エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 太りやすい体質改善マニュアル!痩せにくい悩みを解消

太りやすい体質改善マニュアル!痩せにくい悩みを解消

太りやすい体質改善マニュアル!痩せにくい悩みを

太りやすい体質に悩まされていませんか?
どうして私は痩せにくいのかしら、ダイエットしてもカロリーの少ない食事をしても痩せにくい理由がわからない・・・と思う女性はこの記事を読めば原因がわかります。

生まれ持った身体の遺伝が大きく関係しており、太りやすい体質の遺伝に徹底対策する効果的な方法を載せています。

筋肉や運動による基礎代謝が重要で、運動しなくても代謝を高め体質改善を成功させるやり方もあります。
痩せにくい原因をしってから改善策を知るのが大切ですが、
「早く教えて!」って方は太りやすい体質改善からご覧ください。

■アナタは太りやすい体質?『チェック』■

太りやすいかチェックする女子
現代日本において、食料が不足するということはほぼありません。
スーパーやコンビニは全国各地に数多くあり、また最近ではネットスーパーの普及も広まりつつある為、いつでも自由に食料を得る事が出来ます。

更に移動手段が増えた事で、運動不足に陥る痩せにくい現代人は増加傾向にあります。
つまり、現代人は、太りやすい環境の中で生きているのです。
以下に該当する方は、太りやすい体質であると言えるでしょう。

・ 朝食→間食→昼食→おやつ→夕食→夜食の食習慣が止められない。
・ 運動をするのが苦手である。
・ 家にいたいタイプで、外出するのが苦手。
・ 仕事はデスクワーク中心である。
・ コーラや甘いジュースが好きである。
・ パンやパスタなどの炭水化物が好きである。
・ から揚げ、フライドポテトなどの揚げ物が好きである。
・ お酒が大好きである。

対して、以下に該当する方は、痩せやすい体質であると言えるでしょう。

・ 和食を好んで食べる。
・青汁や酵素ドリンクなどの健康的な飲み物が好き。
・ スポーツをするのが好き。
・ 食べることにあまり興味がない。
・ ベジタリアンである。
・ 仕事は肉体労働。
・ 見た目が気になる。
・ お酒を飲まない。或いはお酒が得意ではない。
・ じっとしているのが苦手で、外出するのが好き。

このように特に意識はなくても不健康な体になっていたり、健康的な身体になっていたりすることがあります。
太りやすい体質を改善させて、痩せやすい体質になるには痩せやすい人のライフスタイルを真似てみるというのが良いかもしれませんね。

そして、太りやすい体質を作ってしまう環境が現代には数多くありますので、しっかりと自分をコントロールしていくことが大切です。

痩せやすい人と太りやすい人の違いとは自分をコントロール出来るか出来ないかの違いかもしれません。
しっかりと自分をコントロールしなければ、肥満になるリスクは高まっていきます。

遺伝が太りやすい体質にする

遺伝が体質に関係する「家族」
家族の体型って、似ていますよね。
それもそのはず、子供が太りやすくなるか太りにくくなるかは親の体型によって決まって来るからなのです。

つまり、体質は遺伝するのです。
親が太りやすい体質である場合、子供にその体質が遺伝されることで子供は太りやすい体質となります。

実際にこんな研究結果があります。

・両親共に肥満でない場合・・・子供の肥満リスクは10%
・父親或いは母親、どちらかが肥満の場合・・・子供の肥満リスクは40~60%
・ 両親共に肥満の場合・・・子供の肥満リスクは80%

このように親の体型は、そのまま子供に受け継がれていくのです。
しかし、自分が太っているのは遺伝だからと諦めるのはよくありません。
実は遺伝よりも肥満に導くもっと恐ろしいものがあるのです。

 環境が太りやすい体質にする

いつも唐揚げが出てくる環境
生活環境によって、太りやすい体質、痩せやすい体質が作られていくと言います。
遺伝よりも肥満に導くもっと恐ろしいものとは、子供が育つ環境です。
以下の環境で育つ子供は、肥満になりやすい傾向にあると言われています。

・ 家族全員、から揚げなどの揚げ物が好き
・ 家族全員、マヨネーズが好き
・ おばあちゃん、おじいちゃんがいる

このように子供が肥満になってしまう環境とは太りやすい生活習慣にあります。
可愛い孫の為ならおばあちゃん、おじいちゃんは何でも買い与えてしまうことがありますよね。
特にスクスクと元気に育って欲しいという願いから子供が食べたい食べ物はたくさん買って与えてしまう傾向があります。

特にスナック菓子やアイス、チョコレートなどはお孫さんにねだられる事も多い為、ついつい買ってしまうことでしょう。

しかし、このような環境で育った子供は太りやすい体質になる危険性大です。
高カロリーの食事を子供のうちから覚えてしまう痩せにくい体になり、大人になってもなかなか控える事が出来ません。

大人になっても、以下のような生活を送っていませんか?

