専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 長寿遺伝子であるサーチュインがアンチエイジング効果があるは嘘!?

長寿遺伝子であるサーチュインがアンチエイジング効果があるは嘘!?

 2016/02/04 ヘルスケア/健康
  2,743 Views
長寿遺伝子について考える女性

長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子が老化防止に効果がある!

NHKで放送されて以来どうやったらサーチュイン遺伝子を増やせるかなど調べている方もいるかと思います。

そもそも私たちは長寿遺伝子を誰もが体内にもっていて、活性化することにより100歳以上生きれるとされています。

サーチュイン遺伝子は空腹時に活性化され、猿による実験で老化防止効果を実証されたようですが、これは嘘ではないかという説もあります。

今だに国立遺伝学研究所が中心となって研究が進めれていて、サーチュイン遺伝子を活性化させるとアンチエイジングに繋がる可能性があると最も期待されています。

老化予防は長寿遺伝子と抗酸化が大事

長寿遺伝子と抗酸化を気にする女性

私たちは老化していく生き物なので、顔にしみやシワ、くすみが出来たり身体のどこかしらが不良になって病気にかかったり負傷してしまいます。

しかし、老化していくことを止めることが出来たら健康的な身体とハリのある肌を手に入れられますよね?

もともと私たちは長寿遺伝子抗酸化物質をもっており、100歳以上生きることが出来るはずなのです。

しかし、老化や生活環境により酸化物質が増えてしまい、それらの物質がどんどん減ってしまうのです。

これを活性化させることにより、老化予防つまりアンチエイジングに効くとされています。

長寿遺伝子とは?

サーチュイン遺伝子を起こして起床

私たち哺乳類は、長寿遺伝子をもともと持っているとされています。
その遺伝子とは、サーチュイン遺伝子です。

サーチュイン遺伝子は、老化防止作用があり長寿に深い関係性がると考えられています。
しかし、この長寿遺伝子は普段は全く動かず働きません。いわば眠っている状態です。
長寿遺伝子を働かせるためには、刺激を与え起こさなければなりません

それは空腹時に活性化されるとされ、仮説としては子孫を残さなければと脳が自然と働き、次に栄養を得られるときまで若さを保つ働きをするとされます。

しかしいつまでも空腹時を保つことは困難であり、更に栄養成分が体内になくなってしまい、病気にかかりやすくなります。

長寿遺伝子を活性化させたところで、病気になってしまったら元も子もないですよね?

長寿遺伝子の効果

ダイエットに効果があるサーチュイン遺伝子

長寿遺伝子とされているサーチュイン遺伝子ですが、その効果はアンチエイジング効果がるというものから、老化予防に効果が無いとされた研究結果もあり、今だに研究が進めされています。

エイジングケア効果があるとされた研究結果では、見た目が若々しくなるとされています。

細胞の奥まで働きかけるため、ターンオーバーを整えしわやたるみ、くすみやしみなどのお肌の悩みに効果を発揮し、若々しい肌に変化させます。

また代謝が良くなり、ダイエットにも効果があるという説もあります。

男性の悩みであるEDや薄毛にも効果が期待されています。

長寿遺伝子の活性方法

サーチュイン遺伝子を活性化させるためには、2つの方法があります。
おすすめは、2番目の方法です。

レスベラトロールを含む赤ワイン

1.カロリーを制限

前述でもあったように、空腹時に長寿遺伝子は活性されます。

老化の原因とされるミトコンドリアが弱らないように守り、健康的な細胞を攻撃する免疫細胞の活性化を抑制する作用が働きがります。

そのため、アンチエイジングに良いとされます。

空腹状態を保つということは、カロリー制限をするということで、私たちが1日に必要とされるカロリー(平均1,800キロカロリー~2,200キロカロリー)の7割に制限する(平均1,260キロカロリー~1,540キロカロリー)と良いとされます。

しかし、それを7週間以上保たなければ意味がありません。

また、50%以下まで制限してしまうと、逆に寿命は縮むという研究結果が出ています。

そのため、カロリー制限による長寿遺伝子活性化はとても難しいとされています。

皆さんはできそうですか?私は到底できそうにありません。そこで、次に紹介する方法が最もおすすめです。

2.レスベラトロール摂取

ここで聞いたことのない物質が出てきましたが、レスベラトロールというポリフェノールの一種が、サーチュイン遺伝子を活性させる作用があるとされています。

レスベラトロールは、抗酸化作用を持ちサーチュイン遺伝子を直接活性化させるため、健康に良いとされます。

サンタベリーブドウに含まれるとされ、赤ワインでも摂取することが出来ます。
他にアーモンドやココア、ピーナッツの皮等にも含まれます。

何故健康に良いかというと、皮膚細胞のテロメアDNAを分裂させる酵素に働きかけ、細胞分裂を繰り返す作用を活性させるためです。

これは肌や髪の毛にも作用されるため、美肌効果やエイジングケアにも効果があるとされます。

アンチエイジングの効果に期待が出来るとされ、様々なサプリメントが発売されています。

長寿遺伝子であるサーチュインやレスベラトロールについては、いまだ研究段階のために効果や効能が絶対と保証されているものではありません。
しかし健康には良いことは確かとされ、ストレス耐性などにも効くとされています。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 若々しさの秘訣とは?健康的な女性の特徴

  • 筋力低下は生活筋力の衰えが原因。運動してアンチエイジング♪

  • 更年期にうつの症状が出たら更年期障害かも?

  • 活性酸素はコラーゲンを破壊するってほんと?!その対処方法は?

  • 更年期になると膀胱炎になるのはなぜ?主な原因は○○の低下

  • 更年期の関節痛の痛みを取る・和らげる最新事情