エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. ダイエットがストレスで続かない&やめたい時

ダイエットがストレスで続かない&やめたい時

ストレスをためない

ダイエットで一度体重が落ちてもすぐにリバウンドしてしまうことでダイエット意欲が薄れて、いつの間にかダイエットが続かないという方は多くいるかと思います。
その原因として挙げられるのがストレスです。
ストレスはダイエットの大敵ですよね。
特に食事制限によるダイエットは、ストレスが生じやすいので、ダイエットをやめたいと思うことが多くあります。
ですので、ダイエットが続かない原因であるストレスをいかに減らすかがダイエットを成功させる上では非常に重要です。
そこで今回はダイエットが続かない2つの原因と、ストレスを減らしてダイエットをやめたいと思いにくくする効果的なダイエット法についてご紹介したいと思います。

■ ①ストレスで挫折する■

ストレスでダイエット挫折した女性

続かないタイプの方は、ダイエットの停滞期になればよりダイエットが続かなくなります。
最初は順調に落ちていた体重も停滞期に入ると体重が思うように減っていかなくなります。

結果、焦りや苛立ちなどのストレスが溜まって、つい過食に走ってダイエットをする前より太ってしまうことで、もうダイエットなんてやめたいと思ってしまいがちに。

順調に落ちていた体重は、体に溜まっていた水分量であった為、ダイエット当初は、非常にスムーズに体重が落ちていきます。

しかし、本当のダイエットとはそこからスタートします。太る時は早いですが痩せる時はかなり時間がかかりますので、早く痩せたい方の場合、特にイライラによるストレスが大きくなりますので、過食してしまうリスクが高くなることでダイエットが続かないという状況に陥ります。

しかし、この停滞期を乗り切れば、リバウンドしにくい本当の痩身を手にすることが出来るようになりますので、「停滞期だから体重が落ちないのは仕方ない」と自分に言い聞かせてみましょう。

体重が落ちないからと言って、それまで以上に過酷な食事制限や運動をすると余計にストレスが増え続かないので注意してください。

停滞期は、週末のみのプチ断食(ファスティング)などの気軽なダイエットを行うようにしましょう。
そして、ストレスを趣味やスポーツ、買い物などで発散させましょう。

■ ②周囲の影響で挫折する■

周りの甘いささやきに耳をふさぐ女性
痩せたいと思っていても家族が作ってくれる食事が美味しすぎたり、友達との楽しい食事会などがあれば、ついつい摂取カロリーは多くなって続かないですよね。

またあまり食べずにいるとダイエットをしていることがバレてしまうと恐れるあまり、いつも以上につい食べてしまったりすることがあります。
ですので、ダイエットをしているということが家族や友人、恋人などに伝えるのは恥ずかしいかもしれませんが勇気を出して、「私、ダイエット中なの」と伝えましょう。

そして、家族や友人、恋人など周囲の人にも協力してもらって、以下のようなダイエットルールを作りましょう。これにより、不思議とダイエットが楽しくスムーズになっていきますよ。

●ダイエットルール①腹八分目を守る。
少し残るぐらいがベストです。残ったらいつまでも自分のお皿に入れたままにせずにすぐに家族のお皿に移すと良いでしょう。

●ダイエットルール②甘いデザートを食べる。
甘いデザートは、ダイエット中は控えるという方は多くいるかと思いますがケーキやチョコレートなどの甘いお菓子には、ストレスを緩和させてくれる効果があるというのも事実です。
ストレスはダイエットの大敵ですよね。

ストレスを減らす為にも少々の甘いデザートはOKです。
友人と外食した場合は、特に食後に甘いデザートを注文して、楽しく会話をしながらスイーツを頂けばよりストレスは緩和されていきますので、その後のダイエットは非常にスムーズになっていくでしょう。
もちろん食べた分運動をして、エネルギー消費を上げる事も忘れないでくださいね。

■ レコーディングダイエット■

レコーディングダイエットに使うメモ
レコーディングダイエットとは、食べた物を記録することで、痩身効果を得るというダイエット法です。
毎日、どんな食べ物をどれだけ食べていたかを記録していくことで、自己管理能力がアップしていきます。