・ から揚げやコロッケ、エビフライなどの揚げ物を良く食べる
・ ケーキやアイス、チョコレートなど甘いスイーツを毎日、食べる
・ 飲み物は、コーラ、甘いジュースなどをよく飲む
・ 1日5食以上、食べる
・ 常に間食、おやつで、空腹感がない
・ 良く噛んで食べない

など、上記のような食生活は、太りやすい体質になるだけではありません。
栄養不足が続くと命の危険性がありますが実は栄養過多によっても命の危険性があるのです。

体が正常に機能していると余分な栄養素は体外へ排出されますが上記のように消化に良くない食べ物を食べすぎたり、常に食べ続けたりすることで、どれ程体が頑張って栄養素を体外へ排出しても次から次へと栄養素が入ることで、胃や内臓に負担がかかり体は一気に不健康で異常な痩せにくい状態になっていきます。

そして、代謝機能が失われると、あっという間にブクブクと太っていきますので食事管理には十分注意しましょう。

運動しない女性そして、運動不足も太りやすい体質を作る原因の一つです。
子供の頃から高カロリーな食事で太ってしまえば、体が重くなることで運動する事が辛くなります。

そして、いつの間にか運動そのものが嫌いになっていきます。
こうした子供の頃からの習慣や好みは、大人になっても変わらない為ずっと痩せにくい体のままとなります。

このように肥満は、親からの太りやすい体質(遺伝子)と太りやすい環境が合さって初めて、肥満となるのです。
太りやすい体質になる原因の割合は以下の通りです。

・ 遺伝3割
・ 環境7割

子供の頃から太っているのは、遺伝だから痩せにくいなどと言い訳にしてダイエットを諦める方がいますが上記の事からも分かるように肥満になる7割は生活習慣などの環境です。
ですので、太りやすい体質から痩せやすい体質に改善したい場合、上記のような太りやすい生活環境を改善させることが大切です。

子供の頃は、生活環境を変えることは困難ですが大人になれば生活環境を変えることはそれ程、難しくはありませんよね。

ジャンクフードは安くて美味しく、そして手軽に食べれて便利ですが添加物もたっぷりと入っていますので、体にも良くありません。

少しお金はかかるかと思いますが野菜や果物、魚、大豆製品など低カロリー&低脂肪の和食を心がけて、健康な体を維持していきましょう。

これにより太りやすい体質から痩せやすい体質になる事が出来ます。
このように太りやすい体質の大きな原因は、生活環境にあります。
ですので、全て遺伝のせいにして、体重管理を怠ってしまうのは良くありません。

現代は、エスカレーターやエレベーター、車や電車など便利な移動手段が数多くあります。しかし、自分の足で歩く事を怠れば筋力が低下する事で、足腰が弱り、そして、基礎代謝が低下していくことで、太りやすい体になっていきます。

運動不足にも関わらず、1日3食の食事をする為、消費カロリーより摂取カロリーの方が多くなってしまうことで、より太りやすい体になっていきます。

更に太っている人というのは、間食やおやつが止められない人が多いので、
普通の現代人より、太りやすいと言えます。
しかし、自分次第で痩せない悩みとさよならすることが可能ですので、生活環境を改善させてみましょう。

■ 太りやすい体質が引き起こす病気■

太りやすい体質で病気に悩む人
太りやすい体質の具体的な体の状態とは、ズバリ、不健康な状態です。
太りやすい体質は、正常な体の状態からかけ離れてしまっているのが特徴です。
例えば、同じ食事メニューを同じ分だけ食べた場合、脂肪が蓄積しやすいのは、太りやすい体質となります。

