エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. しわ
  4. コラーゲン効果でしわは改善できる?原因やゼラチンやペプチドとの関係

コラーゲン効果でしわは改善できる?原因やゼラチンやペプチドとの関係

しわ
  67 Views
たるみ

コラーゲンでしわは改善できる?

美容成分として知名度の高い「コラーゲン」ですが、しわにとって効果はあるのでしょうか。

コラーゲンの情報でよく聞くのはお肌に有効で、弾くようなハリを生成しみずみずしさを保つ成分であるということです。

お肌の層の部位に「真皮」という箇所がありますが、その7割はコラーゲンで作られているほどお肌に占めるコラーゲンの数値は高いのです。

コラーゲン

お肌だけでなく、しわにも有効だとよく聞くコラーゲンですが実際のところはどうでしょうか?

諸説ありますが、

「口から摂取したコラーゲンは体内で性質が変化するので効果は非常に微々たるもの」
「運よく摂取したコラーゲンがしわの部分へ届いたとしても、すごく少ないので効果なし」
という意見が多いです。

よく言われる食事のコラーゲン摂取はしわに効果なし。その理由とは?

サプリや健康食品を用いてコラーゲンを食事で摂取し、しわを改善しようとする人は少なくありません。

ですが、実際のところはコラーゲンを食べて体内に取り込んだところでしわに効果が出るわけではないのです。

なぜならコラーゲンが作られる仕組み上、体の中で一旦「アミノ酸」に分解されるのでコラーゲンがそのままお肌に届くというわけではありません。

コラーゲン
コラーゲンが大きなかたまりだとしたら、体の中に取り込みやすくするため小さくなっていきます。

コラーゲンなどの成分を小さくしたものを「分子」と言いますが、どれくらい小さく分解しなくてはいけないのかというとおよそ10~30万とされています。

逆説的に「分子の小さな低分子コラーゲンを選んで摂取すれば、通常のコラーゲンより吸収されやすいのではないか?」とも言われますが、分解の機能を果たす小腸の機能が低下していると、いくらコラーゲンを体に取り込んだところで意味を成しません。

体のコンディションが良いことが絶対条件のほか、コラーゲンは分解されるとゼラチンへ変化を遂げます。

ゼラチンというとゼリーやお菓子に使われる食品としても知られていますが、コラーゲンは実際にゼラチンとよく似ている物質なのです。

ではゼラチンはコラーゲンの代用になるかと言われれば答えは「NO」です。
仮にゼラチンを食べたとしてもコラーゲンの代用にはなりません。

ゼラチン

次の項ではコラーゲンとゼラチンの関係について触れていきます。

コラーゲンとゼラチンの関係

まず最初にコラーゲンはタンパク質で、人間の血肉を生成するのに欠かせない成分として知られています。

口から取り入れたところで細かく分解されてしまうので、意味がないと思われがちなのですが最近の研究でわかってきていることは「コラーゲンが怪我や関節にいい働きをもたらす」と言うことです。

摂取すると細かくなって全て消えてしまうと思われていたコラーゲンなのですが、消化し切らない一部は「ペプチド(コラーゲンの破片)」に生まれ変わることがわかっているのです。

研究によって、このペプチドこそが怪我をした時傷の治りを早くさせたり、関節痛を和らげるという結果が出てきました。

研究結果を踏まえ、専門家はゼラチンを食べてもコラーゲンを食べても双方は性質が似ているので、同じように体内にペプチドが取り込まれるのではないかと着目しています。

コラーゲンとコラーゲンペプチドの関係や違いは?

