女性の美容と癒しの総合マガジン

ワキ毛がチクチクしてかゆい時はどうしたら良い?原因や対策方法!

ワキのちくちく

ワキ毛を処理したはずなのに、すぐにチクチクしてしまう。
そんな悩みはありませんか?

ワキは毎日処理するもので肌トラブルもかなり起きています。

そこでここでは
ワキ毛がチクチクする原因
・ワキ毛がチクチクするときの対策方法
などについてご紹介していきます。

ワキ毛のチクチクの原因ってなに?

ワキ毛を剃ったあとに、チクチクしてくるととても苦しい気持ちになりますよね。
電車などで気づいた時は1日中焦ってそわそわしてしまいます。

そんなワキ毛のチクチクの原因とは何なのかについて、解説していきます。

毛先が尖る処理をしている

チクチクの主な原因は、ワキ毛を処理した際に、毛先が尖るような処理になっていることです。

ほとんどの女性は、ワキ毛を処理するために、カミソリを使用していると思います。
しかし、カミソリを使用すると、ワキ毛の先端がとがってしまうのです。

ワキの処理

ワキ毛の先端がとがる原因

私たちの体から生えてくる毛には、毛周期というものがあります。
これは毛が生まれ変わるサイクルのことです。

成長した毛が抜けていき、そこから新たな毛が生まれては抜けていくというサイクルを繰り返しているのです。

毛周期
その毛周期の中で自然と生えてきた毛の先端は丸みを帯びていて、チクチクしない毛です。
しかし、そんな柔らかい毛をカミソリで処理してしまうと、毛先が尖ってしまうのです。

なぜなら、もともとは毛先にいくにつれて太くなっているのに、カミソリで処理をすると、その太い部分を切ってしまうことになるからです。

このような仕組みでワキ毛がチクチクするのです。

ワキ毛がチクチクしない自己処理方法

では、ワキ毛がチクチクしないようにするためには、どのような処理の仕方をしたら良いのでしょうか?

・カミソリ
・毛抜き
・ヒートカッター
・除毛クリーム

具体的な方法をご紹介していきます。

カミソリで処理する

カミソリでの処理は多くの女性の典型的な自己処理方法ですね。
でもその分肌トラブルは多数あるといわれていますね。

実際の口コミ

カミソリで自己処理をして、赤くなり痒くなってしまった時の対処法

カミソリで脇毛を処理していますが、たまに肌が赤くなってしまい痒みもでる時があります。
そのような時は、私は薬を使用する事はしません。普段使用している化粧水で水分を与えて乳液を塗れば、次の日には炎症が治まっていることが殆どだからです。
以前はカミソリで剃る前には石鹸を付けていましたが、最近ではシェービングクリームにかえました。シェービングクリームを使いだしてから肌が赤くなることが激減しました。

カミソリの使用頻度を下げました

少しでも毛が生えてくるという状況が嫌だった為、1日置きにカミソリを使用して処理をしていました。
ところが、頻繁にカミソリを使うことで角質まで削ってしまっていたようで、かな痒みが増してしまい掻くことでお肌が赤くなり荒れてしまいました。
なので、一日置きに使用していたカミソリの使用頻度を週1、2回までに下げました。
そして、カミソリを使用した後はしっかりと保湿するように心がけました。そうすることで、かなり改善されました。

カミソリでワキ毛を処理する時に注意すること

子供とプールに行くので、ワキ毛を処理しなくてはと思ってお風呂の時にカミソリを使って毛を剃ることにしました。
でもワキは見えにくいし、カーブしていて剃りにくいのでなかなかキレイに処理できません。何度も剃っているうちに皮膚がひりひりと痛くなってきました。
それでもなんとかきれいに剃り終わってお風呂から出ると、今度はだんだんと剃った所が痒くなってきました。
鏡で見ると赤くなっていたのでとりあえず保冷剤で冷やして、市販の炎症を抑える軟膏クリームをぬって様子を見ることにしました。
次の日には赤みも消えて痒さも無くなったので良かったです。今度カミソリでワキ毛を処理する時は皮膚を傷つけないように剃りすぎには気をつけようと思います。

カミソリ負けして痒くなったら…

私は肌が弱いので、ムダ毛処理にカミソリを使うとカミソリ負けしてしまいます。
その中でも特に脇はカミソリ負けしてしまい、痒くなったりヒリヒリして荒れてしまうことが多かったです。
痒くなってしまった時はワキ毛処理するのはやめて、市販の軟膏テラコートリルを塗るようにしていました。
お風呂上りにしっかり肌を乾かし、肌が清潔な状態の時にテラコートリルを塗ると痒みが治まります。カミソリを使って少しでも肌が荒れたり、痒くなってしまった場合はすぐにカミソリの使用をやめて、軟膏を塗って対処することが大切です。

yui
やっぱりカミソリで処理している人が多いね。
ANRI
私もカミソリ処理だったけど結構肌が傷つくんだよね
元エステティシャンYoshiko
はい、なのであまりカミソリでの自己処理はおすすめしません