しかし、脂肪が蓄積しやすいのは、肝臓の状態が悪い為であると言う事が言えます。
肝臓は、摂取された糖質をエネルギーとして、分配する役割を担っています。

しかし、肝臓の働きが悪くなるとエネルギーとして分配する事が出来なくなります。
これにより、摂取された糖質はそのまま脂肪として、蓄えられてしまうのです。

また太りやすい体質と言う方の中には、浮腫み体質であるという方も少なくありません。
これは血液などの循環系に以下のような異常が生じている為です。

・ 脂肪を消費する為の酵素の供給が遅れる
・ 老廃物の排出が滞る
・ 体内の塩分濃度を調節する腎臓の働きが低下している。

上記の異常の為、浮腫みが引き起こされると考えられています。
このように太りやすい体質とは、体のどこかに異常があると結論付ける事が出来ます。
太りやすい体質を改善させるには、体の状態を正常に戻すことが重要です。

それには、健康的な生活を送ることが大切です。
太りやすい体質は、遺伝より生活環境によって、作られる場合が殆どです。
体の状態もそれと同様です。

肥満症や高血圧などの生活習慣病は、その名の通り生活習慣が大きな要因です。


太りやすい体質改善『環境を変える』

環境を変えてフレッシュな女性

太りやすい原因の一つに遺伝があります。
しかし、実際遺伝は太りやすい原因の3割でしかありません。
残りの7割は、実は生活環境にあるのです。

遺伝子を改善させることは出来ませんが環境を改善させることは可能です。
悪しき(不健康な)生活習慣から良き(健康的な)生活習慣に改善させるのです。

一番良くないのは、「自分がデブなのは遺伝だから」「ダイエットをしても痩せないのは遺伝だから」などと全て、遺伝を言い訳にしてダイエットを諦めてしまうことです。

そして、高カロリーな食生活を送り続ける事で、どんどん肥満が進み、気づけば心不全や脳卒中などの重大な病を引き起こすリスクが高まってしまっているのです。

このように遺伝よりも環境が肥満に導いてしまいますので、
日頃からバランスに富んだ食事を心がけて、適度な運動を取り入れる事が大切となります。
これにより、体に必要な栄養素をしっかりと補給しながらも代謝機能を促進させ、脂肪が溜め込まれない太りにくく痩せやすい体質に近づいて行くことができます。

 太りやすい体質改善『基礎代謝をアップ』

基礎代謝アップのイメージ「炎」痩せやすい体質を作るカギを握っているのが基礎代謝です。
基礎代謝とは、特に何もせずとも消費されるエネルギーのことです。
基礎代謝の量は、体温によって変化すると言います。

例えば、体は細いのによく食べる方っていますよね。
いわゆる痩せの大食いと言われる方です。

このような方は、普通の方よりも基礎代謝が高い傾向にある為、たくさん食べても脂肪がつきにくいので、いつまでもスリムな体型を維持する事が出来る痩せやすい体質であると言えます。

対して、基礎代謝が低い方は、消費カロリーが摂取カロリーより上回ることはない為、脂肪が蓄積しやすくなる太りやすい体質であると言えます。

ですので、どれ程空腹感に耐えてダイエットや運動を頑張っても痩せにくい悩みを解消させる事は難しいと言えます。
なので、太りやすい体質を改善させるには、基礎代謝を上げることが大切となります。

体温を測る温度計体温が1度上がるだけで、基礎代謝量は13~15%アップすると言われています。
例えば太りやすい体質の人と比べ、痩せやすい体質の人の体温が1度ほど、高かった場合、同じ食事を摂っていたとしても痩せやすい体質の人は、太りにくいということになります。これは脂肪の付き方に13~15%の差が出るということになるからです。

基礎代謝を上げるには、運動をして筋肉をつけることが大切ですが太っていると体が重い為、運動する事が億劫になりますよね。

無理に運動をするとストレスで過食に走ることがありますので、無理のない方法で基礎代謝を促進させることが大切です。

半身浴する人そこでオススメなのが半身浴です。
基礎代謝は体が温まっていると高まるという特徴があります。
半身浴には、体を芯まで温める効果がありますので、オススメです。

全身浴よりも半身浴は、体に負担をかけずに体の芯から温める効果がある為、血行不良を大幅に改善してくれます。
血行が良くなれば、肩こりや冷え性、浮腫み、疲労回復などの効果を得る事が出来ます。

