エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. しわ
  4. ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

ビタミンC誘導体の成分

美肌の最強成分といえばビタミンC。
メラニン色素の沈着を抑え、女性の大敵であるシミを目立ちにくくしたり、コラーゲンの生成をサポートしたり、肌のキメを整えたりと、ビタミンCは美肌を保つ上で欠かすことのできない大切な成分です。

このビタミンCをグレードアップさせたのが、今回の主役「ビタミンC誘導体」。

ビタミンC
そもそもビタミンCを食べ物から摂ろうとしても、水に流れやすく熱に弱いという性質を持つことから、体の中に留めて置くことが困難だと言われてきました。

また分子が大きいため肌に浸透しにくく、なかなか効果を得られないというデメリットを見事解消してくれるのが、このビタミンC誘導体なんです。

誘導体という名前がついているだけあって、肌への浸透力はもちろん美肌効果も抜群。

こうした素晴らしい浸透力を持ったビタミンC誘導体に含まれる成分と、詳しい効果についてお話しましょう。

ビタミンC誘導体とは?

shutterstock_362165852
そもそもビタミンC誘導体とは一体、なんのことでしょうか?

ざっくり言ってしまえば、酸化、分解されにくく、なおかつ肌の※奥まで生きた状態で浸透するパワーを持っているのが「ビタミンC誘導体」です。※角層まで

これまでビタミンCは体内、肌の奥まで届けるのは難しいとされてきました。
それは、ビタミンCは酸化しやすい上に、分解されやすいという性質があったからです。

ビタミンC誘導体

せっかく素晴らしい才能、効果を持っているのだから、それをなんとか生きたまま届けることはできないだろうか、ということで長年の歳月を経て開発されたのがビタミンC誘導体というわけなんですね。

高い美容効果で知られる、あのビタミンCをはるかに超えるクオリティーを実現したビタミンC誘導体は、女性たちの救世主と言っても過言ではありません。

ビタミンC誘導体の種類!

shutterstock_283277435

ビタミンC誘導体と一口に言ってもいくつか種類があります。

種類によって、肌質に合う合わないだったり効果も違うので、これから購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

水溶性

その名の通り水に溶けやすく肌なじみのいい水溶性ビタミンC誘導体は、化粧水や美容液に配合されている場合がほとんど。主な成分は下記の通りです。

・リン酸型ビタミンC
・アスコルビン酸グルコシド
・アスコルビルエチル

油溶性

水に溶けにくく、油に溶けやすい性質です。主にはクリームとして用いられることがほとんど。近年開発されたばかりで肌への吸収率が水溶性よりも高く、なおかつ保湿力にもすぐれているので乾燥対策にも。

・テトラヘキシルデカン酸アスコビル
・ステアリン酸アスコビル

両親媒性

上でお話した水溶性と油溶性、両方を兼ね備えた新型タイプのビタミンC誘導体です。
これに含まれるパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naという成分は別名「APPS(アプレシエ)」と呼ばれていて、ビタミンCの100倍近くの浸透力を誇ります。

ビタミンC誘導体の効果とは?

shutterstock_459099802

世の女性たちをとりこにする「ビタミンC誘導体」には、どんな効果が期待できるのか早速見ていきましょう!

コラーゲンの生成

年齢とともに減少する、コラーゲンづくりをサポートする働きがあります。
コラーゲンは、肌を構成する真皮の約70%近くを占め、ヒアルロン酸と手と手を取り合いながら肌の弾力を保っているんです。

コラーゲン効果

このコラーゲンが減ると、ピンっと張っていた糸が緩んでしまいシワやたるみの原因になってしまいます。
ビタミンC誘導体が肌の※奥まで浸透し、コラーゲンを増やしてくれるんです。※角層まで。

皮脂分泌をコントロール

毛穴から分泌される皮脂の量をコントロールしてくれます。

特に鼻は皮脂腺が発達しているため皮脂の分泌が盛んで、毛穴の開きが気になりやすい場所です。
皮脂が多ければ多いほど、毛穴が開いて縦穴毛穴が目立ち、老けた印象を与えてしまいます。
ビタミンC誘導体の効果で皮脂の量が調整されるため、光を弾くようなキメの整った肌に近付くんです。

