専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. え、まだ高級クリーム?ファイトケミカルのアンチエイジング効果は絶大

え、まだ高級クリーム?ファイトケミカルのアンチエイジング効果は絶大

ファイトケミカルを摂取する女性

突然ですがあなたは、「ファイトケミカル」という言葉を聞いたことはありますか?聞いたことはあっても、何のことだかいまいちよく分からない、という人もいるのではないでしょうか。今回は、ファイトケミカルについてご紹介します。

 

健康的な体を維持するために必要な5大栄養素がありますが、ファイトケミカルが最近、「第7栄養素」として、非常に高い注目を集めているんです。ちなみに第6栄養素は食物繊維と言われています。

 

ファイトケミカル一番の特徴は、抗酸化力の高さ。紫外線やタバコ、睡眠不足やストレスなどさまざまな原因によって増える活性酸素の働きを抑え、体の酸化(サビ)を食い止める効果があるんです。

 

ファイトケミカルが持つ抗酸化力には、具体的に一体どのような効果があるのか早速見ていきましょう。

 

そもそもファイトケミカルとは?

shutterstock_130707287

「ファイトケミカル」とは、トマト、ピーマン、ブルーベリー、にんじん、かぼちゃ、にんにく、大豆といった植物性の果物や野菜の色素や香り、アクに含まれる化学物質のことです。「ファイト(ohyto)」+化学物質「ケミカル(chemical)」というギリシャ語が語源だと言われています。

 

現時点でわかっているファイトケミカルの数はおよそ1000種類にも及ぶのだそうです。代表的なファイトケミカルの種類は、ポリフェノールカテキンアリシンリコピンクロロフィルアントシアニンなど。また、活性酸素を抑える強い抗酸化作用と殺菌作用があり、体の代謝を上げて免疫力を高めたり、細胞の働きを活発にしてアンチエイジング効果を引き出す効果があります。

 

抗酸化作用とは?

ちなみに抗酸化作用とは、肌の老化を早める活性酸素を除去する働きのことです。活性酸素はもともと私たちの体内にある酸素で、外からのばい菌を殺菌して体の健康を守ってくれています。しかし、紫外線やストレス、睡眠不足、タバコ、不規則な食生活、スマホのブルーライトなどさまざまな原因によって、体の中にどんどん増えていくと、元気な細胞までをも攻撃して肌を酸化(サビ)させてしまうんです。

 

りんごの皮を剥いて放置しておくと茶色く変化しますよね。これと同じ減少が肌や体に起こり、老化を早めてしまうと言われています。そのため、高い抗酸化力を持つファイトケミカルはエイジングケアの強い味方なんです。

抗酸化について詳しくはこちらから

 

ファイトケミカルで得られる効果

shutterstock_143624887

疲労回復効果

ニンニクのあの独特な匂いの正体「アリシン」には、体の代謝を高める働きのあるビタミンB郡と結び付き、脂肪をエネルギーとして消費しやすくしてくれます。体の代謝が高まると血流が改善され、疲労物質・乳酸がスムーズに排出されます。そのため、疲労からくる体のだるさを和らげる効果があるんです。

 

潤いアップ効果

年齢とともに減っていくのがコラーゲン。このコラーゲンが少なくなってしまうと、肌は潤いを失ってガサガサ、特に皮膚が薄い目のまわりやおでこはしわができやすくなってしまいます。しかし、ブルーベリーに含まれる「ポリフェノール」にはコラーゲンづくりをサポートする働きがあるため、もっちり潤ったツヤ肌に近付けてくれるんです。

 

くすみ改善

shutterstock_126119582

顔色がどんより暗いと、実年齢より老けて見えたり、疲れているように見えてしまいます。トマトやすいかに含まれるリコピンには代謝を高める働きがあります。体の代謝がアップすると血の巡りがよくなり血流が改善されるため、顔色がパッと明るくなりくすみを和らげてくれるんです。

トマトダイエットは効果がない!?栄養素とダイエット効果について

 

加齢臭を抑える

おくらやほうれん草、ピーマンなど緑色の食べ物に含まれるクロロフィルには、消臭・殺菌効果があります。いわゆる体から発せられる加齢臭を抑えるほか、口臭の改善にも役立つんです。また、腸の奥底に溜まった有害物質を取り除き、腸内環境をきれいに整えるデトックス効果もあります。

 

肌ツヤアップ

shutterstock_59527354

ニンニクやねぎに含まれる「メチルシステインスルホキシド」には、女性ホルモン・エストロゲンと非常によく似た働きがあり、肌のハリ・ツヤを土台として支えるコラーゲン作りをサポートしてくれます。肌のハリがアップするとキメが整い、内側から瑞々しく輝くような美肌を手に入れられるかも。

 

美白効果

紫外線が当たった部分に大量の活性酸素が発生し、元気な細胞がダメージを受けてしまいます。これらの刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素が黒くなり、シミを生み出してしまうんです。ファイトケミカルが持つ高い抗酸化作用によって活性酸素の働きが弱まるから、シミをできにくくしてくれるというわけ。

 

 

効果を引き出す摂り方

shutterstock_302355191

フレッシュジュースにする

冒頭でもお話しましたが、野菜や果物に含まれるファイトケミカルの効果を最大限に引き出すためには、1日野菜を350g以上果物を200g以上摂る必要があります。赤・緑・紫・黄・白・黒・橙の野菜や果物をミキサーにかけ、フレッシュジュースにすれば、ストレスを感じることなく必要な摂取量を確保できますよ。

 

スープにする

たまねぎやかぼちゃ、きゃべつ、トマト、にんじんなどには、ファイトケミカルはもちろん豊富な栄養素が含まれています。野菜はグツグツ煮込むと体積が少なくなるので、抵抗なくたっぷり食べられるはずです。また、体の中からぽかぽかと温まって代謝が高まり、ダイエット効果も見込めるんです。ぜひ試してみてくださいね。

 

ファイトケミカルを多く含む食品

shutterstock_81157834

トマト

・りんご

大豆

・みかん

・ねぎ

・にんにく

・緑茶

・にんじん

・かぼちゃ

・キャベツ

・イカ

・たこ

・レバー

・ブロッコリー

・キウイ

・ごぼう

・じゃがいも

etc…

 

まとめ:若返りのそばにファイトケミカル

shutterstock_215688523

ファイトケミカルが持つ抗酸化力には、私たちが想像している以上のアンチエイジング効果があるんですね。

よく食事は彩りを意識するとバランスよく栄養を摂取できると言いますが、ファイトケミカルこそまさにその象徴とも言える成分なのではないでしょうか。とは言え1日350g以上の野菜、200g以上の果物を食べるとなると、続けるのもめんどうになってしまいますよね。

 

赤・緑・黄・紫など色合いを考えて、フレッシュジュースにしたり、スープにしたり。日によって使う野菜の種類を工夫しながら積極的に食べてみてくださいね。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Yui

Yui

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • ダイエットにも効果的!わさびのアレコレと美容効果。

  • 見た目年齢が実年齢より若く見える女性の特徴は?

  • 水分代謝が悪い人は水太りの原因、解消してダイエット♪

  • コラーゲンって本当に美容効果があるの?

  • 「アーリーアンチエイジング」顔の中で老けたと感じるパーツは何?

  • 深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策