エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 健康
  3. 更年期障害で高血圧を治すために-血圧上昇を抑える方法

更年期障害で高血圧を治すために-血圧上昇を抑える方法

高血圧の女性

~この記事で学べる事~

h5更年期障害による高血圧の原因を知り、体調不調を治す方法
h5大好きな旅行などで高血圧が悪化しないために、毎日の生活習慣改善について
h5更年期障害による高血圧と上手く付き合う方法

更年期障害の中には、めまいや頭痛・ホットフラッシュなどいくつかの症状があります。

その中に高血圧があります。高血圧症と呼び、特に女性に多い症状と言われ、50代女性の2人に1人は悩んでいる症状です。

 

高血圧症とは、血管の中を流れる血液の圧力が強くなり続けている状態です。進行すると血管壁の弾力性やしなやかさが失われ、また血管壁に傷が生じて、その傷にLDLコレステロールなどが沈着すると動脈硬化が促進されます。

出典:厚生労働省

 

こちらは世界的にも日本でも定められている、血圧の基準値となります。

血圧基準値
引用元:
日本高血圧協会

この高血圧症は突然体調が悪くなったり、一度気にしだしてしまうと何度も血圧を測りたくなってしまい、イライラにつながることが多くあります。

ノイローゼになる前に原因をしっかり知り、改善していきましょう。

イライラや憂鬱、肌荒れなどの更年期特融の悩みはサプリで解決!

 

更年期障害による高血圧とは?

40代を迎えた頃から、突然高血圧の症状が出始めたという方は、血圧が上がるようなことをした心当たりが無い場合、更年期が原因となっている場合があります。

更年期にせよ、高血圧にせよ、どちらも原因や症状はさまざまですし、何かの病気の前触れであることもあります。
一概に関連付けて考えられないものではありますが、更年期の症状のひとつとして、高血圧となるケースも多いのです。

高血圧の原因は更年期
更年期には、女性ホルモン=エストロゲンの分泌が急激に減少し、それによってバランスを崩すものの中には、自律神経も含まれます。

自律神経とは、自発呼吸や熱い冷たいなどの外部からの刺激に対して、体を反応させる神経系統です。

日々活動する中で緊張状態を保つ交感神経と、その緊張から解き放ちリラックスさせる副交感神経の2種類のバランスが保たれることで安定しているものです。

しかし思春期や出産期、そして更年期などホルモンバランスの変調にも影響されやすく、中には、自律神経失調症などの症状が出る方も多く見受けられます。

そして、自律神経が司る機能の中には血圧も含まれるので、自律神経の興奮状態が続くと血圧が下がりにくくなり、結果高血圧を引き起こしていると言う可能性が考えられるのです。

更年期障害の一つである高血圧症

高血圧は、さまざまなトラブルが起こりやすい病気です。
心筋梗塞、脳卒中などはその代表的なものと考えても過言ではありません。

誰もが通過する更年期なのに、よりによって高血圧なんて。できることなら、更年期が終わると同時に、いや、今すぐにでも、高血圧症状にもさよならしたいと思われませんか?

更年期の高血圧の特徴は?

通常の高血圧は慢性的に血圧が高い状態が続くのに対し、更年期の高血圧は更年期限定で引き起こされます。
年齢にすると、おおよそ40代中盤から50代前半くらいでしょう。

本来なら更年期を過ぎれば自然に高血圧はおさまってきます。
しかし多くの方が更年期の高血圧を境に慢性高血圧を招いてしまうパターンも多くあるので、注意しなければなりません。