これにより、ストレスなくダイエット意欲がキープされていくことで続かないダイエットが減ると言います。
まずは以下の2点をしっかりと記録することからスタートさせます。
その後、慣れてきたらカロリーも記録していきます。

1. 食べた物
2. 食べた量

これにより、食べ過ぎた日はその翌日の食事を自然と控えめすることが出来るようになります。
また逆に食事量を控えていた日は、自分に自信がついて、ダイエット意欲が高まり、その後もドカ食いをしないように自然と気をつけるようになります。

特にストレスがあるとつい食べ過ぎてしまうことってありませんか?
私たちは、無意識のうちにストレスを食べる事で発散させてしまっているのです。
しかし、ストレスは自分自身でコントロールすることが可能です。
ストレスがあった場合、尚更、食べる物、食べる量をしっかりと管理しなければなりません。

食事管理する女性
ですので、以下のようなダイエット日記なども欠かさず行ってみるというのもオススメですよ。
レコーディングダイエットよりもよりストレスなく、気軽に行える点が魅力なのがダイエット日記です。

・ どんな食べ物を食べたか。
・ 食べた物のカロリーはどれくらいか。
・ どうして食べ過ぎたのか。
・ 食事した場所。
・ 食事の際、どんな感情(ストレス)があったか。

ダイエット日記では、自分がどうして太るのか?続かないのか?その原因を知れる良い機会となります。

そして、その原因に合った対策を速やかに取れるようになることで、早い段階で痩せることが出来ます。

このようにダイエット日記をつけることで、ダイエットの大敵であるストレスから逃げずにきちんと向き合うことが出来るようになります。
これにより、食べる事で、ストレスを発散しないようになっていきます。
ストレスによる過食がストップすれば、その後のダイエット生活はとても楽しいものになって行きますので、ダイエットに成功しやすくなるでしょう。

■ カロリー計算をしよう!■

カロリー計算に使う計算機
ダイエット日記のカロリー計算をより詳しく行う方法です。
ダイエットをスムーズにさせる上で、欠かせないのがカロリーです。

ダイエットにおいて、大切なカロリーの知識を知ることもダイエットに挫折しない重要なポイントの一つです。
例えば、1キロ落すには、7000kcalのカロリー消費をしなければなりません。
消費カロリーとは、以下の2つです。

1. 基礎代謝
2. 運動

基礎代謝+運動=消費カロリーから摂取カロリーを引いて、初めて体重が減っていきます。
1日700キロのカロリーを食事と運動で、減らしていけば10日で1キロ落すことが出来ます。

ですが必ずしも10日待たなければ結果が出ないというわけではありません。
現代は、食べ物に溢れ、私たち現代人は元々、必要以上のカロリーを摂取していますので、どうしても太りやすくなっていますので、運動を加えなくても食事制限のみでもストレスなく十分効果が得られます。
例えば、3日で2.8kgも夢ではありませんよ。
しかし、ダイエットには停滞期がありますので、スムーズに体重が落ちにくくなることがあります。多くの人はこのダイエット停滞期でストレスがたまり、続かなくなると考えられています。
それでもゆっくりではありますが10日で1kgは確実に落せるはずです。

またカロリーを半分にした場合は、20日あれば効果は得られるでしょう。

■ダイエット宣言をしよう!■

ダイエット宣言「私、ダイエットします!」ということを堂々と家族や友達、恋人などに宣言しましょう。
少々恥ずかしいかもしれませんがダイエットを成功させる上では重要なことです。
またダイエットブログをスタートさせたりするのもオススメですよ。

周囲にダイエットをすることを宣言すれば、何としてでもダイエットに成功しなければという強いダイエット意欲が生まれていきますのでダイエット宣言をしましょう。

■ ダイエットの目的を明確にしよう!■

ダイエットの目的を指さす女性
「モデルや女優のように痩せて、モテたい」
「細いことが当たり前だから」

などという理由でダイエットをするという方は、最初はダイエット意欲が高いですがダイエット停滞期によって、体重が落ちなくなると段々その意欲が薄れストレスになる事でダイエットが続かなくなると言います。
ですので、以下のようにダイエットの目的を明確にすることが重要です。