毛抜きで抜く

ワキ毛を抜いてしまえば、チクチクすることはありません。
しかし、毛抜きで抜くことは肌トラブルを引き起こすかもしれません。
乾燥肌になったり、肌の炎症の原因にもなりかねません。
そのようなことも把握しておきましょう。

毛抜き

実際の口コミ

毛抜きで失敗

ワキ毛はかみそりで処理していますが、そり残しは毛抜きで抜いています。
毛抜きで抜いた後に埋没毛になってしまったときに、毛抜きで表面の皮を破いて毛を抜き出して処理しました。何本かそのようになっていました。
手足よりワキ毛の方が剛毛なので、処理後に赤くかゆくなってしまいました。しばらくはワキ毛の処理はカミソリ処理も辞めました。
その間は長めの袖の洋服を着て我慢。それ以降はそり残しがあっても毛抜きで処理はしないようにしています。

元エステティシャンYoshiko
毛抜きもトラブル多いですのであまりおすすめできないです。

ヒートカッター

ヒートカッターとは、熱の力を利用して、毛をカットする処理の方法です。
カミソリで処理したときのように毛先をとがらせることなく、カットできるという特徴があります。

ただ、ヒートカッターは主にVIOの処理に使用するもので、脱毛目的というよりも、毛を整えることが目的と考えた方が良いです。
すぐにチクチクするのをどうにかしたいという場合は使用してみてもよいかもしれません。

除毛クリーム

こちらもチクチクしないためにおすすめの処理方法です。クリームを肌に均等に塗り、10分程度待った後に、ふき取るだけで簡単に除毛ができます。

除毛クリームを使用してムダ毛を処理すると、除毛後に新たに生えてくる毛もチクチクしないというメリットがあります。

除毛クリーム

ただ、その反面肌への刺激が少々あるため、肌が弱い方にはあまりおすすめできません。

パッチテストで、肌の反応を確認することもできるので、仮に使用する場合は、肌質に関わらずパッチテストをしたうえで、使用するようにしましょう。

参考⇒除毛クリームランキングをもっと詳しく

実際の口コミ

ワキ毛処理でかゆくなた時の対処法について

私がワキ毛処理をやってワキがワキ毛でワキの皮膚を保護されなくなったために
ワキが直接服等に擦れてかゆくなり困るようになりました。
それで私が試すようになったのが脱毛苦クリームでワキ毛を根こそぎ抜いてしまう事にしました。
そうしたおかげでワキ毛を剃った後に残った毛が服等に当たってもかゆくなくなりました。

家庭用脱毛器と脱毛サロン

自己処理でワキ毛がチクチクするのは、ワキのムダ毛が太いという理由が挙げられます。

太い毛が途中で切られてしまい、さらにワキは肌と肌がこすれ合う部位になるのでチクチクするのです。チクチクさせないためには、まず自己処理方法を検討しなおしてみましょう。

また、太いワキ毛が生えてくる間は半永久的にワキ毛のチクチクや不快感とは付き合っていかなければなりません。
ワキ毛を細くしたり、ワキ毛自体が二度と生えてこないようにするために、脱毛サロンや医療脱毛で永久的な脱毛効果を狙う方法か、自宅で使用できる家庭用脱毛器を使用する方法があります。

家庭用脱毛器

参考⇒家庭用脱毛器ランキングをもっと詳しく

脱毛サロンや医療脱毛を行った後は、施術時に生えそろっている毛が全て抜け落ち、次に生えてくる毛は毛先が細いのでチクチクしません。
脱毛を数回繰り返せば、ワキ毛自体が細くなり、なくなっていくのでチクチクしなくなります。
脱毛機

参考⇒全身脱毛のおすすめランキングはこちら

完全にワキ毛を無くすことに抵抗感を感じる人も、ワキ毛を薄くするだけでチクチクのストレスから解放されます。

元エステティシャンYoshiko
やはり脱毛サロンか家庭用脱毛器が効果も高くおすすめですよ。

ワキ毛を自己処理すると肌へのリスクは?