高血圧

血圧が変動しやすい

常に血圧が高いのではなく不安定で変動しやすいのが、更年期に起こる高血圧の特徴です。

普段は血圧が低いのに、特定のことが引き金となり血圧が高い状態が続いてしまいます。たとえば心や体に負担のかかる以下のようなことが原因で変動しやすくなります。

・動機やのぼせやほてり、めまいや頭痛を感じたとき
・イライラや睡眠不足などの生活習慣が乱れているとき
・病院で血圧測定する!と構えたとき…など

めまい

症状の連鎖によって悪化しやすい

今まで感じたことのないのぼせ・ほてり・急激な大量発汗・頭痛・動機・めまいなど更年期障害の症状が現れて不安を感じると、より症状が悪化してしまいます。

不安が不安を呼んでしまうのでストレス過剰になり、より高血圧は悪化しやすい特徴があります。

また更年期は自律神経の乱れによってうつ症状を招き、引きこもりがちになってしまうこともあります。

すると運動不足や睡眠不足などの代謝活動の低下につながって、太りすぎてしまうことにもなりかねません。
その影響を受けて高血圧を招いてしまうことも考えられます。

ストレス

心身のストレスすべてが更年期の高血圧の原因となりうると、覚えておきましょう。

更年期の高血圧の原因とされているものは?

結論から言いますと、更年期の高血圧の原因は自律神経の乱れです。

血圧のコントロールを担っている自律神経は、更年期になると働きが低下してします。
やがて高血圧を招いてしまうリスクが高まってしまいます。

自律神経の働きに影響を与えているのが、女性ホルモンです。

女性ホルモンの分泌は、視床下部や下垂体からの分泌物質が、卵巣を刺激することで起こります。

エストロゲン
しかし閉経を迎える更年期は卵巣機能の低下によって、刺激を与えてもホルモンの分泌ができなくなります。

あきらめずにホルモン分泌を促そうと視床下部や下垂体は働き続け、やがてオーバーワーク状態に。
視床下部は自律神経のコントロールも担っていますが、働きすぎによって調節ができなくなり、高血圧となってしまいます。

更年期の血圧とホットフラッシュの関係

ホットフラッシュとは、更年期特有のほてり・のぼせ・急な大量発汗の総称をさします。

運動をした時との汗とは違い、短時間に大量にかくのが特徴。
その名の通り頭や顔などの上半身にかけ、集中的かつ急激に熱くなります。

更年期だから必ずしもホットフラッシュがあるとは限りませんが、多くの方が経験する症状だと言えるでしょう。

ホットフラッシュの症状があるときは血圧がちょうど高くなっているときです。同時に交感神経も優位になっています。

ホットフラッシュ

交感神経は自律神経のひとつで興奮しているとき優位になります。

リラックス時に優位になる副交感神経と交互にバランスを保ちながら、体の働きをコントロールしています。

ホットフラッシュの症状は、興奮したとき優位になる交感神経によって血管が収縮し血圧が高くなることで悪化させてしまいます。

血管

正直なところ、ホットフラッシュが高血圧を招いているのか、高血圧がホットフラッシュを招いているかは明確ではありません。
ただホットフラッシュと更年期の高血圧は大きく関係していることは定かだと言えるでしょう。

更年期で低血圧になる人との違いは?

逆に更年期になると高血圧ではなく低血圧になってしまう方もいます。

更年期障害による低血圧は、立ちくらみ・気の遠のき・しびれ・頭痛・眼前暗黒感・視野狭窄などの症状が現れます。

また抜けない疲れによってぐったりしたりしてしまう方もいるでしょう。
頭痛以外の症状は、更年期障害による高血圧と違うので、はっきり区別がつくはずです。

低血圧

ただ更年期の低血圧も高血圧も、いずれも自律神経の乱れによる影響が関係しています。
症状の現れ方が低血圧に向くか、高血圧に向いたというだけで原因は同じです。

更年期の高血圧の症状を改善する方法

更年期の高血圧

まずはお医者さんへ相談

単独の高血圧の場合、降圧剤によって血圧を下げることで症状が改善しますが、更年期が原因の場合は、交感神経から障害が始まっているので、降圧剤のみではなかなか改善されないケースが多く見られます。

また、診断を仰いだ場合も異常なしと言われてしまったり、逆に通常の高血圧と診断されてしまった場合もあります。
降圧剤の中にもさまざまな種類があり他の更年期障害に悪影響を及ぼす事も十分に考えられるので、医師との話し合いを十分に持ち、細心の注意をする必要があります。

更年期治療

原因が、更年期によるものとわかった場合、治療はホルモンバランスを整えるためのホルモン補給や、自律神経を制御する抗うつ剤、抗不安薬などが用いられることが多いようです。
ただ、それも全てに有効と言う話ではなく、中には強く副作用が出る場合もあるので、それぞれの症状や状況に合わせた治療法を婦人科のお医者さんと話し合う事を強くおすすめします。

