専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. ダイエットにも効果的!わさびのアレコレと美容効果。

ダイエットにも効果的!わさびのアレコレと美容効果。

 2017/01/15 その他
  509 Views

日本の食卓に欠かせない薬味、わさび

そのわさびがなんと、ダイエットに効くと最近話題になっています。

しかも、ダイエットに加えてアンチエイジング美白効果まで!
これは試してみるしかありません。

わさびの基本情報やダイエットや美容への効果、更に美味しいわさびレシピまで、知りたかったわさびのアレコレをお伝えします。

これであなたも、わさび美人に!

 

わさびとは?

 

shutterstock_544688167

 

わさび(山葵)は、大根や小松菜と同じアブラナ科で、植えつけ後に開花して実を付ける、というサイクルを2年以上繰り返す多年草の植物です。

わさびは日本原産
古くは奈良時代に薬として使われ、薬味として使われたのは室町時代に入ってからと言われています。

そんな歴史あるわさびは、冷涼な気候での栽培に適していて、谷間やわさび田で作られて、薬味、漬物などとして私たち日本人の食卓に欠かせない味です。

 

わさびの種類

 

shutterstock_217272406

 

一口に「わさび」と言っても、実は色々な種類があるんです。

 

◆本わさび

日本原産で、水わさび(沢わさび)と畑わさびの2種類があり、水がきれいかつ水温が年間13~16℃、などの限られた条件の元でのみ育ちます。
日本三代わさびは、

1.島根県益田市・匹見わさび
2.長野県安曇野市・安曇野わさび
3.静岡県静岡市・有東木わさび

の3つで、それぞれの風味や粘りに特徴があります。

 

◆西洋わさび

東ヨーロッパ原産で、ホースラディッシュと呼ばれているものです。
色味は黄色がかっていて、肉料理によく合います。

ローストビーフを買うと、少量ついてくるわさびがありますよね?
あれが西洋わさびです。

 

◆粉わさび

粉末状のわさびは、西洋わさびを乾燥させて粉にしたものに、からし粉、香料、着色料などを加えて加工したものです。
水分を加えて練って使うことから、「練りわさび」とも呼ばれています。

 

わさびの効果

わさびの栄養素は、ビタミン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、亜鉛、食物繊維など、色々な成分を含んでいます。

そのため、

・殺菌・抗菌
・炎症の抑制
・血栓の予防
・抗がん作用

などなど、素晴らしい効果があるとされていますが、女性として最も気になるのが、ダイエットや美容への効果ですよね。

 

shutterstock_129043178

 

ダイエット

まず、ダイエットに大切なのは、毎日続けること

色々な食品ダイエットがあるなかで、わさびは日々の食事に取り入れやすく、お手軽かつ続けやすいところがポイントです。

 

さて、わさびに含まれる成分ですが、まず、消化液の分泌を促進させる効果があります。
その結果消化機能が活性化するので、脂肪が体内に蓄えられにくくなり、ダイエットに効くというわけです。

血流を促す効果もあるため、代謝がアップすることで、痩せやすい体づくりにも効果。

 

更に注目されているのが、「6-MITC」。
6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアナートと読みますが、この成分は本わさびにのみに含まれている、デトックス作用がある成分です。

6-MITCは、知らず知らずに体内に溜まっていく有害物質の解毒を促して体外へ排出してくれるので、不要な毒素と、老廃物にも有効に働いてデトックスさせてくれます。

わさびは野菜の中で、最も毒消し作用が強いものだとされているので、かなりの効果が期待できそうですね。

 

アンチエイジング

肌と体の老化をすすめてしまう、活性酸素
この恐ろしい活性酸素を除く成分として、赤ワインやチョコレートに含まれる「ポリフェノール」が有名ですが、実はわさびにはそれに勝る作用が。

わさびの根茎に含まれている成分「スルフィニル」。

この成分は、日本のわさび(本わさび)特有の成分で、抗酸化作用がとても高く、活性酸素の発生を抑制します。
つまり、老化を防いでくれるんです。

その効果は海外でも認められていて、”WASABI”のサプリメントがある程です。

 

shutterstock_92700019

 

美肌・美白

抗酸化作用があるスルフィニルは、老化の肌トラブル代表、シミシワの予防にも効果があるんです。

この成分には血液をサラサラにする力があり、新陳代謝を促して、美しい肌に不可欠な栄養素を細胞に届けてくれるのです。

また、豊富なビタミンCはメラニンの生成を抑制するので、シミの予防に繋がります。

 

わさびの美容データ

引用:金印わさび機能性研究所

実験によると、本わさびの抽出物を12週間摂取した結果、顔の明るさやシミ・ソバカスの改善が確認できたそうです。

わさび効果、恐るべしです。

 

むくみ改善

わさびは体内の水のバランスを整えてくれるので、むくみの改善も期待できます。

余計な水分を出してくれるので、体の引き締めや、体内循環を改善して冷えの解消も助けてくれます。

 

正しいわさびの取り方

 

shutterstock_544168246

 

アンチエイジング、美容、ダイエット効果を得るためには、1日の摂取量は3~5gが必要と言われています。
お刺身パックに入っている袋わさびは2g前後ですので、1日にティースプーン一杯分が目安です。

わさびに含まれている有効成分は、体内に蓄積されにくい水溶性です。
そのため、一度に3g摂取しようとせず、数回に分けて、体に取り入れられるように気を付けましょう。

 

