エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 青汁ダイエットの注意点!青汁は飲むタイミングが超重要?

青汁ダイエットの注意点!青汁は飲むタイミングが超重要?

青汁の注意点

青汁ダイエットを楽しもう!

最近よく聞く青汁ダイエットとはどんなものなのか、どうすれば効果的に結果が得られるのか気になるところです。青汁ダイエットはただただ青汁を飲むのではなく、時間をかけて少しづつ体に還元していく必要があります。自然の力で体を痩せやすい体質に変えていくものなので、すぐにダイエットに成功するわけではありません。青汁を飲み始めてからは自分の体の些細な変化にしっかりと目を向け、ダイエットを楽しむことが出来るダイエット方法が青汁ダイエットです。

 

青汁を飲むベストタイミング

青汁は薬ではないので、この時間に飲まなければいけないという決まった時間はありません。生活習慣の中で取り入れたい時間に飲むようにしたり、喉が渇いたときに飲むことも全く問題ありません。しかし青汁をダイエットという視点で見たときに、おススメしたい飲むタイミングがあります。1番のおススメは食前です。お腹が減っている状態で最初に食道を通る食べ物、飲み物は食後に食べる食べ物や飲み物に比べて格段に高い割合で体に吸収されます。真夏の喉が渇いているときにスポーツドリンクを飲んだりすると、体が勢いよく吸収しているのが実感できると思いますが、毎食の食事のときも感じにくいだけで実は体の中は同じような状態になっています。食事は栄養素の高く、体に吸収してほしいものから優先順位をつけて摂取するようにすると美容や健康に理想的です。食事の最初に摂取するものが青汁だと、急な血糖値の上昇を防ぐことが出来、体に負担をかけることがありません。また、青汁にはたくさんの食物繊維が含まれているため、青汁が吸収され始めると満腹感を感じることができ、食べ過ぎの予防にもなります。なので青汁のダイエット効果を最大限に引き出すのであれば、食前に一杯、または一口でも青汁を飲むようにすると良いです。空腹時に冷たい青汁を飲むと胃の負担にもなりやすいので、常温またはお湯やホットミルクで青汁を飲むよういすると良いです。

便秘傾向のある女性は就寝前に1杯の青汁を飲むのも効果的です。寝る前に青汁を摂取することで、青汁に含まれる食物繊維が腸内を清掃し、翌朝スムーズに自然な排便を促すことが出来ます。しかし夜間に青汁を飲むことで腸が活発に動き、腹部の不快感で眠りにくいと感じるもいるので、体に合わないと感じた場合は朝朝食前の朝一番の一杯に置き換えてみて下さい。朝一番も夜間の発汗で体内は乾燥した状態になっているので、効率的に体に吸収され、排便を促すのに効果的です。

青汁をダイエットに使用する際の1つだけ注意点は、飲み過ぎないことです。1日中たくさんの青汁を飲んでいても、体が吸収できる栄養素の量は限られています。食物繊維を多く含む青汁だからこそ、摂取しすぎることでお腹を壊してしまう可能性もあります。パッケージに記載されている1日の摂取量の目安は守りましょう。1日のうちで数回に分けて摂取したい場合は、1回分の1袋を全て1度に飲むのではなく、1回分を自分で減らして回数を増やすようにすると良いでしょう。

青汁のベスト温度

冷たい飲み物はお腹が冷えるから苦手だけど、青汁は温めても飲めるのか?という疑問をよく耳にします。もちろん青汁は温めて飲むこともできますが、その温度には少し注意が必要です。青汁に含まれる美容要素のビタミンやミネラルの多くは熱に弱く、沸騰したお湯やミルクで飲むことでその栄養素を破壊してしまいます。特に青汁を作る工程での熱処理がされているかどうかは青汁のタイプを判断するのに重要なポイントです。熱処理加工がされている青汁は比較的熱にも強く、人肌程度の温度までは耐えることが出来ます。しかし熱処理加工をされていない青汁では含まれる栄養素は弱いものが多く、沸騰したお湯で摂取してしまうと美容に必要な成分が破壊されてただの苦いドリンクになってしまう可能性があります。ビタミンやミネラルは基本的に熱に弱いので、温めるのであればせめて人肌または常温程度にとどめておきましょう。青汁を入れた状態で火にかけたり、電子レンジに入れてしまうとその栄養素あ壊れてしまいやすいので、触れる程度のお湯やミルクをあらかじめ作っておいて、それに溶かして飲む方法が理想的です。

 

青汁ダイエットに必要な期間

人の細胞はそれぞれ生まれ変わるのに必要なサイクルがあり、肌では28日、腸は2日、胃では5日が目安だとされています。青汁を飲んだ後に消化され、完全に吸収されるまでに少なくとも2~3日かかります。その後吸収された栄養分を元に体全体が再生されるまでには1カ月から3か月必要です。この青汁による体質改善が完成してきたところでようやく痩せやすい、ダイエットに向く体になったと言えます。もちろん青汁摂取後すぐに食物繊維の影響で腸内環境が整い、ダイエットの第一ステップを踏み出すことが出来ますが、完全な青汁ダイエットの効果を実感するためには少なくても1か月から3か月程度までは継続して様子を見てみることをおススメします。

 

まとめ

ダイエットと聞くとツライ運動や食事制限をイメージする人も多いと思いますが、青汁ダイエットは体質改善から体重の減量を目指す方法なので、時間はかかれど要は青汁を飲むだけです。簡単に生活の中に取り入れられるので、ダイエットだけでなく、美容や健康のためにも是非チャレンジしてみて下さい。

 

青汁についてのおすすめの記事

青汁は美容効果抜群!綺麗な人は毎日飲んでいる!

青汁は便秘に良い?!明日から毎日スッキリしたいなら青汁を飲め!

後から後悔してももう遅い?!本当に効果がある青汁の選び方!

野菜不足だと人はどうなっちゃうの?青汁で野菜を補給しよう!

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

青汁の注意点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • 運動しているのに痩せない・・ジムでのダイエット効果を高める秘訣

  • 太りやすい体質改善マニュアル!痩せにくい悩みを解消

  • エステサロン選びは恋人選びと同じ!?効果を10倍にする方法

  • 下半身のボディメイクは全身ダイエットの鍵!まずは下半身の筋肉を

  • 【めんどくさがり屋必見】目的別ダイエットサプリの正しい選び方