専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. もしかしてプレ更年期?更年期障害との違いとストレス発散方法

もしかしてプレ更年期?更年期障害との違いとストレス発散方法

プレ更年期に悩む女性

体の火照り、理由もわからずイライラする、疲れがとれないなど、40〜50代半ばの女性たちを苦しめるこうした心や体の不調は、一般的に「更年期障害」と呼ばれています。

 

こうした更年期障害は、ホルモンの低下が原因が主な原因です。しかしここ最近、卵巣機能がまだまだ活発なはずの30〜40代の女性が「プレ更年期」による悩みを抱えていると言われています。

 

主な症状としてしては、動悸やめまい、生理前でもないのになぜかイライラする虚無感に襲われるなど、更年期障害とほぼ同じような変化を感じやすくなるのです。

 

こうした心と体の変化を感じて「あぁ、もう更年期障害になっちゃったのか、、、」と勘違いしがちですが、更年期障害とプレ更年期障害は全くの別物

では一体多くの女性たちを悩ませるプレ更年期とはなんなのか、原因や予防方法、改善方法についてご紹介しましょう。

 

プレ更年期ってなに?

「プレ更年期」とは、卵巣機能がまだまだ活発なのにもかかわらず、30〜40代の女性に起こる体と心の不調のことです。

プレ更年期は、精神的・肉体的ストレスによって自律神経のバランスに乱れが生じることが主な原因だと言われています。

 

年々晩婚化が進み、男性たちと肩を並べて第一線でバリバリ活躍し続ける独身女性が増えている現代、、、。頑張る女性が増えている一方で、男尊女卑はまだまだ深く根付いており、人間関係のしがらみや仕事のストレスはつきもの。

 

そうした精神的・肉体的ストレスが寝つきを悪くし、寝ても疲れがとれない、化粧のりが悪いなどの体や肌の不調を招きます。その結果、自律神経が乱れてプレ更年期を引き起こしてしまうのです。

では、具体的にはどのような症状が起こるのでしょうか?

 

プレ更年期の主な症状

プレ更年期で感じやすい症状を体・心・肌に分けて何個かご紹介します。もし該当する項目がいくつかあるとしたら、プレ更年期の可能性があるかもしれません。

 

体の症状

・生理の時の出血量が減ってきた

・生理の周期が短くなった

・顔や体が火照ることがある

・腰や手足が冷えやすい

・便秘or下痢しやすい(消化不良を起こしやすい)

・頭痛、めまい、吐き気を感じる

・なかなか疲れがとれない

 

心の症状

・寝つきが悪いor眠りが浅い

・ちょっとしたことですぐイライラする

・憂鬱になることがある

・以前よりも涙もろくなった

・以前よりも意欲が低下しているように感じる

・小さなことも気になって仕方がない

・固有名詞が出てこないor忘れっぽくなった

・急な不安な気持ちになり、劣等感に襲われることがある

 

肌の症状

・肌のたるみが気になる

・肌がくすんでいる

・シミやしわが気になる

・肌が乾燥しやすい

 

このように、プレ更年期では体だけでなく心や肌にも敏感に変化が現れはじめるんです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、日中活動するときは交感神経が優位になり、夕方から夜にかけては副交感神経が優位になり体と脳が休息モードに切り替わります。

日常のちょっとしたことがストレスとなって蓄積されてゆき、自律神経が乱れてプレ更年期を招いてしまうというわけ。

 

プレ更年期と更年期障害の違い

プレ更年期と更年期障害、両方とも感じる症状としては似ている部分がありますが、原因が全然違います。

そもそも更年期障害は閉経による女性ホルモンの分泌量が低下し、卵巣機能が弱まることが原因です。

その一方でプレ更年期は精神的・肉体的なストレスが原因とされています。

ストレスを感じると自律神経だけでなく女性ホルモンのバランスも崩れてしまうため、常日ごろからリラックスできるはけ口を整えておくことが大切です。

 

プレ更年期を予防するには?

上でお話したプレ更年期を未然に防ぐためには、一体どうすればいいのでしょうか?やはり一番は、ストレスを解放して上げることです。

その具体的な方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

エステに行く

忙しさにかまけて、自己投資がおろそかになっていませんか?

外で頑張ってる分、休日は一日中すっぴん、部屋着のまま、歯も磨かず食っちゃ寝食っちゃ寝、ベットでゴロゴロしながらグータラ生活、、、。もちろん、こうしたスタイルが唯一のストレス発散だという人は案外います。

慣れといのは恐ろしいもので、そうした生活スタイルがいつしかデフォルト化し、実年齢より老けて見えるという悲しい状態を招いてしまうんです。休日を利用して月に1度はエステやヨガに通うなど、こうした自分磨きもプレ更年期を予防するひとつの手段でもあります。

 

ハーブティーを飲む

夜眠る前に、カモミールやペパーミント、レモングラスなどのハーブティーを飲んでみるのもいいでしょう。気持ちの興奮を抑えたり、血流を改善して手足の冷えを和らげたり、睡眠を促す効果が期待できます。

ただし、利尿作用のあるカフェインが含まれている場合、夜中に何度もトイレに起きて睡眠不足につながることがあるため、ノンカフェインを選んでください。

 

プレ更年期の改善方法

運動する

あなたが運動嫌いなのであればごめんなさい。ですが、心と体のバランスを保つためにどうか適度な運動だけは心がけてください。

帰宅するときにいつもと違う道を使う、少しだけ遠回りする、エスカレーターではなく敢えて階段を使うなど、なんでも構いません。

いつもと違う景色を見るだけで、ストレス解消につながります。日常の何気ないことからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

睡眠時間を確保する

なんと言っても、質の高い睡眠を摂るのが一番の特効薬となります。眠っている間に分泌される成長ホルモンが細胞を修復し、体と心の疲れを解放してくれるのです。

自分に合った枕を使う、肌触りのいいパジャマを着る、好きな香りのアロマオイルを焚くなど、快眠グッズからはじめてみるのもアリ。

 

まとめ:心をより豊かに

ほんのちょっとしたことでもすぐにイライラしてしまう、疲れがとれにくい、手足が異様に冷えるなどのプレ更年期は、ストレスによって起こる自律神経の乱れが原因です。

男性と同等に渡り合い、女性が第一線で活躍する社会や環境が増えている時代。だからこそ、もっと心と体のストレスを解放できる場所を自分で見つける努力も必要なのかもしれません。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Yui

Yui

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 妊娠中こむら返りやふくらはぎがつった時の対処方法

  • 足や手の冷え性を改善して、老化対策をする

  • 長寿遺伝子であるサーチュインがアンチエイジング効果があるは嘘!?

  • 洗い流す?拭き取る?クレンジングの選び方変わる明日の肌・・・

  • 若々しさの秘訣とは?健康的な女性の特徴

  • 更年期障害になる人・ならない人→実は性格が深く関係?