エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. 効果
  4. 脱毛の痛み比較!痛いのはVIO?サロンの脱毛法で痛みは違う?

脱毛の痛み比較!痛いのはVIO?サロンの脱毛法で痛みは違う?

効果
  92 Views
皮膚科

脱毛サロンの痛みとは?

「脱毛サロンに行きたい!」と考えた人がインターネットで簡単に脱毛サロンについて調べると出てくる痛みに関する体験談。
こうした情報を得るとサロンに通うのが怖い、と感じる人もいるのではないでしょうか。
でも、そもそも脱毛サロンで痛みを感じるのは当たり前なのでしょうか?

痛みを感じない方法はないのでしょうか?
詳しく解説していきます。

質問

痛みを感じる光脱毛機の仕組みとは?

脱毛サロンで一般的に導入されているフラッシュ脱毛機。
このマシンは毛根の細胞に光を当てて焼き、また毛が生えてくるのを抑えるというもの。
毛根を焼くので痛みを感じるのは当然と言えば当然です。

光脱毛と一口に言っても様々な様式があり、それによって仕組みが異なることも。これに関しては具体例を挙げて後述します。

光脱毛

どんな感じの痛み?

痛みと一口に言っても、様々なものがあります。

光脱毛で感じる痛みの表現として「輪ゴムで弾いたような」と表現する人が多いです。

痛みに敏感であったり、VIOといった痛みを感じやすい部位だと「輪ゴムを思い切り弾いたような」痛みだと感じることもあるかもしれません。

サロンであれば、それなりに痛みの強い方式であったとしても我慢しきれないというほどのものではない、という感想を抱く人が多いです。

VIO痛み

しかし、医療脱毛は我慢できなくて涙が出てくるという人もいるので「サロンが大丈夫ならクリニックも痛くないだろう」と考えていると医療脱毛を受ける際はびっくりするかもしれません。

痛みの感じ方は部位ごとに違うの?どんな部位が痛い?

痛みの程度は施術を受ける部位によって異なります。

皮膚が薄く、毛が濃い部位は痛みが強い傾向にあるそうです。
具体的な部位を挙げると
①VIO・ヒゲ
②ひざ・足の指・足の甲
③ワキといった痛みが強いとされています。

数字が少ないほど痛みが強い傾向にあります。
このように部位ごとに痛みの程度が異なることに加え、その人の肌質・毛質によっても差が出てきます。
敏感肌・剛毛・痛みに敏感といった条件に合うと特に痛みを感じやすいです。

VIO痛み

他の部位はそうでもないかもしれませんが、VIOとなると痛みを我慢するのがつらいという人も出て来る可能性が。

サロンは医療機関ではないため麻酔が使えませんが、そうした場合はどうしたら良いのでしょうか?サロンの脱毛機は出力を調整することができます。
そのため、その出力で我慢できないなら下げてもらうようにすれば良いのです。

脱毛サロン毎に痛みは違う?

ほとんどの脱毛サロンで導入されているのはフラッシュ脱毛機です。
しかし、そのサロンによってマシンの種類は異なりますし、そのマシンの方式も異なります。

それでは、どのような方式のマシンがあるのでしょうか?導入されているサロンと痛みの強さについて解説します。

SHR脱毛の痛みは?

SHR脱毛は毛穴の内部にある毛包のバルジに熱を当て、毛が生えるのを抑える方法です。弱い光で蓄熱しながら脱毛するので、肌にもダメージを与えにくいでしょう。

導入しているサロンとしては「ラココ」「ストラッシュ」が挙げられます。

ストラッシュ
痛みがないのが特徴なので、なるべく痛みを感じたくないというおすすめです。

SHRには痛みがない以外にも様々なメリットがあります。

まずは毛周期を無視して施術が行えるということ。
つまり、毛周期を無視することができるので、短い期間で脱毛完了することが可能です。

さらに産毛にも効果があることも魅力的です。

デメリットとしては、導入している脱毛サロンが少ないこと。
サロンの中でも特に有名なブランドは大抵SSCかIPL脱毛方式を採用しています。

ハイパースキン脱毛の痛みは?

ハイパースキン脱毛はSHR方式と少し似た脱毛方法です。

こちらは毛包ではなく毛の種にアプローチする方法となっています。
こちらはSHR方式と異なり、毛周期に合わせて施術を行います。

導入している脱毛サロンは「ディオーネ」です。痛みはありません

ディオーネ

この方式のメリットは産毛にも効果が見込めるということ。
また、美肌効果にも期待が持てます。それに加えて注目したいのは、肌に優しいということ。

肌に優しく与えるダメージが少ないため、肌トラブルのリスクが低いです。
また、敏感肌・アトピーであっても施術できます。

ちなみに多くの脱毛方式で脱毛不可な日焼け肌であっても対応しているのもポイント。
光脱毛のリスクのうちのひとつである硬毛化のリスクがないのも大きなメリットです。
デメリットとしては扱っているサロンが非常に少ないことが挙げられます。

SSC脱毛の痛みは?

