エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 首のポツポツ・ブツブツの原因は?セルフケアで治す方法

首のポツポツ・ブツブツの原因は?セルフケアで治す方法

老け
  1,735 Views
首のブツブツを気にする女性

あれ?知らないうちに、首にポツポツやブツブツができて、日を重ねる毎に増えているなんて経験ありませんか?

実はそのブツブツは、首イボと呼ばれるものです。

 

首や脇等の皮膚にブツブツと出来、その原因は様々ですが、身体や肌が老化することにより発症しやすいとされているものもあります。

症状は特にかゆみ等がないことが多く、自覚症状が無いという方がほとんどです。

この首のブツブツを放っておくと、どんどん増え、大きくなる可能性があります。

 

そうすると、夏でもいつも首を隠すスタイルになってしまい、首元のおしゃれも出来なくなりますよね?

しっかり原因と症状の度合いを確認して、予防と改善をすることでアンチエイジングしていきましょう♪

 

首のポツポツの原因は何?

首にポツポツが出来た女性

首に出来るブツブツは、皮膚と脂肪で構成されています。
何故首に出来やすいかというと、皮膚が薄いのに摩擦がかかるためです。

その種類は様々で、ウィルス感染からなるものは人に移る可能性があるために、早急に治療が必要です。

 

首にブツブツができてしまう一番の理由としては、肌と肌や、肌と服が擦れて、摩擦が皮膚にかかってしまうためです。

また強い紫外線を浴びた場合に肌へのダメージが一定量を越えてしまい、症状と現れる可能性があります。

また、場合によってはウイルス感染によっても出来ます。

角質は肌の老廃物が蓄積することにより、発生しますが、この角質を放置したために出来てしまうこともあります。

 

一番なんとかしたいのが、老化による症状発症です。
アラサーくらいの体質になると、肌や身体は確実に老化が進みます

女性ホルモン減少や乱れにより、様々なマイナートラブルになり、この時に首のブツブツも発生する可能性が多くなります。

 

老化によるポツポツ・ブツブツの種類

首は老化が原因でブツブツが出来る

年齢と症状の関係性が分かって頂けたと思いますが、種類が2種類あります。
いずれも人に感染する心配はありませんが、放置しておくとどんどん大きくなったり、増えてしまいます。

首に下記のような症状が出てきたら、年齢によるものなので予防と改善をおすすめします。

 

スキンタッグ

このブツブツは、小さいながらも立派な腫瘍です。
しかし、全て良性の腫瘍になりますのでご安心ください。

身体の中でも、汗をかく箇所に多く発生します。
スキンタッグは、首だけではなく、顔や手や腕、背中にも出来やすいです。

特徴としては、肌色のものだけではなく、茶色く見えるものや、黒っぽくホクロとのようなものがあります。

大きさは小さい点のから1センチほどになることもあり、形は平らな形からボコっと盛り上がった形と様々です。

黒くなってしまったスキンタッグ等はそれがスキンタッグなのか、判断することは難しいです。

 

老人性イボ、脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

老人性イボという名前からわかるように、これこそ原因は年齢を重ねて発症する自然なイボです。
首の他にも、顔や身体のどこの箇所にも発症します。

老人イボの特徴としては、色は肌色が多いですが、それが黒っぽくなることもあります。形も平から、ボコッと盛り上がっていることがあります。

また、かゆみがある場合があります。

 

ポツポツ・ブツブツの予防方法

ブツブツ予防は摩擦を防ぐ

予防方法はまずは、皮膚への摩擦を防ぎましょう。

首のブツブツであるイボのメカニズムは、まだはっきりとされていないのが現状です。

それでも、原因として代表的なものが皮膚への摩擦とされています。

皮膚に摩擦による負担をかけないように、普段から心かけましょう。

 

また、紫外線も肌への大きなダメージになります。
紫外線対策もしっかりとしましょう。

加齢によるイボの場合は、代謝を高めるのが一番です。
人は老化により新陳代謝が悪くなってしまいます。

適度な運動規則正しい生活をして、良質な睡眠をとることを心がけましょう。
代謝が活性される成分をサプリ等で補うことも大事です。

 

ポツポツ・ブツブツのケア方法

ケア方法は自宅で出来るものから、症状が悪化してしまっている場合は病院での治療が必要です。

首のブツブツにはクリームで予防

 

自宅ケア

1.顔だけではなく、首にも保湿クリームを塗る。

加齢により出来てしまった首のブツブツは、保湿することにより乾燥を防ぎ、皮膚の摩擦を和らげます。

わざわざ首の保湿をするのは面倒臭いと感じる方は、洗顔後に行う保湿ケアの時に、顔だけではなく首までクリームを塗ることで毎日ケアすることができます。

 

20160121追加

2.アスタキサンチンを摂取。
アスタキサンチンは、紫外線から肌を守る、抗酸化作用があるため、老化を防ぐという効果があります。

サプリ等で摂取することができます。

 

病院で治療

首のブツブツを皮膚科で治療

病院での治療は症状により様々です。

症状が軽い場合は、ピンセットやハサミで取り除く施術をしたり、レーザー治療や液体窒素を用いて治します。

 

症状が重い場合は切開手術をします。

かゆみが出てきたり、ブツブツを早急に治したいかたは、皮膚科を受診することをおすすめします。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • コラーゲンって本当に美容効果があるの?

  • 毎日食べるだけ!? チョコレートで得られるアンチエイジング効果

  • 1粒に栄養ギュッ!キヌアのアンチエイジング効果がすごいワケ

  • ハーブティー界の救世主!ルイボスティーのエイジング効果がスゴい

  • そんなすごいの?いちごのアンチエイジング効果が尋常ではない

  • 実はセサミンにはアンチエイジング効果が