・ 「早くあのワンピースが着たいからダイエットで、○キロ痩せよう!」
・ 「今年の夏は絶対にビキニを着たいからダイエットでウエストを○サイズにする!」
・ 「痩せて綺麗になって、自分を振った元彼を見返したいから絶対、○キロまで痩せよう!」

などと、ダイエットしたい理由を明確化させます。
これにより、ダイエットが成功した場合の自分の姿や周囲の反応などが自然とイマジネーションされていくことで、常にダイエットのモチベーションがキープされていきます。

よりダイエットのモチベーションを高めたいならダイエットの目的を紙に書いて、壁や冷蔵庫などに貼っておくと良いでしょう。

■ビタミンとミネラルを摂ろう!■

ビタミンとミネラルが詰まったフルーツ

食事をするとそのカロリーが体内で、脂肪に変わる事で体重が増えます。
特に脂っこい食べ物を食べ過ぎると摂取カロリーが多くなって、脂肪になりやすくなります。またダイエット中の方の多くが栄養不足により、脂肪を蓄えやすい体に変化していると言います。摂取したカロリーがそのまま脂肪となることで、ダイエット前より太ってしまったり、食欲が異常に増して、余計に太ってしまったりする恐れもありますので、
栄養不足にならないように注意することが必要です。

特にビタミンとミネラルには脂肪燃焼を促進させる働きがありますので、ダイエット中はB1、B2、B6などのビタミンやミネラルを摂取しましょう。
このように栄養不足はダイエットの大敵となります。
毎日の食事からビタミン、ミネラルが摂取することが難しい場合、サプリメントで補うようにしましょう。

■ 摂取カロリーを減らそう!■

カロリーの低い食事

現代は、ファストフードやインスタント食品、加工食品などが溢れています。
現代人は何かと忙しいので、ついついこのような食品に頼ってしまいがちですよね。

しかし、このような食生活を続けると体に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素が不足する恐れがあります。そして、何より摂取カロリーが多くなってしまいますので、太ります。

仕事や家事などで、忙しい日は、食事を手軽に済ませることが出来る上記の食品は便利で良いですがダイエット中はなるべく、摂取カロリーを抑えることを意識して、食事管理をしっかりと行いましょう。
昼は、会社や学校、家庭などで様々なことに頭や体を使いますので、エネルギーが消費されやすくなりますので、昼食は、上記の食品でも構いませんがそれ以外はなるべく食事の量を抑えるようにしましょう。

■ プチ断食(ファスティング)で、停滞期を乗り切ろう!■

断食しようと口をふさぐ人

最初は、順調に落ちていた体重が停滞期によって、落ちにくくなります。
これにより、ストレスが生じやすくなることで、ドカ食いが生じやすくなりますので、注意しましょう。

続かないダイエットを卒業する為には、ダイエットの大敵であるこの停滞期をいかにストレスなく乗り越えるかが非常に重要となります。

ダイエットの停滞期には、プチ断食(土日だけの週末ファスティング)を行う事で、良い結果を生み出すことが多いと言われていますので停滞期にはプチ断食(ファスティング)をしましょう。

■ 「食べてはいけない」と思い込みすぎないで!■

食べない!と思いこむ人人間の3大欲求の一つが「食べたい」ですので、食欲を抑えることはなかなか困難です。
だからこそ「食べてはいけない」と思い込むのは止めましょう。
特に早く痩せたいと思っている方は、極端に食事の量を減らしがちです。
自分をとことん追い込んで、過酷なダイエットをしがちになります。

 

しかし、このようなダイエットはストレスが多くなって、過食が生じやすくなり、後にリバウンドを引き起こしますので注意しましょう。

食事制限を一度でも破ってしまうとその後、リセットすることが難しくなると言われています。その理由にそれまで我慢してきた「食べたい」という欲求がストレスによって爆発しまうことにあると言います。
このように食事制限を行えば行う程ストレスになり、食欲をコントロールする事は困難であると言われていますので、「食べてはいけない」と思い詰めない事が重要です。
「食べてはいけない」と思い詰める程、ストレスは募っていきます。

