女性の美容と癒しの総合マガジン

エイジングケア人気化粧品ランキング!美容液・クリームにサプリも紹介

エイジングケアをする夫婦

加齢は避けられないとはわかっていても少しでも若く見られたいですよね。
少し高い金額を支払っても1歳でも若いといわれる方が嬉しいものです。

しかし30代、40代それぞれでエイジングケアの仕方は異なります。

目次

エイジングケアとは?

エイジングとは英語で加齢です。ケアはお手入れです。

直訳すると加齢のお手入れがエイジングケアです。
10代はほぼお手入れがいらないですが、20代、30代、少しずつお手入れは手厚くなります。

しわ・たるみ・シミ・毛穴などの加齢に伴うケアがエイジングケアです。

エイジングケアの種類

エイジングケアは上記に紹介しましたが、

・しわ
・たるみ
・シミ
・毛穴
・大人ニキビ
・くすみ

などが代表的なものです。

アンチエイジングとエイジングケアの違い

アンチは反対とか抗うとかの意味なので、アンチエイジングとは加齢に抗うという事ですね。

加齢のお手入れと加齢に抗う

意味は異なりますが、多くの女性はこれをほぼ同意語と捉えていると思います。

実際エイジングケアという言葉は化粧品会社が普及させたものでもありますので、アンチエイジングとエイジングケアは言葉上の違いはありますが、女性にとっては同義と考えていいでしょう。

※正確にアンチエイジング化粧品と呼べるのは医薬品のみで化粧品は医薬部外品やそれ以外に該当しエイジングケアと呼ばれます。

肌老化の主な原因は何?

ではなぜ人の肌は加齢でしわやたるみ・シミなどが生じるのでしょうか?

1つは加齢でコラーゲン量が減少することが要因として挙げられます。
そして他には下記の様な原因があります。

・紫外線
・炎症
・血行不良
・活性酸素

紫外線

肌老化の65%の原因といわれるのが紫外線です。
紫外線を浴びるとメラニンが増え、シミが出来ます。
そし紫外線は細胞のDNAを傷つけます。
その蓄積がシミになります。

また過剰な紫外線はコラーゲンを変性・減少させるといわれしわの原因にもなります。

炎症

最近だとアンチエイジングの為にマッサージや化粧品を多用する方もおります。
そういった間違ったスキンケアや激しいマッサージは逆に炎症の原因になり、コラーゲンを減少させます。

血行不良

血管の役割は栄養と酸素を細胞に巡らせることです。
また老廃物などを体外に排出する役割も担います。

しかし肩こり、冷え症などの症状が続くと当然血液循環は不良になり、肌老化の原因になります。
また運動不足、喫煙、不規則な生活も血行不良に繋がります。

活性酸素

人は生まれた瞬間から体が錆びます。
過剰は活性酸素はシミやしわの原因になり、ガンのリスクも高まります。

病気の90%以上が活性酸素ともいわれているほど重要です。

日常の至る所で肌老化の原因は潜んでいる

上記で説明した通り、日常の様々なシーンで肌を老化させる原因はあります。

紫外線でシミ、活性酸素、血行不良、炎症などでコラーゲン減少によるしわ・たるみの原因になります。

また生活習慣によるストレスで女性ホルモンが乱れると過剰皮脂になりニキビや毛穴開きなどの原因にも繋がります。

ですので抗酸化成分のある商品や、美白成分の化粧品、コラーゲン生成成分の商品などが必要になります。

エイジングケアとは何歳から始める?

ではエイジングケアとは何歳位から真剣に考えるべきでしょうか?

ずばり気が付いた時にやるべきです。

例えば10代は美白対策しなくて良いと解釈しているかもしれませんが、シミの原因のメラノサイトは蓄積するものなので10代の蓄積は20代、30代に出てきます。

エイジングケア化粧品は何歳から使えばいい?安くてもいい?

またエイジングケアの化粧品は30代半ばから購入すれば良いという意見もありますが、どうなのでしょうか?

