専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 黄ぐすみ改善!美白な肌を取り戻す

黄ぐすみ改善!美白な肌を取り戻す

 2016/01/04 インナーケア
  3,405 Views
黄ぐすみがない美肌な女性

最近年齢を重ねる毎に肌色が暗くなってきたため、今まで使っていた明るいファンデーションが自分の肌色に合わなくなってきた。そんな悩みをお持ちではないですか?
それは肌の黄ぐすみが原因です。
どんなに日焼け対策やシミ・エイジングケアをしていても、黄ぐすみを起こしている肌は、美肌という印象を与えません。
黄ぐすみとは、肌の一番深い場所にある真皮層が、加齢とともに、どんどん変色することで、肌の色が黄色くくすむことをいいます。

黄ぐすみの原因

黄ぐすみの原因は主に二つあり、それは肌の内側でおこっています。黄褐色に変色したたんぱく質が血液中に蓄積する現象であり、「糖化」と「カルボニル化」が問題であるとされています。これらは一度できてしまうと、増え続けてしまいます

1.糖化

抗糖化を意識せずに甘いものを食べる女性

糖化とは、余分に摂取した糖分が血液の中に残っていることで、たんぱく質と結合し血液中に蓄積してしまい、最終糖化産物(AGEs)となることを指します
糖化は、糖分を過剰に摂取してしまっていることや、血糖値を急減に上げる食事など、毎日の乱れた食生活が原因とされています。
糖化は私たちの肌や体を徐々に老化させていきます。これが原因で、肌が黄ぐすみするだけでなく、若々しい肌を持続させるためのハリや弾力が失われてしまい、シワやたるみの原因となります。

2.カルボニル化

もう一つの原因は、カルボニル化です。
カルボニル化とは、たんぱく質と酸化した脂質の分解物とが結合することにより、終末脂質過酸化産物(ALEs)という物質になることを指します。
カルボニル化の原因は紫外線による肌へのダメージや、タバコの喫煙やストレス、加齢による鉄分の蓄積とされています。
カルボニル化は、糖化より肌の色を黄ぐすみさせる原因であるとされ、体の内側から私たちの肌を老化させます。

黄ぐすみがあるとどうなる?

糖化して肌が老化して顔を覆う女性

黄ぐすみがあると、肌がくすみ透明感が失われることにより、いつも疲れている印象になりがちです。またお肌の表面も硬くなり、柔軟性がなくなるので、ファンデーションのノリが悪くなったり、何度も重ね塗りすることにより、老けたイメージを相手に与えてしまいます。今まで似合っていた、ピンクのチークも不自然に浮いていると感じることもあるでしょう。そんな悩みを解決し、10代・20代の時のような透明感のある美肌を取り戻しましょう。

どうしたら黄ぐすみが治る?

前述でご説明した通り、黄ぐすみの原因は糖化とカルボニル化です。
その二つの対策や解決策をよく理解することにより、黄ぐすみを防ぎ、改善することができるでしょう。

1.糖化の改善方法

抗糖化で食べる順番を考える女性糖化は徐々に老化が進行していく自然現象であるため、毎日の食生活が一番の改善方法です。まずは甘いものを食べ過ぎないこと。ジュースなどは思っている以上に糖分が含まれています。
次に血糖値を急激に上げないバランスの良い食事と、食べる順番に注意しましょう。特にごはんやうどんなどの白い穀物は血糖値を一気に上昇させるため、食べ方に注意が必要です。食べる順番に関しては、糖質の吸収をいかに抑えるかが重要です。
まず、食物繊維を含む、野菜や海藻類を食べます。つぎは、お肉や魚などのたんぱく質を食べ、血糖値を上げるごはんなどの炭水化物はなるべく最後のほうに食べます。毎日の食事で、この食べ方を意識することで、血糖値の急激な上昇を防ぎ、糖化を防ぐことができます。
また、1日3食を必ず摂取することも大切です。空腹の時間を長くすればするほどに、その後の食事で血糖値を急激に上昇させます。

食生活の他に糖化を予防する方法として、適度な運動が効果的です。十分に睡眠をとり、ホルモンバランスを乱さないように注意することも大切なことです。
また紫外線は肌に刺激を与え、糖化を促進させてしまうため、紫外線対策も必須です。

カモミールティーや、ドクダミ生姜は抗糖化にとても良い食べ物とされています。毎朝コーヒーを飲んでいるというかたは、この機会にカモミールティーなどに変えてみてはいかがでしょうか。

2.カルボニル化の改善方法

カルボニル化の一番の原因は紫外線です。紫外線は夏だけでなく、一年中私たちの肌に降り注いでいます。肌は紫外線を浴びると酸化が起こり、これがカルボニル化に繋がる直接の原因になるため、メイクをする前に日焼け止めの乳液を塗ったり、メイク下地やファンデーションをSPFが配合されたものにしましょう。また化粧直しをする際に、ミスト状の日焼け止め化粧水をメイクの上からシュッとひとかけするのとしないのでは、大分違うでしょう。

抗カルボニル化で紫外線対策紫外線対策以外にもカルボニル化対策として、抗酸化が大切です。
肌が乾燥することにより、余分な皮脂を作ってしまいますので、保湿ケアは都度念入りにすることも重要です。化粧品を選ぶ際は、なるべく抗酸化作用のあるものを選びましょう。オリーブ葉エキスも効果的とされています。
たばこは活性酸素を過剰発生させます。これをきっかけに、喫煙者の方はお肌のために禁煙してみるのもひとつの方法です。
また、ストレスもたばこと一緒で活性酸素を過剰発生させる原因です。
なるべく溜めないようにストレスはどんどん発散していきましょう。

最近、抗糖化や抗カルボニル化の美容液などが販売されています。これらは黄ぐすみを外側からケアしています。もちろん外側からケアすることは大切なことですが、それぞれ共通して重要なのは、「原因は体の内側からおこっている。」ということです。
黄ぐすみに効く成分を食品で摂取しきれない場合は、サプリで補うということもひとつの手でもあります。毎日の生活習慣を見直し、黄ぐすみのない肌を手に入れましょう。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • ビタミンの補酵素を摂取して健康的にアンチエイジング

  • プラセンタサプリの口コミ効果ランキング

  • 血管年齢を若返らせて健康的にアンチエイジング

  • 深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

  • 血流を良くするには?冷え性に悩むあなたがポカポカする方法

  • 水分代謝が悪い人は水太りの原因、解消してダイエット♪