専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 1粒に栄養ぎっしり!キヌアのアンチエイジング効果がすごいワケ。

1粒に栄養ぎっしり!キヌアのアンチエイジング効果がすごいワケ。

 2017/01/24 インナーケア
  193 Views
スーパーフードのキヌア

海外セレブ愛用のスーパーフードとして高い注目を集めている「キヌア」。タンパク質、食物繊維、ビタミンやカルシウムなどのミネラルを豊富に含み、高いアンチエイジング効果が期待できることから、注目を集めているスーパーフードなのです。

 

精白米と比較すると、たんぱく質2倍、鉄5倍、カルシウム6倍、そして食物繊維10倍と、含有量の高さは一目瞭然。小さな粒に栄養がギュッと凝縮されているから、食べるだけで健やかな美肌を手に入れられるんです。サラダやリゾット、デザートなどアレンジは自由自在です。NASA(アメリカ航空宇宙局)も注目するキアヌに含まれる栄養とその効果について、詳しくご紹介します。

 

そもそもキヌアとは?

shutterstock_407809132
キヌアは、エクアドル、ボリビア、ペリーといった、アンデス地域が発祥のグルテンフリーの穀物です。またこの地域においては、その昔3,000〜4,000年前から栽培されている歴史ある穀物のひとつで、近年ではスーパーフードとして多くの女性たちから注目を集めています。

プチッとしたクセのある独特の食感のキヌアはとても粒が小さく、アンデス地域では主にスープとして調理されているようです。

 

キアヌのアンチエイジング効果がすごい

shutterstock_107259827

 

タンパク質

タンパク質が、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲン作りに役立ちます。年齢と共にコラーゲンが減少すると、毛穴や肌がたるんでほうれい線が目立つように。キヌア100gあたりに含まれる13.5gもの豊富なタンパク質が、コラーゲン生成を促し弾力に満ちたツヤ肌に導いてくれるんです。

 

亜鉛

亜鉛は、女性ホルモン・エストロゲンや成長ホルモンの分泌を活性化し、コラーゲンの生成を促します。肌に弾力が生まれるほか、髪にツヤを潤いを与えるなど、高いアンチエイジング効果が期待できるんです。亜鉛はまさに、美しさを保つ上でなくてはならない栄養素と言えるでしょう。

 

フィトストロゲン

キヌアに含まれるフィトストロゲンという物質には、女性ホルモン・エストロゲンと同じ働きがあります。30代半ばから徐々に減少していく女性ホルモンの分泌を促し、コラーゲンの生成をサポート。食べ続けることで、ふっくら潤い、キメが整った肌に近付けてくれます。

 

食物繊維

キヌアには、水分を吸収して腸内で膨らみ、ぜん動運動を活発にする不溶性食物繊維。それから、糖分の吸収を穏やかにして、急な血糖値の上昇を抑える働きのある水溶性食物繊維の両方が含まれています。腸内環境をクリアにしてくれるから、いつまでも若々しい健康体を維持できるんです。

 

マグネシウム

肌や体の老化の大敵とも言える活性酸素の働きを抑える効果があります。切ったりんごを放置しておくと茶色くなりますよね。肌も同様に、活性酸素が増えると錆びてゆき、乾燥やしわ、たるみ、しわなどの老化現象を引き起こしてしまうんです。マグネシウムはタンパク質の合成をサポートし、この老化を食い止める力があります。

 

カルシウム

キヌアに含まれるカルシウムには、肌表面の水分を保つ効果があります。カルシウムが不足してしまうと、水分が蒸発して乾燥しやすい状態に。肌機能が低下して代謝がダウンし、乾燥によるしわやかゆみなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。カルシウムには、肌の水分を保つ力があるから、乾燥肌の人は特に積極的に摂るといいですよ。

 

マグネシウム

肌の保水・保湿効果にすぐれています。マグネシウム不足で水分の保持力が下がると代謝が低下し、肌のバリア機能がダウン。外からの刺激を受けやすくなって、シミやしわを生み出してしまうんです。キヌアに含まれるマグネシウムがこの悪循環を食い止めてくれるから、サラダやヨーグルトに入れるなどして、毎日食べ続けましょう。

 

葉酸

アンチエイジングの神様とも呼ばれる葉酸。シミやしわ、肌のごわつきの原因の多くは、肌代謝の乱れによるもの。葉酸がこの乱れた肌代謝を活性化して不要な角質が剥がれ落ちるから、光を跳ね返すようなキメが整った瑞々しい肌を手に入れられるんです。

 

ヘモグロビンの材料となる鉄は、血液中に酸素を運ぶ働きがあります。しかし、鉄が足りないと体が酸素不足となって貧血になり、血行不良で顔色が悪く見えてしまうんです。また、肌の弾力を保つ上で必要不可欠なコラーゲン生成もスムーズに行われなくなってしまいます。キヌアに含まれる鉄は、代謝を上げて血の巡りをよくしてくれるから、女性の強い味方と言えるでしょう。

 

カリウム

カリウムには、利尿作用を促して体の中に溜まった要らない毒素を外に排出させる、デトックス効果があります。体の中に毒素がずっと残っていると、手足や顔のむくみ、体調不良はもちろん、あごニキビや吹き出物といった肌トラブルの原因になりかねません。小粒のキヌアを食べるだけで、これらの悩みを解消できます。

 

基本の食べ方

shutterstock_311815274

穀物であるキヌアは、炊く・蒸す・といった手間が必要になり、正直少しだけめんどう。ですが、電子レンジを使えば簡単に調理できます。

まず、キヌア180cc(1合分)と水200ccを用意し、お米を研ぐ要領でキヌアを洗います。この間に約5分間電子レンジを余熱しておき、洗い終わったら耐熱容器にキヌアと水を入れてください。再び4〜5分加熱すればできあがりです。

 

おすすめの食べ方

shutterstock_429818722

ビギナーでもトライしやすいメニューと言えば、野菜に和えるだけのサラダが一番おすすめ。このほか、野菜と一緒に煮込んでスープにしたり、生地に練り込んでクッキーにしたり、ヨーグルトに入れたり、好みやライフスタイルに合わせてアレンジできます。あなただけの食べ方を見付けてくださいね。

 

キヌアが明日のきれいを作る

キヌアの代名詞とも言えるフィトストロゲン、タンパク質や食物繊維、マグネシウムやカリウム、鉄などの栄養素を豊富に含んでいます。これこそまさに、女性にとって夢のようなスーパーフード。

働く女性が増えてライフスタイルが変化している中、疲れて帰宅したあとに野菜、果物、魚介類、海草類、肉類とバランスを考えながら食べ分けるのは、正直めんどうですよね。

しかし、メインにもサブにも、デザートにもなるキアヌは、自宅で手軽に栄養補給できるから、活躍すること間違いありません。明日のあなたのきれいのために、キアヌを。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Yui

Yui

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 更年期に太りやすいのはなぜ?原因と具体的な改善方法

  • 毎日食べるだけ!? チョコレートで得られる4つのアンチエイジング効果。

  • 酵素の力で美しく!ローフードダイエットのやり方&コツまとめ

  • ハーブティー界の救世主!ルイボスティーが持つアンチエイジング効果がすごい

  • Lシステインで若返り!こんなシミで悩んでいませんか?

  • 活性酸素はコラーゲンを破壊するってほんと?!その対処方法もご紹介