専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 疲れが取れない原因は?ストレス発散でアンチエイジング!

疲れが取れない原因は?ストレス発散でアンチエイジング!

 2016/01/17 その他
  453 Views
ストレスが溜まり疲れが取れない女性

しっかり寝たはずなのに、朝起きたら全然疲れが取れない
身体に疲労感がありすっきりしないどころか、疲れが抜けない。
こんな体調が毎日続いてしまうと、身体を壊す原因にもなりますし、ストレスも溜まってしまいますよね。
疲れやすい身体では、若さを持続することは出来ません。
アンチエイジングをするうえで、取れない疲れを解消して元気な身体でいることはとても大切です。

疲れが取れない原因は何?

ストレス疲れが取れずに抱え込む女性が溜まり疲れが取れない女性

取れない疲れの原因をしっかり学び、解消していきましょう。
一つでも当てはまっているかたは、注意しながらアンチエイジングをしていきましょう♪

ストレスが原因

疲れが取れない最も大きな原因は、ストレスです。

寝ても疲れが取れない原因は、自律神経の観点から見解すると、とても明確に説明がつきます。

肉体的にも精神的にもストレスを感じてしまうと、交感神経ばかりはたらいてしまうため、副交感神経に切り替わりずらくなります。
しっかり寝たと思っていても、疲れた身体を十分に回復出来ないことが原因だと考えられます。
眠りが浅く、夜中によく起きてしまう方も、身体がしっかりと副交感神経に切り替わっていない証拠と考えられます。

オレキシンが原因

オレキシンとは、私たちが起きているときに、脳の働きを活発にするための物質です。
ドーパミンやノルアドレナリンを分泌することを促しますので、生きていくうえで大事な物質す。

脳を休めているときに、オレキシンが過剰に分泌されてしまうことが問題であり、それが深い睡眠の妨げとなっています。

疲れた肝臓も原因

ストレスの他に疲れが取れない原因に上げられるのは、肝臓の疲れです。
毎日お酒を飲んだりして肝臓が疲れていると、肌や髪の調子がいつもよりよくないと感じる方が多いかと思います。
また、朝の目覚めが悪いと感じたりと、身体に疲れが出てしまいます。

肝臓を温めるということは、セルフケアで大事なことです。

不規則な生活が原因

不規則な食生活は健康に最も悪いです。

暴飲暴食や偏食、過度なダイエットによる栄養素不足は、疲れが取れにくい原因になります。
また、3食しっかり食べないことも栄養不足なり疲れが取れにくい身体をつくる原因になります。

運動不足

筋肉を動かす機能が低下すると、全身の血の巡りが悪くなります
症状としては、身体がだるいと感じたり、重くなり疲れやすいといったことです。

筋肉は使わないと、徐々に衰えてしまいますので、仕事の休憩時間やちょっとした空き時間に、ストレッチをして、筋肉を少しでも使ってあげましょう。

血の巡りが良くなると、疲労した悪い物質を運んで、外に排出してくれるために、徐々に身体が楽になっていきます。

時差ボケが原因

体内時計が壊れてしまい、夜なのに寝れない方もいるのではないでしょうか?
あくびが止まらない人も、体内時計がズレている可能性が高いです。

しっかりと朝がきたら、太陽を浴びることはとても大事です。
同じ時間に食事をすることは実は体内時計をもとに戻すのにうってつけです。
また、寝過ぎは禁物です。休みの日も平日と同じ時間に起きてみましょう。

病気が原因

身体がだるい、なんとなく気分がだるいということが長期的に続くかたは、病気の可能性も高いです。
機械にもメンテナンスがあるように、身体もメンテナンスが必要です。

身体の不調を感じるかたは人間ドッグを受けてみるのもいいですね。
気分がどうしてもだるいと感じる人は、心療内科に受診してみましょう。

取れない疲れを解消しよう!