SSC(スムース・スキン・コントロール)方式とは専用ジェルとフラッシュを併用した手法です。ジェルは抑毛効果のあるもので、フラッシュとの相乗効果で脱毛します。

IPL方式よりは痛みが抑えられています。
導入サロンは「ミュゼプラチナム」「コロリー」です。

この方式のメリットとしては、肌へのダメージが比較的少ないことが挙げられます。
敏感肌であっても軽いものなら施術可能です。

ミュゼ

他にも塗布するジェルによる効果も大きなメリット。
ジェルには美容や抑毛成分が含まれており、脱毛しながら美肌を目指すことも可能です。脱毛施術にかかる時間が短いのも嬉しいポイント。

ミュゼプラチナムの全身脱毛なら90分で完了することができます。
これなら仕事帰りや学校帰りに通うこともできそうです。

デメリットとしてはジェルを塗ることが挙げられます。

ジェルとフラッシュの相乗効果で脱毛するタイプの方式なので、どうしてもジェルを塗る必要があります。
しかし、ジェルを塗った感触が気持ち悪かったり、施術を受けているうちに寒いと感じる人が多いそうです。また、日焼け肌やほくろの部分には施術が行えない点もデメリットのうちのひとつと言えます。

IPL脱毛の痛みは?

サロンのフラッシュ脱毛の中で最もポピュラーな方式。
SSC方式はジェルと光の相乗効果で毛の成長を妨げますが、IPL方式は光を毛根に集中させて脱毛します。

こうした性質の方法であるため、SSC脱毛より痛みが強い傾向に。
「キレイモ」「脱毛ラボ」「銀座カラー」を始めとした様々なお店で導入されています。

メリットとしては黒ずみ解消に役立つこと。それに加えて美肌効果に期待も持てます。というのも、IPL方式で使用する光はフォトフェイシャルのものと同様です。

銀座カラー

そのため、IPL方式では脱毛しながら美肌を目指すことができます。特に肌を引き締める、きめ細かくする、ワントーン明るくするといった効果が見込めるそうです。
デメリットとしては日焼けした肌やほくろには照射できないということ。

IPL方式は黒い色素に反応して脱毛を行います。
そのため、ほくろや日焼け肌に光を当てると火傷の原因に成りかねないのです。
また、黒い色素に反応するという言葉からも分かるように、産毛にも効果が薄いです。

ちなみにこうした光脱毛の他に、変わり種としてエステティックTBCの美容電気脱毛を挙げます。
これは、専用の針を毛穴に通して、そこに電気を送ることで焼くというもの。
こちらは脱毛サロンで導入されているどのフラッシュ脱毛よりも痛いと感じる人が多いです。

そのため、痛みを感じたくないという人はなるべく避けるようにしましょう。ただし、効果はかなり高いです。

医療脱毛の痛みの仕組みは?なぜサロンより痛い?

こうして見ていくと、脱毛サロンはそれほど痛くないということが分かります。
それでは、クリニックでできる医療脱毛は痛いのでしょうか?

結論から言うと、医療脱毛は脱毛サロンと比較して痛みが強い傾向にあります。

それは、出力の問題があるからです。
脱毛サロンはご存知のとおり医療機関ではありません。医療行為はできないのです。
しかし、レーザー出力の強いマシンを使って施術を行うと医療行為だとみなされてしまいます。

そのため、出力をかなり抑えたマシンを使うほかないのです。
これを逆に言うと、クリニックは医療機関なので出力の強い医療レーザー脱毛機を使います。

脱毛の効果

つまり、それだけ強い力が毛根に働いて熱を加え焼くのです。そうなると、サロンより痛みを感じるのは当然であると言えるでしょう。

ただし、それだけに効果は絶大です。
医療脱毛だと痛みを我慢できそうにないから心配である、という人もいるかもしれません。

しかし、それに関しては心配ないと考えます。

というのも、クリニックの脱毛では痛みが我慢できない場合、麻酔を使用することができるからです。
サロンではいくら痛くとも医療機関ではないため、麻酔を使用することはできません。
そう考えると、医療脱毛を「痛み」という観点から見ても、悪くないと言えそうです。