美容成分として名高い「コラーゲン」とそれが分解されることによって生まれる「コラーゲンペプチド」の関係性を見て行きましょう。

コラーゲンは一つのタンパク質として知られます。

ひとくちにコラーゲンといっても、魚から抽出された「魚由来のコラーゲン」や牛や豚などのお肉から抽出された「動物由来のコラーゲン」に分類されます。

魚由来のコラーゲンの方が吸収率が高いと言われてきましたが、改良がなされ現在では動物由来のコラーゲンとの大差はありません。

植物性コラーゲン

タンパク質は人間の体内に含まれているたくさんの成分の中でも、特に高い割合を占めています。

第一に水分が7割だとすれば残りの3割はタンパク質(コラーゲンを含む)だとされており、非常に高いウエイトを占めていることがわかります。

種類が枝分かれするタンパク質の中の一つ、まさにコラーゲンです。

コラーゲンはお肌のみに作用していると誤解されがちなのですが、他にも骨組織や血管、臓器にも広がって機能しており、人間にとっての健康を支えています。

そんなコラーゲンですが、食材から摂取することが可能です。

有名な食材で言えば「手羽先」「モツ」「フカヒレ」などが挙げられます。

モツ
お肌にとっていい成分を含むコラーゲンなので、たくさん摂取してより確かな効果を得たいという方は多いです。

コラーゲンの注意点

しかし注意したいのはコラーゲンを多く含む食材はカロリーが高いということです。

コラーゲンの成分としての特徴は水と混ざりにくく、体に取り込まれるまで時間がかかると言う点です。

サプリメントに配合される際には吸収速度が上がるような加工が施されていることが多いのも特徴と言えます。

コラーゲンペプチド

一般的にサプリや健康食品の成分のところに記載されている「コラーゲン」とはコラーゲンペプチドのことを表していることがほとんどです。

水に溶けにくい性質を持つコラーゲンとは反対に、コラーゲンペプチドは水に溶けやすいのが特徴に挙げられます。

そのためコラーゲンペプチドは冷やしても固体化せず、粉状に加工したりドリンクに配合することができるのです。

先述したゼラチンをより効率のいい形で消化を助け、取り込むことができるように細かくなったものがコラーゲンペプチドです。

コラーゲンの役割とどの摂取方法なら効果ある?

コラーゲンの役割を紹介するにあたって、人間のお肌の構造のお話からしましょう。

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」にカテゴライズされるのですが、特に皮膚の最も奥にあたる「真皮」の7割がコラーゲンです。

ターンオーバー

コラーゲンが生成される真皮の奥では新たな細胞が作られます。

専門用語でこれを「ターンオーバー」と言います。

潤いを保ち引き締まった肌質を維持するには欠かせないサイクルであり、コラーゲンは美容に大変関わりのある成分です。

ターンオーバーの役割

ターンオーバーは古くなり不要となった細胞や老廃物を外に排出し、新しい細胞を補う働きで傷の再生や美肌になるために必要なお肌の機能なのです。

建物でも土台がしっかりとしていないと崩れやすかったり、欠陥が出やすくなるものです。

お肌も同じで、真皮のほとんどを司るコラーゲンはエラスチンとともにターンオーバーを行なっています。

真皮のターンオーバー

コラーゲンはターンオーバーの一環でお肌の土台となる「繊維」の生成を行い、ハリのある肌質や潤いをもたらしているのです。

コラーゲンが減少すると

土台であるコラーゲンがお肌から減少すると、お肌のトラブル(しわ・シミ・ニキビ)が発生してしまいます。

お肌にとって重要な成分というだけではありません。
実はコラーゲンと骨は密接な関わり合いがあるのです。

骨を丈夫にする成分といえば、カルシウムをイメージする方が多いことでしょう。
ですが、実質カルシウムだけでなくコラーゲンも骨を構成する成分の中に含まれています。

骨に含まれる成分の内訳は、およそ6割がカルシウムやマグネシウムなどのミネラル、2割はコラーゲンです。

マグネシウム

わかりやすい例えで言うのなら、骨の基盤を形作るのがコラーゲンであるなら基盤を補強する役割を担っているのがカルシウム、マグネシウムなどの成分です。

骨といえば、年齢を重ねていくごとに深刻化する「骨の老化現象」が挙げられます。
お肌も老化すると肌トラブルとなって表面化してきますが、骨も同様です。
みなさま「骨粗しょう症」という病名はご存知ですか?

コラーゲンをはじめとする成分が豊富な骨は、構造がしっかりとしていて隙間は見られないのですが、加齢とともに成分が減少していき次第にスカスカになってしまいます。

骨に隙間ができると骨折しやすくなったり、背筋や腰が曲がったまま戻らなくなってしまう恐れがあるのです。

しわができる原因は何?

