エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 後から後悔してももう遅い?!本当に効果がある青汁の選び方!

後から後悔してももう遅い?!本当に効果がある青汁の選び方!

青汁の選び方

効果のある青汁の選び方をご紹介!

最近話題の青汁を始めてみようかなと考えてる人は多いと思いますが、青汁の効果を実感している人はどの青汁を飲んでいるのか気になりませんか?せっかく飲むなら効果の高い、自分に合った青汁を選択したいですよね。青汁は今やたくさんの種類やメーカーから発売されていて、その原材料や特徴は商品により様々です。色々見てたら決められなくなっちゃう人もいると思いますが、たくさんの種類があるからこそ、あなたに合った商品がきっと見つけられるはずです。今回は青汁のおススメの見分け方と特徴についてご紹介したいと思います。

 

青汁の選び方1:青汁にどの野菜が使われているか

主に青汁に含まれる野菜はケール、明日葉、大麦若葉が代表的です。この3つの野菜は野菜の中でも王様クラスに栄養素が高く、青汁を飲むのであればこの3つが含まれているかどうかが大事なポイントです。

ケールはキャベツの1種ですが、苦みが強く飲みにくいと感じる人が多いです。それでも青汁には欠かせない栄養の宝石箱と言えるほど青汁には必須の野菜です。ケールに含まれる食物繊維は腸内の環境改善に役立ち、便秘や肌荒れなどのトラブルも解消してくれます。葉酸は血を作る働きがあり、妊婦さんをはじめ若く生き生きと生活したい人には大切な栄養素です。骨の元になるカルシウムや、肌のうるおいを保ち、しわやたるみ、シミなどの予防に効果のあるビタミンCやβカロチンも含みます。また、メラトニンと呼ばれる質の高い睡眠を助ける作用も含んでおり、毎日ぐっすり眠れるようになることで、体がスッキリと回復します。

ケールだけの青汁は最近では少なく、他の野菜やフルーツと一緒にして飲みやすくしてあるものも多いので、ケールの成分は必須ですが飲み続けられる味のものを選びましょう。

明日葉は特有成分のカルコンやポリフェノールの1種であるクマリンという成分が含まれ、体の循環をスッキリさせたい人にはおススメです。これらの栄養素はダイエットやむくみの解消にも効果が高く、ケールに負けない栄養満点の野菜です。

味もケールに比べるとマイルドで飲みやすいと感じる人が多いです。

大麦若葉はSODという高い抗酸化作用を持ち、アンチエイジングには欠かせない栄養素です。細胞1つ1つを根本から改善してくれるこのSODを持つ大麦若葉は、女性が青汁を飲むなら欠かせない要素です。

 

青汁の選び方2:安全な野菜が使わてれいるか

せっかく健康や美容にこだわって青汁を飲んでいるのであれば、無農薬で化学肥料も使っていない安心できるオーガニック野菜を選びたいです。野菜の作り方や育て方にもこだわっていて、さらに商品化するときに体に害のある食品添加物や化学調味料を使用しない商品がおススメです。オーガニックアイテムはアミノ酸やペプチドなどたんぱく質を分解させる際に発生するミネラルが多く含まれており、野菜を美味しくさせてくれます。そもそも苦いケールでも、オーガニックで育ったものであればわずかながらでも飲みやすくなっているはずです。科学肥料を使って無理やり大きくさせられた野菜や、除草作業の手間を省くために使用された除草剤の中で育った野菜が、私たちの健康にも良くないのはオーガニックの知識がなくても想像がつきます。野菜を生産している場では、信じられないような薬を撒いて栽培強化しているところもたくさんあります。自然の摂理に逆らって生産された野菜を摂取することで、いつか体にしっぺ返しが来てしまいます。口に入れるものは信頼して安心できるものを選択することをおススメします。

最低でも国産の青汁を選んでほしいというのが本音です。コスト面などから考えて安いものを追求すればどんだけでも安いものを手に入れることは可能ですが、その分安全面や保証のレベルは下がります。海外産の青汁では添加物の基準値も違い、当然使用されている農薬や化学肥料の安全基準値も違います。国産のものであればある程度まではどこで生産、加工されているのか調べることもできるので、判断が付きにくい人はまず国産のものから選択すると良いでしょう。

 

青汁の選び方3:継続できるコストか

青汁は続けることが大切なので、飲み続けることが出来るコストかどうかも青汁を選ぶときの大切なポイントです。

健康を支えるために支払う金額なので、病気になったり、長い間肌トラブルや便秘で悩むストレスに比べれば安いものだと思いますが、それでも生活を圧迫するような高い商品は続けることが大切とされている青汁のメリットから外れてしまいます。自分の予算に見合った青汁から始めてみて、効果を見ながら他の商品も試してみてもいいかもしれませんね。

最近では青汁ブームに乗っかり、たくさんの青汁商品がキャンペーンで割安に購入できるチャンスもあるので、そういったチャンスを逃さないように常に青汁関連のトピックに目を向けておくのもいいでしょう。

 

まとめ

青汁を選ぶ際にはコストだけでなく、自分の目的に合ったものを選ぶと良いでしょう。例えばダイエットをしたいのであれば食物繊維を含み整腸効果の高いケールや明日葉を主に含むもの、例えば肌をキレイに保ちたいのであれば、SODを含む明日葉や大麦若葉が入っているものがおススメです。目的に合った青汁を選択することで、自分に必要な効果も早く得ることが出来ます。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

青汁の選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • チアシードの効果は?正しい食べ方でダイエット♪

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • ファスティングにおすすめの酵素ドリンクをご紹介!人気の酵素ドリンクでダイエット

  • リバウンドが嫌なら脳をだますのが成功への近道

  • 体が固いと太りやすい?!『ストレッチダイエット』で固い体を柔らかく!!

  • 筋肉を落とさないで痩せるためのダイエット方法