専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 更年期の髪のケア《抜ける・パサパサ・うねり》を解消するには

更年期の髪のケア《抜ける・パサパサ・うねり》を解消するには

 2015/06/29 その他
  4,265 Views
更年期とやる気

女性が更年期に入るとでてくる症状の一つに、髪の毛の悩みがあります。
抜け毛や薄毛、頭皮が気になってしまいます。

悩みを予防するためには、正しいケアと対策が必要になってきます。
ここでは、更年期障害に起こる髪の悩みを改善する方法をご紹介します。

■更年期の髪のお悩み■

更年期の足音が聞こえる40代頃から徐々に、抜け毛が増えた、分け目が薄くなった、白髪が目立つようになったなど、髪のお悩みが増え始めます。

●更年期の毛髪トラブルのメカニズム

女性ホルモン=エストロゲンは、発毛にも大きく関わっている物質で、更年期にそれが減少することによって、体内では男性ホルモンが強まり、抜け毛や男性型円形脱毛症などが起こると言われています。

同時に、年を重ね、頭皮の血行が悪くなることで色素細胞=メラノサイトの機能が低下し、白髪がでやすくなり、毛根のタンパク質が弱り、抜け毛や細毛になりやすいと考えられています。
更年期の毛髪トラブル
同時に、更年期の症状である自律神経が不安定になることも、血流の低下や頭皮の萎縮などに影響し、抜け毛などが起こりやすくなります。
ただ、髪の毛の質や量、生え方の癖、そして薄毛や脱毛の度合いなどは、遺伝や生活環境の影響なども受けやすく、同じ環境下にあっても人によってまちまちです。

●毛髪トラブルを進行させないために

*食事を工夫する

頭皮や髪を形作る主だった成分はタンパク質で、豆腐や大豆、納豆、青魚、肉、卵などに多く含まれます。
それに、にんじん、ニラ、ほうれん草などの緑黄色野菜、いわしやマグロ、ナッツ類などに含まれるビタミンA、E、Dなどを合わせることで、
タンパク質の吸収を促し、頭皮の血流や状態を良くする働きがあります。

また、海藻類に多く含まれるミネラルも髪の成長を促しますので、進んで摂りたい食材ですね。

*血行を良くする

頭皮や体の血行を良くすることは、頭皮の状態を改善し、
整える効果があります。

ブラッシングの際、頭皮をとんとんと軽く叩いたり、指の腹でマッサージしましょう。
また、血行を良くするという点では、他の更年期症状にも効果がある半身浴なども有効です。
これは、同時にストレスを軽減する効果もあるので、この時期特におすすめです。
ブラッシングでマッサージ
*刺激を避ける

強い刺激を受けることで、頭皮が弱り、毛髪が傷んだり抜けたりする率も高まります。

夏場など日差しの強い時期は、帽子や日傘などで、直射日光を防ぎましょう。
また、洗浄力が強いシャンプーなどは避け、肌に優しいものを選びましょう。
ドライヤーは高温で一気に乾かすと、頭皮や毛髪を傷めるので、温度を弱めに設定し、なるべく離してかけるようにしましょう。

■更年期の髪に関するお悩み■

更年期の髪の悩み
更年期には、女性ホルモン=エストロゲンが急激に減少するために、ホルモンバランスが崩れてしまい、さまざまな症状を引き起こします。

髪は、体の部分と言う点では、タンパク質を主成分とした爪などと同じ、角質化した肌の一部です。
ただ、ストレスがあっても爪が生えなくなることはありませんが、髪はホルモンバランスや自律神経の乱れに影響を受けやすく
薄毛や抜け毛、白髪などの形で反映されてしまいやすいのです。

中でも、女性ホルモンの働きは、大きく髪に影響しています。
女性ホルモンが正常であれば、髪には張りツヤが生まれ、丈夫で傷みにくくなりますが、疲労やストレスなどで一旦そのバランスが
崩れてしまうと、とたんに枝毛が増えたり、張りツヤが失われてしまうことは、ほとんどの女性が実感していることだと思います。

更年期を迎えることで、自然の摂理として女性ホルモンを失いつつある今、どうしたら健康な髪の状態を保てるか、百人百様の症状がある更年期と
同様、髪に関しても複合的な問題があるためその答えはけしてひとつではありません。

これまでも、医療や美容などさまざまな分野からアプローチがされ、さまざまな方法が、日夜考察・考案されているのが現状です。
その中から、一番ご自分に合った適切な方法で一日でも長く健康でつややかな美しい髪を保っていきましょう。

