも不快な印象を与えてしまうフケ問題は、毎日のちょっとした心がけ次第で解決できるんですよ。

もしあなたが「最近やたらとフケが気になる」と悩みを抱えているのであれば、下記の内容を実践してみてくださいね。

 

使うシャンプーを見直す

シリコンや界面活性剤が入っているシャンプーの使用は避けましょう。なるべく頭皮への刺激が少なく且つ負担のかからないものを選びましょう。特にオーガニック製品はデリケートな頭皮を優しく保湿しながら、余分な皮脂をきれいに洗い流してくれますよ。

 

シャンプーの回数を1日1回にする

もし1日に朝・晩と2回以上シャンプーしているのであれば、1回に留めましょう。というのは、シャンプーのしすぎによって、頭皮の潤いを保つのに必要な皮脂までもが流れてしまうからです。

また、30〜36度のぬるま湯ですすいであげてください。確かに熱い方がさっぱりしますが、頭皮への刺激となってかゆみを伴った乾燥を引き起こしてしまう可能性があるからです。

 

赤・黄・緑・黒を意識した献立

かぼちゃやほうれん草に含まれるβカロテンには、肌の免疫力を高める効果があります。また、トマトに豊富に含まれるリコピンには「活性酸素」の働きを抑えて細胞を活性化させる抗酸化力に優れているんです。

赤・黄色・緑・黒などの彩りを取り入れた献立を心がけ、バランスのとれた食生活を意識してみてくださいね。

 

1日6〜8時間睡眠を確保する

どんなに忙しくても毎日6〜8時間の睡眠は確保するようにしましょう。人は夜になると副交感神経が優位になって脳と体が休息モードに入ります。

私たちは、夜寝ている間に成長ホルモンの分泌が高まりまる。この成長ホルモンはその日受けた細胞ダメージを修復させ、疲れを和らげる効果があるんです。

この分泌を促すためには、眠る3時間前に食事を済ませる軽くストレッチするアロマオイルを焚くなどして入眠しやすい状態を作り出しましょう!

>>睡眠不足でお悩みの方は、サプリメントで解決!

 

まとめ:頭皮の健康が髪の健康

自分だけでなく相手にもマイナスイメージを与えてしまうフケ問題は、どうやら間違ったシャンプー方法、不規則な食生活、睡眠不足、内的・外的ストレスが原因のようです。

私たちが口にした食べ物の栄養は、血液を流れるヘモグロビンによって全身へと運ばれてゆきます。美しく健やかな頭皮と髪の毛を維持するためには、毎日のケアが大切です。見た目年齢に負けない美しい髪の毛を手に入れましょう。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Yui

Yui

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • その薄毛、いつもやってるアレが原因!今日からできる対策方法

  • 重曹を使ったスキンケアとヘアケアで美肌と美髪両方ゲット