そして、「食べたい」という食欲のブレーキが効かなくなって、太っていきます。
「食べてはいけない」と思い詰めた結果、逆に太ってしまうなんて、非常に残念ですよね。ですので、「食べてはいけない」と思い込み過ぎずに「何を食べれば健康的に痩せるだろう?」ということを考えながらダイエットをしていくことが大切です。

■ 自分を責めすぎないで!■

責めないでとバツを作る人ダイエットが続かないと思ってしまうのは、自分の意思が弱いせいだと自分を責めすぎる方がいます。

しかし、ダイエットには停滞期やまた女性ならホルモンの乱れによって、太りやすくなる時期もありますので、必ずしも意志が弱いだけが原因ではありませんので、自分を責めすぎないようにしましょう。

自分を責めすぎますとストレスが募りすぎて、過食に走ってしまうことで、これまで頑張ってダイエットしてきたことが全てムダとなってしまいます。

すると再び、自分を責めすぎてしまうのです。
責めすぎる→ストレスが溜まる→過食に走る→責めすぎてストレスがたまる。
と、負のスパイラルに陥ってしまいますので、自分を責めすぎないように注意しましょう。
ダイエットの意欲を低下させない為にも体重が落ちなかったとしても食べ過ぎてしまったとしてもいつまでもその事に囚われずにすぐに気持ちをリセットすることが大切です。

■運動をしよう!■

エアロバイク

特に短期間で痩せる場合、摂取カロリーを抑える+運動をする。
これが非常にベストな方法です。

運動を行えば、消費カロリーはアップしますので、当然、ダイエット効果はアップします。
もちろん摂取カロリーを抑えるだけでも人によっては、5キロも体重を落すことが可能だと言います。
しかし、ダイエットで重要なのは続けることです。

ダイエットが続かない理由になかなか体重が落ちないということがありますので、
ダイエットを継続しやすくする為には、運動をして、体をスムーズに落とし、ダイエットのモチベーションを上げて、ダイエットを楽しいと感じることが大切です。

オススメの運動法は、エアロバイクです。
特に下半身太りや骨盤の歪みでお悩みの方には最適です。
運動時間は、毎日、30分から1時間がベストです。
エアロバイクならテレビを観ながら音楽を聴きながら楽しくダイエットをすることが出来ますので、中々続かない人はオススメですよ。

■ ダイエット仲間を作ろう!■

ダイエット仲間

友人や家族など誰かと一緒にダイエットをするというのもダイエット挫折を防ぐ方法としてはオススメです。
自分一人でダイエットをするとどうしても甘えが出てきて続かないなんてことになります。
「今日は、デザートにケーキを2つも食べてしまったけどまぁいいや」
「今日は、ファストフード、インスタント食品で済ませてしまったけどまぁいいや」
などとつい緩いダイエットとなってしまいがち。

しかし、誰かと一緒にダイエットをすれば、自然とダイエット意識が強くなっていきます。
「きっと○○(一緒にダイエットをする人)なら間食をしないだろうなぁ。だから自分も頑張って間食を止めよう」

「毎日、ダイエットメニューを考えたり、作るのは面倒だけど、きっと○○なら頑張って続けているだろうなぁ。ここで怠けちゃうと、自分だけデブのままになっちゃうから頑張って、続けよう」
「体重がなかなか減らない・・・。○○に相談してみよう!」

などと、一人でダイエットをするより、誰かとダイエットをする方がダイエットを頑張れたり、またダイエットに有益な情報を聞けることがありますので、賢くストレスなくスムーズにダイエットを行う事が出来ます。

一緒にダイエットをする人がいないという方には、ダイエットサイトで、ご自分のダイエットの状況をダイエット仲間に報告することで、ダイエットの意欲をキープし続ける事が出来ます。
またダイエットに挫折しそうになった場合、ダイエット仲間が励ましてくれたりすることもありますので、楽しくダイエットが続けられるでしょう。