また新陳代謝がアップしますので、体内に留まっていた脂質や老廃物、毒素などが体外へスムーズに排出されていくことで、太りやすい体質を改善してくれます。

半身浴を行う前にコップ1杯分の水分を補給するとより汗が出て、効果がアップしますので痩せにくい人にオススメです。
お湯の温度は38度~40度くらいがベストです。
時間は30分くらいがベストです。
お腹のみぞおち辺りまで、浸かるのがベストです。

そして、基礎代謝をアップするもう一つのオススメ方法が空腹状態に慣れるというのがあります。
家族が皆、肥満体型という場合、お腹が膨れるまで食べてしまう割合が高いと言います。

まるで毎日がパーティーのように大量の食べ物で溢れているのが特徴で、大皿に山盛りのおかずやテーブルには通常、食後に食べるデザートまで並べてあったりします。
その為、時間を置かず常に大量の食べ物が胃に入る為、空腹状態がありません。

昔から1日3食、食べるのが基本となっていますが最近では、成人の場合、1日1食で十分であるという専門家が増えており、その理由に空腹を感じることのメリットが多分にあるからだと言います。
空腹状態は、成長ホルモンの分泌を盛んにする効果があると言われている為、以下のメリットを得ることが出来るようになると言います。

・ 代謝がアップし、痩せる
・ 代謝がアップし、美肌になる

実際、空腹状態を利用したプチ断食ダイエットには、身体の老廃物を排出するデトックス効果や胃や内臓を休ませる効果があることから健康的にスリムになれるとあって、人気のダイエット法ですよね。

空腹状態になることで、暴飲暴食によって、狂った満腹中枢がリセットされます。
そして、次第に少しの量でもすぐに満腹感を得られるようになっていきます。
そして、気づけば痩せやすい体質に改善されていますので、肥満の悩みを抱えている方は遺伝だからと諦めずに太らない為の改善策を取ってくださいね。

 太りやすい体質改善『断食をする』

断食する女性

断食は、3日くらい行うことが基本ですが太っている人にとっては厳しいですので、1日で構いません。

1日、空腹状態を乗り越える事で、暴飲暴食で狂った満腹中枢がリセットされ、意外と食べなくても大丈夫だったという自信がついてその後のダイエットで生じる空腹感に打ち勝つことが出来るようになります。

空腹感に勝てれば、ダイエットに成功する確率もグッと高まっていくでしょう。
また1日でも辛すぎるという人は、夕食だけを抜くことをオススメします。

痩せにくい悩みを改善させるには太りやすい体質を改善させることが大切です。
その為には、食べる事に執着しすぎないことが重要です。

ダイエットでは、食事の量をコントロールする必要があります。
ですがそれがダイエットの挫折を引き起こす原因でもあります。
ダイエットを続けられない理由に空腹感が辛いというのがあります。

特に食べる事が大好きな方にとっては、空腹感はより辛くなるかと思います。
また子供の頃から太っている方は親からその遺伝子を受け継いでいますので、大人になっても太りやすい体質はほぼ変わりません。

また子供の頃から太りやすい環境にいる方は、大人になってもその環境が心地良いと感じる傾向にある為、親から独立をしても食べる量や揚げ物や甘い物などの高カロリーで高脂肪の食生活を止める事が出来ません。

痩せている人は、昼食を抜いて、多少空腹感に見舞われてしまっても耐える事が出来ます。
しかし、太っている人は少しの時間でも空腹に耐えられません。
その為、「菓子パンでも食べよう」となるのです。

実際、家族が皆、太っている場合、小腹が空いた時の為におにぎりやサンドイッチ、お菓子などを常に用意していたりします。
痩せにくい家族の特徴ですね。

少しぐらいの空腹で健康に害が及ぶということはありませんので、一度1日の食事を抜いて空腹時間を作ってみましょう。

太りやすい体質改善『食生活を変える』

食生活改善「和食」

ダラダラと食べ続ける、或いは食べ過ぎる、という方の胃腸は常に働きづめとなります。
すると胃腸は段々と疲労して、消化機能が低下していきます。
消化機能が低下すると体内には老廃物が蓄積していきます。
これにより、体が重くなって、疲れやすくなっていきます。

体が不健康で異常な状態になると太りやすい体質を痩せやすい体質に改善させる事は難しくなります。
ですので、食事量をしっかりと管理して、食べ過ぎない食生活に改善することが大切です。