実際確かに10代は過剰皮脂程度は肌もキメ・ハリ両方あると思いますので、美白ケア程度で良いかもしれません。

20代前半までも同様でコラーゲンは潤いがあり、肌に弾力があるでしょう。
しかし20代後半になると、コラーゲンは少しずつ劣化していきます。

肌老化の初期症状が出始めると思います。
女性ホルモンのエストロゲンも25歳を境に減少します。

できれば化粧水はビタミンC誘導体配合のものを使用し、コラーゲン生成を促しましょう。
またビタミンC誘導体は美白成分としても医薬部外品として認定されていますのでシミにも効果的です。

ニキビや毛穴開きにも効果的です。

ビタミンC誘導体配合だと3000円位から

安い化粧品でも良いかという質問に関しては、やはりビタミンC誘導体配合やコラーゲン生成を促す化粧品などは3000円以上はします。

サプリなどだと多少安くなると思いますが肌ダメージを考慮して商品選定するほうが良いと思います。

エイジングケア商品の選び方

ではエイジングケア商品とはどのように選べばよいでしょうか?

①自身の肌症状を把握する
②美容成分があるものを選ぶ
③続けられる商品を選ぶ

①自身の肌症状を把握する

まずはやはり自身の肌質や症状を把握しましょう。

しみ・しわ・毛穴開きの3種類でも症状はその中でもありますし、乾燥肌、敏感肌などの肌質もあるでしょう。

ご自身の現状の肌の状態を正確に認識する必要はあります。

②適正の美容成分があるものを選ぶ

シミには美白成分があるものを、しわにはコラーゲン生成成分があるものを、そして毛穴開きは洗顔と毛穴引き締め成分があるものを選ぶと良いでしょう。

③続けられる商品を選ぶ

最後はやはり使い続けられる商品を使いましょう。

効果の根拠はあっても肌に合わないと仕方ないですし、高すぎても続きません。
しわやシミは長期戦になることが多いのでまずはトライアル商品で試してみて、使ってみましょう。

症状万能型はビタミンC誘導体

シミ・美白、たるみ・しわ、毛穴開き・ニキビ
すべてに効果的な美容成分はビタミンC誘導体です。

コラーゲン生成もできますし、美白成分や肌の引き締め成分もあります。
悩んだらこの成分が配合している化粧品を選ぶのをおすすめします。

しわ対策のコラーゲン生成成分はビタミンC誘導体とレチノール

しわやたるみにはビタミンC誘導体以外にはレチノールがおすすめです。

油性のレチノールはクリームでの摂取がおすすめです。

表皮保護のセラミド配合成分もおすすめ

上記は真皮に効果的な成分ですが表皮の肌のバリア機能としてセラミド配合の化粧品で保湿しましょう。

表皮はセラミドで守り、真皮はコラーゲン生成成分はコラーゲンを増加し、ハリと弾力のある肌にしましょう。

紫外線対策にはビタミンC誘導体だけでも効果はありますが、悩みが深い場合は美白成分を追加でいれましょう。

おすすめのエイジングケア化粧品ランキング

rank1_a肌にすーっと入る感覚を実感!スキンケア化粧品「プモア」

30代からの浸透持続性スキンケア!
日本酒酵母と乳酸菌でうるおいもちもち肌へ♪
h5時短と満足度のどちらも叶えたスキンケア!

h5肌にいきいきとした弾みを与える植物エキス!

h5更に3つの浸透型保湿成分を配合♪

評価 review_5
商品名 pour moi(プモア)トライアルセット
販売会社 日本盛株式会社
商品概要 日本酒酵母×乳酸菌の保湿ローション・クリーム
価格 1,000円(税込)(トライアルキット)

忙しい朝と疲れた夜に!時短だけど、ぷるぷるしっとりを叶えました!

モニターからは続けたいと思う人が80%

乾燥肌・敏感肌の方に特におすすめ!

大手酒造メーカーから日本酒酵母×乳酸菌が実現!
アレルギーテスト済みだから安心・安全です。

肌角質と同じ構造のうるおいセラミドでみずみずしい!
ジェルのような感覚のクリームでするり溶けだす♪

今なら税込1,000円でご提供!
まずはトライアルセットで肌への浸透力をお試しください♪

>>公式サイトへ<<

rank1_aお肌つるつるキレイになりたい方に!「きらりのおめぐ実」

飲めばわかる驚きの実感力!
自然のおめぐ実で想像以上にキレイ♪
h5内側からアプローチするビフィズス菌と天然オリゴ糖!

h5クチナシの実・レスベラトロール・マキベリーの良い栄養と素材を与える!

h5美に欠かせないビタミンも配合!

評価 review_5
商品名 きらりのおめぐ実
販売会社 株式会社ファンファレ
商品概要 肌荒れ・大人ニキビにアプローチするサプリメント
価格 5,400円(税込)1,980円(税込)(初回限定64%OFF)

つるつるキレイな肌を手に入れたい!
みんなが実感!満足率は97.2%

粒タイプのサプリメントでどうしようもない肌トラブルに内側からケア♪

余分なものを取り除き、内側をキレイにする!
本当に良い栄養と素材を与える!