ストレス発散して疲れを取る女性

やはり心の疲れを取る根本的な解消は、ストレス発散です。
自分の好きなことをして、解消していきましょう。

休みの日はリフレッシュしよう!

お仕事をしているかたは、休日はしっかり疲労を回復することを心がけましょう。

仕事のことで頭がいっぱいになる人もいるかと思いますが、メリハリをつけ、なるべく考えないようにすることも大事です。

例えば、田舎の自然が溢れる場所へ行き、景色などを見ながら温泉に入ってリフレッシュすることもいいですね。
外出する元気がないときは、お家でゆっくりまったり過ごすことも大切です。

読書や芸術鑑賞なども心のリフレッシュになりますし、普段運動をしない方はウォーキングをするなど、気分転換をしてみましょう。

また、家族や恋人とのコミュニケーションも心が癒されて、日頃感じているストレスや疲労を発散することが可能ですね。

充分な睡眠をとろう

アロマオイルで疲れを取る

身体の疲れを取るのに最も効率的な方法は、睡眠です。

ここで注意しなければいけないことは、ただ寝るということは避けることです。

疲れを取るためには、質の良い睡眠が大事だからです。

寝るときに、寝室の温度や湿度を心地の良い環境にしたり、肌触りのよい枕やかけ布団にすることがおすすめです。

また、寝室に安眠効果のあるアロマオイルを置いておくことも良いでしょう。

アロマオイルの種類としては、カモミールやラベンダー、オレンジ・スイートネロリなどがおすすめです。

良質な睡眠をとり、深い眠りをすることはアンチエイジングにも非常に効果的です。

食事で疲れを取ろう!

まず、今の食べ方から見直す必要がある方もいます。

アンチエイジングの基本ですが、ゆっくりよく噛んで食べることが疲れを溜めません。
また、3食しっかり栄養バランスを考えて摂取することも大切です。

次に、疲れが取れないと感じているかたにおすすめな食べ物は、食品添加物、化学調味料などが含まれていないものです。

これらは、栄養としてもよくないので、胃に負担をかけ疲れやすくなってしまいます。

また、取れない疲れに効果的なのは、ミネラル・たんぱく質・糖分・ビタミンB1・水分を適度に身体に摂取することです。

特にビタミンB1は良いとされています。
炭水化物の代謝を助けてエネルギーを作り出し、筋肉が疲れたときにに溜まってしまう乳酸の燃焼をする働きをします。

逆に不足してしまうと、疲れが取れない原因になりますので注意しましょう。

適度な運動もしてみよう

運動をすると疲れるからしないという方がいるかもしれませんが、何も激しい運動をしようということではありません。

適度な運動ということが大事で、ウォーキングや軽いジョギングがおすすめです。

普段運動している方は問題ないかと思いますが、普段はデスクワークで全く筋肉を使っていない方は、適度な運動をしてみるのもいいです。

代謝を上げて、体力をUPすることで、疲れにくい身体になります。

半身浴もおすすめ!

半身浴で疲れを取る

毎日入るお風呂も取れない疲れを解消するために、有効活用できます。

暖かいお湯に浸かることは、血の巡りを良くする効果があるため、身体の疲労が取れます。
また心をリラックスさせてくれる効果があるため、心の疲労にもおすすめです。

30分くらい半身浴をしてみると、その後は気持ちよく睡眠出来るでしょう。
また、お肌のアンチエイジングの働きがあるために一石二鳥です。
半身浴が苦手なかたは、自分の好きなアロマオイルを垂らしてみると、あっという間に時間が過ぎます。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 更年期障害が原因で頭痛や吐き気がある場合

  • 更年期障害?やる気が出ない・起きないと感じたら

  • 美魔女になるには?水谷雅子さんの美容法を徹底分析しました!

  • ヒアルロン酸注入による効果は?

  • 更年期障害による息切れや動悸の症状と改善策

  • 更年期障害によるヒステリーの対処方法