抗酸化作用

shutterstock_438727765

紫外線、ストレス、睡眠不足、スマートフォンやテレビのブルーライト、アルコール摂取などで体の中の活性酸素が増加。

すると、元気な細胞にダメージを与えて酸化(サビ)させ、体の老化を早めてシミ、シワ、たるみ、くすみなどの肌トラブルの引き金に。
しかし、ビタミンC誘導体には活性酸素を除去する抗酸化作用があるため、肌の老化を食い止めることができるんです。

美白効果

ビタミンC誘導体には、すぐれた美白効果が期待できるんですよ。
紫外線にさらされるとメラノサイトではチロシンというが作られ、同時にチロシナーゼという酵素の働きが活発になります。
ビタミンC誘導体がこのチロシナーゼの働きを抑えて、シミをできにくくしてくれるんです。
ゆえに、メラニン色素の定着が食い止められて高い美白効果が見込めるというわけ。

炎症を抑える

shutterstock_454446361

抗炎症作用のあるビタミンC誘導体には、ニキビを目立ちにくくする働きがあります。ニキビの原因となるアクネ菌は、過剰に分泌された皮脂や活性酸素の活性とともにどんどん増殖。その結果、炎症を起こして悪化を招いてしまうんです。ビタミンC誘導体が皮脂の分泌を抑えながら、炎症を抑えて肌表面を清潔に保ってくれるのでニキビ予防効果が見込めます。

ビタミンC誘導体のメリット

ビタミンC誘導体には上記のような効果があります。
そしてそれゆえに下記のようなメリットもあります。

・シミへの効果
・しわへの効果
・ニキビへの効果

シミへの効果

美白成分の中でもトップクラスでシミに効果があると言われているのがビタミンC誘導体!

そうは言っても、ビタミンC誘導体を塗ったから直ぐに消えるという魔法のような即効力はないです。

しかしながら、美容医療でも重宝される有効成分には変わりありません。

多くの美白成分はシミ予防の目的が多い中、ビタミンC誘導体はすでにできてしまっているシミにもアプローチすることができます。
もちろん予防効果も他の成分と比べてとても優れています。
またセルフケアをする際にはイオン導入ができる美顔器があると、シミへのアプローチに最大限効果が発揮されます。

シミ

シミの原因

そもそも、シミができる原因はメラニンが過剰に生成されることで起こりますが、メラニンを作り出しているメラノサイトに刺激物質が当たることによって過剰に生成しています。

この刺激物質とは「紫外線」「活性酸素」「炎症」の3つがあり、美白やシミ予防するためにビタミンC誘導体が必要不可欠な成分でした。

それは、美白、抗酸化、抗炎症、コラーゲン生成の促進とあらゆる効果を持っているため、紫外線や活性酸素によってダメージを受けている肌に大きなメリットがあると言えます。

紫外線

しわへの効果

しわには保湿でしょ!?という声が聞こえてきそうですが、実は保湿で改善できるしわは、小じわやチリメンじわといったゴク浅いしわに限ってのこと。

ゴルゴライン、マリオネットライン、法令線など保湿しても改善しない深いしわには長期的にではないと効果を発揮しません。

それは肌表面の乾燥ダメージによるものではなく、もっと奥深くの肌内部で起こっているダメージや老化が原因になっているからでした。

深いしわが起こる仕組みは、肌の弾力や潤いを保っているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸からなる弾力の層がアンバランスになってきているためです。

真皮

コラーゲンが網目のように広がり、エラスチンが細胞同士をつなげ、隙間を埋めるようにヒアルロン酸がしきつめられていることでパンっとしたハリのある肌が保たれています。

どれか1つでも不足していれば大きくたるみ、深いしわを作り上げています。

これら3つの成分を生成している線維芽細胞は、加齢、さらには紫外線や活性酸素のダメージによって機能が衰えてしまうため、ここを活性化させるために効果的なのがビタミンC誘導体ということが近年判明しています。