この2つのポイントで美肌を実感♪

毎日食べるごはんのようなサプリだから、続けやすい!

体の中からキレイになることを実感ください♪

>>公式サイトへ<<

rank1_a潤い美肌に感動!「ラ・ミューテ美肌セット」

高級ダマスクローズのパワーで潤いとハリ!
新発想の化粧品でTVや雑誌でも絶賛の嵐!
h5シンプルな3ステップでしっとりぷるんと潤いの肌へ!

h5自ら潤いを作り出すから、エンドレスループで潤いとハリ弾力!

h5天然原料、独自の美肌サイクルでプロのこだわり♪

評価 review_45
商品名 ラ・ミューテ化粧品
販売会社 株式会社ラ・ミューテスタイル
商品概要 乾燥を改善!保湿効果の洗顔・化粧水・美容液の美肌セット
価格 17,100円8,550円(税抜き)(半額お試しコース)

翌朝のハリは1.4倍に!
触れたくなる素肌を手にいれましょう♪

ぷるんとハリのある若々しい肌!
くすみや肌荒れを改善!
潤いたっぷりの透明感のある肌!

全部実現させてくれます♪

シンプルな3ステップ
肌に優しい天然洗浄成分で洗う!
ダマスクローズの天然潤い成分とナノ保湿成分で潤す!
3種のセラミドやスクワランが肌バリア機能をサポート!

今なら半額でGETできる
180日間返金保証付きだから安心♪

>>公式サイトへ<<

しわが出来る原因は?

しわの原因はいくつか挙げられます。

肌の乾燥

肌は適度な油分や肌のキメで表面が守られていますが、空気の乾燥や紫外線によるダメージが原因で乾燥します。

肌が乾燥した状態になると、真皮層までには達しないものの、肌表面に細かいしわが表れ始めます。

乾燥肌

この状態を継続していると、最終的には深いしわとなって顔に残るようになってしまいます。しわの予防には乾燥を防ぐ保湿へのアプローチが最優先です。

老化現象

肌は深部組織、真皮、表皮の3層構造で作られていて、真皮にはコラーゲンやエラスチンなどの肌のハリやツヤを支える成分が詰まっています。

これらの美容成分は加齢とともに減少してしまうことが立証されており、30代を迎えることから生活環境や食生活などに関わらず自然としわが出来やすくなります。

たるみ

肌の内側から起こるしわは1度出来てしまうと改善しにくいので、何よりも予防が大切です。

しわの予防にもアンチエイジングの美肌ケアが必須です。
加齢による顔のしわを予防するためには、血行の改善や肌のターンオーバーを改善するサプリメント、しわの予防に効果のある食品を積極的に摂取することが望ましいです。

サプリメント

また、これら2つの原因以外にも、笑い方や表情のくせなどで無意識の間にしわを作ってしまうことがあります。
うつ伏せで寝ていたり、頬杖をつく癖も顔の皮膚を引き延ばしてしまい、顔のしわの原因になるので日ごろから小さな自分のくせにも注意をはらい気をつけましょう。

うつぶせ寝する女性

たるみが出来る原因は?

たるみが出来る主な原因は、顔の筋肉の衰えと、加齢による老化現象が挙げられます。

顔の筋肉は30個以上の小さな筋肉に支えられていて、複雑な表情や肌のハリを助けています。

また、筋肉は血行を促進する働きもあるので、顔の筋肉が発達していると皮膚のターンオーバーが改善されたるみを予防します。

顔の筋肉

しかし顔の筋肉は体の他の部位の筋肉と同様に、加齢とともに再生スピードが遅くなり、衰えていってしまう傾向にあります。

顔の筋肉が衰えていくと、特にほほを中心に全体的に下に下がってしまいます。肌は正しい位置に維持することが出来ず、たるみの原因になってしまうのです。
特に内向的で、人と話す機会が少ない人や、表情を顔に出すのが苦手な人は要注意です。

無口な女性

また、加齢は総合的にたるみの原因となります。
しわの原因に加齢が挙げられるように、加齢とともに肌を支える組織は減少してしまうので、肌は30代を迎えるあたりから年々たるみやすくなってしまいます。

シミが出来る原因は?

