エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 目の下のたるみは老けの始まり…原因4つと改善方法

目の下のたるみは老けの始まり…原因4つと改善方法

目の下のたるみを気にする女性

あなたは、目の下のたるみ気になりますか?目の下がたるんでいると目尻が下がって、顔に覇気が感じられず疲れて見えてしまったり、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

 

結論から言ってしまえば、目の下がたるむ一番の原因は老化。

 

そのほか、紫外線によって増えた活性酸素によってコラーゲンが破壊されてしまうこと、血行不良で起こるむくみなど、原因はひとつではありません。

どうにか食い止めようと自己流でマッサージしている、という方も中にはいるのではないでしょうか?

 

顔の中でも皮膚が薄くてデリケートな目元は、より慎重なケアが必要です。

なぜなら、圧がかかるち刺激となりさらにたるみがエスカレートする可能性があるため。今回は目元がたるんでしまう4つの原因、それを改善する方法についてお話しましょう。

 

目の下がたるむ原因はなんだろう?

shutterstock_259168595

鏡で自分の顔を見たとき、「あれ?こんなに涙袋あったっけ?」なんて思うことありませんか?それ、涙袋じゃなくて皮膚のたるみかもしれませんよ。目元のたるみは老け顔に見えるだけでなく、血行不良による「クマ」の原因にもなってしまうんです。

 

年齢に負けないわかわかしい肌を保つためには、毎日意識的に表情筋を鍛えることが大切です。

筋力の低下

加齢とともに、眼輪筋(がんりんきん)の力が衰えていきます。

眼輪筋とは、目のまわりを囲っている表情筋のひとつ。まぶたを閉じたりまばたきをできるのはすべて、この眼輪筋の働きによるものです。年齢と共にこの筋力が低下すると眼球を支える力が弱まり、目の下がたるんで老けて見えてしまいます。

紫外線による影響

shutterstock_138076232

強い紫外線も、目元をたるませる大きな原因。強い紫外線は、肌の水分を奪って皮膚の角質をボロボロにします。

また同時に、潤いを保つコラーゲンをも破壊。その結果、細胞の働きが弱まって肌のバリア機能が低下し、潤い不足による乾燥でたるみを引き起こしてしまうんです。

むくみ

私たちの体を流れる血液は、全身に栄養素や酸素を運び細胞を活性化する働きがあります。しかし、加齢によって体の基礎代謝が悪くなると血行不良に。その結果、要らない毒素が体の中に蓄積されて目元がむくんでしまうんです。

長時間のパソコンの使用

shutterstock_394152811

デスクワークで長時間パソコンを使用している場合、自然とまばたきの回数が減少します。私たちは日々無意識で行っているまばたきによって、眼輪筋を鍛えているんです。

つまり、パソコンの使用や読書によってまばたきが減り、眼輪筋が衰えてたるみを生んでしまうというワケ。

さらに、パソコンの液晶画面から発せられるブルーライトによって活性酸素が増え、目の老化を早めてしまう場合も。

目の下のたるみを改善する方法

shutterstock_404572414

実年齢よりも老けて見えてしまう、厄介な目の下のたるみ。一体どうすればピンッとハリのある目元を手に入れられるのでしょうか?

 

セラミドで保湿する

目の下のたるみを少しでも改善するためには、まずは乾燥を防いで保湿してあげることが大切です。中でも、セラミド配合の化粧水がおすすめ。

このセラミドは、肌内部の細胞と細胞とをつなぐ細胞間脂質のひとつで潤いを保ち、かつバリア機能を高めるうえで必要不可欠な保湿成分なんです。

乾燥による皮膚のたるみ、ちりめんじわに実感できるはず。

 

ビタミンC誘導体化粧品を使う

水溶性・油溶性にすぐれたビタミンC誘導体には、肌の酸化を抑える高い抗酸化作用が見込めます。活性酸素によって攻撃されたコラーゲンづくりをサポートしてくれるから、たるんだ目元にハリが出て弾力がアップ。

また、浸透するときにそのほかの美容成分も一緒に引っ張っていってくれるから、高い効果が期待できるんです。

 

ツボを押す

血行不良によって溜まってしまった毒素は、ツボを刺激して排出を促してあげましょう。こめかみのくぼんでいる太陽という部分と、黒目の外側にある目の下の承泣、この2つのツボ押しが効果的。

指の腹で「呼吸に合わせて3秒間押す→離す」を1分間繰り返すだけで、凝りがほぐれて目元がすっきりしますよ。

マッサージする

目の下のたるみを改善する方法はずばり、衰えてしまった筋力を鍛えること。これを意識的に続けることにより、次第に筋力がアップして目元のたるみに成果が現れはじめるでしょう。

1.目に力を入れて、思い切りギュッと閉じて5秒間キープ

2.思い切り目を開いたまま5秒間キープ

3.1.2.の動きを3回繰り返してください

 

抗酸化力のある食べ物を摂取する

ブルーベリー、ぶどう、いちご、ラズベリーなどの果物に含まれるビタミンC、トマト、じゃがいも、ほうれん草、アボカドなどの緑黄色野菜が持つβ-カロテン。

これらの野菜や果物を積極的に食べましょう。なぜなら、肌の細胞を破壊して老化を早める活性酸素を取り除く働きがあるからです。

 

特にビタミンCには、活性酸素によってダメージを受けたコラーゲンの生産を助ける働きがあります。

意識的に摂ることで、目元のハリ・ツヤが復活する日もそう遠くはないはず。食生活を見直し、内側からケアしていきましょう。

日焼け止めクリームは必ず塗る

shutterstock_141071539

私たちの肌は季節を問わず、一年中強い紫外線にさらされています。紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)の2種類があり、A波(UVA)はガラスやカーテンをすり抜けて肌の内部まで入り込んでしまうんです。デリケートな目元や顔の皮膚がすぐにダメージを受けてしまいます。室内・室外関係なく、日焼け防止は怠らないように注意してください。

 

まとめ:実年齢に負けない目元へ

shutterstock_157381190

目元がむくんでしまう原因は単純に加齢、という言葉だけで片付けられるわけではないようです。

もちろん加齢に伴う筋力の低下は挙げられますがそのほかにも、紫外線によって活性酸素が増えること、血行不良によるむくみ、長時間のパソコンの使用によるまばたき回数の減少など。じつは日常生活の中にその原因が潜んでいるんです。

 

体の新陳代謝が下がるとどうしても血流が悪くなるため、意図的にツボを押したりマッサージをするなどして、毒素を排出しやすくしてあげる必要があります。

悪化するとクマができて、さらに実年齢よりも老けて見えてしまうこともあります。

 

まずはひとつずつできることから始めて、目元のむくみをすっきりさせましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

目の下のたるみを気にする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • セラミド不足してない?老けて見える原因は解消できる

  • 話題のエテルノ濃縮プラセンタドリンクの成分・効果

  • フェイスライン引き締めおすすめランキング【最新版】

  • ホルモンバランスの乱れを改善して、美しい女性へ♪

  • 更年期の化粧崩れを防ぐためにスグにできることは?

  • 二重あごの原因は肥満以外にもある?!【3つの対策】