老化

年齢を重ねていくごとに、しわは出来やすくなっていきます。
先ほどコラーゲンが失われていくと骨に隙間ができ、「骨粗しょう症」になる恐れがあると記述しました。

骨粗しょう症に通じる話で、顔のしわは頭蓋骨が衰えることによってできるという説があります。

しわたるみ

頭蓋骨は表情筋や皮膚を支える役割を果たしており、老化が進むとこの働きが正常に機能しなくなってきます。

骨の密度が薄くなって皮膚がたるんでくると、しわができてしまいます。

30代を境に骨の密度が徐々に薄くなっていくとされており、骨粗しょう症を発症する確率が上がるので年に一度は骨密度検査を受診するようにしましょう。

活性酵素

活性酵素とは外から受けた刺激によって体の細胞組織が壊れないよう、防御する働きです。

バナナ酸化

一見素晴らしい働きにも見えますが、何事も過剰なのは良くないと言うように活性酵素が増加しすぎるとかえって細胞を破壊してしまうことがあるのです。

細胞が破壊されるとお肌のコンディションを正常に保っていた状態が崩れ、深いしわを生み出してしまいます。

炎症

繊細な肌を物理的な刺激で傷つけていませんか?例えば洗顔一つにしろ、力強くゴシゴシとこすってはいけません。
日常の悪質な習慣が蓄積され、炎症を起こしてしまう恐れがあります。

赤み

炎症が起きるとシミができたりしわが刻まれたりとデメリットが多発するのです。

紫外線

お肌の天敵とも称される紫外線は、ただ肌細胞を壊しターンオーバーを遅らせるだけでなく紫外線によってできたシミやしわを根強く残してしまう恐ろしいものです。

しわが出来ることを絶対的な悪として表現しましたが、しわは日常的にできるものです。

笑ったり嘆いたりといったとき表情筋が動くので、しわが寄ったりしますがお肌に弾力があればすぐ元どおりになります。

しかし、紫外線によってコラーゲンの繊維が切れたり数が少なくなると、刻まれたしわが戻らずそのまま残ってしまうことがあります。

血行不良

健康体には栄養が必要不可欠ですが、栄養が行き届かないと血の巡りが悪くなります。

血行不良はすなわち細胞の不健康を意味し、結果的にはお肌のしわやしみへ繋がりかねないのです。

リンパの流れ
特に冬場は気温が下がるので、血の巡りが滞ってしまいがちです。
そうすることでターンオーバーのサイクルが遅れ、しわが生じる原因となります。

老化と関係ある真皮の構造と役割は?

しわが出来る原因を作るとコラーゲンが減少する

コラーゲンが減ってしわができてしまう原因は一体なんなのでしょうか?
諸説ありますが、紫外線や偏った食生活がしわを作ると言われます。

紫外線を受けた肌は皮膚が衰退していき、皮膚を刺激から保護する力が弱まっていきます。

ダイレクトに皮膚がダメージを受けるとコラーゲンによって保たれていた潤いや弾力が失われ、ハリのない肌になったりしわが生じてしまうのです。

しわ
また、偏った食生活を送っている方は食事を見直す必要があります。

なぜならタンパク質の少ない食事をとっていると、それに比例してコラーゲンが不足していきます。

血肉を作るだけでなく、コラーゲンをはじめとするお肌の調子を整える成分が足らないとどうしても肌が荒れたりしわができてしまいがちです。

ダイエットによって過剰な食制限を行ったり、食べなかったりするのは避けましょう。

コラーゲン生成を促す成分

ナイアシン

ビタミンBの一種で、基礎代謝に必要な成分です。

ナイアシンだけでも肌を美しくする作用があるのですが、コラーゲンと併せて摂取するとさらに効果的だと言います。

細胞の奥深くに届いてコラーゲンを増やす働きかけをします。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に浸透させやすくした成分こそがビタミンC誘導体です。

レチノールと同様、美容液に含まれていることが多い成分です。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体にはシミの原因となるメラニンを除去したり、抗酸化作用(アンチエイジング)効果が期待できます。

つまり肌トラブルの代表格であるしわやしみ、ニキビを防ぐ効果がビタミンC誘導体にはあるのです。

レチノール

ビタミンAの正式名称がレチノールです。

化粧品に多く使用される成分で、しわやたるみなどに有効なものです。

皮膚に弾力がある状態を維持できればしわは出来にくいのですが、弾力を保つにも意識的にコラーゲンを摂取する必要があります。

コラーゲンを失わせないよう体の中で作り続けるよう働きかけるのがレチノールです。

コラーゲンドリンクはしわに効果あり?

