エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 花粉症のリスクを減らしたいなら【腸内の黄金バランス】に注目!

花粉症のリスクを減らしたいなら【腸内の黄金バランス】に注目!

花粉症の人は、もともとアレルギーを持っている人に多く、今や2人に1人が何らかのアレルギーを持っているといいます。

 

花粉症は、花粉が飛ぶ季節に空中に飛散している花粉が鼻の粘膜や目の結膜に付着してアレルギー反応を起こし、くしゃみや鼻水が止まらなくなり、目がかゆくなって集中できないなど日常生活に影響がでるなど、花粉症の人にとってはとても辛い季節ですね。

 

花粉症の原因は、さまざまな説がありますが、その一つに食生活生活環境などが影響して腸内環境が悪くなっておこる、免疫バランス障害ともいわれています。この記事では花粉症の仕組みや、「黄金バランス」とは何なのか、どんな関係があるのかなどについて詳しく説明いたします。

花粉症の原因はホルモンバランスの乱れ?!

私たちの腸内には、体内の免疫細胞(微生物)のおよそ70% が腸壁に集中して棲み付き、悪い細菌やウイルスなどがいないか、全身くまなくパトロールしています。この働きがあるからこそ私達は健康でいられるわけですね。

その働きを維持するためには、免疫細胞を強く育ててあげ、自己の免疫力が下がらないようにする必要があります。

 

腸内の黄金バランスとは?

腸内環境を整える

腸内には腸内細菌の総数を10とした理想的な「黄金バランス」があります。このバランスが崩れると免疫力が下がると考えられています。

黄金バランスとは腸内に常在する、善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が悪玉菌(腐敗菌)が日和見菌(ひよりみきん)がの割合で存在し、この3種類の菌が腸壁にいり混じってぶら下がるように棲み付いています。菌の総数は変わりませんが、善玉菌と悪玉菌の数は流動的な比率になります。

なぜかというと、日和見菌は、善玉菌あるいは悪玉菌のどちらか、優位に立った方に見方して化けてしまうからです。例えば、悪玉菌が優位に立った場合、日和見菌が悪玉菌に化けて腸内を腐敗させ、有害な物質を発生させるなど、体の免疫力を低下させてしまいます。

善玉菌が優位に立った場合、日和見菌が善玉菌に味方して腸内環境を整え、善玉菌が棲みやすい環境をつくってくれます。全体数は常に不動であることを考えれば、善玉菌を増やすことで、必然的に悪玉菌は減っていき「黄金バランス」を取り戻せると考えられています。

 

 

2.花粉症に乳酸菌をススメル訳?

善玉菌の代表格である乳酸菌は、乳酸という成分を生成することから乳酸菌と呼ばれています。乳酸は強い酸性で、腸内が常に乳酸で満たされると酸性に弱い悪玉菌が衰え死んでいきます。

悪玉菌が減ると免疫力が上がり、花粉症は免疫の病気と考えられていることから、乳酸菌は花粉症に効果があるといわれています。そのため、乳酸菌を含む食品を積極的に摂るように進めているわけですね。

乳酸菌は発酵食品に多く含まれ、キムチ、ぬか漬け、ヨーグルト、味噌、納豆、などがよく知られています。これらの発酵食品を摂取する習慣を付けて、腸内環境を改善することが免疫力を上げるポイントになります。

一方で、悪玉菌に分類されている大腸菌などは、あまり知られていませんが腸内の有害な物質を攻撃して減らす働きを持っています。だからこそ、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7の(黄金バランンス)が重要になってくるわけですね。

 

 

3.免疫力はあげられるのか?

花粉症を発症させてしまうのは、免疫力の低下であるといわれていますね。免疫力をあげるには、免疫力を下げるといわれる、高カロリーや高脂肪の食事、タバコ、暴飲暴食、夜更かし、などを避けるのはもちろんですが、免疫力がアップするといわれる食物繊維、発酵食品、オリゴ糖などを摂り入れることが大切になります。

やはり、昔からいわれる「医食同源」という言葉通り、なんといっても食生活はとても重要になります。また、腸内細菌は黄金バランスで保たれますが、食物繊維、発酵食品、オリゴ糖などの栄養素は善玉菌が好物とするもので、これらをエサにして善玉菌の数が増えることは良く知られています。

