エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 更年期は妊娠しにくいってウソ・ホント?どうなのか調べてみた

更年期は妊娠しにくいってウソ・ホント?どうなのか調べてみた

更年期障害を迎える40〜55歳の間に突入すると、生理の周期が減っていきます。これは、卵巣機能の低下によるもの。男性たちに引けを取らず、第一線で活躍し続ける独身キャリア女性が年々増加している昨今。

これまで仕事に没頭してきた人も、周囲が結婚や出産を迎えて「私もいつかは結婚して自分の子どもを、、、」を考えている女性は意外と多くいるのではないでしょうか。

 

しかし、間もなく閉経を迎えるであろう40代に入ると、卵巣機能の衰えによって「更年期障害になると妊娠しにくい」と言われているのです。

果たして本当に、更年期障害に入ると妊娠しにくいのでしょうか?もしそれが本当だとしたら、なぜ妊娠しにくいと言われているのでしょうか?

 

更年期の排卵

女性ホルモンの分泌がピークを迎える30代。時間が過ぎるのは早いもので、30代半ばに近づくに連れて、徐々に卵巣機能が低下しはじめます。40代に突入すると、女性ホルモンの分泌量が一気に減少し、月経周期が乱れ気味に。

そうして45歳を迎えると、毎月月経があるはずなのに血液の量が少なくなったり、生理痛が緩和されたりと、無排卵状態が増えていくと言われています。

その結果、急激に卵胞の数が減ってしまうのです。卵胞の中に存在していて、尚且つ妊娠の可能性が見込める卵子はほんのわずか。しかも、年齢を重ねるごとに卵胞そのものも衰えてゆきます。これが、更年期に入ると妊娠しづらいと言われているメカニズムなのです。

 

更年期で妊娠するのは可能?

更年期で妊娠するのが可能かどうかについては、結論から言ってしまえば「可能」とされています。

日本人女性の平均的な閉経の年齢は、50歳。先ほどもお話しましたが、45歳前後になると卵巣機能が衰えはじめて女性ホルモンの分泌量が激減します。

閉経するとホルモンのバランスが乱れてしまうことから、体のほてり、だるさ、頭痛、めまいなどの変調が現れるのです。これを、世間一般では更年期障害と呼んでいます。

これを踏まえて改めて考えてみると「更年期は妊娠しにくいんじゃ、、、」と不安になる人もいるのではないでしょうか。

しかし、卵巣機能が完全に衰えているかどうかは体の不調だけで判断できません。更年期でも、卵巣昨が機能していて、尚且つ排卵が行われているのであれば妊娠は可能。45歳になったからと言って、年齢だけで判断して諦めないで欲しいのです。

では排卵が正常に行われているかどうかは、何を基準に判断すれば良いのでしょうか。

 

基礎体温で排卵の有無をチェック

多くの医師が「基礎体温を計ってください」と推奨しているのは、基礎体温計の使用によって排卵の有無を確認できるからです。

正常に排卵が起きている場合は、体温が急激に下がる低温期と呼ばれる時期と、反対に体温が一気に上がる高温期がはっきりわかります。

毎日基礎体温計で体温の変化を見える化しておけば、体温の高低が一目でわかるため排卵の有無を確認することが可能。

ただし、高低差が0.3℃以下だった場合は、残念ながら正常に排卵が行われていないケースがあるようです。

 

基礎体温の測り方

朝目が覚めたらすぐに、ベッドの中で安静にした状態で口に入れて測ります。計測したデータは、必ずメモしてください。基礎体温計は起き上がらなくても手がとどく範囲、例えば枕元とかライトの下に置いておきましょう。

毎朝決まった時間に計測することで、より正確な排卵状態をチェックできます。その日その時の体調や気分も合わせて記入しておくと、排卵期にどんな症状が出やすいのか状況把握が可能です。

 

更年期で妊娠した場合に考えられるリスク

かけがえのない人との間に授かった、かけがえのない存在。しかし、妊娠したからと言って手放しでは喜べません。

妊娠中に現れる食欲不振、倦怠感、つわりなどの体の変化は、更年期でありがちな体のほてり、倦怠感などの症状と非常に似ています。

そのため、更年期だと勘違いして妊娠に気がつかないままサプリメントを飲んだり、激しい運動をしたりと、悲しい結果を招いてしまうケースが多々あるようです。

また、出産時の体力的な面でもリスクが伴います。やはり人間は、年齢とともに少しずつ筋肉が衰えて体力も衰退。出産を経験した女性たちがよく、その時の痛みを「鼻の穴からスイカが出る」と表現していますが、そのくらい膨大なエネルギーを消耗します。

これは私の話ですが、祖母がよく「赤ちゃんが欲しいなら若いうちに産んだ方がいい」そう言っていました。その当時はその真意が全く理解できませんでしたが、出産時はもちろんその後の育児も体力勝負です。

そうした意味も含めてエネルギーが有り余っている若い頃に産んだ方が、精神的にも肉体的にもダメージは少ないのかもしれません。

 

更年期でも妊娠できる見込みはある

年齢とともに細胞は死滅し、体力は衰えてゆき、女性の場合は卵巣機能の低下も起こります。女性ホルモンエストロゲンの分泌量がピークを迎える30代は、物事に対する意欲が高まり、肌艶もあってまさに人生の絶頂期とも呼べる時期です。

しかし、40代を迎えるとエストロゲンが減少することから、生理の周期が乱れたり、順調にきているはずなのに出血が少なかったり、生理痛がなかったり、胸の張りがなかったりと、実は無排卵月経だった、、、というケースは少なくありません。

また、仮にめでたく命を授かったとしても妊娠初期と更年期障害の症状が非常に似ていることから「私もとうとう更年期障害か、、、。やだなぁ、、、」と勘違いしてしまうことも。

こうした悲しい事態を未然に防ぐためには、常日頃から基礎体温計を使って基礎体温を見える化しておくことが大切です。

 

まとめ:年齢だけに縛られない

更年期で妊娠できるかどうかについて調べてみたところ、「妊娠の可能性はゼロではない」という結論に至りました。ここで「できる」「できない」と簡単に白黒つけられる問題ではないようです。

というのも排卵があるかどうかは個々の体質によって大きく変わるため、年齢や「更年期」という言葉だけで簡単に結論を出せるわけではないから。

排卵があるのかどうかは、毎朝の基礎体温計でのチェックが唯一の判断材料なのではないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 更年期障害?イライラが止まらない時の処方箋はコレ

  • 更年期障害になる人・ならない人→実は性格が深く関係?

  • 疲れが取れない原因は?ストレス発散でアンチエイジング

  • あなたの骨盤は大丈夫?セルフで簡単『骨盤の歪み』を治す方法

  • 【妊娠中】こむら返りやふくらはぎがツッた時の対処方法

  • 酵素は便秘に効くの?便秘解消におすすめの酵素ドリンクランキング