エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. しわ
  4. コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

コラーゲンの効果

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか?
コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物ですよね。

コラーゲンは美容に効くと聞くけど、これを食べて本当に肌に効果があるのでしょうか

ここでは
・コラーゲンの効果
・コラーゲンの役割とは?
・コラーゲンの摂取方法

などをご紹介します。

コラーゲンとは

コラーゲン効果

コラーゲンとは私たちの体にあるたんぱく質の一種であり、私たちの体の中にある全てのたんぱく質の約3割をこのコラーゲンが占めています。

体の中にあるこのコラーゲンのうち、皮膚に40%、骨や軟骨に20%、残りはその他全身に存在します。

たんぱく質の中でも、コラーゲンは弾力性があり、細胞同士を結合させるという働きをしています

コラーゲンの役割とは?

コラーゲンは、肌にハリを与える特徴があります。
また骨を丈夫にして、関節の動きを滑らかにする働きがあるとされています。

例えば肌のハリや弾力を保ち、骨折などをしないように骨を丈夫にします。

肌のハリ

コラーゲンの特徴は?

体内のコラーゲンには上記のような役割がありますが、その点いくつか肌にとってデメリットとなるものもあります。

加齢とともに量が減少する

私たちの体の中のたんぱく質であるコラーゲンは、年齢を重ねる毎に、その量は減っていきます

20歳がピークとされていて、段々と減り、60歳になるとピーク時の量よりで25%程減少します。

減少

活性酸素により質も低下する

実はこのコラーゲン、量と共に質が年齢とともに低下してしまうことが明らかになっております老化の原因の1つである、活性酸素によりコラーゲンの質が低下するといわれております。

そのことにより、コラーゲン自体が固くなってしまうため、正常に分解が出来ずに、いびつに変形したコラーゲンが増えるのです。

そしてコラーゲンの質が落ちると、新しいコラーゲンが生成されず、肌のハリが失われ、肌が老化して行きます。
また、関節の動きが滑らかにするコラーゲンが少なるなることで、傷みやすくなります。

加齢

コラーゲンの効果

コラーゲンを摂取したからといって、その効果は絶対ではありません。
しかし最近では、コラーゲンの効能が認められつつあり、コラーゲン商品は様々なかたちで販売されています。
期待される効果はこんなにもあるんです。

コラーゲンの美容効果は主に保湿成分になります。

肌の90パーセントはコラーゲンと言われるように、コラーゲンを補うことで肌の真皮層は弾力を増し、外部からの刺激に対して強くなります。

皮膚の弾力

コラーゲンがしっかりとした網目状のネットを肌にはることができるため、肌は水分をキープすることが出来るとも言えます。

コラーゲンは肌のターンオーバーとともに日々新しいものに作り替えられており、キメの細かい状態をキープすることで若々しい肌を維持します。

美肌

コラーゲンがしっかりと肌を支えてくれれば、加齢に伴う肌のたるみやしわ、紫外線による肌乾燥からも肌を守ることが出来ます。

弾力のある肌を作る

コラーゲンは、肌の真皮の約7割を占めているとされており 真皮の中でコラーゲン同士が結合することにより、肌に弾力が生まれハリが出ます。

コラーゲンが不足すると、しわやたるみの原因になることがあります。

真皮

シミやソバカスに効く

コラーゲンは、シミやソバカス対策に役立つとされています。

表皮のターンオーバーを活性化させることにより、シミやソバカスの原因であるメラニン色素をターンオーバーを正常にするため、剥がれ落としやすくします。

美白

髪に潤いを与える

髪の毛が生えている真皮のコラーゲン量が多ければ、潤いハリのある美しい髪を手に入れることが出来ます。

関節の動きを滑らかにする

コラーゲンは、関節の動きを滑らかにする働きがあるとされます。

関節を保護するための軟骨に、コラーゲンがしっかりとあると、丈夫な軟骨を作りますので、関節痛などを和らげることも出来るとされています。

骨を丈夫にする

コラーゲンにカルシウムなどが沈着して骨となっているため、コラーゲンが豊富だと、骨を丈夫にします。
コラーゲンは、閉経後の骨粗鬆症予防にも有効だという説もあります。

