エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 青汁の成分は何?青汁が苦い理由はこれだった!!

青汁の成分は何?青汁が苦い理由はこれだった!!

青汁の成分

ケールという成分が青汁の苦みの原因

青汁が苦いというイメージはほとんどの青汁に含まれる「ケール」という野菜が原因です。このケールは野菜の中で右に出るものがいないぐらい栄養価に富み、私たちの体の健康や美容に大きなメリットをもたらしてくれます。なので青汁に昔から主成分として配合されています。しかしやはり口に含むものなので出来れば飲みやすい、おいしいと感じるものが良いというのも本音でしょう。青汁は薬ではないので、1度飲めば効果がでるものではありません。継続して飲むことで効果を発揮するものなので、飲むことが苦痛にならないものが良いですよね。

 

青汁の苦み成分

青汁の苦み原因は「スルフォラファン」と呼ばれる成分です。これは自然の野菜からとれる天然の科学成分の名称で、この成分は優れた解毒作用を持ち、色々な病気の予防にも役立つとされています。炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、脂質に次ぐ第7の栄養素としても評価されています。

青汁の苦い成分はこのスルフォラファンのためですが、それこそが青汁の効果を発揮させてくれる重要な成分なのです。

スルフォラファンは私たちが普段生活の中で空気やジュース、食べ物から摂取してしまう科学物質を分解して体外に排出する手助けをしてくれます。これらの化学物質が体内に取り込まれてしまうと、細胞内のDNAを破壊してしまい、ガンなどの疾病を引き起こす誘因になってしまいます。青汁を飲むと病気やガンになりにくくなるというのはこのためです。

また、スルフォラファンは体を防衛する酵素の力を促進させます。これらの酵素は、私たちの体を老化させてしまう活性酸素の働きを抑え、いつまでも若々しくキレイな肌を保ってくれます。青汁がアンチエイジングに効果的なのはこのためです。体が細胞レベルで回復するので、代謝も良くなり体が冷えにくくなり、痩せやすくダイエットしやすい体になります。体が温まることで肩こりや手足の冷えも改善します。

スルフォラファンは苦みが特徴で摂取しにくいというデメリットがありますが、その分こんなにもたくさんのメリットを兼ね備えています。これが薬ではなく自然の野菜の中に含まれているというのだから驚きです。青汁は薬ではありませんが、良薬口に苦しとは正にこのことですね。

 

青汁の辛み成分

ケールがスルフォラファンの成分により苦いのでわかりにくいですが、青汁はケールによる辛みも持っています。これは「イソチオシアネート」と呼ばれる成分で、ケールの味覚的な飲みにくさに貢献しています。しかしこのイソチオシアネートもその特徴的な味とは対照的に、特に女性にとってはありがたい成分もたくさん含まれています。

イソチオシアネートは私たちの体が摂取してしまった毒素を分解する酵素の働きを高めたり、細胞を若く保つ抗酸化能力を高める働きをします。これはスルフォラファンと同様にがん細胞が増えるのをおさえ、ガンを予防、抑制します。また、非常に優れた殺菌作用を持ち、口内炎や歯周病、さらには虫歯の予防にも効果があります。口腔内の炎症改善に効果的なので、声をたくさん出した次の日の声枯れや、喉の痛み、二日酔いにも効果があると立証されています。また、イソチオシアネートは血液をサラサラにして、血管にかかるストレスを軽減します。なので体の代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい体になります。青汁がダイエットにも効果的なのはこのためです。

青汁の苦みや辛みには捨てられない多くのメリットがあるので、多少の飲みにくさも健康や美容のために必須ですね。

 

 

青汁の苦みの克服方法

青汁の苦みや辛みが体にいいと分かってはいてもやっぱり飲みにくい!という人は飲み方を少し工夫してみましょう。特に子どもや苦みに苦手な人は飲みにくいと思いますが、ちょっとした工夫でかなり改善します。

青汁に牛乳や豆乳を加えて試してみてください。牛乳と一緒に飲めばカルシウムやたんぱく質も同時に摂取出来ます。豆乳と一緒に飲めばたんぱく質だけでなく、ビタミンB1、E、K、鉄分や葉酸などの栄養素も一緒に摂取することが出来ます。どちらも青汁に苦みをマイルドにして飲みやすくしてくれます。さらに砂糖やはちみつを加えると一層青汁が美味しく楽しめます。

また、フルーツジュースに加えて飲むのもおススメです。フルーツの自然な甘みで青汁の苦みが緩和されます。また、野菜ジュースも同様です。青汁と野菜ジュースは味の傾向が似ているため、混ぜて飲んでも普通の野菜ジュースと変わらない抵抗感で飲むことが出来ます。ミキサーでフルーツと一緒にグリーンスムージーを作る際は、特にバナナを入れるとバナナの強い甘みと味で青汁の独特の癖を消してくれるので味が一段と飲みやすくなります。

 

まとめ

いくら青汁が体にいいと言えど、嫌々飲んでいては健康にいいのか悪いのか分かりません。青汁の苦みや辛みがどこから来ているものなのか理解していただき、少しでも飲みやすいように工夫することで青汁を楽しんでもらえばと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

青汁の成分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • おすすめの無添加酵素ドリンクランキング!手軽にダイエットしたい方におすすめの商品

  • 青汁を美味しく飲むレシピ♪ごくごく飲めるから続く♪

  • ポッコリおなかを解消する! 『ドローイン』ダイエット

  • カラダが冷えていると痩せにくい!冷えを解消するストレッチ5選

  • 筋肉を落とさないで痩せるためのダイエット方法

  • チアシードの効果は?正しい食べ方でダイエット♪