専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)を含む機能性表示食品・サプリ

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)を含む機能性表示食品・サプリ

その他
  1,029 Views

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)の効果や効能、食品やその副作用などについてご紹介します。

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)とは?

生にんにくに主に含まれ、新鮮なにんにくほどGSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)が多く含まれます。
有効成分であるアリシンの元とされ、熱処理や加工したにんにくからは検出することは出来ません。

また変化しやすいアリシンは、一定値がないという特徴があり、判断基準をアリインとすると、にんにく含有量と比例していないため不適切です。
そのために、加工などをしても安定的なGSACが判断基準とされています。

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)の効果・効能

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)が含まれることにより、血圧高めの方をサポートします。

癌の予防や抗酸化作用なども期待されます。

GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン)が含まれる食品・サプリは?

伝統にんにく卵黄(31粒入り・62粒入り)

伝統にんにく卵黄(31粒入り・62粒入り)

<主な対象者>
・健常な成人の男性・女性(正常高値血圧者を含みます)

<安全性に関する情報>
当該製品は喫食実績から、食経験があることで安全と評価しています。

21年以上販売していて、累計1億1千万袋以上の販売実績があり、全国でも250万人以上の方が愛用しています。

販売から現在まで重度な健康被害の報告はなく、安全性に問題がないと判断されています。

また、血圧が高めの方を対象に1日2粒を12週毎日摂取してもらう、ヒト摂取試験も行っています。

当該製品の1日摂取目安量の5倍である10粒を4週摂取してもらっても、体調不良などが認められなかったため、安全であると判断されます。

<機能性に関する情報>
当該製品を摂取することで、プラセボ摂取した場合と比べて血圧を下げる作用があるか、検証をしました。

対象は血圧が高めの20代から70代の方で、、無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験を行います。

医師が正常高血圧者と軽度の高血圧者をわけ、1日2粒を12週摂取して頂き検証した結果、プラセボ摂取と比較すると血圧が下がっていることが確認されました。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 【短期間ダイエット】短期集中で痩せる方法まとめ

  • 知らなきゃ損!!ヒルドイドは究極のアンチエイジングクリームだった!?

  • 家にあるアレでできる!お金をかけずに美肌に導く方法が超簡単だった

  • 朝ご飯を食べないと太る!?食べないから痩せると思っていた方へ黄信号!!

  • 痩せたいけど意志が弱い&言い訳が出てくるときの解決法

  • 肌の透明感を手に入れる!!洗顔後の1本に「リ・ダーマラボ(オールインワン)」