コラーゲンを分子化しないまま取り入れても吸収に時間がかかって、あまり効果を得られないのが現状です。

最近ではコラーゲンを細かくすることによって、体に取り入れやすくした「コラーゲンペプチド」が配合されているドリンクが販売されています。

気をつけたいのは一度飲んだだけで即効性があると言うわけではなく、毎日意識的にコラーゲンを取り入れる必要があります。

コラーゲンドリンク
日々の積み重ねがお肌に現れてくるので、しわ予防のためにもコラーゲンドリンクを飲むことをお勧めします。

エラスチンを増やすメリット

エラスチンはコラーゲンと同じくタンパク質の一種です。

動物の肉や魚に配合される成分で、ゴムのように伸縮性があるので「弾性繊維」とも称されることがあります。

このことからわかる通り、エラスチンは弾力のあるお肌を維持するのに大切な役割を担っています。

加齢とともに少なくなっていく成分の一つなので、食事やサプリで摂取していくことが大切です。

コラーゲンとエラスチンはサプリで摂取できる?

お肌を綺麗に保つコラーゲンとエラスチンは食事だけでなくサプリでも摂取できます。
サプリのメリットは一日数粒で必要な量のコラーゲン、エラスチンを摂取できるところにあります。

サプリ

定期購入コースもあるので、お試しでお買い求めいただいてアレルギーなどないか様子を見ながらその後も継続して摂取するのが理想です。

コラーゲンシートは効果あり?

体の中で生成されるコラーゲンとほぼ同じ原料でできたコラーゲンシートというものがありますが、効果の有無に迫っていきます。

美は我慢が必要だとも言われますが、効果を得られるかどうかはまさにその言葉を噛み締めながら日々継続してシートを使うほかなりません。

商品によってまばらですが、シートを朝夕水に浸してお肌にのせると潤い成分が増加し、早い方で一週間後には効果を感じられる場合があります。

ほうれい線

セラミドの種類と役割とは?美肌のためには〇〇セラミドが効果的!

美容業界で何かと話題になる「セラミド」 基礎化粧品にも多く含まれていることから、気になっている方がたくさんいま […]

コメントなし
スキンケア

スキンケアのポイントはずばり保湿!!知らなかった保湿の大切さをご紹介♪

あらゆる肌トラブルの原因になる「乾燥」 そんな肌の乾燥を少しでも防ぎ、美しい肌を保つために重要となってくるのは […]

コメントなし
ビーグレン毛穴ケア

ビーグレンの商品の特徴や効果は?毛穴、ニキビ、しわ、シミへの効果!

ビーグレンとは? 様々な雑誌などのメディアでも紹介されているビーグレンとはどのようなものなのでしょうか? 名前 […]

コメントなし
幹細胞コスメ

幹細胞コスメとは?植物由来やヒト由来化粧品?効果はどうなの?

世の中にこんなに沢山の化粧水や乳液、美容液などが溢れていながら、多くの人達がコスメに満足できないのは何故でしょ […]

コメントなし
エステナードリフティ

エステナードリフティとは?他商品との違いやジェルの代用は可能?

お肌の悩みを解決する美顔器は、次々に新機種が生まれてきます。 数ある美顔器の中でも決定版といわれる美顔器エステ […]

コメントなし

たるみに効く化粧品ランキング!ハリのある肌へ口コミ人気化粧品!

顔にたるみができて気になる方もいるのではないでしょうか? 年齢を重ねているから仕方ないのかな?と思ってもやはり […]

コメントなし
セラミド

セラミドの効果とは?種類やサプリ・化粧品・食べ物の摂取方法をご紹介!

「最近なんだか肌に元気がない」 「数年前の写真と比べてみると明らかにたるんでる」 「乾燥でしわが気になる」 な […]

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません […]

コメントなし
しわ

ゴルゴラインを消す方法!原因は加齢しわ?パソコンのみすぎ?

ゴルゴラインがあると険しい顔つきになって、ガクンと老けて見られます。 ほうれい線は有名ですが、最近はゴルゴライ […]

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気 […]

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで […]

コメントなし
潤い

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ […]

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

たるみ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 糖化を防ぐ食べ物とは?抗糖化のための対策法!

  • ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

  • 炭酸洗顔料でアンチエイジング!毛穴や血行促進に効果あり!?

  • フラウニーズのしわ取りシートの特徴や眉間や目の下の使い方まとめ

  • ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

  • 目元のしわの原因やなくす方法は?化粧品や生活習慣改善!

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。