エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. セルライトが1ヶ月で消える!お風呂で 4つのボディメイク術

セルライトが1ヶ月で消える!お風呂で 4つのボディメイク術

あなたのおなか、太もも、よ〜くご覧になったことありますか?

よく見ると、「えッ……コレ⁉︎何っ???」と驚くことなるかもしれません。

 

その正体は、脂肪⁉︎それともこれが下半身にできやすいセルライト。別名オレンジピールスキンと言われています。

 

そんなセルライトの正体は、「脂肪」と「老廃物」です。これらは見た目だけを損なうのではなく、むくみや冷え性、代謝の低下、また痩せにくいなどの原因になり兼ねません。

 

セルライトがつきやすい場所

セルライトは太ももやお尻、二の腕、お腹など、普段、女性の体の中で冷えているところにつきやすいです。

これは、冷えなどで血液やリンパ液の循環が悪くなり、老廃物が滞りセルライトができやすい環境下にあるためです。

 

今回は、そんなセルライトがつきやすい4箇所を出来るだけ、効率良く解消するボディメイク術をご紹介します。

 

セルライト解消する!2つのポイント

①血流を良くすること…まずは、冷えから体を守りましょう。次に、体を温めましょう!

 

②老廃物の排出力を高めること…まずは、滞りを解消しましょう。次に、リンパの流れを良くしましょう!

 

上記の2つのポイントから考えると、入浴時の血行が良いときに、マッサージをすることで、気になるセルライトを解消し、サイズダウンの効果が期待出来ます。

 

入浴中に行う!セルライトケアをご紹介

セルライトケアには、リンパの流れを促進させるリンパマッサージが効果的です。

リンパの滞りを防ぎ、血行を促進して、老廃物が溜まって起こるむくみを回避します。

 

 二の腕

二の腕は、なかでも代謝が悪くなりがちな部位です。

 

①電車のつり革を持つように左の肘を軽く曲げ、右の手で肘を摘むように揉みほぐします。

②次に、肘〜二の腕(振り袖)・脇の下まで内側から外側に向かって捻るように揉んでいきます。

③小指側の手首を掴み、脇の下に向かって5回さすり上げます。(この時、曲げた肘を伸ばしながら手先を天井に向かって持ち上げるようにすると行いやすいです)

 

お腹

①左腕を軽く上に持ち上げ、反対の手で肘〜脇腹・足の付け根(骨盤)まで5回さすり下ろします。

腕を上げ、肘〜引き下ろす時、脇腹が引き伸ばされるので、腰やお腹のつまりが取り除かれるのでマッサージ効果がアップします。

②両手を肋骨下に置き、両サイドからお腹を絞るように脚の付け根に向かって揉みほぐします。

 

ワンポイントアドバイス

(1)と(2)を1セットとして行うことで上半身の滞りのセルフケアになりますので、時間がある時は続けて行うことをおすすめします。

また、効果をできるだけ早く実感したい方は、ボディクリームやオイルなどを併せて使用されることをおすすめします。

ボディシャンプーなどを代用されるのも良いと思いますが、長い時間マッサージされる方には、美肌のことを考えるとあまりおすすめではありません。

また、ボディシャンプーには、脂肪燃焼やセルライト除去効果は全くありませんので、即効性を求める方は、絶対専用のクリームがおすすめですよ。

 

太もも

①太もも内側のお肉を両手のひらで掴み、互い違いに絞るようにように揉んでいきます。

②太もも外側も同様に行いましょう。

③両手で、膝上から足の付け根に向かい5回さすり上げます。

 

おしり

①お尻と太ももの境目周辺を掴むようにして揉みほぐしていきます。

②膝裏から太もも裏側・お尻と上へ持ち上げるようにさすり上げます。

③最後に足首から脚の付け根まで一気に5回さすり上げます。

④さらに、足首からお尻のまでを一気に5回さすり上げます。

 

ワンポイントアドバイス

太ももとおしりのケアをセットとして行うことで下半身の滞りのセルフケアになりますので、時間がある時は続けて行うことをおすすめします。

また、全てを順に行って頂くと、全身ケアでより効果が高まります。太ももやお尻は、肉厚でボリュームがある場所なので、手で行なうのが難しい方もいらっしゃると思います。

そんな時は、セルライトを揉みほぐす手軽なボディケア用具が、手頃な価格でも販売されていますので、用具を使って行われることもおすすめです。用具を使って行なう場合も手で行う時と同様、場合や方向などに気をつけて行なうようにしてください。

 

ボディメイクトレーナーからのメッセージ

いかがでしたか?

セルライトは妊娠後についてしまう方が多いようです。

セルライトの存在に気づいたら、できるだけ早くケアされることをおすすめします。

 

ダイエットの効率を上げるには、血液やリンパの流れを良くすることがとても重要です。

なぜなら、セルライトの存在は血液やリンパの流れを悪くしてしまいます。この状態が続くと、代謝が悪くなり、老廃物を溜め込みやすい体を作ってしまうからです。

 

太ももやお尻は、特にセルライトができやすい場所ですので、日々の努力と気づきが大切です。リンパマッサージと併せてエクササイズを行いセルライトを予防・改善していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

下田 絵理子

下田 絵理子

学校給食、有料老人ホーム等にて管理栄養士として勤務後、料理教室や女性向けの美容食セミナー等を開催。個別の栄養指導も評判が良い。
健康的に痩せる、痩せたらリバウンドさせない、肌を衰えさせない食事など、日々研究を行っている。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • ダイエットにも効果的!わさびの美容効果とアレコレ

  • ダイエットがストレスで続かない&やめたい時

  • 相乗効果でスリムボディ!5つの有酸素運動

  • 体が固いと太りやすい?!『ストレッチダイエット』で固い体を柔らかく!!

  • 脂肪を燃焼してセルライトを予防!正しい○○で美脚を

  • 【お腹のぜい肉は危険信号】脂肪細胞で肥満が加速する!?