専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 筋力低下は生活筋力の衰えが原因。運動してアンチエイジング♪

筋力低下は生活筋力の衰えが原因。運動してアンチエイジング♪

 2016/02/10 ヘルスケア/健康
  16,593 Views
筋トレをし筋力低下を抑制する女性

筋力低下は30歳後半からどんどん進行していきます。

高齢者は筋力低下し、運動をすることすら難しくなった方は、リハビリで何とか生活筋力をつけていくのです。

そうなる前に若いうちから継続的に筋肉をつけていくことが大切なのです。

アンチエイジングのために筋肉をつけることは、病気や障害から身体を守ります。

既についている筋肉は鍛えないと、徐々に脂肪に変化していきますので、運動をして生活筋力を鍛えないと、太っていってしまいます。

生活筋力が衰えることにより、基礎代謝も低下し冷え症も招きます。また更年期や疲労にも影響を与えるため、トレーニングをしていきましょう。

年齢を重ねてもスレンダーな美ボディを維持したいものですよね?40代・50代になってもキラキラと輝いている人は、元気で何より健康的です。

高齢者の方でも、健康な人は運動を毎日続けていると答える人が多いです。

 

筋肉をつけるために、ヨガやジムに通うという選択

 

筋力低下について

散歩をして筋肉をつける女性

100歳のご高齢者でも、健康な人は毎日散歩をしている人が多いです。

それも10分と短い時間ではなく、1時間近く歩くという方が多くいらっしゃいます。

健康で長生きするためには、30歳後半を過ぎたら生活筋力を鍛えることが大切です。

ジムなどに行って鍛える方法もありますが、自宅で少し身体を動かすだけでも十分筋力低下を抑制することが可能です。

毎日コツコツとやることが重要で、出来れば30分トレーニングの時間を確保することが理想です。

 

加齢にともない筋力低下

年齢を重ねても筋力低下しない女性

筋力は、20歳から30歳くらいがピークにあり40歳ごろから徐々に減少していきます。

これは筋肉の繊維の数が40歳ごろがら減ってしまい、筋萎縮が起きるためです。

特に速筋繊維が委縮することにより、瞬発的な動きが出来なくなります。そのため動作がゆっくりとしてしまうのです。
年齢を重ねていく度に俊敏な動きが出来なくなり、大好きなスポーツや運動が出来なくなるのは嫌ですよね?

60歳になりますと、急激に筋力が衰え鍛えていないと、生活に支障が出てきます。

筋力低下により、歩く際足がしっかり上がらず小さな段差でもつまづいてしまいます。
転倒が原因で寝たきり状態になるのは嫌ですよね?

今からしっかりと生活筋肉を鍛えることがアンチエイジングに繋がります。

 

サルコペニアと筋力低下

サルコペニアとは、ギリシア語で筋肉の喪失という意味です。

医学的に、加齢に伴う筋力低下と身体の各機能が衰えることが関連することを示し、大切な考え方であると指摘しました。

死のリスクを伴い、身体機能障害や生活の質の低下も定義提案しています。

 

筋力低下は下半身から

運動して筋力低下をしない女性

高齢者が寝たきりになったり、骨折をするのは足の筋力低下が原因です。

筋力低下は下半身が一番するとされ、20歳のに筋肉の量と比較すると50歳で約10%、80歳でも約30%も減少すると言われています。

このことから、若さを保つには足の生活筋力を鍛える必要があるということです。

ウォーキングやランニングのように、持続させるトレーニングも大事です。
しかし、加齢とともに顕著に減少し、素早い動きが出来なくっていく、速筋の衰えを止めることを意識し筋トレをすることが大事です。

 

生活筋力の鍛え方

骨盤のゆがみを感じる女性

加齢とともに筋力低下する部分は足ということが分かって頂いたと思います。

それでは足のどこの部分を鍛えれば良いのでしょうか?

それは、股関節と骨盤を繋いでいる大腰筋です!

大腰筋の役割は、足を引き上げ歩行することや、階段の上り下りです。

日常的に使っていますよね?この生活筋力が衰えると、日常生活に多くの影響をあたえます。

筋トレをするためには、色々な器具を揃えないといけないと考えている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

ウォーキング時に太ももを意識してあげることも立派なトレーニングです。

無理なく毎日続けることが大切で、それは美ボディの第一歩なのです。

 

大腰筋の鍛え方

大腰筋が衰えることにより、神経を圧迫し骨盤のゆがみと不調を招きます。

骨盤がゆがむことで、代謝を低下させるため腰痛や冷え性、つらい生理痛などの症状を引き起こします。

女性にとってダイエットの妨げにもなり、骨盤のゆがみは女性の悩みでもあります。

これらは、大腰筋の筋力低下を抑制させる必要があり筋トレをする必要があります。

骨盤矯正をし、大腰筋を鍛えましょう!

●大腰筋の筋トレ方法「レッグレイズ」

1.背骨を伸ばし仰向けになり、足をクロスさせます。

2.お腹に力を入れて、ゆっくり息を吐きながら、両足を揃えて脚を持ち上げます。
  このとき、骨盤が動いていることを意識することが大事です。

3.ゆっくり呼吸をしながらお腹や脚の筋肉を使いもとに戻します。

この運動を10回1セット必ず毎日行ってみてください。

レッグレイズのやり方はこちら↓

私たちの身体は年を重ねることで、衰えていくことは止めることはできません。
しかし、足の筋力低下を抑制することでアンチエイジングすることができます。

運動を継続することにより、5年後・10年後の自分が違う人物になっているかもしれませんね♪

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 「アーリーアンチエイジング」顔の中で老けたと感じるパーツは何?

  • 手・指のむくみの原因と改善解消方法を全て公開

  • 更年期障害だと感じたら病院は何科?検査の流れ~治療法まで

  • 食べ過ぎによる嘔吐&下痢を即効で解消改善するには

  • もしかしてプレ更年期?更年期障害との違いとストレス発散方法

  • 更年期になると膀胱炎になるのはなぜ?主な原因は○○の低下