専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 抗酸化物質を増やして、老化原因の活性酸素を増やさない!

抗酸化物質を増やして、老化原因の活性酸素を増やさない!

 2016/01/21 その他
  844 Views
活性酸素を減らす女性

老化のメカニズムを皆さんは知っていますか?
私たちはストレスや生活習慣の中で活性酸素という物質を体内に取れ入れます。
活性酸素が増えることにより、健康な細胞が酸化してしまい、肌や細胞が老化してしまうということです。

 

抗酸化とは酸化を防止することにより、老化を防いでくれる作用です。
この抗酸化の物質を体内に増やすことが重要です。

老化は自分自身で予防することができます。

メカニズムを知り、予防と改善をしアンチエイジングしていきましょう!!

 

抗酸化と活性酸素の関係性

抗酸化と活性酸素の関係はけんか

私たちは酸素を体内に摂取することにより、エネルギーをつくります。

その過程の中で、酸素が活性酸素に変化します。

活性酸素は酸化が強いため、体内で増え過ぎてしまうことにより、細胞や血管等を傷つけてしまうのです。

酸化とは錆びるということで、細胞や血管が錆びるということは老化する原因になります。

 

そこで活性酸素が増えてしまうのを防ぐ抗酸化作用が必要です!

 

私たちは抗酸化酵素を体内に持っていますが、年齢を重ねる毎にその量は少なくなってしまいます。
抗酸化物質を増やして、活性酸素を増やさない生活を心掛けることが大切です。

 

活性酸素は何故出来るの?

アンチエイジングで禁煙

活性酸素という物質は、呼吸をするだけでも私たちの体内で生成されます。

環境や生活習慣の中で、私たちは日々、活性酸素のリスクと向き合って生活をしているとうことを頭に入れおいてください。

 

紫外線

私たちは紫外線を浴びることにより、皮膚を守ろうとする作用が働きます。
その時に活性酸素が働き、その細胞の酸化を食い止めるために、シミの原因であるメラニン色素が発生してしまいます。

紫外線によって、コラーゲンも酸化してしまいます。
肌のハリが無くなり、シワができやすくなってしまう原因です。

また、紫外線が原因で、水晶体内に発生した活性酸素が、白内障の原因になるのではないかとも言われています。

そんな恐い病気にならないためにも、紫外線対策として日焼け止めクリームを普段から塗ったり、日傘をさして日焼けしないようにしましょう。

 

ストレス

強いストレスを感じると、血圧が上がることにより血管に負担がかかります。
この血管へのストレスが活性酸素を生成します。

また、活性酸素は血液の中でコレステロールを酸化させるために、突然の動脈硬化の原因となるとも言われています。

ストレスは十分に発散しましょう。

 

食品添加物

毎日忙しいために、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜、手軽なカップラーメンなどで食事を済ませていませんか?

加工食品には、食品添加物がほとんど使われています。

私たちが食べた食品添加物は、肝臓で分解されますが、その途中で活性酸素が発生します。
そのため、肝臓への大きな負担の原因になります。

なるべく自炊をして、食品添加物を摂取しないようにしましょう。

 

喫煙

タバコには、発がん性物質のタールという物質があります。
それが肺に入ると、私たちの身体は有害物質を体外に出そうと活性酸素が生成されます

活性酸素が発生することにより、肺の細胞組織が破壊されます。
息切れや肺がんの発症はそこから生まれます。

また、喫煙者だけではなくその周りで受動喫煙している人にも影響を与え、たばこを吸っていなくても活性酸素が生成されてしまいます。

喫煙者は禁煙を!禁煙者はなるべく喫煙者のいる場所にはいかないようにしましょう。

 

飲酒

肝臓は代謝や解毒作用とたくさんの働きをします。

そのために活性酸素の生成もも多くされます。
そこに飲酒することによるアルコールの大量摂取が加わると、肝臓への負担がとてつもないものになります。

お酒はほどほどにしましょう!

 

抗酸化物質を増やすと身体に良いの?

抗酸化してアンチエイジングした女性

さて、活性酸素が生成される原因がわかったところで、今度は抗酸化物質を多く摂取することが大切です。

抗酸化の働きとしては、活性酸素が増えるのを防ぎます

抗酸化をすることにより、加齢による老化を身体の中から防ぎ、若々しい肌だったり、健康的な身体を保つことができます。

年齢を重ねることで、肌や肝臓等の老化は仕方のないことと諦めていませんか?

まだまだ諦めるには早いです。
毎日の生活習慣を見直すことにより若々しさは取り戻すことができますので、抗酸化物質を増やして、アンチエイジングをしていきましょう。

 

どうやって抗酸化物質を増やすの?

生活習慣を見直してアンチエイジング

抗酸化がアンチエイジングに大切なことだと知って頂けたと思いますが、もともと私たちは、抗酸化作用が体内で常に働いています。
そのために、普段の生活習慣から見直すことが抗酸化に繋がります。

しかし、抗酸化物質を増やすための、栄養素を摂取することでより効果的になります。

 

ビタミンEで摂取

細胞の酸化である活性酸素を防ぐ抗酸化作用があります。
体内代謝を良くし、血液循環もスムーズにする働きがあります。

 

ビタミンCで摂取

ビタミンEが酸化してしまった場合に、抗酸化に戻す再生作用があります。
本来細胞が酸化してしまうところを変わりに酸化してくれる働きをします。

 

亜鉛で摂取

亜鉛は肝臓が弱ってしまったときに、手助けをする栄養素です。
活性酸素を抑制するための酵素成分ですので、抗酸化作用があります。

仕事や子育て等に追われてしまい、食事で抗酸化物質を摂取できない場合は、サプリメントで足りない栄養素を補うというのもひとつの手です。

 

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 気になるプラセンタの効果は?

  • 0.19小麦アルブミンを含む機能性表示食品・サプリ

  • 黄ぐすみ改善!美白な肌を取り戻す

  • 食べ過ぎをやめたい&痩せたい人のための対処法

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 筋肉をつけない運動で痩せる!ふくらはぎに効果的なダイエット♪