ビタミンC誘導体

ニキビへの効果

繰り返すニキビ、ニキビ痕、ニキビ予防と一連のニキビケアをするビタミンC誘導体。

実は、ビタミンC誘導体に毛穴の引き締め効果があります。

ニキビの要因となっている肌質を改善することができるので、結果的にニキビケアのサポートになるというのが真相です。

ニキビケアとしてのビタミンC誘導体の効果は、過剰な皮脂分泌を抑える効果があり、必然とアクネ菌の増殖も治まるため予防ができます。

ニキビ

ニキビ痕に関しては、メラニン色素を抑える効果により色素沈着を防ぎ、新陳代謝を促すので肌が次々生まれ変わり滑らかな肌を作り出します。

特に、白ニキビや赤ニキビは過剰な皮脂分泌や赤い色素の定着を抑えることができるため効果を実感しやすいですよ。

ただし、乾燥肌や敏感肌がベースにあるとビタミンC誘導体の皮脂抑制効果で、お肌が乾燥してしまう可能性があります。

ニキビ

思春期ニキビなど若い肌には問題ないですが、大人ニキビに使う場合は保湿をグレードアップさせないと悪化することも考えられるので、乾燥対策を万全に整えてください。

ビタミンC誘導体の選び方

それではビタミンC誘導体の商品をどのように選べばよいでしょうか?
主には化粧品から摂取するのが効果的です。

化粧品には下記3点で選びましょう。

①3000円以上の商品を選ぶ
②使い続けられるもので選ぶ
③ビタミンC誘導体成分の配合のものを選ぶ

①3000円以上の商品を選ぶ

ビタミンC誘導体の商品は3000円以上のものを選びましょう。
安価なものは配合量が少なかったり効果が低かったりします。

肌老化はなってからの改善の方が大変なのである程度の価格のものを選びましょう。

ビタミンC誘導体化粧品の料金相場とは?

ビタミンC誘導体配合の化粧水であれば、だいたい3000円~4000円くらいを目安に購入するのが妥当です。

もちろん、これよりもグッとお安いプチプラな化粧水も数多く存在していますが、たった1滴でも配合してあればメーカー側はビタミンC誘導体と謳い、堂々と売り出すことは可能です。

濃度により値段はまさにピンキリ。

お金

本当に効果を実感したいなら最低でもこの値段が適正価格と言えそうです。

また、他の美白成分に比べてビタミンC誘導体は評判が良く、しっかりした商品を選べばハズレも少ないことから、口コミサイトなどを参考にしてみてはいかがでしょう。

②使い続けられるもので選ぶ

化粧品は使わないと自身の肌に合うかはわからないものです。

ですのでまずは肌質に合うかをトライアル商品などで試しましょう。
そして3000円を毎月抽出するように給与日に別にしておきましょう。

③ビタミンC誘導体成分の配合のものを選ぶ

ビタミンC誘導体の成分は沢山ありますが、下記2つを紹介します。

point1リン酸アスコルビル
ビタミンCをそのまま肌に塗っても浸透せず効果を発揮することがないため、浸透しやすくするためにビタミンCに分子をくっつけて改良したものがビタミンC誘導体になります。

しかも、くっつける分子によっていくつもの種類が生まれ、年々より安全性と効果の高いものにドンドン改良されています。

ビタミンC誘導体の中の1つ、リン酸アスコビルは水溶性で、リン酸アスコビルナトリウムとリン酸アスコビルマグネシウムの2種類があります。

どちらも効果としてはそんなに大きな差はありませんが、リン酸アスコビルNaの方は安価で肌への浸透が良く、皮膚科で処方される薬としても扱われています。

薬の濃度は5%、化粧水には1~3%程度で配合されるベーシックなビタミンC誘導体。

成分

もう1つのリン酸アスコルビルMgは最も歴史が古く、沈殿しやすいことや高濃度の配合が難しく開発する側にとってデメリットがあるものの、肌への刺激性の少なさや効果としてはリン酸アスコビルナトリウムより若干勝っています。

どちらの成分も主な効果としては、ニキビ跡の赤み、シミを含む色素沈着、皮脂の分泌を抑制、コラーゲン生成を促進させます。

point1パルミリン酸アスコルビルリン酸Na(APPS)

水溶性と油溶性どちらの特徴も持ち合わせた新型のビタミンC誘導体なので、化粧水や美容液はもちろん、クリームにも混ざりやすいためエイジングコスメ業界では早くも注目が集められています。

今まで存在していた誘導体より100倍浸透すると言われ、かなりの評判はあるものの水溶性ビタミンC誘導体と比べると高価。

APPS

化粧品で配合されている商品はまだそんなに多くはないので、手軽にドラッグストアで買うにはまだまだ当分先かもしれませんね。
また、現段階でも研究が続いているレベルなので、効果や副作用などについても未知数なところもあるでしょう。

ヒト皮膚片と一部人体で行われた研究では、皮膚の浸透性、シワ改善効果、美白効果、抗アクネ効果に効果を発揮した結果がありました。

実際にAPPSを配合した化粧品が販売されていますが、APPSの原料自体が直射日光や水、空気によって品質が劣化しやすいデメリットがあるため、品質安定のために防腐剤の添加物は必須であること。

