エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 【血流を良くするには?】足や手の冷え性を改善する対策

【血流を良くするには?】足や手の冷え性を改善する対策

ヘルスケア/健康
  1,440 Views
足や手の冷え性を直す

女性は手や足の冷え性を起こしやすいですよね?その場で出来る対策としてツボを押したり温かい飲み物を飲んだりして、身体を温める方が多いと思います。

近年、冷え性対策グッズの靴下や、漢方・サプリは店頭で色々な種類が売っています。

 

寒い季節だけではなく、夏でも冷え性の悩みを抱えている人はたくさんいます。

さて、辛い冷え性は私たちの身体にどんな悪影響を及ぼすのでしょうか?

原因を改善して、冷え知らずの身体を手に入れ老化対策をしましょう。

 

冷え性の原因を探れ!

冷え性の原因を探す女性

冷え性辛いですよね?
皆さんは、冷えと冷え性が違うことはご存じですか?
冷えとは気温によって寒いと感じ、手足が冷える状況のことを言います。

 

また冷え性とは、季節や気温などは関係なく、手や足の部位に極度に冷えを感じる症状のことを言います。

身体の中で特に冷えるのは、手足です。その原因は様々ですが、身体を温める血液が優先的に流れるのが心臓ですから、そこから一番離れているためだとされています。

 

原因1.乱れた自立神経

自立神経が乱れて冷え性の女性

体温調整をしている自立神経は、バランスを崩すと血液がうまくコントロール出来なくなってしまいます。
そのため、冷え性の原因となる血液の流れが滞ってしまいます。

 

自立神経は一定の体温を保つ働きをし、私たちの身体を毎日冷えから守っています。

しかし、ストレスや毎日の生活習慣の影響で、バランスを崩してしまいます。

夏場でも、冷房などで室内がガンガンに冷えているのに、外に出ると暑いということを毎日繰り返してしまうと自立神経のバランスを崩します。

そのため、夏でも冷え性を起こしてしまうということです。

原因2.アルコールと水分不足

お酒を飲んで冷え性になる女性

アルコールを摂取すると、血液がドロドロになることはご存じですか?水分不足も同様です。

赤血球は血液の主な成分であり、変形しやすく柔軟性があります。
そのため、ものすごく細い毛細血管でも通ることが可能で、サラサラと流すことが出来ます。

 

しかし、水分不足やアルコールによりドロドロとなった赤血球は、柔軟性が失われ全身に血液が流れにくくなります。
また、赤血球が異常に増えることによりくっつき詰まります。

全身に血液が循環しにくくなり、冷え性に原因になってしまうのです。

原因3.塩分や脂質などの過剰摂取

冷え性の原因であるファーストフード

炭水化物やファーストフードを毎日過剰に食べている人も血液がドロドロになります。
これは塩分や脂質を過剰摂取してしまっているからです。

毛細血管をとおり抜けることが出来ずに、血液循環が悪くなり冷え性を引き起こします。

 

原因4.運動不足による筋力低下

筋肉の働きは、血液を送り出すことです。普通筋肉のなかに流れる血液は、運動で血行が良くなり筋肉を使うことで身体を温めます

運動をせずに筋力が低下することにより、血液を全身に送る力が弱まります。
また、血管も刺激を受けないために血液の流れが徐々に悪くなり、冷え性の原因となるのです。

原因5.衣類による圧迫

衣類の締め付けで冷え性になる女性

靴下が足を締め付け、圧迫することにより血行が鈍くなります。
また、女性は下着による締め付けも同様です。

全身に血液が届かずに、冷え性の原因になります。

 

冷え性が起こす症状

身体を冷やす冷え性は、私たちの身体に様々な症状をもたらします。

冷え性で耳鳴りがする女性

痛みを起こす

血液循環が悪くなることにより、筋肉が緊張します。そのため、筋肉が硬くなり、血液が流れにくくなります。
首や腰、肩などに痛みを引きおこしますし、頭の神経圧迫が原因で、頭痛片頭痛も招きます。

また、耳鳴りも冷え性の原因のひとつでです。これは、三半規管という耳の器官に血液が巡らないことにより起こります。

このように様々な痛みをひきおこします。

生理痛が重くなる

冷え性で生理痛が重くなる女性

女性は、毎月の生理が重くなり生理痛がひどくなる症状が出てきます。
生理になると、子宮を収縮させるプロスタグランジンという経血を助ける働きがある物質を分泌します。

プロスタグランジンは経血と一緒に体外へ排出されていきます。

 