シミが出来る原因は紫外線が主に挙げられます。

紫外線が原因のシミは日光黒子(にっこうこくし)と呼ばれます。
紫外線は肌の表皮層を貫通し、肌の深部組織まで達します。

深部組織ではメラノーマと呼ばれるシミや日焼けの原因となる組織が活発になり、メラニンを生成します。

シミ

肌の深部組織で生成されたメラノーマーは、肌のターンオーバーとともに肌表面に現れます。シミが日光によく当たる顔や背中、うでなどに多く見られるのはこのためです。

特に中年以降は、肌のターンオーバーがゆっくりになるため、紫外線によって生成されたメラニンが肌に沈着しやすく、シミの原因となってしまいます。
メラニン
シミの原因は紫外線以外にも、遺伝や火傷、ニキビなどの炎症症状、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。
遺伝によるシミは頬や鼻の周りに多くみられるそばかすのことで、雀卵班(じゅらんはん)と呼ばれます。
幼少期から表れ始め、思春期により目立つようになります。

火傷やニキビによるシミが出来ている人も多いです。
刺激により肌が肌自身を守ろうとしてメラニン色素を発生させることが原因で出来、傷だけでなく合わない化粧品を使用した場合も炎症によるシミが出来ることがあります。

スキンケアを改善し、保湿を心がけると改善していきます。
ホルモンバランスによってもシミが出来ることがあります。

女性ホルモン
特に女性は生理や妊娠などのホルモンバランスの変化によりシミが出来やすい傾向にあります。
肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミもホルモンバランスの変化によるもので、左右対称にシミが出来ている人はホルモンバランスを改善するとシミも改善することがあります。

毛穴が出来る原因は?

毛穴が出来る原因は、肌の乾燥やそれに伴う異常な皮脂の分泌、加齢による肌のたるみから起こる毛穴の開き、ニキビ跡が原因による毛穴が挙げられます。

肌は乾燥すると毛穴を開いて皮脂による膜を張り、肌から水分が奪われるのをガードするように働きます。

肌内部が乾燥していると、毛穴が開いて見えるのはこのためです。
皮脂が過剰に摂取された状態で、あぶら取り紙や化粧などで過剰に皮脂を取り除いてしまうと、肌のインナードライは悪化し、さらに過剰に皮脂を分泌してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

肌

毛穴が開いていると思ったら、皮脂を取り除く工夫よりも肌内部に水分を届ける工夫が大切です。

また、加齢によって肌がたるんでくると、毛穴の開きが普段よりも目立つようになってしまいます。
アンチエイジングケアは予防が大切なので、毛穴が目立つ前にアンチエイジングを意識した美肌ケアが大切です。

ニキビ跡などの肌の凹凸も毛穴開きの原因となってしまいます。

毛穴開き

思春期に出来てしまったニキビ跡は肌の深部まで傷ついていることが多く完全に消すのはなかなか難しいですが、肌の保湿やターンオーバーを促し目立ちにくくする工夫で改善を図りましょう。

大人ニキビが出来る原因は?

口の周りやあごなど、思春期には出来なかった部位に出来てくるニキビは大人ニキビと呼ばれます。
大人ニキビが出来る原因は主にストレスや体調不良によるものが挙げられます。

ニキビ

ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、体を常に緊張状態にしてしまいます。

体が緊張したままだと、体内ではストレスに対して交感神経が体を守るように働きます。

しかしこの働きは男性ホルモンやノルアドレナリンも多く分泌してしまうため、毛穴が開き脂っぽい肌になってしまいます。

体も疲れやすくなり、睡眠も浅くなってしまうため体の回復が損なわれます。
ストレスを溜め込まないように心がけ、定期的に気分転換を取り入れると大人ニキビが改善することがあります。

胃腸

また、食べ過ぎや飲みすぎなどの不規則な生活で体調が崩れると、肌に表れやすくなります。
特に胃腸と肌は密接な関係があり、胃腸があれると口周りを中心に大人ニキビが出来やすくなります。食べ過ぎや飲みすぎに注意して、食事バランスを考えた生活を心がけましょう。

くすみが出来る原因は?

くすみが出来る原因は血行不良やメラニン色素、乾燥などが原因として挙げられます。

運動不足な生活やストレス、睡眠不足は体の血行を悪化させてしまい、血行不良により顔色が悪くなったり、顔のむくみを引き起こします。

血液は老廃物を流して十分な栄養を肌に届ける働きをしているので、顔色が悪くなって見えるだけでなく顔をむくませてしまうのです。

血管

これらの悪循環は肌のターンオーバーを低下させ、老化現象を促進してしまいます。

また、紫外線はシミだけでなくくすみの原因にもなります。
乾燥もまた肌のキメを乱し、肌表面に凹凸を作ってしまうので、その凹凸により顔に影ができてくすんでしまいます。

くすみ

夕方になって顔が老け込んで見える人は顔のくすみが原因の場合が多いです。

エイジングケアの必要な美容成分は?