丈夫な血管を作る

コラーゲンには、血管壁にも豊富に存在します。

傷ついた血管壁を修復する効果があるとされ、コラーゲン不足になると、高血圧や動脈硬化という恐い病気を引き起こしやすくなります。

血管

目のトラブルを予防する

目にもコラーゲンが多く含まれ、目の角膜はコラーゲンが積み重なった結晶体です。

コラーゲンをしっかり摂取すると、老化による視覚障害や目のかすみなどの予防にもなります。摂取を怠ると、疲れ目になりやすいです。

更年期障害の緩和と予防

コラーゲンをしっかり摂取することで、卵胞細胞を活性されます。
この卵細胞にも、コラーゲンが豊富です。
更年期障害は女性ホルモンの分泌からなるため、その分泌低下速度を緩やかにすることにより緩和されます。

調子が良い

胃の新陳代謝を活性化させる

胃の新陳代謝を活性化させるとともに、消化液に対しての抵抗力も高まると言われているため、胃を元気にさせます。

アレルギー症状や花粉症の緩和にも効く

コラーゲンは肌を潤わす効果があるため、アトピー性皮膚炎による肌の乾燥症状をやわらげます。そのため改善効果の期待ができます。
また、花粉症の症状緩和にもコラーゲンは効果的だという説もあります。

ガンの予防への期待

ガン細胞の周りをコラーゲンが取り囲むと、ガン細胞が体内に発生した際にガン細胞の増殖を抑制すると期待されています。

コラーゲンがこんなにも多くの効果をもっていたことを知っていましたか?女性が一番気になる効果は、ハリのある肌を保つということだと思います。やはりいつまでも若々しい肌でいたいのは、みなさん同じですよね。

コラーゲンの美容効果について

コラーゲンの美容効果として直接関係性が高いのはしわ・たるみへの効果でしょう。

コラーゲン量が増加できれば、しわ・たるみの予防ができます。
弾力がありハリのある美肌を実現できます。

美肌

コラーゲンの摂取方法

年齢を重ねる毎に減るコラーゲン。これは私たちの体にとって自然なことであり、残念ながら仕方のないことです。
では、どのようにしたら、いかにコラーゲンを保つことが出来るのでしょうか?

1.化粧品から摂取する。

化粧品でコラーゲンを摂取する場合は、コラーゲンの分子量が小さいコラーゲン成分もしくはナイアシン、レチノール、ビタミンC誘導体というコラーゲンを生成促進する美容成分を選びましょう。

むしろ多くの化粧品はこれらを配合しているものを販売しています。

化粧品

2.食品から摂取する

コラーゲン鍋など、体の内部に食品から摂取するという方法もあります。

コラーゲンは、動物や魚類の骨や軟骨などに多く含まれ、豚足はよくコラーゲンが豊富だからと食べる方が多いのではないでしょうか。

また、ラーメンの豚骨スープや牛スジ、鶏の手羽先やフカヒレなどにも多く含まれます。
しかし、これらの食品は、脂肪を多く含むものが多いです。
コラーゲンを摂取したいからとやたらと食べると、太る原因になります。

コラーゲン鍋
またこれらはゼラチンと呼ばれるものであまり美肌効果はないといわれています。

実際の口コミ

コラーゲンの摂取方法

私自身のコラーゲンの摂取方法は、ホルモンをなるべく食べるようにしています。
焼肉屋へ行ってもほぼホルモンしか頼まないです。カルビやハラミなど赤身のお肉は基本的には頼まないです。
上ミノやテッチャン、シマチョウをメインで食べるようにしています。コラーゲンがたっぷりなので翌日は摂取した後なのでお肌がプルプルしています。
コラーゲンはお肌にいいので摂取しすぎとかはありません。ホルモンのコラーゲン効果のおかげでお肌はプルプルです。

コラーゲンで美肌作り

肌や髪の毛をはじめ、私たちの身体は普段摂っている食事から出来ています。
なので、出来るだけサプリメントや薬に頼らず食品からコラーゲンを摂取したいと考えているので、鳥の手羽先や豚足といったコラーゲンがたくさん採れる食品をよく食べるようにしています。
そうすることにより、食べた次の日等、肌の油分量や水分量、弾力が積極的に上がってくれていると感じます。

