専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 二重あごの原因は肥満以外にもある?!3つの対策で二重あごを撃退!!

二重あごの原因は肥満以外にもある?!3つの対策で二重あごを撃退!!

笑顔の女性

自分の顔を鏡で見た時、つい最近までは気にしなかったフェイスライン。

友人たちとの楽しいランチや飲み会での写真を撮った後、「うわ、私のあご・・・やばい」そんな思いをしたことはありませんか?あごのラインがたぶついているような…笑った時、あごをひくと二重あごになる!

 

そんな風に感じたまま放置していませんか?「太ったかな?」と、肥満のせいにしてしまう方も多いと思いますが、原因は必ずしもそうとは限りません。

それは頬やあごのたるみのせいかもしれません。
肥満が原因ではない二重あごもあるということをご存知でしょうか?

 

また、加齢だけが原因でもなく二重あごになっている人も決して珍しいものではありません。今回はそんな美しさの敵「二重あご」の原因を追求してみましょう。
また「二重あごかも…?」と思われ人は、ぜひご自分の二重あごの原因をチェックしてみてくださいね。

 

二重あごになる5つの原因

二重あご

①肥満や脂肪の蓄積による二重あご

体が太っていくと同時に顔にもお肉がついてくるので二重あごになるのも仕方ないかもしれません。全身の体型が変わってしまっての二重あごの場合は、二重あごの部分だけではなく全身のダイエットも必要になってきます。痩せたら自然と二重あごを解消することができますよ。

 

②加齢による二重あご

年齢を重ねることで、お顔にも重力が加わりあご周りにもお肉がつきやすくなります。そして、あごに脂肪が蓄積した状態のままでいると、たるみやむくみの原因にもなります。

 

③筋力低下による二重あご

あご周辺の筋肉の筋力低下が原因の一つ。近頃はかむ回数が少なかったり、柔らかいものばかり好んで食べている人が増えています。現代の食生活では硬いものを噛む機会が減っているように思われます。噛むことはとても大切です。

また、あご周辺にはリンパが多く集中しているので、筋肉の衰えに伴いリンパの流れが滞りやすく、むくみ、ひいては二重あごになりやすいとも考えられます。

 

④不良姿勢による二重あご

太っている人に二重あごは多いですが、やせているのに二重あごという人も少なくありませんよね。これは、肩こりや首こりに悩んでいる人に多く、無意識のうちに首が前のめりになり、あご周辺の筋肉に偏りが起っている状態。スマートフォンやパソコンを長時間同じ姿勢で行っている人や、猫背の人は、正しい姿勢を意識することが重要です。

 

⑤噛み合わせによる二重あご

また、顎関節(がくかんせつ)に問題を抱えている人、歯の噛み合わせが悪い人、左右の歯を均等に使っていない人も二重あごの原因となります。これは、一度専門家に相談してみましょう。

 

二重あごを解消する3つのポイント!

二重あご解消

①コラーゲンスープ

歳を重ねていくと、肌にハリがなくなります。その原因は、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの減少から。これら3種類の栄養素が不足することで肌のハリや弾力が失われてしまい、肌はたるんでしまいます。さらに、そのたるんでしまったお肌に脂肪がついてしまうとことで、二重あごになりフェイスラインが崩れてしまう悪循環が起こります。

そんなお悩みを素早く解消する優れものは、「コラーゲンスープ」。

飲めば、翌日にはハリがよみがえり、お肌プルプルになること間違いなしです。

 

コラーゲンスープの作り方

コラーゲンスープ

材料

・鶏ガラ 1羽分
・生姜スライス 1片分
・白ネギ(青い部分)1本分
・水

作り方

①鍋に湯を沸かし、鶏ガラを入れます。全体が白くなるまで茹でたらザルにあげ、流水でよく洗います。

②圧力鍋に水を入れ、①の鶏ガラを入れて30分煮込みます。アクがでる時はお玉ですくってください。

③出来上がったスープをザルで濾したら、コラーゲンスープ(ベース)の出来上がりです。

④お好きな野菜を入れても美味しいですし、そのままでもOK!

⑤仕上げは、塩胡椒で味を整えましょう。

 

②よく噛んで表情筋を鍛える

咀嚼回数が減ることで、あご周りの筋肉が低下してリンパの流れが悪くなり、顔全体がむくんでしまいます。食べ物をよく噛むことで、咬筋・大頬骨筋・小頬骨筋の3つの表情筋が鍛えられます。

また、よく噛むためには柔らかい食べ物ばかりではなく、固い物を食べるようにしましょう。

そんなお悩みを素早く解消するには、「ガムを噛むこと」をおすすめします。噛む回数が増えれば、ダイエット効果も期待出来ること間違いなしです。

 

③二重あご用エクササイズ

骨盤が歪んだ状態でいると、あごが前に出てしまい本来使われるはずのあご周りの表情筋が使われなくなり、二重あごになってしまいます。

二重あごを解消するポイント

さらに姿勢が悪いと二重あごだけではなく全身のたるみの原因にもなります。常に背筋を伸ばした正しい姿勢を心がけましょう。そんなお悩みを素早く解消するには、「肩回しエクササイズ」がおすすめです。背中や肩甲骨の周辺の筋肉をほぐすことで猫背の改善や姿勢のリセットに繋がります。

 

肩回しエクササイズ

①肩に手を置き、固定した状態で両肘を胸の前で合わせましょう!

肩回しエクササイズ1

肩回しエクササイズ3

②次に、肘で大きな円を描くように後ろ回しを10回繰り返します。

肩回しエクササイズ2

③さらに、前回しも10回繰り返します。

※後ろ回し、前回しの時もつどつど、肘を胸の前で合わせるように意識しましょう。

 

 

ボディメイクトレーナーからのメッセージ

二重あごは放っておくと、どんどん大きくなったり、消えにくくなったりします。まずはご自分の二重あごの原因をしっかりチェックしてご自分に合った対処法を選択することからはじめましょう!いつまでも小顔キープを目標に頑張りましょう。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Eriko

Eriko

ボディメイキングセラピスト、パーソナルトレーナー、の資格を保有。様々な経験を経て、健康とダイエットについて日々情報を集めています。他にもエステシャン、薬膳アドバイザー、アロマコーディネーターの資格を活かして現在は美容ライターとして活躍中。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 運動しているのに痩せない!?ジムでのダイエット効果を高める秘訣とは?

  • 更年期に太りやすいのはなぜ?原因と具体的な改善方法

  • 食べ過ぎをやめたい&痩せたい人のための対処法

  • ダイエット中に食べ過ぎ?自己嫌悪になる前に体重戻すために

  • 1週間で-1.8kg!?今大注目の【冷やしご飯ダイエット】

  • Tゾーンのテカりやニキビは乾燥が原因!?