しかし、血液循環が悪くなる冷え性が原因で子宮がじょうずに収縮せず、経血を排出することが出来なくなります。

その結果、一緒に排出されるプロスタグランジンが過剰分泌されてしまい、生理痛が重くなってしまうのです。

肌荒れの原因

肌がキレイなのは、ターンオーバーが正常に働くからです。
このターンオーバーは、肌の新陳代謝が重要です。

血液の流れが悪くなると、代謝も悪くなり肌のターンオーバーが正常ではなくなります。そのため、新しい肌へ生まれ変わることが困難になり肌が荒れてしまうということです。

不妊の原因

女性にとって子宮は、大切であり冷え性の影響を受けやすい部位でもあります。

冷え性により、血液の流れが悪くなり妊娠するための女性ホルモンのバランスも崩します

子宮は下半身にあるために、どうしても冷えやすいです。赤ちゃんはそんな子宮を嫌うため、不妊の原因になるのです。

血流改善の大切さ

手や足が氷のように冷たくなる原因は、血流悪化にありました。
女性が血流悪化で冷え性になる原因は3つあります。

①ホルモンバランスが崩れやすい
女性には生理があり、どうしても体調を壊しやすくなります。
するとホルモンバランスが乱れることで、自律神経にも悪影響がでます。

自律神経は交感神経と副交感神経でバランスを保っていて、バランスが崩れると血管が縮こまってしまうんです。
だから血液循環が悪くなり、冷え性になってしまいます。

②脂肪が多くて筋肉が少ない
わたしたちは男性と比べると、筋肉の量が少ないです。
筋肉は代謝を良くして熱を作ります。
逆に脂肪が多い女性は熱を作りにくいのです。

③ダイエットの影響
食事制限をしていると、血流を良くする食べ物が不足して血行が悪くなります。
それで体が冷えてしまいます。

このように3つの原因を紹介しましたが、放っておくと大変なことになります。
肌荒れや便秘、痔はまだ可愛いもので、腎臓病や慢性皮膚病、リウマチになって歩くこともできなくなります。

「たんなる冷え性の時に血行改善していれば……こんなことにならなかったのに」
なんて泣かないために、今のうちからカラダを回復させたいですよね。

冷え性の改善方法を知る

冷え性対策の手袋

冷え性になると、私たちの身体、特に女性に悪影響を及ぼす症状ということが分かったと思います。

様々な方法で身体を温め、冷え性を改善して、アンチエイジングしましょう。

冷えは万病のもとってよく言いますよね。
特に、私たち女性は男性よりも冷えやすい体質です。
そして、年を取るたびに体が冷えやすくなります。

私も今年で35歳になり、20代のころと比べてずっと冷え性になりました。
温かいお湯に入ったり湯たんぽをあてても、寒さを解消できなくなってきました。
そこで、身体の内側からじんわり暖まる食べ物の効果を調べました。

 

血流を良くする食べ物

そこで、血流を良くする食べ物の中から5つを選び抜きました。
毎日の食事に取り入れるだけなので、ストレスなく血流低下を改善できますよ。

かぼちゃ

かぼちゃ

かぼちゃにはβ-カロテンが含まれていて、冷え性を改善するだけじゃなく美肌効果もあります。
抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEがたっぷり詰まっているので、アンチエイジングにぴったりですよ。
また、便秘も治してくれます。

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーに含まれているビタミンKは、血行促進に効果的です。
血流を良くすると代謝がよくなって体がポカポカしてきます。

また、心臓病にも効く健康的な食材です。
油と一緒に摂ると効果がアップしますので、炒め物に入れるのがオススメですよ。

白菜

白菜

白菜にはカリウムが含まれています。
カリウムは、尿を促す働きがあります。
血行不良だと体に水がたまります。
水毒と呼ばれ、身体をさらに冷やす原因なのです。
白菜を食べてカリウムを摂ることで、要らない水分を出すことができます。

ねぎ

ねぎ

ねぎに入っているアリシンは、全身の血液をサラサラにしてくれます。
しかも疲労回復効果があるので、食べると内側からリラックスできますよ。
アンチエイジング効果があるんですね。

しょうが

しょうが

しょうがにはジンゲロンが入っていて、脂肪燃焼の働きをしてくれます。
胃腸や腎臓によく効いて、副腎疲労も和らげてくれます。
さらに、発汗作用があるので代謝はアップします。

そしてもう一つ。
しょうがにはショウガオールという成分があります。
ショウガオールも血流を良くする機能があり、ダブルパンチで体を中から温めてくれます。

血流を良くする食べ物まとめ

ここまで冷え性を治す5つのぽかぽか食材を紹介しました。
もちろん、運動やマッサージ、サプリメントも血行不良の症状に効果があります。
けれど、自然食材で体を温めればアンチエイジングもできますし病気の予防になります。