さらに、皮脂抑制効果が高いので続けていくと乾燥肌に傾いてくる可能性もあります。
なので、ニキビやオイリー肌以外の方が使う場合には十分気を付ける必要があります。

それでも試してみたい場合は、できるだけ添加物の少ない成分を選ぶこと、APPSの配合濃度、保湿成分の3つを基準にしてみてください。

保湿

香料や着色剤は全くいらない添加物であること。配合濃度は全成分表の並び順になっているので、上位に記載されていればそれだけ濃度が高いものになります。

そして乾燥は肌老化を促進するのと同じなので、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、グリセリンなど水溶性の保湿成分配合のものを選ぶのがポイントになります。

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC誘導体を使う上で、気をつけて欲しい点がいくつかあります。

まずひとつ目は、乾燥肌の人が使った場合、ヒリヒリしたり、かゆみを伴うケースがあるので注意が必要です。
なぜなら、先ほどもお話した通り、ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える働きがあるから。

皮脂の分泌が少なくなると肌表面がピリピリして乾燥したり、インナードライによる過剰皮脂になってしまうケースがあります。

使う前にパッチテストを行う、皮脂が多い部分にだけ付ける、赤くなってしまったら使用を控えるなど、自分の肌状態や肌質を見極めてから使いましょう。

エステティシャン

また、高濃度=効果が高いというわけではありません。
先ほど紹介した3種類のなかでどれが自分に合うかわからない時は、美容部員さんに相談してみるといいと思いますよ。

きっとあなたに一番合った商品に出会えるはず。

 

ローションパックが効果的

最後に、ビタミンC誘導体の威力を最大限に引き出し、なおかつ実感できる方法としてローションパックがおすすめです。コットンにたっぷりつけてもいいし、シートタイプのパックを使ってもいいし、翌朝目が覚めた時にその違いに驚きますよ。ぜひ試してみてください。

 

まとめ:肌を育てよう

shutterstock_89387236

ビタミンC誘導体は、美容を保つ上でなくてはならない最強成分です。自分の肌により合ったものを選び、年齢に負けない健やかな肌をゆっくり育てていきましょう。

毛穴ケアエステ

毛穴エステのおすすめランキング!口コミ体験と効果は?

毛穴の汚れやたるみ 女性にとって毎日のお化粧や加齢によるコラーゲンの減少などで、 年々黒ズミや肌のたるみはあり […]

コメントなし
化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思 […]

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません […]

コメントなし
しわ

活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

活性酸素は、外部から体内に侵入してきたウイルスや細菌を防御する働きがあり、体にとっては基本的に必要なものです。 […]

コメントなし
美容ドリンクを飲む女性

美容ドリンクのおすすめ比較ランキング!効果や即効性、いつ飲む?

女性ならいつまでもハリ・弾力があるお肌を維持していたいと思いますよね? 綺麗なお肌を維持していくには人並み以上 […]

コメントなし
エイジングケアをする夫婦

エイジングケア人気化粧品ランキング!美容液・クリームにサプリも紹介

加齢は避けられないとはわかっていても少しでも若く見られたいですよね。 少し高い金額を支払っても1歳でも若いとい […]

コメントなし
フェイスラインを気にする女性

フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?

あれ?二重顎になっている? いつのまにかフェイスラインがもうメリハリがなくなっている そんな経験はありませんか […]

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気 […]

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで […]

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

Contents1 ほうれい線とは?2 ほうれい線が出来る仕組み・過程は?3 ほうれい線を消すおすすめ化粧品ラ […]

コメントなし
レチノールの効果を実感する女性

レチノール配合の化粧品は美容効果が高い!美容液?化粧水?摂取方法と副作用は?

あなたはしわやたるみに悩んでいませんか? 最近美容効果が高いと噂のレチノール。 レチノールはビタミンAの一種で […]

コメントなし
コラーゲンの効果

コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか? コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物 […]

コメントなし
潤い

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

ビタミンC誘導体の成分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • ヒアルロン酸とは?ほうれい線などの効果や注射などの取り入れ方

  • ほうれい線に効く化粧品ランキング!口コミ人気の美容液・クリームなど

  • 正しい洗顔方法は?毛穴や化粧汚れに効果にあるケア法!

  • ハーブティー界の救世主!ルイボスティーのエイジング効果がスゴい

  • ピクノジェノールの効果はビタミンの600倍?成分や効果口コミ

  • フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?