そして、ダイエットや美容効果に最も効果的なのは、生わさびのすりおろしです。

一番よいのは、生わさびを食べる直前におろしたものですが、チューブわさびを買う場合は、「本わさびの分量」に注意。

市販のチューブわさびは、

100%本わさび
・本わさび使用
・本わさび入り

と、本わさびの割合によって表示が異なっています。

日本加工わさび協会の基準によると、

●本わさび使用→原料わさびのうち、本わさびの量が50%以上のもの。
※「西洋わさびをブレンド(又は混合)」と表示すること

●本わさび入り本わさびの量が50%未満のもの。
※「西洋わさびに本わさびをブレンド(又は混合)」と表示すること

と定められていて、本わさびの割合が多いほど効果が期待できます。

市販のチューブ入りわさびでは、「本わさび入り」は避け、なるべく「100%本わさび」を選ぶようにしましょう。

 

注意点

 

shutterstock_478183732

 

本わさびの分量の割合の他にも、気を付けるべきことがあります。

 

1.食べ過ぎ

正直、食べ過ぎる人は珍しいとは思いますが、ダイエットや美容のためにと、過剰に摂取しすぎると消化器官への刺激が強すぎ、腹痛や下痢を引き起こすことも。

何事もほどほどに、を心がけましょう。

 

2.アレルギー

この世の全ての食材が、アレルギー源となる可能性をもっていて、少数派ではありますがわさびアレルギーも存在します。

アレルギーの自覚があれば、わさびの摂取を控えるのは勿論、継続して食べているうちに体の異常を少しでも感じたら、一度アレルギーの検査を受けることをお勧めします。

 

3.味覚障害

辛みが強い香辛料を沢山食べると、全く辛さを感じないようになります。
これは立派な味覚障害です。

亜鉛を摂取することで対策ができるので、意識して多めに食べたりバランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

4.糖質

糖質制限中の人にとっては、食材の糖質量が気になるところ。

わさびの糖質は、100gあたり39.8gほど。
ロールパン2つ(100g)の糖質が42gほどなので、比較すると意外と高いことがわかります。
わさびを食べた後味にすこし甘味を感じられるのは、このためです。

ただ、わさびを100gも食べることはないですし、よっぽど気になる場合は摂取をやめましょう。

 

生わさびの取扱い方法

 

shutterstock_160783898

 

わさびの有効成分を一番効果的に摂取できるのが、生わさびのすりおろし

では、どんなわさびを選び、どうすりおろすのが正解なんでしょう?

 

〇生わさびの選び方

選ぶポイントは、

・大きいもの
・緑の部分が多いもの
・イボイボが小さいもの

この3つです。
大きい=大味、と考えがちですが、生わさびには関係ないそうです。

 

〇生わさびの正しいおろし方

生わさびをおろし慣れている人はあまりいないかと思いますが、この手順に沿っていけば大丈夫です。

1.茎をむしり、食べられる部分(芋)のみにする
2.皮の黒い部分をそぎ落とす
3.芋を茎が付いていたほうから擦りはじめる
4.辛味成分が強く出るように、「の」の字を書くように擦る

もっと辛味を強くしたい!
そんな時は、おろし金に白砂糖を少量のせ、その上からわさびを擦っていきます。

わさびx砂糖、なんて不思議な組み合わせですが、風味が豊かになるので是非試してみて下さい。

 

〇生わさびの保存方法

生わさびは、新聞紙やキッチンペーパーを濡らしたものに包んで、それを更にラップで包んでから、野菜室へ。大体1ヶ月ぐらいは日持ちします。

冷凍したい場合はラップに包み、約半年間もちます。

 

わさびレシピ例

〇基本レシピ

 

shutterstock_340718255

 

わさびを日頃の食事へ取り入れるには、様々な方法があります。
薬味なので基本的に何とでも相性がよいのですが

・わさび醤油
・わさびドレッシング
・わさびマヨディップ
・わさびポン酢

のように、ソース系に和えても合いますし、

・とろろご飯
・お茶漬け
・ステーキ
・和風スパゲティ

なんかと一緒に食べてもよいアクセントになります。

豆乳に少量の醤油とわさびを加えて作るわさび豆乳スープも和テイストで美味しいです。

 

〇わさび屋のレシピ

 

shutterstock_530593969

 

そろそろレパートリーが尽きてきた・・・

そんなあなたにオススメなのが、信州安曇野の「大王わさび農園」のWebサイトに掲載されている
生わさびおいしいレシピ」。

・アボカドとマグロのサラダ
・鶏わさ
・わさびかん(寒天)
・花めし(わさびの花芽の炊き込みご飯)

のレシピに加え、わさびの花・若葉・水上の食べ方まで書いてあります。

わさび屋さんのレシピですもの、間違いありませんよね。
是非試してみて下さい。

 

まとめ

日本人の食に欠かせない、わさび。

国産の本わさびを毎日美味しく食べながら、ダイエットとデトックスしたスレンダーなボディーを手に入れ、ついでに美白になってむくみも解消できたら、もう言うことありませんよね。
今日からわさびを日々の食生活に取り入れてみて下さいね。

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Anri

Anri

元南米(ペルー・エクアドル)在住者。世界各国の美容・健康方法を身をもって体験しながら旅をしている。

合わせて読みたい記事ピックアップ

  • 美容・ダイエット効果がすさまじい!さつまいもを食べれば勝手に痩せる

  • 口のかわき・ドライマウスは更年期障害が影響している?

  • 気になるプラセンタの効果は?

  • 太りやすい体質改善マニュアル!痩せにくい悩みを解消

  • ホスピピュアは乳首の黒ずみに効果なし?使用して分かったことまとめ

  • 食べてないのに太る・痩せない”16の理由”と食べないダイエット成功法