すぐに高血圧を緩和したい方はこちら

血圧表を作って管理する

血圧を管理する
更年期による高血圧症状は、早期発見、早期治療が重要なポイントとなります。

血圧の変動に異常がある場合、放置することが最も悪い結果に繋がります。
更年期に発症したものが、慢性高血圧症になる例も決して少なくありません。
できるだけ早く、血圧とうまく付き合い、それを制御する方法を探しましょう。

家庭用の機器を使った簡易測定でも、その変動の状態は十分把握できるので朝晩と、めまい、頭痛などの症状が伴った時の血圧をまめに測定しましょう。

一般的な高血圧症の方がそうであるように、更年期が原因の高血圧も、血圧の管理が大変重要です。

高血圧の方の血圧測定

 

測定値を朝晩きちんと記録し、血圧の変調がどのくらいの周期でどのように起こっているのかをチェックしましょう。

また、頭痛やめまい、吐き気、動悸、息切れなどが起こったときにも、できる限り血圧を測り、メモしておくことによって頻度や状況、その日の気温、ストレスの有る無しを含む生活状況を思い出しやすく、どのような状況なら血圧が上がる(下がる)のかなどの予防をする助けになります。
医師に相談する際にも、正確な数値と頻度が伝わるので、より的確な治療へと進むことができます。

また、時間や状況でピンポイントで血圧が変動する、早朝高血圧、仮面高血圧、白衣高血圧などを早期に判断するのにも役立ちます。

血糖値が気になる方へ

 

生活習慣を見直しましょう

高血圧にはNGな塩

*塩分を控える

ファストフードや出来合いのお惣菜、レストランや居酒屋での糖分や塩分は、家庭で作るよりかなり高くなっています。

なるべく外食を避け、手作りのメニューで塩分のコントロールに努めましょう。
ちなみに、科学調味料などに含まれる「ナトリウム」も、塩分に含まれますのでご注意を。

 

*ダイエット気分で

更年期障害のこの時期、基礎代謝が落ちることで体が脂肪を貯めやすくなり、肥満と言うリスクを抱える方も多くなります。高カロリーのものは体重を増やし、血圧を上げる結果に繋がります。

また、エストロゲンは、コレステロールの制御にも大きく関わるものなので、それが減少することによって糖尿病や高脂血症などの可能性が増える事も忘れてはなりません。
お菓子や揚げ物などの糖質、脂質を避け、果物や野菜のおひたし、野菜スティックなどに切り替えましょう。

 

*アルコールを控える

アルコールは血管を広げ、血圧を上昇させます。
また、飲みすぎることによって肥満を促すので、できるだけ量を減らしましょう。

 

*ストレスを減らそう

3度の食事をきちんと取り、十分に休養と睡眠を取るように努めましょう。
ジョギングや水中ウォーキングなど軽い運動を日課にするのも、
ストレスを減らし、ダイエットにも効果があります。

ただし、いきなり激しいスポーツを始めたりする事は、血圧症状には悪影響を及ぼすことも。
軽い運動でも、不調を感じたときは、直ちに中止しましょう。

 

高血圧はサプリでサポート

しかしこれらの生活習慣は、なかなか改善することは難しいです。
というのも、あなたは外食や甘いものがお好きですか?
好きと答えた方は、塩分制限・糖分制限をしなさい!と言われると、とってもストレスが溜まりますよね。
ダイエットと一緒で、制限をし続けるといつか爆発して、過剰に摂取してしまう危険もあります。
何にせよ、コントロールが大切ということです。

そこで、高血圧をしっかりサポートしてくれる、こだわりの和漢系サプリメント白井田七をご紹介します♪100%オーガニックで安心です。

高血圧サプリ

button_002

 

更年期障害の高血圧まとめ

更年期障害による血圧上昇を抑えるためには、日々の血圧測定と体調チェック、クリニック受診、そして生活習慣を見直しましょう。

自分の状態を的確に把握し、専門家の診察を受け、対処法を導き出すことは、更年期高血圧を治すためにかかせないプロセスです。

生活習慣

まずは朝晩の血圧測定と日々の体調チェック

更年期の高血圧上昇を抑えるためには、まず自分の体を知りましょう。

そのためには朝晩の血圧測定を行い、記録することをおすすめします。
また更年期特有のほてり・のぼせ・めまい・頭痛・動悸などが起きた時の血圧も測定しておいてください。