朝の食事を作る時間が取れない人は、「飲む点滴」といわれる発酵食品の甘酒を飲むと、驚くほどの効果があると人気のようです。これなら簡単に毎日の習慣に出来ますね。糖分の摂り過ぎには気を付けて下さいね

 

 

4.花粉症のカギとなる免疫機能の働きとは

いわゆる免疫機能は、誰の体の中にでも存在します。外部から人体に有害な悪性ウイルスや抗原などが侵入すると免疫機能が発動します。免疫細胞の中心的な働きをするマクロファージが、悪性ウイルスなどの異物を察知して、各種のサイトカインといわれる物質を放出します。すると免疫細胞であるリンパ球のT細胞が活性化されます。

免疫機能の仕組みは、マクロファージが察知した抗原の情報をリンパ球のヘルパーT細胞に連絡。➩➩ヘルパーT細胞が受け取った抗原の情報をリンパ球B細胞に流す。➩➩情報を受け取ったリンパ球のB細胞が抗体を作り始める。その一方で、リンパ球のキラーT 細胞が有害な細胞を殺し排除する。

簡単に説明いたしましたがこのような免疫システムで私たちの体は守られています。

 

 

4-1.スギ花粉症がおこるメカニズムを紹介

空中に飛散しているスギ花粉の抗原(Cryj1、Cryj2)が鼻の粘膜に付着することで、マクロファージが異物(Cryj1、Cryj2)と確認します。➩➩マクロファージが得たスギ花粉抗原の情報をリンパ球のヘルパーT細胞に送ります。➩➩情報を受け取ったT細胞はスギ花粉抗原の情報を B細胞へ送る。➩➩B細胞が花粉にぴったりと合う抗体(スギ特異的IgE抗体)を作る。➩➩次に、新たにスギ花粉抗原が体内に入ってくると、免疫細胞が「異物」と認識してB細胞が多量の抗体をつくりはじめます。

その結果、アレルギー反応が起こると考えられています。通常、健康な人であれば、スギ花粉抗体が体内に侵入しても何の変化も起きませんが、花粉症の人は、免疫細胞が過敏に反応してしまいます。つまり、花粉症は、自己の「免疫機能」が大きく影響して発症すると考えられています。

 

4-2.花粉症の遺伝はあるのか?

アレルギー疾患は、絶対遺伝するというわけはありませんが、ほぼ遺伝する可能性があることが分ってきました。しかしながら、遺伝による影響が高いとはいえ、100%発症するかといえばそうではないとのことです。

しかしながら、花粉症においてはかなり確率が高いといえるようです。ある統計によれば、スギ花粉症を持っている両親がいたとすると、その子供は両親のどちらかがアレルギーだった場合3割、両親ともにアレルギーの場合は5割の確率で遺伝の可能性が明らかになってきているといいます。

さらに、母親が花粉症の場合は、父親が花粉症である時よりも、子供に遺伝しやすい傾向にあることがわかってきたようです。

 

4-3.日頃から自分出が来る花粉症対策

➧表面がけばけばした花粉の付きやすい毛織物のコートなどは避ける。

➧帰宅時は衣服や髪をよく払い、手洗いうがいをする習慣を付ける。

➧飛散の多いときは部屋の窓や戸を閉めておくようにする。

➧花粉情報に注意して飛散の多いときの外出をなるべく控える。

➧花粉が飛散する季節は外出時にはマスクやメガネを使う。

➧掃除を小まめにして花粉を極力減らすことが大切です。

 

 

さいごに

花粉症にかからない体づくりのためには、腸内環境を整えることがポイントになってきます。日ごろから、免疫力を強める働きがある、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖、ビタミンCとE、ミネラル、カロテノイドなどの栄養素を含む食材を献立に取り入れると効果的です。他にも、リラックス出来る趣味や適度なストレッチ、睡眠を十分とるなど、規則正しい生活習慣を送るように心がけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 更年期障害?手足しびれの症状と改善方法

  • 活性酸素はコラーゲンを破壊するってほんと?!その対処方法は?

  • 更年期障害で起こる円形脱毛症の原因と治療法の今

  • 更年期障害の便秘の治し方について

  • 飲みやすい青汁9選!すっきり飲めるおすすめ青汁ランキング!

  • 更年期障害で起こる物忘れって認知症?原因と改善方法について