エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 知ってた?化粧水の種類と選び方で、驚くほど肌質が変わる!

知ってた?化粧水の種類と選び方で、驚くほど肌質が変わる!

あなたは洗顔後、どのような種類の化粧水を使っていますか?また、どのように付けていますか?

化粧水と一口に言っても、保湿化粧水収れん化粧水拭き取り化粧水目的別化粧水など種類はさまざまです。

 

スキンケアの基本である化粧水選びによって、今後の肌の状態が左右されると言っても過言ではありません。そのくらい、自分の肌質に合った化粧水を選ぶのはとても大切なことなんです。

 

化粧水には肌表面を保湿してキメを整え、肌触りを滑らかにするという役割があります。また、化粧水をたっぷり付けて保水することで、あとから顔にのせる乳液やクリームの浸透を高める働きがあるんですよ。

 

つまり、質の高い乳液や高級クリームのパワーを最大限に引き出すためには、自分に一番合った化粧水をみつけることが重要だということ。

今回は、保湿化粧水、収れん化粧水、拭き取り化粧水、目的別化粧水それぞれのメリットとデメリット、効果を高める化粧水の付け方についてお話しましょう。

 

化粧水の役割って?

shutterstock_521481196

そもそも化粧水の目的は、保水すること。

保水とは、洗顔で失われてしまった水分を補い肌表面に潤いを与えることです。

私たちの肌は、一番上から表皮、真皮、皮下組織の3つで構成されています。

 

表皮をさらに細かく分けると一番上にあるのが角質層。顔を洗ったあとに化粧水をつけることにより、この角質層までしっかり水分を届ける役割があるんです。

また、化粧水で肌表面にたっぷり潤いを与えてあげることで、あとから付ける乳液や美容クリームの浸透を高めてくれるというワケ。

 

乳液の目的って?

セラミドを摂取する女性

では、乳液の役割とは一体なんでしょうか。乳液の主な目的は、肌を保湿・保護することです。

化粧水で整えた肌表面を乳液で覆って、水分の蒸発を防いで潤いを中に閉じ込め保湿する効果があります。乳液の多くには水分と油分の両方が含まれています。

 

肌表面は皮脂膜という天然のオイルでカバーされていて、外からの刺激や乾燥を守るバリア機能の働きをしているんです。

 

しかし、クレンジングや洗顔によってこの皮脂膜が洗い流され、肌は無防備の状態。そこで乳液に含まれる油分が、皮脂膜の代わりとなって肌を守ってくれるんですね。また、乳液に含まれる栄養分を※奥まで届けてくれるから、高い保湿効果が見込めます。※真皮まで

 

ようするに、化粧水と乳液どちらがかけても肌の潤いをキープできないため、両方きちんとケアすることが大切なんです。化粧水のあとは必ず、乳液で保湿してあげましょう。

 

化粧水の種類

shutterstock_345624671

それでは、化粧水の各種類についてメリット・デメリットをみていきましょう。自分の肌質にどれが一番合いそうか参考にしてみてくださいね。

 

保湿化粧水

もっともポピュラーな化粧水のひとつです。洗顔によって乾燥した肌に潤いを与えて、ふっくらやわらかな肌に。肌表面の水分を補ってキメを整え、なめらかにする効果が期待できます。

メリット

肌内部の細胞同士をつなぐ潤い成分、セラミドが配合されているものや、肌の弾力やツヤを保つヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿力にすぐれた成分が含まれています。

デメリット

中には乳化剤、香料、防腐剤などの添加物が使用されている商品も多く販売されているため、人によっては使用後に肌が赤くなったり、かゆみを引き起こす場合があるのだと言います。敏感肌タイプの場合は、まず皮膚がうすい手首の内側や首もとでパッチテストしてからの使用がいいかもしれません。

 

収れん化粧水

メリット

毛穴や肌の引き締めにすぐれています。さっぱりとした付け心地で嫌なベタつきがないのが特徴。また、肌表面のキメを整えて皮脂の分泌を抑える効果があるため、皮脂で毛穴がテカりやすいオイリー肌の人におすすめです。

デメリット

収れん化粧水の中には、揮発性といって水分を蒸発させてしまうアルコールが含まれているものもあります。そのため顔につけると、肌の潤いを保つために必要な皮脂、水分、美容液やクリームの栄養素までをも一緒に巻き込んで蒸発さ せてしまうんです。ヒリヒリする、乾燥する、肌がテカるといったインナードライを引き起こしてしまう場合があります。

 

拭き取り化粧水

メリット

その名の通り、コットンにしみ込ませて拭き取るように付ける化粧水のことです。コットンに化粧水をたっぷり付けてなじませれば、その後の化粧水の浸透を高めてくれます。また、洗顔で落としきれなかった古い角質や皮脂汚れを取り除く効果があります。肌のゴワつき、ザラつきが気になる人におすすめ。

デメリット

通常の化粧水の目的が「保水」することに対し、拭き取り化粧水は「汚れを取る」という明らかな違いがあります。使われているアルコールの割合によっては肌への刺激で赤くなったり、乾燥によるかゆみを引き起こす場合も。また、コットンの摩擦によって肌に負担がかかってヒリヒリする、などの肌トラブルを生み出してしまうケースもあります。

 

目的別化粧水

メリット

毛穴の開きが気になる場合は「収れん化粧水」、シミやそばかすが気になる場合は「美白化粧水」、とにかく肌を保湿したい場合は「保湿化粧水」、肌のザラつきが気になる場合は「拭き取り化粧水」といった具合に、それぞれ抱えている肌悩みに応じて選べる、という豊富なバリエーションがあります。

デメリット

自分の肌の状態をセルフケアでしか判断できない点が挙げられます。Tゾーン(おでこ、小鼻まわり)は皮脂でテカテカするけど、ほほや口まわりは乾燥する混合肌の人が収れん化粧水を使った場合。乾燥箇所がさらに乾燥してかゆみを引き起こしてしまう可能性も。もし迷うのであれば、デパートのコスメコーナーでスキンチェックをしてから、何を買うか決めてくださいね。

 

効果を高める化粧水の付け方

shutterstock_414202360

1.化粧水を手にとり、人肌に温めます。

2.顔に付けたら、やさしく手のひら全体で包み込むように押さえましょう

3.化粧水で保水したら、乳液でふたをして水分を閉じ込めます

4.もし乾燥が気になる場合は、クリームをつけてくださいね

※温めながら手でつけることにより、化粧水の浸透が高まるほか毎日の肌状態を確認できますよ。

 

まとめ:化粧水選びはよりていねいに

shutterstock_144718276

化粧水の保水効果によって乳液やクリームの浸透を高める働きがあるんですね。そのためには、より自分の肌質に合った化粧水の選び方がポイントになります。ご自身の肌質をよく見極めたうえで選びましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • エイジングスキンケア人気商品ランキング【最新版】

  • 目元の小じわ・シミに効く商品口コミランキング

  • 活性酸素はコラーゲンを破壊するってほんと?!その対処方法は?

  • <ほうれい線を消す>化粧品おすすめ口コミランキング

  • 抗酸化物質を増やして、老化原因の活性酸素を増やさない!

  • 紫外線対策に!守ると攻めるのスパイラル♪「アスタリフト ホワイト」