かぼちゃ、ブロッコリー、白菜、ねぎ、しょうが

この5つを日々の食事に取り入れることが、血流を良くするポイントです。

食事で身体を温める

身体を温めて、血行を促す食材は下記のとおりです。
積極的に摂取していきましょう♪

●大豆類、生姜、もち米、黒豆、鶏肉や鶏レバー、チーズ、かぶ、ごま油、かぼちゃ、玉ねぎ、あなご、明太子、いわし、オレンジ、紅茶等

逆に身体を冷やす食べ物は下記のとおりです。
あまり摂取するのは控えましょう

●豆腐、白いパン、きゅうり、こんにゃく、柿、スイカ、馬肉、あさり、うなぎ、バター、コーヒー

運動をして身体を温める

運動をして冷え性改善

運動をすことで代謝があがり、血行がよくなります。
そのため、適度な運動が基本です。

しかし、運動をする時間が無い方などには、ストレッチがおすすめです。
お風呂上りにストレッチをすると、血行が流れやすく効果的です。

少しでも良いので、身体を動かすことを意識しましょう。
自立神経のバランスが良くなり、ストレス発散にもなりますよ♪

 

湯船で身体を温める

身体の内側からしっかり温めるには、やはり湯船につかることがおすすめです。

めんどくさいからと毎日シャワーだけですますことはやめましょう。

また、ゆっくりと15分ほど浸かることで、血行がよくなり身体の芯から冷え性の改善に繋がります。

 

1枚羽織って身体を温める

冷え性対策で温かいものを飲む女性エアコンは冷え性に大敵です。特に夏場はオフィスなどのエアコンがガンガンに効いているときがありますよね?

そんな時はカーディガンなど、1枚羽織れる衣類をもっていきましょう。
また、締め付けのない靴下を履くこともおすすめします。

 

温かい飲み物で身体を温める

日ごろから温かい飲み物を飲むようにこころがけましょう。また喉が渇く前に水分補給をしましょう。

冷たい飲み物は、血管を冷やしてしまいますので、常温のものか温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

 

身体を温めるならこれがおすすめベスト3→

≪あわせて読みたい記事≫
手・指のむくみの原因と改善解消方法を全て公開
足・ふくらはぎのむくみを感じ始めたら《原因と解消対策》

脚痩せエステ

脚やせエステで美脚効果を体験!口コミ人気があり安い痩身サロンをランキング!

「脚だけがどうしても細くならない」 「下半身デブっていわれる」 など 下半身の特に足が痩せないというのは女性の […]

コメントなし
二の腕エステ効果

二の腕エステのおすすめランキング!効果や安い料金のサロンなどをご紹介!

二の腕が気になる!? 多くの方は夏など露出が激しい季節に思いますよね。 そんな二の腕ですが、中々セルフケアが難 […]

コメントなし
お腹痩せエステ

お腹痩せエステの口コミ体験ランキング|本当に痩せる安いサロン!

「お腹周りを痩せたいけど全然痩せない」 そんな時に選択肢として上がるのが痩身エステの存在ですね。 そんな痩身エ […]

コメントなし
下半身エステサロン

下半身痩せエステの口コミ人気ランキング|効果のある安いサロン!

「上半身は痩せるのに下半身だけ痩せない」 「昔のジーンズはもう履けない」 など下半身だけ痩せたいのに痩せないと […]

コメントなし
全身痩せエステ

全身痩せエステのおすすめ効果ランキング|口コミ・人気のサロン比較!

「お腹周りを痩せたい」 「太ももも気になる」 でも結局は二の腕など全身をトータルの痩せたいというのが多くの女性 […]

コメントなし
痩身エステランキング

痩身エステのおすすめランキング|口コミ・実体験・料金を徹底比較!

「この時期までに痩せたい」 「スリムに見られたい」 「昔履けたジーンズは履けない」 などセルフダイエットに何度 […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

足や手の冷え性を直す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 頭痛やイライラ・・更年期障害は漢方の力でケア

  • 明日葉青汁口コミ比較ランキングTOP5!明日葉でむくみを解消してダイエット!【成分や効能も徹底解説】

  • 筋力低下は生活筋力の衰えが原因。運動してアンチエイジング♪

  • 青汁で便秘解消!便秘に効く青汁や効果的な飲み方・口コミも!

  • 年齢を重ねてからうつの症状が出たら更年期障害かも?

  • 血管年齢を若返らせて、健康的にアンチエイジング