ホルモンバランスを整えるホルモン補充療法
ホルモンバランスを整える
これは、失われゆく女性ホルモンを物理的に補充し、状態を安定に導き髪のトラブルを含む更年期に起こるさまざまな症状を改善する方法です。

ひとつは、女性ホルモンのエストロゲンそのものを投薬などによって補充する方法、ひとつは、ヒトや動物の胎盤から作られたプラセンタを
注射や投薬などによって補充する方法です。
また、漢方薬などを用いることで、改善を目指す方法もあります。

それによって、女性ホルモンの影響で衰えてしまった髪質に勢いを戻し、髪そのものの劣化、薄毛や抜け毛の改善が期待できると言われています。
ただ、どの方法もある程度のリスクがあるので、十分に医師と話し合った上で、ご自分に一番適した方法を選択するようおすすめします。

髪に優しい生活

更年期に起こるさまざまな症状は、食べ物やストレス、生活リズムなどからも大変影響を受けやすいことはすでにご存知かと思います。
それについては髪に関するお悩みも同様です。

*紫外線を避けましょう
紫外線を避ける
紫外線は、髪だけではなく頭皮も大きなダメージを与えます。
お出かけの際には、帽子や日傘で髪を守るよう心がけましょう。

*頭皮を健全に保ちましょう

この時期、更年期による血行不良などからも、頭皮が大変デリケートになっています。

毛穴を清潔に保つことは重要ですが、洗浄力の強すぎるシャンプーはかえって刺激になるので避けましょう。
また、よくシャンプーを泡立て、指の腹を使ってやさしくマッサージするように洗うなど、なるべく頭皮や髪を優しく扱うことが重要です。

*ストレス増加は髪の天敵

ストレスによって白髪が増え、薄毛、抜け毛、円形脱毛症など、
髪のトラブルは増大します。
お悩みの多い時期なので、なかなか思い通りにはならないとは思いますが、
よく体を休め、長め・ぬる目の入浴や軽い運動、好きな音楽や趣味などで、
ストレスを減らすよう心がけましょう。

*偏った食生活は、体調に悪影響を及ぼし、症状を悪化させます

外食や出来合いの惣菜を減らし、和食中心のヘルシーな食事を
一日3回決まった時間に取るよう心がけましょう。

■ルプルプで髪が痩せる悩みを解消し、コシが戻った(体験談)■

ルプルプで髪質改善
加齢とともに年々髪が痩せるのが気になっていました。毎日のシャンプーやブラッシングで、いつもごっそり髪が抜けてしまいます。
特に、頭頂部付近は髪が痩せるのが早く、地肌が透けて見えるほど薄くなっていました。髪のボリュームが少ないと、とても老けた印象になってしまいます。メイクや洋服で若く見せようとしても限界があります。

人の視線はどうしても髪型に目がいきがちなので、髪が薄いと、それだけで年取って見られがちなのです。実際に、初対面の相手からは、年齢以上に老けて見られることが多くなって、気分もすぐれず、次第に外出して人と会うことがおっくうになってしまいました。

美容室にいってボリュームアップして見える髪型をオーダーしても、希望通りのスタイルには仕上がりません。元の髪の量が少なすぎるので、限界があると言われてしまうのです。

そんなある日、知人にすすめられてルプルプを使ってみることにしました。すると、しばらく経つうちに、髪がふんわり立ちあがって、ボリュームアップして見えるようになりました。髪の毛を触ると、しっかりした手触りで、コシが戻ったのがわかりました。

今までは細くて柔らかく、すぐ切れ毛になるような頼りない髪の毛でしたが、ルプルプを使ってからは、一本一本がしっかりして、太くて丈夫な毛に変わってきたのです。

また、頭皮に栄養が行き届いたせいか、新しい毛が生えてきて、髪の量が多くなり、あれほど気になっていた地肌も全く目立たなくなりました。



専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 更年期障害が原因でめまいが起きる場合の症状と改善

  • 紫外線対策に!守ると攻めるのスパイラル♪「アスタリフト ホワイト」

  • ビタミンの補酵素を摂取して健康的にアンチエイジング

  • 首のポツポツの原因は何!?セルフケアで治す方法!

  • ダイエット中に食べ過ぎ?自己嫌悪になる前に体重戻すために

  • 食べ過ぎなどでニキビができた時の治す対処法まとめ