3.健康食品から摂取

コラーゲンサプリ

コラーゲン単体を摂取したからといって体内でコラーゲンになるとは限らないです。
リジン・プロリン・ビタミンCなどの成分が体内でコラーゲンを合成するために必要な成分であることが分かっています。

そのため、サプリメントやドリンクでそれらが含まれるもので摂取することをおすすめします。
さらにおすすめは、コラーゲンの吸収率を高める効果があるとされる、ペプチド化されているサプリメントです。

サプリメントであれば、食品から摂取するときのように脂肪を気にすることもありませんよね♪

実際の口コミ

アンチエイジングをしたい人にぴったりです

テレビコマーシャルで見かけたすっぽん小町が気になり購入をしたところ、娘に肌がきれいになったと言われてとてもうれしかったです。
最近は特に肌のたるみやしわが気になっていたものの、飲み始めて1週間後には肌が少し明るくなっていました。
購入を始めて半年ですが1日2粒なので経済的で、専業主婦の私でも負担になりません。肌に弾力が出て、アンチエイジング効果が期待できます。

短期間で効果を得られました

コラーゲンサプリの口コミサイトの上位に美チョコラがランクインしていたので、早速購入をしました。
飲み始めてもう2か月近くが経ちますが、1日に3粒飲むだけなので何ら苦にならず良かったです。
効果を実感できるまでにはもっと時間がかかると思っていましたが、飲んで1週間後にはもう肌が柔らかくなってスベスベの感触に変わっていました。
失われていたハリが出てきたので、うれしいです。

4.ドリンクから摂取

実際の口コミ

市販で売られているコラーゲンドリンク

私は27歳の頃から市販で売られている飲むドリンクタイプのコラーゲンを買って毎日飲んでいます。
国産の物は高いので海外の物を選んで買うようにしてみました。
飲んだ次の日は顔だけではなくて体全体の肌がつるつるになってくれて大満足でした。
化粧品で肌をケアするよりも内側からのケアが一番効果が出るんだなと飲み始めてから思いました。今でも飲み続けています。

年齢肌対策にはコラーゲン

ファンケルのHTCコラーゲンDXを飲んでいます。
年齢肌が気になり、肌の張りがなく老化していくのが切なくなったので対策に飲み始めました。
沢山コラーゲンのサプリなどはあるので迷いましたが、化粧品や他のサプリメントを購入した事があるので安心感からファンケルにしました。
さすがにすぐに効果は出ないのですが、少しずつ肌の調子がよくなって、1袋終わるころには、弾力も出てきたような気がしました。

どのタイミングで摂取すればいい?

コラーゲンを摂取するタイミングは夜寝る前がおすすめです。

就寝後2から5時間の間は美容のゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが多く分泌されるためこのタイミングでコラーゲンが体内にあると肌の再生が効率的に行われます。

時間

コラーゲンドリンクをジュースや糖質の多いスナックと一緒に摂取しないようには気をつけましょう。

粉末と飲むタイプどちらが効果がある?

コラーゲンドリンクには粉末タイプと飲むタイプがありますが、効果をすぐに実感したい人はドリンクタイプがおすすめです。

ドリンクタイプは体内に摂取された後の吸収スピードも速く、特に大切な日の前日に飲めば次の日の朝には肌のハリを実感することが出来ます。

美容ドリンク

粉末タイプはドリンクタイプよりも手軽に摂取することが出来継続しやすいので、長期的にコラーゲンの効能を取り入れたい人におすすめです。
購入する場合も粉末状になっていれば持ち運びが軽くなります。

どちらのタイプも美容効果に大きな違いはありませんが、即効性を期待するのであればドリンクタイプです。

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違い

最近知られていることとしてコラーゲンは分子量が大きく、単体では肌に吸収されにくいということがわかりました。

しかしコラーゲンペプチドなら分子量を小さくしているため効果が高いといわれています。
もし粉末から摂取する場合はコラーゲンペプチドを摂取しましょう。

肌が若々しいと元気で輝いて見えます。
継続的にコラーゲンを摂取し、いつまでもハリと弾力のある肌で、美しい女性でいましょう。

コラーゲンと他の成分を比較

アミノ酸とコラーゲンの違いは?