太りやすい体質から痩せやすい体質に改善させるには栄養バランスに富んだ食事を心がけ、腹八分目を守る事が大切です。

日頃の食事から簡単に痩せやすい体を手にするには、和食がベストです。
和食は低カロリー&低脂肪で、その上、栄養豊富な素晴らしい健康食です。
和食を心がけるだけで、脂質がかなり抑えられる為、自然に無理のない食事制限を行うことが出来ます。

そして、体は健康で正常な状態を維持する事が出来ます。
太りやすい体質の人というのは、日頃から太りやすい食事メニューになっている人が多いです。
太りやすい体質になるか、痩やすい体質になるかは日頃の食事によって、決まると言って良いでしょう。

太りやすい体質改善『筋肉を付ける』

筋肉を付ける女性太りやすい体質を改善したい!
痩せにくい体を脱却したいと思ったら筋肉をつけてください。
運動不足が続くと体はガチガチに凝り固まっていきます。
そして、体は不健康で異常な状態となっていきます。

特に循環系に悪影響が及ぶようになります。
血液やリンパの流れが滞って、代謝機能が低下することで、体内に脂肪や老廃物が蓄積し、便秘や浮腫みなどが起こるようになります。
このように太りやすい体質とは脂肪や老廃物が溜まった体と言えます。

また筋肉を動かさずいると脂肪が燃えていきません。
体が動く時は、糖質→脂肪の順にエネルギーが消費されていきます。

ですので、筋肉を動かさないということは脂肪燃焼のチャンスが確実に失われるということになります。
更に筋肉を長く動かさずにいると筋肉は段々と落ちていきます。

基礎代謝の高い人痩せやすい体質の人の特徴として、基礎代謝が高いという事があります。
それは体の筋肉量が多いという事を意味しています。
筋肉は維持をするだけで、エネルギーが消費されると言われています。

つまり、筋肉が多ければ多い程、基礎代謝がアップする事で、痩せやすい体質になる事が出来るのです。

筋肉をつけるには、運動することが一番です。
特に筋トレ+有酸素運動は、痩身効果が高いですので、オススメです。

運動で筋肉つけることが難しいという方は、自宅で気軽に出来るエクササイズがオススメです。
また食事から筋肉をつけることも出来ます。
筋肉をつけてくれる栄養素がタンパク質です。
タンパク質が多く含まれている食べ物は以下の通りです。

・ 鳥のササミ
・ 大豆製品
・ はんぺん
・ マグロの赤身
・ 卵

体重1キロに対して、1グラムのタンパク質を摂取するのがベストです。
これにより、筋肉が育ち、代謝がアップして、太りやすい体から痩せやすい体に変化していくことでしょう。

太りやすい体質改善『体を動かす』

体を動かすイメージ「鉄棒」
ハードな運動はなるべくしないで太りやすい体質を改善したいのが本音。
そこで、日常生活でカンタンに取り入れられる運動をご紹介します。

・体操・ストレッチをする

体操やストレッチには、凝り固まった体をほぐしてくれる効果があります。
そして、筋肉をしっかりと動かしてくれます。
自宅でテレビを観ながら音楽を聴きながら簡単に行えるのが体操・ストレッチの魅力です。

・マッサージする

マッサージで、血液やリンパの流れを良くすれば新陳代謝がアップして便秘や浮腫みが改善していきます。
結果、太りやすい体を改善されていきますので、オススメです。

・立って過ごす・正しく歩く

筋肉を動かす為にわざわざ時間を作りたくないという人は、移動中に筋肉を動かすことをオススメします。電車やバスなどの移動中、ずっと立って過ごすだけで、筋肉が増えていきます。また正しい姿勢で、歩くだけでも筋肉が増えていきますよ。

ダイエットに成功した女性

このように普段の生活の中で筋肉を動かす方法はたくさんあります。
どれもとても簡単ですので、是非、行ってみてくださいね。

全身の筋肉を動かすには、意識して続けていく事が大切です。
これにより、痩せやすい体になることで、痩せにくい悩みが解消されていくことでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

太りやすい体質改善マニュアル!痩せにくい悩みを

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 絶対&確実に痩せるダイエット方法がついに?必ず痩せる法則

  • 筋肉を落とさないで痩せるためのダイエット方法

  • 食べ過ぎをやめたい&痩せたい人のための対処法

  • 老廃物とセルライトに悩む太ももは、◯◯で細くなる!!

  • バランスボールでエクササイズ!痩せたいなら身体のバランスを整えよう

  • 脂肪を燃焼してセルライトを予防!正しい○○で美脚を