■ 間食をしよう!■

間食のクッキー

ダイエットが続かない原因の一つは、間食をしてしまうことです。
なので、間食をやめたいと思う方は非常に多くいるかと思います。
しかし逆に、ダイエットが続かない原因に間食を我慢しすぎるという事があると言います。
特にお菓子が大好きな方にとって、間食をやめることはなかなか困難かと思います。

間食をしてはダメと思えば思う程、ストレスが膨大になって、ドカ食いに走るリスクが高まると言います。
ですので、我慢ばかりせずに時々は、間食をしてストレスをなくすことも大切です。

特にケーキやチョコレートなどの甘いお菓子にはストレスを緩和させるという効果がありますので、食べ過ぎないように適度な量を守って食べればダイエットにも非常に有効ですよ。

リバウンドしない為には、ゆっくりと時間をかけてダイエットをしていく事が重要ですので途中で、どうしても食べたい物だって出てきますよね。
そんな時は、これまでずっと我慢してきたご褒美にと食べましょう。

しかし、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。
あくまでも少量をゆっくり時間をかけて、美味しく頂き、ストレスを和らげてダイエット効果を維持することに努めましょう。
また紅茶や緑茶などの飲み物と一緒に食べるのもポイントです。
これにより、少量でもお腹が膨れて、満足しますよ。

更に間食する時間帯を午前中~夕方にしましょう。
夕食の後にすると間食のカロリーがそのまま体内に蓄えられてしまいますので、注意してください。
そして、大体100kcal前後の食べ物を食べるようにしてください。

■活動量をアップさせよう!■

活動量の多い人たちダイエットが続かない方の中に運動することが辛いという方が多くいます。
しかし、摂取カロリーを抑えるのと併用して、運動を行えば、筋肉が増えることで、基礎代謝がアップし痩せやすい身体になっていきます。

結果、ダイエット効果は一気にアップしますので、運動をすることが理想的と言えます。
それでもどうしても運動が続かないと言う方は、以下のような日常生活で簡単に行える運動方法を取り入れると良いでしょう。

・ 一駅までなら歩く。または自転車で移動する。
・ 家中を綺麗に掃除する。特に雑巾がけや窓拭きなどがオススメ。
・ 台所仕事をしながら足踏み運動をする。

など、日頃の生活の中で簡単に活動量をアップさせることはそれ程、難しくなくストレスもかかりませんので実践してみてくださいね。
キツイエクササイズやウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、続けにくいことがありますので、継続しやすい運動方法で、エネルギー消費をアップさせることに努めると良いでしょう。

■ リフレッシュしよう!■

リフレッシュする女の子

ダイエットにストレスは大敵です。
ストレスが生じてしまうような状況を作ったり、ストレスの多い環境に身を置いたりすると無意識のうちにストレスを食べる事で発散させようとしますのでストレスをなくすことに努めましょう。

それでも転勤や進学、結婚などで、どうしても環境の変化を受け入れなければならない場合はリフレッシュすることを忘れないようにすると良いでしょう。

慣れない場所で過ごすことがストレスとなって、過食に走り、太ってしまわないように日頃から買い物に行く、散歩をする、趣味に没頭する、友人とおしゃべりするなどストレスのはけ口を食べる事以外で発散させるようにしましょう。

また人は忙しくなればなる程、早食いになったり、食事管理が疎かになってしまいやすくなりますので、忙しい環境になった場合、ダイエットはしばらくお休みしましょう。
ゆったりとした環境になったらダイエットを再開させて、現状キープしていた体重をしっかりと落としていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

ストレスをためない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 部分痩せに効果的な「ダンベルダイエット」の具体的な方法

  • 青汁の成分は何?青汁が苦い理由はこれだった!!

  • 体の不調を引き起こす脚のライン、あなたの脚は大丈夫?

  • おすすめの明日葉青汁比較ランキングTOP5

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • ダイエット中に食べ過ぎ?自己嫌悪になる前に体重戻すために