コラーゲンとアミノ酸はよく混合されがちですが、コラーゲンは実はアミノ酸から作られているのです。

つまりアミノ酸が不足しているとコラーゲンの再生スピードも遅くなり、コラーゲンが不足し肌のハリがない状態になってしまいます。

アミノ酸

ではなぜコラーゲンとアミノ酸が別々の名称を持っているかというと、コラーゲンとアミノ酸は分子量が違うからです。

アミノ酸はコラーゲンよりもかなり小さく、コラーゲンの約3000分の1とされています。
つまり体内に吸収する場合も、分子の小さなアミノ酸として吸収した方が吸収されやすいのです。

アミノ酸の分子量

コラーゲンを摂取してもコラーゲンは増えないと言われるのはここが理由です。
コラーゲンは体内に吸収するには分子量が大きいため、結局のところ体内に吸収されず分解されてしまうのです。

コラーゲンを摂取しても効果がないわけではありませんが、分子の小さい状態で摂取した方が吸収スピードが速く、摂取から約30分で体内に吸収することが出来ます。

アルギニンやプラセンタとコラーゲンの違いは?

アルギニンは必須アミノ酸ではなく、非必須アミノ酸に分類されます。

しかし体内で生成されるアルギニンは成長ホルモンの分泌や免疫力維持には不十分で、1日に1グラムから8グラムのアルギニンを食品からの摂取することが望ましいとされています。

アルギニンのイメージ

アルギニンの主な働きは成長ホルモンの分泌促進で、脳下垂体から分泌される成長ホルモンの働きを助けてくれます。

成長ホルモンは肌のターンオーバーを補うだけでなく、傷の治りを早めてくれるため、肌がニキビや紫外線から受けたダメージも早く修復してくれます。

また、脂肪の代謝を促進して筋力をつける働きもあるのでダイエットにも必須のアミノ酸と言えます。

代謝

また、その他にもアルギニンは白血球の働きを助け、免疫力を高めてくれます。
プラセンタは胎盤のことを指します。

胎盤は哺乳類が子どもを育てるために使う器官なので、プラセンタには成長因子、アミノ酸、たんぱく質、脂質、脂肪酸、酵素類、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸など幅広い栄養素がぎゅっと凝縮されています。

胎盤

つまりプラセンタはコラーゲンよりもよりマルチに働くことのできる栄養素なのです。多くのプラセンタが動物性由来から摂取されており、人のプラセンタに近い型のものほど高い効果が期待できるとされています。

これらと比較してコラーゲンは主にたんぱく質です。

多くの食品にアミノ酸やたんぱく質として含まれていますが、その美容機能は主にたんぱく質の働きとなる肌のハリの改善や紫外線による肌ダメージの修復、目の乾燥や爪の乾燥の改善となります。

コエンザイムとの違いは?

コエンザイムは優れた抗酸化作用を持つとして重宝されています。

抗酸化作用とは体内に取り入れられた、又は体内で作られた活性酸素と呼ばれる老化を早めてしまう酵素を除去する作用のことを指します。

コエンザイム

近年アンチエイジングからも着目されている抗酸化作用を持つコエンザイムは、特に30代を迎えるあたりから女性の美容を大きく助けてくれる成分になります。
コエンザイムとコラーゲンはどちらも高い美容成分として働くので、どちらも積極的に取り入れたい成分です。

ゼラチンとの違いは?

ゼラチンとコラーゲンは実は非常に近い存在です。ゼラチンは主に動物由来の皮膚や骨などが原材料となっています。

ゼラチンとコラーゲンの大きな違いは分子の形です。
コラーゲンは三重のらせん構造でその型を保っていますが、ゼラチンはコラーゲン分子よりも小さく分子同士の繋がりがなく、1本づつの糸状になっています。

ゼラチン

しかしこのゼラチンの分子をさらに細かくしたものがコラーゲンペプチドと呼ばれて美容面でも使用されているので、ほとんど同じと考えても間違いないでしょう。

コラーゲンと糖化の関係は?

