エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 尿素が秘めた驚きのアンチエイジング効果!使えば勝手にきれいに

尿素が秘めた驚きのアンチエイジング効果!使えば勝手にきれいに

尿素でキレイになる女性

みなさんは「尿素」について、どれくらい知っていますか?

現在、ハンドクリームや美白クリーム、石けん、ファンデーションなどさまざまな商品に含まれています。

 

ところこでこの尿素、数年前からアンチエイジングに高い効果が期待できることから、世の女性たちから大きな注目を浴びている成分なんです。

アミノ酸、乳酸、クエン酸などの美容成分が配合されており、どれもエイジングケアをするうえでなくてはならない重要な成分。

 

年齢とともに下がる肌の代謝を促すほか、ハリや弾力の元となるコラーゲンづくりをサポートするなど、さまざまな効果を見込めるんです。

こうした働きを持つ尿素とは一体どんな成分なのか、またもたらす効果について詳しくご紹介しましょう。

 

尿素とは?

shutterstock_373033414

効果についてお話する前に、まずはじめに「尿素」とはそもそもどういった成分なのか見ていきましょう。

尿素とは、私たちの体の中でタンパク質が分解される際に発生する成分。別名「カルバミド」と呼ばれています。また、NMF(天然保湿因子)のひとつで肌の角層に存在していて、ほんのわずかですが、汗にも含まれているんです。無色の結晶で、少し塩辛い味がするのだと言います。

この尿素の特徴は2つ。まずひとつ目は、高い保湿力。角質細胞内にあり、水分を保持する働きがあるNMF(天然保湿因子)のひとつである尿素には、高い保湿効果があるんです。

そしてふたつ目は、タンパク質を分解するピーリング効果。肌表面に残っている古い角質のほとんどがタンパク質でできています。尿素に含まれる乳酸はAHA(フルーツ酸)の一種で、角質を除去して肌のターンオーバーを促す働きがあるんです。

つまり、尿素が配合されて基礎化粧品を使うことにより、肌を保湿しながら古い角質をきれいに掃除できる、というワケ。

 

尿素がもたらす効果

shutterstock_35904409

肌の保湿と角質を分解する働きに長けた尿素を使うと、一体ぜんたいどのようなアンチエジング効果が得られるのでしょうか?

 

肌のハリ・つや

尿酸に含まれているアミノ酸は、コラーゲンをつくるための原料です。アミノ酸によってコラーゲンの生産が活性化され、肌のハリ・ツヤがアップするというワケなんです。加齢とともに減少するアミノ酸が補給されると、血行が促進されて顔色もパッと明るくなりくすみ改善に役立ちます。

 

なめらかな肌触り

乳酸は私たちの体の中にも存在している、フルーツ酸(AHA)のひとつ。乳酸が持つ高いピーリング効果によって肌表面にこびり付いた古い角質がはがれ落ち、肌細胞の働きが活性化されます。厚く固くなった要らない垢が取れてきれいになるため、肌触りがつるんとなめらかになるんです。

 

美白効果

shutterstock_144718273

乳酸の働きによって、メラニン色素が発生するときに活発になる酸化酵素・チロシナーゼの働きを抑える働きがあります。チロシナーゼの活動が弱まれば、メラニン色素の定着を食い止められるからシミができにくくなるんです。女性の大敵であるシミを防ぐ、高い美白効果が見込めます。

 

肌代謝アップ

乳酸が持つピーリング効果によって、肌の代謝サイクルが整います。20代だと通常28日周期で新しい細胞に生まれ変わるとされています。しかし、年齢とともに体の基礎代謝が下がって血行が悪くなると、肌のターンオーバーがうまく機能せず乱れがちに。そうしてくすみやシミ、乾燥などの肌トラブルを招いてしまうんです。乳酸が代謝を促し、この負のサイクルを食い止めてくれます

 

酸化防止

高い疲労回復効果で知られるクエン酸には、体の酸化(サビ)を防ぐ働きがあります。というのはクエン酸が、肌の老化を早める活性酸素の力を弱めて取り除く、抗酸化力にすぐれているからです。元気な細胞にダメージを与える活性酸素の働きが弱まれば、いつまでも健やかな肌・健康状態を維持できます。

 

ニキビ改善

乳酸の働きによって肌代謝がアップすると大人ニキビの改善にも役立ちます。代謝が乱れて分厚く固くなった古い角質は、雑菌だらけです。古い角質が肌表面にふたをして、分泌された皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が増殖。結果、顔の色んな箇所にポコポコニキビができてしまいます。乳酸によって古い角質がはがれ落ちるため、ニキビ改善効果も見込めるんです。

 

尿素を使う上での注意点

高いアンチエイジング効果のある「尿素」ですが、使ううえで気をつけるべきポイントがいくつかあります。使用する場合は、下記の項目に注意してくださいね。

肌のコンディションを確認してから使う

長期的な使用は避ける

使用後は化粧水で保水、乳液・クリームで保湿する

先ほどもお伝えしたように、尿素が保湿力が高い一方で古い角質をはがすピーリング作用があります。長期的に使い続けると肌のバリア機能が低下して、逆に乾燥やかゆみといった肌トラブルを引き越す可能性も。できるだけ、長期的な使用はひかえた方がいいかもしれません。

また角質が取れた直後の肌は、ほこり、乾燥、紫外線などの刺激を受けやすくとてもデリケート。使用後は保水と保湿をしっかり行いましょう

 

誰でも使っていいの?

特に使っていい年齢、使わない方がいい年齢という決まりはありません。

ただ言えることは、10代〜20代前半は体の基礎代謝が活発だから、使う必要はないと思います。と言うのも、よほど不規則な生活を送っていない限りターンオーバーの周期が乱れることはあまりないからです。

むしろ、代謝が低下し血行不良になりがち30代〜40代の方が使うと、尿素の効果をより実感できるのではないでしょうか。尿素によって肌のターンオーバーが整うと化粧水や美容液の浸透が高まるため、シミ、くすみ、ニキビ、ザラつき、乾燥などの肌トラブルの改善に役立ちます。

 

まとめ:尿素は最強のアンチエイジング成分

shutterstock_437756866

体の中でタンパク質が分解されるときに発生する「尿素」には、高い保湿力と肌代謝を活性化するという驚きの効果が潜んでいました。

尿素に含まれる乳酸やクエン酸たちが肌のターンオーバーを促し、シミ・くすみ・乾燥・ニキビなどのあらゆる肌トラブルを改善してくれるんですね。年齢に対抗できる、元気な肌を手に入れましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

尿素でキレイになる女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 30代の肌との付き合い方-上手に本物の素肌美人に

  • なんで乳首の色素は黒くなる?黒い乳首をピンクにする方法

  • 【お金をかけずに美肌に導く方法】家にあるアレでできる!

  • 酵素ドリンクの美容効果とは?ダイエット・美肌におすすめの商品もご紹介!

  • 知ってた?化粧水の種類と選び方で、驚くほど肌質が変わる!

  • コロカリアはオールインワンジェルで、楽ちんアンチエイジング