ワキは肌が薄く、さらに毛が濃いので簡単に肌トラブルを起こしてしまいます。

特にワキ毛をピンセットで抜いて自己処理しているという人は要注意です。

ピンセットでワキ毛を抜くとそれなりの痛みを伴います。
しかし肌をきれいに見せるために抜く習慣がついている人は、抜くときの痛みに慣れてしまっているのです。しかしこの太い毛を抜くという行為のダメージで毛穴が傷つき固くなり、埋没毛になるだけでなく、汗や臭いの原因にもなってしまいます。

臭い

埋没毛になっている毛を放っておいたり、そのままピンセットでの自己処理を繰り返すことで症状はどんどん悪化してしまいます。

また、カミソリや電動シェーバーでの処理も同じで、刃が直接肌にあたり肌表面を傷つけて、乾燥や毛嚢炎などのトラブルのリスクとなります。

毛嚢炎

ワキは肌と毛の性質上肌が滑らかでないことが多く、さらに部位的にも凹凸がある部位なのでカミソリや電動シェーバーで完璧のそるのはなかなか難しいです。

しかし肌が薄く毛が濃い分、しっかり根本まで剃れていないと青黒く見えるので、剃るときに力を込めてしまいがちです。

しかしこれがまた肌を傷つけてしまうリスクとなるのです。自己処理を繰り返しているとワキの肌の黒ずみの原因にもなります。
肌が黒ずんでからは脱毛サロンや医療脱毛での脱毛効果もゆっくりになってしまうので、下手に自分で自己処理を行わずに専門家に任せましょう。

ワキ毛のチクチクが嫌な毛深い方はツルツルにするために脱毛サロンがおすすめ!

ここまで、ワキ毛のチクチクの原因や自己処理の方法などについてご紹介してきました。
上記の方法で、自己処理をしていくことももちろん悪くはありません。

しかし、ワキ毛のチクチクを改善するために、とてもおすすめなのが脱毛サロンやクリニックで施術を受けることです。

脱毛サロンがおすすめの理由

なぜ、脱毛サロンでの脱毛がおすすめなのかについて解説していきます。

一番の理由は、脱毛サロンで脱毛をしてしまえば、その後、チクチクに悩まされる可能性は限りなく低いからです。

わき脱毛

脱毛をすることで、ワキ毛の自己処理が必要なくなっていきます。
その結果、ムダ毛を処理する時間を取る必要がなくなり、その分自分の好きなことに使える時間が増えます。

また、愛するパートナーにワキ毛を見られる心配もなくなります。脱毛サロンやクリニックで脱毛の施術を受けてみてはいかがでしょうか?

脱毛サロンとクリニックのどっちが良い?

ワキ脱毛を始めてみたい気持ちはあるものの、脱毛サロンとクリニックのどちらにしたら良いのか分からない方もいらっしゃるでしょう。

そこでサロンとクリニックの違いについて簡単に解説していきます。

脱毛サロンは、価格が安く、施術時の痛みも少ないというメリットがあります。
その反面、効果を実感するまでに時間がかかるというデメリットもあります。

病院

痛みに耐えられず通うことを辞めてしまう方もいらっしゃるので、痛みが心配な方は、脱毛サロンがおすすめです。

クリニックは脱毛サロンに比べて、価格が高く、痛みも伴いますが、短期間で脱毛を完了することができます。
とにかく短期間で済ませてしまいたいという方は、クリニックでの脱毛がおすすめです。

わき毛のチクチクをツルツルに!自分に合った対策方法を!

わき毛がチクチクする原因や対策について解説してきました。

ワキ毛のチクチク対策として、一番大切なことは、ご自身に合う対策をしていくということです。
個々人で、肌の質も異なれば、経済状況も異なります。

快適

自分に合った対策方法を実践して、わき毛のチクチクの悩みを解消してみてください。

参考⇒VIOのおすすめランキングはこちら
参考⇒全身脱毛のランキングはこちら
参考⇒家庭用脱毛器ランキングはこちら

クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています…

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどんな悩みがある?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ…

コメントなし
お尻

Oライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理方法をご紹介!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも…

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に…

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず…

コメントなし
ワキのちくちく

ワキ毛がチクチクしてかゆい時はどうしたら良い?原因や対策方法!

ワキ毛を処理したはずなのに、すぐにチクチクしてしまう。 そんな悩みはありませんか? ワキは毎日処理するもので肌…

コメントなし
うなじの毛の処理について

毛深いうなじの脱毛処理は?シェーバー?キレイなうなじの作り方とは?

普段は自分で確認することも少ないうなじの毛。 しかし男性はうなじを結構見ているって知っていますか? 女性の毛深…

コメントなし
谷間のムダ毛処理について

胸の谷間の剛毛・産毛は処理すべき?毛が濃い原因と対処法

胸の谷間の毛が気になる、しかも剛毛で毛深い! これは本当にきつい悩みですね。 水着なんて着る際はかなりしんどい…

コメントなし

乳首・乳輪の脱毛は恥ずかしい?自己処理の方法は?クリーム?毛抜き?

乳首・乳輪に毛が生えてきて困るという方は実は結構いますよね。 パートナーからどう見られるかなど、気になってしま…

コメントなし
ケノン効果特徴

ケノンの脱毛器の効果は?口コミレビューや使い方、最安値情報!

ケノンは今や家庭用脱毛器の代名詞的な存在で、多くの女性の新しい自己処理脱毛の手段として知られています。 剛毛や…

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です