糖化の仕組みは最近アンチエイジングの視点から着目されており、糖化を予防することが老化を予防することと捉えられています。

糖化とはたんぱく質が体温によって糖と結合してしまうことで、そのままにしておくと強い毒性を持つ分子へと変わってしまいます。

顔のしわ

糖化によって生成された産物は「AGE」と呼ばれ、AGEはコラーゲンへも影響を及ぼし、弾力のあるコラーゲンをカチカチの硬いコラーゲンへと変えてしまいます。

元々コラーゲンだったたんぱく質が、糖化することでコラーゲンを悪化させてしまうのです。

糖化により1度AGEとなったコラーゲンは毒性が高いため、ウイルスと闘う白血球により消化されますが、この過程でコラーゲンも同時に消化されてしまう為、一度糖化を始めると私たちの体の中ではどんどん老化現象が悪循環に進んでしまうのです。

コラーゲンを摂取する場合は、体内で糖化してしまうのを予防するため、糖質の多いケーキやジュースなどの摂取を控えるように心がけましょう。

毛穴に効く化粧品ランキング!毛穴開きに引き締め効果のあるプチプラ商品!

「毛穴の黒ズミが気になる」 「毛穴を引き締めたい」 など毛穴ケアを気にする方はとても多いです。 しかし毛穴の改 […]

コメントなし
美白化粧品

シミに効く美白化粧品ランキング|効果が高いおすすめプチプラ化粧品!

あれっこんなところにシミが と感じた女性も多いのではないでしょうか 30歳前後になると気になるのがシミですね。 […]

コメントなし
化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思 […]

コメントなし
フェイシャルエステランキング

フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!

「毛穴が気になる」 「しわやシミが気になる」 「ニキビができてきた」 など顔の悩みが深くなってきた際に気になる […]

コメントなし
化粧品

ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

美肌の最強成分といえばビタミンC。 メラニン色素の沈着を抑え、女性の大敵であるシミを目立ちにくくしたり、コラー […]

コメントなし
目の下のたるみ

目の下のたるみは老けの始まり…原因4つと改善方法

あなたは、目の下のたるみ気になりますか?目の下がたるんでいると目尻が下がって、顔に覇気が感じられず疲れて見えて […]

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません […]

コメントなし
しわ

活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

活性酸素は、外部から体内に侵入してきたウイルスや細菌を防御する働きがあり、体にとっては基本的に必要なものです。 […]

コメントなし
美容ドリンクを飲む女性

美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

女性ならいつまでもハリ・弾力があるお肌を維持していたいと思いますよね? 綺麗なお肌を維持していくには人並み以上 […]

コメントなし
エイジングケアをする夫婦

エイジングケア人気化粧品ランキング!美容液・クリームにサプリも紹介

加齢は避けられないとはわかっていても少しでも若く見られたいですよね。 少し高い金額を支払っても1歳でも若いとい […]

コメントなし
フェイスラインを気にする女性

フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?

あれ?二重顎になっている? いつのまにかフェイスラインがもうメリハリがなくなっている そんな経験はありませんか […]

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気 […]

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで […]

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

あれ友人の結婚式や同窓会の写真を見ると自身の顔に違和感が。。。 これほうれい線だ。。。 こんな感じでほうれい線 […]

コメントなし
レチノールの効果を実感する女性

レチノール配合の化粧品は美容効果が高い!美容液?化粧水?摂取方法と副作用は?

あなたはしわやたるみに悩んでいませんか? 最近美容効果が高いと噂のレチノール。 レチノールはビタミンAの一種で […]

コメントなし
潤い

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ […]

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

コラーゲンの効果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • エステナードリフティとは?他商品との違いやジェルの代用は可能?

  • 美容鍼でキレイになれる?芸能人も通うその効果や頻度は?

  • セラミドの効果とは?種類やサプリ・化粧品・食べ物の摂取方法をご紹介!

  • ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

  • もう老け顔とは言わせない!疲れ顔をキレイに解消♪

  • しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

人気記事

  • 筋肉を落とさないで痩せるためのダイエット方法

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 赤ニキビの原因や白ニキビの違い!即効で治す方法は皮膚科?

  • 更年期障害の下痢・腹痛ついて~胃腸の症状と整え方~

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。