専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. ヒアルロン酸注入による効果は?

ヒアルロン酸注入による効果は?

 2016/01/07 その他
  892 Views
ヒアルロン酸注射でアンチエイジング

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイメージがあるかとおもいます。
しかし、最近美容クリニックにヒアルロン酸注射をしに通う女性はとても増えています。その一方でヒアルロン酸注射の副作用で悩むかたもいます。

ヒアルロン酸は肌にハリを与える!

ヒアルロン酸でハリのある肌イメージ

しっかりとヒアルロン酸について理解し、美容クリニックに通う場合は、しっかり事前に調べてから施術を受けましょう。

ヒアルロン酸とは

実は、私たちの体内のいたるところにヒアルロン酸の成分は存在しています。ヒアルロン酸は、ねばねばした物質です。ムコ多糖類という物質の一種で、その中でもヒアルロン酸は、保水力(水分を保持する力)が非常に優れています。その優れた保水力で、私たちの体の各部位で潤いを保つために働いています。

ヒアルロン酸は、1gで500ミリリットルのペットボトル12本分(6リットル)もの水分を保持できる成分です。人の体は、約6割が水分と聞いたことがありますよね?それを考えると、ヒアルロン酸が、いかに私たちの体のために重要で、なくてはならない物質かわかりますよね

ヒアルロン酸は潤いを肌に与える

またヒアルロン酸は、年齢を重ねるとそれと比例して減少していきます。私たちの体の中のヒアルロン酸の量は、20歳がピークです。そこから徐々に減少していき、40歳くらいから、スピードを加速させて減少していきます。
60歳になりますと、20歳の頃に比べて半分くらいの量になってしまいます。

ヒアルロン酸に期待される効果

ヒアルロン酸にはアンチエイジングに嬉しい効果がたくさんあります。その効果について説明したいと思います。

point1肌をみずみずしく保水します。
コラーゲンと一緒に、肌の真皮層にあるヒアルロン酸は、年齢を重ねる毎に減少していきます。そのために、肌に対しての保水力が徐々に下がり、乾燥やしわ原因となり、肌が老化してしまいます。
ヒアルロン酸が体の中に十分に存在しますと、全身の乾燥や顔のシワなどを予防し、改善してくれます

point2毎月の生理痛や生理不順にも効きます。
ヒアルロン酸は、卵巣にも多く存在しています。ヒアルロン酸で満たされている袋が、卵子を包み込んでいて、卵管へ排出されるためにヒアルロン酸がなくてはならないです。
体内で起こる一連のこの働きが正常かつ円滑に行われることにより、生理痛や生理不順、また不妊が改善されると言われております。また、更年期障害にも効果が期待され、女性にはとても嬉しい働きをします。

point3ヒアルロン酸は目も優しく守ります。
目の硝子体という部位にも、ヒアルロン酸がたくさん存在し、目の潤いを保ちます。レーシック手術をした後にもヒアルロン酸が処方されることがあります。
ドラッグストアなどで売っている市販の目薬などにも使用されており、ドライアイや目の疲れ、コンタクトレンズ装用時お違和感などの改善にも効果的です。ヒアルロン酸は、その成分で、透き通ったような綺麗な目を持続させる効果もあるとされています。

point4ヒザに与える衝撃を和らげてくれます。
プロテオグリカンといわれる軟骨構成成分からヒアルロン酸はなっています。この物質が無くなっていくことにより、日常生活でも膝の痛みが出てきます。
ヒアルロン酸は、プロテオグリカンに対して、保湿をする仕事をしています。
そのため、膝からプロテオグリカンが減少していかないよう、大きな助けをしています。その効果は、変形性ヒザ関節症の治療薬やサプリメントとして現在使用されています。

point5リウマチにも効果があるかも?
リウマチは、自己免疫細胞が軟骨に対して衝撃を与えることでおこります。リウマチは現在、残念ながら治療法が無いです。
ですが、ある報告では、膝からヒアルロン酸を注射した後に、リウマチによる全身の痛みが和らいだといいます。

ヒアルロン酸を肌に補充

化粧品で肌の外側から補充

最近ヒアルロン酸配合の化粧品が多くみられます。お金をそんなにかけずに摂取するには、とても良いですよね。ヒアルロン酸は、角質層の水分を多く保ち、水分の蒸発を防ぐ効果があります。最近は、肌への浸透性の高い分子が細かいヒアルロン酸化粧品や、フリーズドライされた、無水のヒアルロン酸化粧品など、様々なものが販売されています。ヒアルロン酸配合の化粧品を選ぶ際には、色々なものを試して一番自分の肌に合ったものを使用しましょう。

しかし、化粧品に含まれているヒアルロン酸は、もともと肌の奥にある分子より大きいため、肌に塗っても表面の角質層に留まってしまうため、1番億にある、真皮までは届くことが難しいです。

ヒアルロン酸を注射で直接注入

ヒアルロン酸注射

そこで、肌の真皮まで届かせることが出来る、ヒアルロン酸注射がおすすめです。注射だけで、気になるほうれい線が解消できるとなると、魅力的ですよね。また、即効性の高いシワ治療ですので、ふっくらとした若々しい肌をすぐによみがえらせることが可能です。ヒアルロン酸注射には、クリニックによって様々な種類があります。
各部位に合わせて、ジェルの硬さや配合されている成分を変えるクリニックもあるようです。

ヒアルロン酸注射の副作用

しかし、ヒアルロン酸注射には、様々な副作用があるとされており、信頼の低いクリニックを選んでしまうと、取り返しのつかない肌トラブルに発展する可能性があります。
また、ヒアルロン酸は体の成分と同じであるため、自然に代謝していきます。代謝されるということは、最終的には、体内から無くなってしまいます。そのため、ヒアルロン酸注射の効果は一生ものではないということを頭に入れておきましょう。
それを長い期間効果を持続させるため、故意に余分なものを配合させたものを使用している場合があります。
また、未熟な医者に施術されてしまうと、肌がでこぼこになってしまったり、内出血を起こす可能性があります。
クリニック選びは慎重にしましょう

内部からのヒアルロン酸補充

ヒアルロン酸豊富な納豆

内部からの摂取として、食事がひとつあげられます。ヒアルロン酸は、豚足や鶏の軟骨、鮭やカレイにも多く、魚の目にも豊富に含まれています。また、山芋やオクラなどの野菜や、納豆やもずくなどのねばねばした成分のものにも多く含まれます。

もうひとつは、サプリメントでの摂取です。サプリメントも様々ありますが、「低分子化ヒアルロン酸」または「ナノ化ヒアルロン酸」と呼ばれるものを選ぶといいでしょう。
サプリメントは、より効率よく摂取することが可能なのでおすすめです。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 更年期障害の多汗・のぼせ・ほてりの原因と対策

  • 更年期障害による息切れや動悸の症状と改善策

  • 更年期障害の便秘の治し方について

  • 更年期障害?やる気が出ない・起きないと感じたら

  • 若年性更年期障害かな?と思ったら【男性編】

  • 疲れが取れない原因は?ストレス発散でアンチエイジング!