エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 更年期障害にもう悩みたくない。アロマオイルの力で心と体を解放しよう

更年期障害にもう悩みたくない。アロマオイルの力で心と体を解放しよう

更年期障害にはアロマオイル

女性の体はとてもデリケート。分泌されるホルモンのバランスによって、気分が沈んだり汗をかきやすくなったりと、心と体に不調を感じやすいのです。特に45〜55歳になると、その症状が如実に現れはじめます。

 

末端の手足が冷えて全然眠れない、体がだるくて重い、イライラしてしまう、気分が沈んでイヤな気持ちになる、肌がガサガサして荒れている、体がのぼせて汗をかきやすいなど。

更年期障害に効くアロマオイル

 

こうした体と心の不調は一般的に「更年期障害」と呼ばれています。更年期障害が起こる理由に、ホルモンバランスが大きく関係しているようです。というのも、女性ホルモン・エストロゲンが40代に入ると一気に減少。

これによりホルモンのバランスが乱れて体が混乱してしまい、気持ちが落ち込みやすくなったり、肌が荒れやすいなどの不調が現れてしまうのだそうです。

参考記事:【話題】エストロゲンの減少に対処するサプリメント

 

更年期障害を和らげる方法はいくつかありますが、今回はアロマについてご紹介したいと思います。

 

そもそもアロマってなに?

shutterstock_280540145
そもそもアロマとは、植物や果物に含まれる天然由来の香りを用いて、心とカラダのケアやストレス解消を目的とした、ヨーロッパ発祥の自然療法。

植物や果物から抽出されたエッセンシャルオイルには、私たち人間がもともと持っている自然治癒力を高め、疲れた心とカラダを癒す力があるというのです。最近ではアロマテラピーという言葉が広く浸透していますが、ヨーロッパにおいては数十年以上前から医療に用いられているのだと言います。

このエッセンシャルオイルの香りを嗅ぐと、嗅神経が反応して脳の扁桃体と呼ばれる部分に伝達。扁桃体とは一時的な感情の動きや情緒を記憶するうえで、重要な役割を持っていると言われています。

また、エッセンシャルオイルの粒子はとても小さく、肌につけると皮膚を通過。血液の中まで入り込むため、全身にその成分を送り届けてくれるんです。血液によって運ばれた植物の成分たちが自立神経にも作用し、更年期で感じやすいあらゆる不調を和らげてくれるというわけ。

このように、植物や果物に含まれる成分を抽出したエッセンシャルオイルの香りによって、心とカラダがどんより重くなく更年期を和らげる働きが期待できるんですね。

 

更年期障害を和らげるアロマオイルの選び方

shutterstock_249194122

それでは、更年期障害を和らげるとされているアロマをいくつかご紹介しましょう。エッセンシャルオイルで身もここをも軽やかな気持ちになれるはずです。ぜひあなたも試してみてくださいね。

 

ゼラニウム

ゼラニウムのほのかな香りには、自律神経の乱れを調整して気持ちのイライラやストレスを和らげてくれる働きがあります。また、ホルモン分泌をサポートしてバランスを整える効果が期待できるため、香りを嗅ぐだけで気持ちが落ち着くはずです。このほか、利尿作用を促して体の中に溜まった毒素を排出する働きもあるため、むくみ改善も見込めます。

 

イランイラン

緊張や不安、興奮といった精神的ストレスをほぐして気持ちを安定させてくれる効果が期待できます。また、毛穴から分泌される皮脂の量をコントロールする働きがあるので、Tゾーン(おでこ・小鼻)のテカリを抑える美肌効果もあるんですよ。

 

カモミール

フルーティーな香りが特徴のカモミールは、好みがはっきり分かれるかもしれません。カモミールの香りには、心のイライラを鎮めて体の疲労を回復させる効果があります。また、体を芯から温め血行を良くして代謝を高める働きがあるため、頭痛・肩こり・腰痛・手足の冷えに悩む方におすすめです。

 

ラベンダー

shutterstock_208207936

リラックス効果の高さで常に高い人気を誇るラベンダー。ストレスでこわばってしまった心と体の緊張を解きほぐし、気持ちのイライラを緩和する効果があります。また、皮膚の炎症を鎮める抗炎症作用にすぐれていて、ホルモンバランスの乱れによって起こるニキビや吹き出といった肌トラブルの改善にも役立つんですよ。

 

ローズウッド

ローズウッドに含まれるリナロールという成分には、心のイライラを和らげ、気持ちを高める両方の作用があるんです。肌のバリア機能を高めて免疫力を活性化させ、ウィルスから細胞を守る抗菌作用があり、風邪やインフルエンザ対策にも効果があります。気持ちが沈んでいるときは、ぜひローズウッドの香りで癒されてください。

 

ペパーミント

鼻を抜けるような、すっきりとした香りが特徴のペパーミントには、発汗を促して体の代謝を高める効果が期待できます。また、胸焼けや消化不良といった胃腸の働きをサポートする効果も。眠る前にペパーミントティーを飲めば、気持ちをリラックスさせて寝つきを良くしてくれるため、質の高い睡眠を確保できますよ。

 

レモングラス

爽やかな香りのレモングラスは、エッセンシャルオイルはもちろん消臭スプレーやコスメ、スイーツ作りの材料としても使われています。レモングラスに含まれるシトラールという成分が、細く縮こまった血管を拡張。血管が広がると流れる血液の量が増えるから、血のめぐりが良くなって代謝がアップ。さらに、血行不良による顔のくすみを改善する効果も期待できるんです。

 

グレープフルーツ

shutterstock_373910962

柑橘系のグレープフルーツには、利尿作用を促し体の中に溜まってしまった要らない毒素をスムーズに排出するデトックス効果があります。また、皮脂の分泌を抑えてニキビや吹き出物などの肌トラブルを抑制。血のめぐりを良くして代謝を高め、体の中についてしまった脂肪をエネルギーとして消費してくれるんです。もちろん、気持ちのイライラ緩和効果にもすぐれているため、リラックス効果も抜群。

 

クラリセージ

ほのかな甘い香りが特徴のクラリセージには、気持ちの興奮を抑えて幸福感を与えてくれる効果があります。スクラレオールという成分には女性ホルモンと似た働きがあり、更年期障害の原因とされるホルモンバランスの乱れを整えてくれるんです。血行不良によって起こる肩こり・頭痛・顔のむくみ・手足の冷えを改善する効果も期待できます。

 

まとめ:心と体を香りで豊かに

shutterstock_534324238

体のだるさや目の疲れ、気持ちのイライラなどの更年期障害を抱えながらもどうしたらいいのか分からず悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

しかし、一人で抱え込む必要はありませんよ。こうしたアロマオイルの香りに癒されながら、快適ライフを過ごしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

更年期障害にはアロマオイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 更年期障害で起こる物忘れって認知症?原因と改善方法について

  • 更年期障害?やる気が出ない・起きないと感じたら

  • 更年期障害が原因でめまいが起きる場合の症状と改善

  • 体の老化は脳に左右されていた!脳を活性化する方法とは?

  • 知ってる?更年期障害と自律神経失調症って違う?同じ?

  • 更年期障害の多汗・のぼせ・ほてりの原因と対策