血圧チェック

さらに急激な血圧変動時の前後や、そのときの様子も記録しておくと安心です。
ストレスや睡眠不足はあったか、運動後だったか、何をいつ食べたか、などすべてを記録することで血圧が変動するパターンを把握できます。

血圧上昇時の自分の様子を知ることで何を避ければいいのか、対処法が明確になります。

原因を的確に把握し対処法を実行することは、更年期の高血圧を未然に防ぐことにつながるでしょう。

クリニックを受診する

日々の血圧測定記録や、高血圧の症状が出たときの記録を持って、クリニックを受診しましょう。更年期による高血圧かどうかの診断材料になります。

適切な治療を受けるためには症状の記録を取ったうえで、医師の診察が必要です。

クリニック

特に高血圧は命の危機を脅かす症状です。
動脈硬化をはじめ、心筋梗塞など生活習慣病の引き金になるおそれもあります。

「更年期特有の症状だから」と放置せず、必ず医師を受診して、適切な対応を行ってください。

生活習慣の見直し

ストレス過剰、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足など、生活習慣の乱れは更年期による高血圧の原因となります。症状を抑えるためには、基本的生活習慣を正しましょう。

ストレスや睡眠不足は交感神経が優位な状態が継続してしまうので、血管を収縮させ血流が高まり、高血圧の原因となります。
ストレス解消は心から楽しめたり安らげたりする時間を設けて、リラックスしましょう。

睡眠不足

同時に睡眠不足解を解消できるよう規則正しい生活を送り、睡眠時間を確保してください。不眠気味の方は交感神経が優位になり、高血圧を引き起こすリスクが高まります。まずはストレス解消する工夫をしましょう。

食生活においては塩分の摂りすぎに注意してください。
更年期の高血圧に塩分は大敵です。

同時にバランスの良い食事を心がけ、偏りをなくしましょう。
たんぱく質やビタミンミネラルたっぷりの食事がおすすめです。

塩分

更年期の高血圧を和らげるためには、心と体に負担のかからない生活を送ることがもっとも大切です。

なるべく症状の軽いうちに、早期に適切な治療や生活改善をすることで、快適な暮らしが取り戻せます。

女性ホルモンが減少するというたったそれだけのことで、これほどさまざまな症状やリスクを抱えることになるなんてと、深いため息が出てしまう事柄ですが、たかが更年期、されど更年期。
それを乗り越え、今もはつらつと元気に暮らしている方は、あなたの身近にもたくさんいらっしゃるはず。

できればこの時期に出た症状は、この先まで抱え込まないよう、適切な治療や生活の見直しで一日でも早く改善、完治されることを願っております。

合わせて読みたい記事
更年期障害の動悸・息切れが気になる方はこちらへ
これって更年期??手足のしびれが気になる
更年期が原因の頭痛を治すには?

更年期のほてり

更年期障害の多汗・のぼせ・ほてりの原因と対策!ホットフラッシュの期間など

更年期障害は、女性、男性どちらにもやってきます。 その原因は、女性だと卵巣機能の低下やホルモン減少があげられま […]

コメントなし
頭痛

更年期障害が原因で頭痛や吐き気!対策・治療方は漢方?

更年期障害と呼ばれる年齢になってくると、頭痛、吐き気、めまいなどの症状が引き起こされる場合があります。 それが […]

コメントなし
動機息切れ

更年期障害による息切れや動悸の症状と改善策

更年期障害になると、動悸や息切れといった症状が起こります。 原因は、女性ホルモンやストレスが大きく関係していま […]

コメントなし

更年期のうつ病の原因と対策!更年期障害とうつ病の違いとは

女性は更年期になるにつれ、更年期障害の対策が必要になってきます。 ホルモンバランスが大きく関係していて、ストレ […]

コメントなし
イライラが収まらない女性

更年期障害によるヒステリーの対処方法

会社では上司や先輩として頼りにされ、家に帰れば主婦でありお母さん。 働く女性に休むヒマはありません! それでも […]