予算に余裕があって、なるべく安全に永久脱毛をしたいなら医療脱毛の方をおすすめします。
というのも、クリニックの方がトラブルの起こる率は少ないと言われています。

さらに脱毛完了までにかかる期間が短いのも医療脱毛です。
なんと、1/3~1/2の回数で脱毛を終えることができます。

これは、そのまま期間にも反映できるため、期間としても1/3~1/2で脱毛完了できるわけです。また、脱毛効果の持続の点でも医療脱毛の方が優れています。

エステ脱毛の効果は永久に持続するものではありません。
かなりの数の人が数年後には毛の復活を実感します。そのため、エステ脱毛の経験者はまたメンテナンスに通いはじめる傾向にあります。

それに対し、クリニックの脱毛は永久に生えてこないことがほとんど。ずっと生えてほしくないという人は医療脱毛の方が良いでしょう。

ただし、エステ脱毛の方が優れている点もあります。それはコストが低いこと。全身脱毛となると、安いとは言ってもそれなりの費用を覚悟しなければいけませんが、ワキや顔といった一部のコンプレックスを解消するくらいなら、かなり安価に契約することが可能です。

例えば人気のある部位としてワキ脱毛の料金を紹介します。
リゼクリニックでは5回18,800円湘南美容外科クリニックではなんと6回1,000円です!

リゼクリニック

これを読んでいて、特に湘南美容外科の価格設定にびっくりしたという人も多いのではないでしょうか。価格改定前はさらに安かったのですが、まだまだびっくり価格です。

ライトシェアデュエットとジェントルレーズプロはどちらが痛い?

クリニックで導入されていることの多いこの2つのマシンならどちらの方が痛いのでしょうか?

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは吸引と冷却をしながらレーザーを当てることができる脱毛機です。それに対し、ジェントルレーズはレーザー照射しながら冷却するマシン。
どちらも痛みを抑える工夫がされているだけあって、痛みも他のマシンと比べてマイルドだとか。

よりどちらが痛いかというと、ライトシェアデュエットの方が痛いという人もいれば、ジェントルレーズの方が痛いという人もいるようです。

つまり、それほど変わらないというのが実情ではないでしょうか。

参考⇒腕のおすすめランキングはこちら
参考⇒足のおすすめランキングはこちら
参考⇒背中のおすすめランキングはこちら
参考⇒VIOのおすすめランキングはこちら
参考⇒全身脱毛のランキングはこちら
参考⇒家庭用脱毛器ランキングはこちら
参考⇒医療脱毛のおすすめランキングはこちら

クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています […]

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどう悩んでる?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ […]

コメントなし
お尻

女性のOライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも […]

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に […]

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず […]

コメントなし
ワキのちくちく

ワキ毛がチクチクしてかゆい時はどうしたら良い?原因や対策方法!

ワキ毛を処理したはずなのに、すぐにチクチクしてしまう。 そんな悩みはありませんか? ワキは毎日処理するもので肌 […]

コメントなし
うなじの毛の処理について

毛深いうなじの脱毛処理は?シェーバー?キレイなうなじの作り方とは?

普段は自分で確認することも少ないうなじの毛。 しかし男性はうなじを結構見ているって知っていますか? 女性の毛深 […]

コメントなし
谷間のムダ毛処理について

胸の谷間の剛毛・産毛は処理すべき?毛が濃い原因と対処法

胸の谷間の毛が気になる、しかも剛毛で毛深い! これは本当にきつい悩みですね。 水着なんて着る際はかなりしんどい […]

コメントなし

乳首・乳輪の脱毛は恥ずかしい?自己処理の方法は?クリーム?毛抜き?

乳首・乳輪に毛が生えてきて困るという方は実は結構いますよね。 パートナーからどう見られるかなど、気になってしま […]

コメントなし
ケノン効果特徴

ケノンの脱毛器の効果は?口コミレビューや使い方、最安値情報!

ケノンは今や家庭用脱毛器の代名詞的な存在で、多くの女性の新しい自己処理脱毛の手段として知られています。 剛毛や […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

皮膚科

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 脱毛サロンの効果はいつから?部位別の効果と回数・期間や医療脱毛と比較

  • ダイオードレーザーは美肌、シミ効果?ライトシェアとの違いやデメリット

  • ハイパースキン脱毛とは?特徴やIPL、SSC脱毛との違いは?

  • IPL脱毛の永久脱毛効果は?家庭用脱毛機にもあるの?SSCとの違いは?

  • ワキ脱毛のメリットは?ワキガと脇汗の関係や臭いはどうなる?

  • ジェントルレーズプロの痛みは?産毛、シミなどフェイシャルにも効果?

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!