エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. ぼっこりお腹が気になるなら、今すぐ『美腸エクササイズ』

ぼっこりお腹が気になるなら、今すぐ『美腸エクササイズ』

キレイなお腹

年齢を重ねるごとに「今までと同じ食事内容・生活」なのに最近、お腹が出てきているのはなぜ?とお悩みの人が多いのではないでしょうか?このようなご質問、ご相談が40代〜50代の女性より受けることがあります。

これは厳しい現実ですが、老化現象の一つと言えます。

その大きな原因の1つに「基礎代謝量の低下」が挙げられます。基礎代謝量は年齢と共に低下していきますので、今までと同じ食事内容や生活をしていると体は摂取した栄養を消費エネルギーに変えることが出来ず、体に脂肪として蓄えてしまうからです。

 

このような場合、アンチエイジングとして食事内容・生活 の見直しをすることが大切ですが、一旦ついてしまった生活習慣を変えていくのは難しいものです。

また、市場には、決意が緩んでしまう美味しそうな食べ物がいっぱい!美味しい物は食べたいし、ぽっこりお腹は気になるしと全く正反対の気持ちが裏腹にある人におすすめ出来るアンチエイジング「美腸エクササイズ」をご紹介します!

 

ぽっこりお腹の正体は押し出された腸だった!?

ぽっこり

ぽっこりお腹と腸は大きな繋がりがあることをご存じでしょうか?

腸は、「第2の脳」と言われるほど重要な臓器と言われており、主に消化と吸収、排泄、免疫いった働きがあります。食べた物を小腸で消化・吸収して、その小腸で消化・吸収されなかった食べカスが大腸で排泄されます。

 

そして、食べ物と一緒に入ってくるウイルスや細菌をやっつけてくれる免疫は、小腸と大腸が強力して行ないます。このように、腸は毎日休みなく私達の体を守っている、とても忙しい臓器なのですが、その腸の働きが、ぽっこりお腹のせいで十分に作業出来ない環境になっています。

 

それは、ぽっこりお腹の正体が、他の臓器によって押し出され「腸」だからです。

姿勢が悪くなったり、体型が崩れたりすると内臓は下垂します。上の臓器が下がり、下の臓器を圧迫したり、押し出したりと言うように下にある臓器全てに負担をかけてしまいます。

そうすると圧迫されたり、押し出された臓器は機能が低下し、十分な働きを行うことができなくなります。

 

ほっこりお腹の正体が腸であることは理解しにくいとは思いますが、私たちが運動をしたり、腹筋をしたり、姿勢を正したりするのはただ見た目の美しさだけの改善のためではなく、内臓の働きを活発にし、内臓を若々しく保つためのアンチエイジングにも大きな影響を与えてくれているのです。そんなハードワークな臓器に出来るだけ負担をかけず、時には労わってあげることが「美腸のアンチエイジング」になります。

 

ぽっこりお腹を解消する!美腸エクササイズ

それでは、上記でお話しした圧迫されたり、押し出されたりする臓器を本来の位置に戻す美腸エクササイズをご紹介していきます。

内臓も筋肉でできているので、体の深部にある内臓までしっかり刺激が入り内臓の働きを活発にする美腸エクササイズは「捻ること」が大切です。それでは早速、捻るエクササイズを行っていきましょう!

 

お腹を捻る!美腸エクササイズ ウォーミングアップ編

①仰向けに寝ます。

②両手を体の横に大きく広げましょう。

③両膝を立て、足の内側をつけ、揃えておきましょう。

美腸エクササイズ1

④両足をしっかり閉じたまま、ゆっくりと右側に倒し床につけます。この時できるだけ、反対側の(左側)腰から体を捻るように動かしていきましょう。5秒くらいキープしたら、脚を閉じたまま元に戻します。

美腸エクササイズ2

⑤反対側も同様に行いましょう。これを左右合わせて、30回繰り返します。

腸に効く!ワンポイント

揃えた脚が常に離れないように動かすこと!膝が開いたり、踵がズレたりしないように気をつけましょう。

美腸エクササイズ3

倒していく時も大切ですが、戻す時は腹斜筋(お腹の筋肉⇨ウエストのくびれに効果)を使うので脇腹を意識して行うようにしましょう。

 

お腹を捻る!美腸エクササイズ セルフ矯正編

①仰向けに寝ます。

②両手を体の横に大きく広げましょう。

③両膝を立て、右の脚を左の脚にしっかりと組むようにかけます。

美腸エクササイズ4

④その体制のまま、右側に倒していきます。この時も反対側の(左側)腰から体を捻るように動かしていきましょう。30秒くらいキープしたら、元に戻します。

⑤次に、右脚を左脚にかけたまま、左の足裏を少し右側に移動してから左側へ倒していきます。

美腸エクササイズ5

⑥反対側も同様に行いましょう。これを1セットとし、3セット行います。

美腸エクササイズ6

腸に効く!ワンポイント

組む脚はしっかりと!深く組むことで腰からの捻る力を高めていきます。お腹や腰周りを、タオルを絞るようにしっかり捻るようにしていきましょう。お腹周りに適度な緊張感を感じながら行わないと効果が見られなことがあります。背骨を意識し首の後ろを伸ばすように心がけながら行いましょう。

 

ボディメイクトレーナーからのメッセージ

今回ご紹介した2つの美腸エサササイズは、初心者の方でも気軽に行えるアンチエイジングです。各ワンポイントに気を付けながら、毎日しっかり行うことで、必ずぽっこりお腹の解消に役立つはずです。まずは、腰の疲れの解消や便通の促進、内臓機能のアップを感じられるはずですよ。

また食生活に気をつけたり、漢方などで体質を根本的に改善しながらエクササイズをすると、より効果的にぽっこりお腹を改善することができます。

>>漢方でぽっこりお腹を改善するならこちら

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

キレイなお腹

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

下田 絵理子

下田 絵理子

学校給食、有料老人ホーム等にて管理栄養士として勤務後、料理教室や女性向けの美容食セミナー等を開催。個別の栄養指導も評判が良い。
健康的に痩せる、痩せたらリバウンドさせない、肌を衰えさせない食事など、日々研究を行っている。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 酵素サプリ人気ランキング!効果のあるおすすめ酵素サプリでダイエット!

  • <1週間で-1.8kg!?>今大注目の冷やしご飯ダイエット

  • 体の不調を引き起こす脚のライン、あなたの脚は大丈夫?

  • 青汁は美容効果抜群!綺麗な人は毎日飲んでいる!

  • 老廃物とセルライトに悩む太ももは、◯◯で細くなる!!

  • 寝る前にやれば痩せる?! おすすめストレッチ5選