エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. あなたの骨盤は大丈夫?セルフで簡単『骨盤の歪み』を治す方法

あなたの骨盤は大丈夫?セルフで簡単『骨盤の歪み』を治す方法

骨盤について

骨盤が開いているとお尻が大きくなり、下半身に余分な水分や老廃物を蓄積してしまいます。

また太りやすい体質になるだけでなく、代謝が低下し、ダイエット効果もあらわれにくくなるんです

骨盤矯正を行うことで筋肉がほぐれ左右バランスや前後バランスが整い、骨盤が引き締まりやすくなりますし、内臓の働きも活発になり、代謝も上がります。

O脚やX脚、XO脚なども改善されますので、是非試してみてください。

 

女性の『骨盤』が歪みやすい理由

骨盤が歪みやすい原因

骨盤が歪みやすい理由はまず、構造の問題です。

男性に比べると女性の骨盤は、出産が大きく影響しており、出産のとき赤ちゃんが通るために、骨盤が開くような構造になっています。

また、女性の骨盤は出産時だけではなく、生理周期によってもわずかな開閉を繰り返します。このため、骨盤は歪んでしまいやすいのですが、これを逆手にとると、骨盤が動きやすいなら、矯正もしやすいということになりますよね。

 

日常動作が骨盤の歪みを作る!

日常の動作で骨盤は歪む

骨盤が歪んでしまう原因としては、上記にあげた通り出産が大きな影響となります。

出産後の骨盤矯正はとても重要だということです。放っておくと、便秘やむくみの原因に繋がってしまいますので気をつけておきたいものですね。

それ以外には、自然と足を組んだり、鞄をいつも同じ肩に掛けたりと、何気ない普段の生活動作の積み重ねが骨盤の歪みに繋がります。

 

 骨盤歪みと便秘

便秘と骨盤

骨盤は体の中心で上半身を支える役割を担っています。この骨盤が歪むと腸も歪み、働きが鈍くなることで便秘になりやすいと言われています。

骨盤が歪んでくると腸は本来の位置から下へ下がってしまい、なおかつ他の臓器に圧迫され、血行が悪くなり働きが低下します。

腸の働きが悪くなると体全体に栄養が行き届かなかったり排せつ機能が低下してしまったりすることで、むくみや冷え症が進んでしまいます。その結果、便秘になる人も多くいます。

骨盤が歪んでしまうと血行だけでなく、体にはさまざまな悪影響を及ばすことがわかっています。

 

骨盤歪みと腰痛

骨盤の歪みと腰痛

腰痛になってしまう原因の一つが骨盤の歪みです。腰痛は、骨盤の歪みだけでなく背中や腰についた脂肪も原因となります。

腰回りについた余分な脂肪が腰を圧力することで腰痛を引き起こします。その脂肪がついてしまう原因がやはり骨盤の歪みなのかもしれません。

 

セルフで出来る骨盤の歪みを治す方法

骨盤の歪みとダイエット

骨盤は体の中心にあり、内臓を支える土台のような役割をしています。

その骨盤が何らかの理由で歪み、外側に開いてしまうことで、本来、支えられていた内臓が下がってしまう内臓下垂が知らないうちに起こってしまいます。

下垂することで内臓は圧迫され、機能はにぶくなってしまいます。そうなると、代謝も低下してしまい、どんどん痩せにくい体になってしまうのです。

 

そしてぽっこりお腹の正体が下垂した内臓ということになりますよね。

長い間、放っておくと自分ではどうしようもなくなりますし、プロのアドバイスを受けても改善に時間がかかってしまいます。

そうなる前に、ご自分でも出来る骨盤矯正を行うことをおすすめします。

 

骨盤矯正エクササイズ

①脚を肩幅に開き、腰に両手を当てて、腰で大きく円を描くように、右回し10回、左回し10回行いましょう。

骨盤エクササイズ1

ワンポイントアドバイス

・上半身を動かさずに、骨盤が左右前後4方向にしっかりと動いているのか?を確認しながら行いましょう。フラフープをまわすイメージで。フラフープをお持ちの人は、フラフープを使用されても骨盤矯正になりますよ。

・膝を少し緩めた体制で行うと腰を回しやすいです。

 

お尻ウォーキング

①長座姿勢で床に座ります。片方のお尻を持ち上げるように左右交互に前へ出しながら進みます。

②前進した後は、元に戻るように後ろへ右、左と下がっていきます。10歩進んだら、10歩退がるという感じで行いましょう。はじめは無理をせず、往復3セットくらいからはじめましょう。

少しづつ慣れてきたら、3セット×2を目標に頑張りましょう。

お尻ウォーキング1

お尻ウォーキング2

 

ワンポイントアドバイス

・背中をまっすぐに骨盤を床に立てるようにして歩きましょう。

・慣れてきたら、前方を見ながら両腕を胸の前で伸ばし(前にならえの姿勢)でやってみましょう。

 

骨盤矯正ストレッチ

①両膝を開いてうつぶせに寝ます。

②両膝を外側に向けて曲げ、両足の裏を合わせ出来るだけ床に近ずけていきます。

骨盤矯正ストレッチ

 

ワンポイントアドバイス

・両足で足元が床につきにくい場合は、片方ずつ行うようにしましょう。

骨盤矯正ストレッチ2

 

 

ボディメイクトレーナーからのメッセージ

いかがでしたか? この記事ではアンチエイジングをテーマに自分で行う!『骨盤の矯正』についてお話ししました。骨盤の歪みはあらゆる体のトラブルを招く要因となりますので、気がついた時からしっかりとエクササイズを行うことでご自分の美容と健康の鍵となるはずです。

また、骨盤矯正は太りにくい体作りにも効果が期待できるので是非、試してみましょう!

 

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

骨盤について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

下田 絵理子

下田 絵理子

学校給食、有料老人ホーム等にて管理栄養士として勤務後、料理教室や女性向けの美容食セミナー等を開催。個別の栄養指導も評判が良い。
健康的に痩せる、痩せたらリバウンドさせない、肌を衰えさせない食事など、日々研究を行っている。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • アントシアニンの効果は?ベリーで若返り♪

  • 更年期障害で眠れないあなたへ→心解放の方法4つ

  • 食べ過ぎで便秘&吐き気があり苦しいときの対処法

  • まだお腹の脂肪に悪戦苦闘してる?漢方ダイエットの驚異的効果

  • 筋力低下は生活筋力の衰えが原因。運動してアンチエイジング♪

  • 乳酸菌サプリの効果を比較♪効くと噂のランキングベスト4!