エイジングケアを意識した肌ケアをする上で欠かせない成分は、エイジングケア系基礎化粧品でもよく用いられているプラセンタ、コラーゲンです。

コラーゲン効果

プラセンタにはアンチエイジングに欠かせないビタミンやミネラル、たんぱく質などの成分が高濃度に含まれています。プラセンタを使用することで、肌のターンオーバーに働きかけ、肌を活性化してくれます。

また、コラーゲンは元々私たちの肌に備わっている美肌成分で、内側からも外側からも補うことが出来ます。コラーゲンを補うことで肌はハリツヤを取り戻し、たるみのない若々しい肌になります。

エイジングケア20代はこのやり方がおすすめ

20代の肌はまだまだ肌のターンオーバーが活発で、多少のダメージは自然に回復していきます。
この頃にしっかりと美肌ケアが出来ているかどうかで今後の肌状態を大きく左右するので、しっかりと保湿を心がけ、肌を傷つけないことが大切です。

肌のキメ

紫外線を浴びたり、不規則な生活でニキビが出来てしまった場合は早期に対応して後を残さないように心がけましょう。

エイジングケア30代はこのやり方がおすすめ

30代になると肌のターンオーバーは20代の頃よりもゆっくりになり、その変化を感じ始めるときです。
20代の頃同様にしっかりとした保湿ケアは大切ですが、それに加えて規則正しい食生活やしっかりとした睡眠が美肌の鍵になります。

美容

体を内側から整えていくイメージが大切になります。自然治癒力に頼るのではなく、しっかりと自分の力で肌をケアする習慣をつけましょう。

エイジングケア40代はこのやり方がおすすめ

40代の肌はストレスや生活の変化から影響を受けやすく、一度肌荒れしてしまうとなかなか元に戻るまで時間がかかります。
体に負担をかけないようにしっかりと休息をとることを心がけると同時に、怠けすぎてしまわないように適度な運動を取り入れることが大切です。

運動

アンチエイジングを意識した肌ケアが特に高い美容効果を表してくれます。
早期からアンチエイジング系の基礎化粧品を取り入れ、周囲と差がつく肌を目指しましょう。

エイジングケア50代はこのやり方がおすすめ

50代になってくると肌は一層乾燥しやすくなります。

肌の乾燥はしわや肌のたるみを引き起こしてしまいます。

50代の肌は肌が乾燥していても皮脂が出にくくなるというメリットの反面、インナードライの状態でも肌が水分量をキープする機能が低下しているので、スキンケアではしっかりと保湿を保つことが大切です。
保湿をした後はクリームなどでしっかりと水分に蓋をしてあげましょう。

化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思…

コメントなし
化粧品

ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

美肌の最強成分といえばビタミンC。 メラニン色素の沈着を抑え、女性の大敵であるシミを目立ちにくくしたり、コラー…

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません…

コメントなし
しわ

活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

活性酸素は、外部から体内に侵入してきたウイルスや細菌を防御する働きがあり、体にとっては基本的に必要なものです。…

コメントなし
美容ドリンクを飲む女性

美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

女性ならいつまでもハリ・弾力があるお肌を維持していたいと思いますよね? 綺麗なお肌を維持していくには人並み以上…

コメントなし
フェイスラインを気にする女性

フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?

あれ?二重顎になっている? いつのまにかフェイスラインがもうメリハリがなくなっている そんな経験はありませんか…

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気…

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで…

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

あれ友人の結婚式や同窓会の写真を見ると自身の顔に違和感が。。。 これほうれい線だ。。。 こんな感じでほうれい線…

コメントなし
アンチエイジング

プラセンタサプリの口コミ効果ランキング【最新版】

プラセンタは、「未知なる物質」&「栄養の宝庫」と言われ、哺乳動物は出産するとすぐに胎盤(プラセンタ)を食べて、…

コメントなし
レチノールの効果を実感する女性

レチノール配合の化粧品は美容効果が高い!美容液?化粧水?摂取方法と副作用は?

あなたはしわやたるみに悩んでいませんか? 最近美容効果が高いと噂のレチノール。 レチノールはビタミンAの一種で…

コメントなし
コラーゲンの効果

コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか? コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物…

コメントなし
潤い

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です