コメントなし
更年期とやる気

更年期障害?やる気が出ない・起きないと感じたら

「身体がだるくて、動きたくない」 「何をしていても楽しめない」 など、病気ではないけれど、今までと違う自分に暗 […]

コメントなし
イライラ

更年期障害のイライラについて|落ち込みや八つ当たり対策

更年期になると、女性も男性もついイライラしてしまいます。 症状がひどくなると、うつ病になってしまったり日常に障 […]

コメントなし
若年性更年期障害女性

若年性更年期障害の症状や原因・対策方法【女性編】

若年性更年期障害とは、通常40代でくる更年期の症状が20代30代できてしまうことを言います。 原因は、女性ホル […]

コメントなし
若年性更年期障害

若年性更年期障害の原因や症状・対策方法まとめ【男性編】

若年性更年期障害は男性にも起こりうる症状です。 ストレスやホルモンの低下、不規則な生活バランスが原因です。 こ […]

コメントなし
更年期と口

口のかわき・ドライマウスは更年期障害が影響している?

更年期の女性を悩ますのがドライマウスという病気です。 ドライマウスは、唾液の分泌が極端に減少したり、乾燥して口 […]

コメントなし
更年期と生理

更年期障害による生理不順&月経異常の改善ワザ

更年期障害に入ると、生理が不順になったり閉経が近づくと月経の周期が異常になったり 様々な症状があらわれてきます […]

コメントなし
更年期障害の関節痛

更年期の関節痛の痛みやこわばりを和らげる方法・サプリ

40~60代頃に誰しもに訪れる更年期。 2015年に厚生労働省によって発表された日本人の平均寿命は、 男性が8 […]

コメントなし
更年期障害と知覚過敏

更年期障害と知覚過敏・知覚鈍麻・蟻走感の関係性

更年期障害では、知覚過敏になったり皮膚に違和感を感じたり、自律神経に異常をきたしたりと 厄介な症状が出てきます […]

コメントなし
更年期障害とめまい

更年期障害が原因でめまいが起きる場合の症状や改善方法

更年期障害の症状に、めまいがあります。 このめまいは耳鳴りや頭痛をともない、吐き気や貧血になることもある危険な […]

コメントなし
手足のしびれを感じる女性

更年期障害?手足しびれの症状と改善方法

手足がしびれる原因として、女性も男性もおとずれる更年期障害が考えられます。 最近なんだか不調だな・・・と思った […]

コメントなし
下痢に悩む更年期の女性

更年期障害の下痢・腹痛ついて~胃腸の症状と整え方~

長い間下痢が続いている、なかなか治らないと悩んでいる人が女性に多いのをご存知ですか? その原因は更年期障害から […]

コメントなし
更年期の疲労感

更年期障害で起きる疲労感・倦怠感の冷静な対処法

更年期に疲労感や倦怠感を感じる女性は7割 更年期の疲労は、睡眠や休息ではなかなか回復せず、ずるずると長引くのが […]

コメントなし
更年期障害と肩こり

更年期障害が原因の肩こりと対策法!頭痛症状や漢方・運動で解消!

更年期障害の症状のひとつとして肩こりや腰痛があります。 これらは日本人女性には特に多くみられる症状ですが、この […]

コメントなし
更年期の耳鳴り

更年期障害?耳鳴りやめまいがする時の症状と対処法

更年期にめまいや耳鳴りが起きることがありますが、多くの場合自律神経の乱れが原因です。 自律神経は生きて行くのに […]

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

高血圧の女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 更年期障害の下痢・腹痛ついて~胃腸の症状と整え方~

  • 更年期の髪のケア《抜ける・パサパサ・うねり》を解消するには

  • 更年期障害で起こる円形脱毛症の原因と治療法の今

  • 材料全部入れるだけ!手間いらずの簡単グリーンスムージーレシピをご紹介♪

  • 更年期障害だと感じたら病院は何科?検査の流れ~治療法まで

  • 若年性更年期障害の症状や原因・対策方法【女性編】

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 赤ニキビの原因や白ニキビの違い!即効で治す方法は皮膚科?

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。