エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. リバウンドが嫌なら脳をだますのが成功への近道

リバウンドが嫌なら脳をだますのが成功への近道

リバウンドする女性

食事制限や毎日の運動、ストレッチ、筋トレなどでようやく目標体重を達成して、やっと辛いダイエット期間から解放された!と思っていたら、気付けばあっという間にリバウンド、、、なんて経験ありませんか?

 

 

そもそもリバウンドしてしまうのは、私たちの体にもともと備わっている「ホメオスタシス」という生命を維持する機能が発動してしまうからです。

この機能は自分でコントロールできるものではなく、無理な食事制限によって体が餓死状態にあると判断して稼働されてしまいます。ホメオスタシスについては、後ほど詳しくお話しましょう。

 

あれだけ空腹にも耐えて毎日頑張ったのに、一体なぜリバウンドしてしまうのか。もっというと、ダイエット前よりも体重が増えてしまうのは、一体何が原因なのでしょうか。リバウンドしないコツも絡ませながらお話していきます。

 

ダイエット経験者の6割近くがリバウンドを経験

そもそもリバウンドとは、、、

リバウンドとは、ダイエットのあとに体重を測ったとき、減量する前もしくはそれ以上に体重が増えてしまうことを言います。

実は、ダイエットをした約半数以上の人が、今回お話するリバウンドに苦しんでいるのだと言います。

食べるだけ、朝だけ、飲むだけなど忙しくて面倒くさがりな女性でも楽に減量できるダイエットが主流となっていますが、中でも数年前に一斉を風靡した糖質制限ダイエットにこそ、リバウンドの大きな落とし穴があるんです。

 

ダイエット直後にリバウンドする2つの原因

ホメオスタシス

先ほどお話した「ホメオスタシス」とは、暑い時には熱を放出して体の中の温度を下げ、寒い時には脂肪を燃やして体温を上げたりと、私たちの体の機能を一定に保ち、尚且つ生命を維持するためになくてはならない機能です。

この機能がダイエットとどう関係しているのか言うと、過度な食事制限によって体のエネルギー源が取り込まれなくなります。すると、異常を感じてホメオスタシス機能が作動してこれ以上体の脂肪を燃やさないようにと判断。

その結果、ダイエットをやめた後もなぜか脂肪がつきやすくなってリバウンドしやすい状態になってしまうというわけ。

また、このホメオスタシス機能はすぐにスイッチがオフに切り替わるわけではないため、なかなか体重が減らなかったり、逆に体重が増えてしまうことがあるのです。

 

食欲を抑えるレプチンの働き

リバウンドしてしまう原因ふたつ目は、脂肪細胞から分泌される「レプチン」と呼ばれる物質の分泌量の低下です。脳の下垂体にレプチンの受容体があり、満腹中枢を刺激して少しの量でも満腹感を得られるようになるんです。

 

また、食欲を抑えて脂肪をエネルギーとして消費しやすくする効果があります。

このほか、交感神経を活発にして気持ちを興奮させたり集中力を高めたりする働きも期待できるんですよ。しかし、無理な食事制限を続けることによって1度に摂る食事の量が減っていくと、同時にレプチンの分泌も減少気味に。

 

分泌が少なくなってしまったレプチンが正常に戻るまで、およそ1ヵ月はかかると言われています。そのため、食べても満腹感を得られずに食べ過ぎてしまい恐ろしいリバンドを招いてしまうんです。

 

このように、リバウンドしやすいのは個々の体質だけでなく、体の中にもともと備わっている機能が危険を察知して作動するからなんですね。

 

ダイエットでリバウンドしない方法

リバウンドしてしまう原因は、体のホルモンと生命維持機能が関係していることについては理解していただけたと思います。

 

つまり、ダイエットを成功させるためにはこれらを作動させずに脳をだますこと。でも脳をだますって一体どうやって?と思いますよね。実はとても簡単で、誰にでもできることなんですよ。

 

無理な食事制限は行わない

今まで1日3食きちんと食べていたのに、急に1日1食サラダだけ、スムージーだけ、ヨーグルトだけ、フルーツだけに極端に食事量を減らすのは基本的に避けましょう。特に、糖質を抑えた食事方法はかなりリスキー

 

なぜなら、体のエネルギー源となる糖質を急激に減らしてしまうと脂肪を燃やす材料がなくなり、ホメオスタシス機能が働いてしまうから。

 

ミネラルやビタミンを多く含む野菜やフルーツを食べつつも、炭水化物を少量摂る献立が理想です。減らす時は一気に減らさず、少しずつナチュラルに減らしていきましょう。

 

よく噛んで食べる

食べる時は、最低でも30〜60回はよく噛んで食べましょう。咀嚼回数が増えると、たとえ少しの量でも満腹中枢が刺激されて満足感を得られるからです。

先ほどお話したレプチンという物質の分泌量が急激に変化するリスクを避けられ、体への負担も軽くなるでしょう。

よく噛んで食べることにより、顔の筋肉が刺激されてリフトアップ効果も期待できます。

 

睡眠時間をきちんと確保する

無理な食事制限や置き換えダイエットを行っていると、お腹が空いて寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりと、体と心に負担がかかってストレスを感じやすくなってしまいます

 

ダイエット中といえど、私たちの体は日頃口にする食べ物から構成させているんです。1日3食きちんと食べて、夜はベッドに入る3時間前に食事を済ませておけば消化不良による胃のむかつき、脂肪の蓄積も抑えられるんです。

 

適度な運動を心がける

あなたが運動嫌いだったらごめんなさい。でも、リバウンドを防ぐためには適度な運動は必要なんです。

 

一般的に、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が明らかに上回った状態でダイエットを続けていても、目標数値を達成できる可能性は低くなるのは当然です。

 

毎朝ランニングしようというわけではなく、仕事の帰り道、買い物の帰り道、いつもより少しだけ遠回りして寄り道してみるのも、アリなのではないでしょうか。

こうやって運動することは、ストレス解消にもなるんですよ。

 

まとめ:脳をだましてリバウンド知らずの体へ

敵を欺くにはまず味方からということわざがあるように、ダイエットにも同じことが言えるのかもしれませんね。

 

脂肪を燃やして体重を減らすことはあくまでも結果であって、そこに結びつけるためにはまずは自分の体質と体の機能をよくよく知ることがダイエット成功への近道です。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

リバウンドする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 更年期に太りやすいのはなぜ?原因と具体的な改善方法

  • フルーツ青汁おすすめTOP5!おいしい人気青汁ランキング!

  • 筋肉をつけない運動で痩せる!ふくらはぎに効果的なダイエット♪

  • 【体験レビュー】お嬢様酵素の置き換えダイエットしてみた

  • 【食べ過ぎで後悔している人】ダイエットするスムージーの効果は?

  • 部分痩せに効果的な「ダンベルダイエット」の具体的な方法