エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美肌
  4. 「アーリーアンチエイジング」とは?若いうちから肌に良いスキンケア美容!

「アーリーアンチエイジング」とは?若いうちから肌に良いスキンケア美容!

人の体は、ほぼ20才を境に、新陳代謝、免疫力、体を構成している細胞までも老化が始まり衰えていきます。これは、100% だれにも止めることが出来ない自然の摂理です。

 

そして今、若い人たちに向け、アーリーアンチエイジングという言葉が発信されています。聞きなれない方も多いかと思いますが、20才を迎えたらいずれやってくるアンチエイジングを早め早めにはじめよう!という意味です。

 

今ではクリニックに、「アーリーアンチエイジング外来」が出来るほどです。この記事ではアーリーアンチエイジングについて詳しく紹介していきます。

 

20代~30代の女性が1番気になる老け顔のパーツは何?

シロノクリニックがおこなった、20代から30代までの女性が気になる肌の100人アンケート調査で分かったことは?

 

アーリーアンチエイジング

引用元:美容皮膚科シロノクリニック

上記のような結果報告があります。日ごろのアーリーアンチエイジングケアは、このような部位に注目して行うと、効果的なケアが出来ると思います。

 

レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック

.アーリーアンチエイジングとは?

アンチエイジングとはそもそも年齢に逆らって若さや美を追求することを指します。

アンチエイジングの概念はは30代、40代ぐらいから意識され始めて、50代以降は本格的に取り組むスキンケアやその他美容法として理解されています。

近年とても人気を集めたアンチエイジングという言葉ですが、最近では30歳になってからではすでに遅い!という気持ちから「アーリーアンチエイジング」という言葉が使われるようになってきています。

アーリーアンチエイジング

アーリーアンリエイジングとは、英語で「Early Anti-Aging」と示され、早くから始めるアンチエイジングの意味を表します。

このアーリーアンチエイジングの概念は、その後のアンチエイジングのケアにとっても非常に大切で、早くからエイジングケアを意識したスキンケアや美容法を取り入れることで、加齢現象は止められなくてもよりキレイな状態を長期的に維持することが出来ます。

ほうれい線やしわが出来る原因とは?

ほうれい線やしわが出来る1番の原因は、肌のたるみです。

私たちの肌のハリは、コラーゲンやエラスチンが網目状のネットを形成することによって支えられています。しかしこれらの美容成分は、加齢とともに減少してしまうことが分かっています。

角質

肌を構成する成分が減少することによって、肌のハリは衰え、たるみやすくなります。

この加齢現象に加えて、肌が乾燥や顔のむくみ、紫外線によるダメージや基本となる食生活が偏っていくとほうれい線やしわはより一層出来やすくなります。

法令線が衰える原因はふにゃふにゃした柔らかい食べ物?

表情筋の衰えは法令線を作る大きな原因になります。

表情筋は、字のごとく怒ったり笑ったりするときに表情を作る筋肉のことで、顔の骨にくっ付いている筋肉のことを指します。

表情筋

現代人は昔の人に比べ、根菜類や玄米、麦、漬物などの硬い食べ物を食べなくなってしまったことが表情筋の衰えに繋がっているといわれています。

一般的には一口で30回、噛むのが理想的なところを、ファーストフードなどの噛む回数と比較すると、5~8回と少なく、このようなふにゃふにゃした食べ物が表情筋の衰えの原因になっていると考えられます。

この表情筋が衰えてしまうと、顔全体にしまりがなくなり、タルミやシワの原因になることが分っています。

アーリーアンチエイジングのためには、できれば主食だけでもファーストフードなどのふにゃふにゃ食は控え、昔ながらの日本食スタイルを食べて頂きたいですね。

ハンバーガー暴飲暴食

いや、毎日はちょっと難しい!!という人のアーリーアンチエイジングケアには、表情筋を鍛える意味では、りんごやするめ、ガムなどでもいいと思います。

 

老け顔は甘い食べ物が原因?

老け顔の原因のケーキ

甘いものは、適度を超えると本当に危険です。酸性である白砂糖が、アルカリ性の体内に大量に入ると中和するために、骨や歯、血管に蓄えられたビタミンやミネラル成分(カルシウム)が大量に引き出され使われます。

そのため、カルシウムが不足気味になってしまします。

私たちが摂取したカルシウムは、そのほとんどが骨の形成に使われますが、残りは傷口などから出た血を凝固する働きや免疫力を支える働きに使われます。

体内のカルシウムが不足すれば、さらに骨や歯などからカルシウムを引き出されスカスカになってしまいます。

他にもさまざまな害を及ぼす甘いものの摂り過ぎは健康のためにもアーリーアンチエイジングのためにも危険ですね。

老け顔の原因はスマホのブルーライト?

老け顔の原因ブルーライト

スマートフォンからは発生するブルーライトは、ある意味紫外線より毒性の強い光線を出しているって知っていましたか? 実は、スマホ、パソコン、テレビの液晶から発生するブルーライトが、いま社会問題となっています。

スマホに顔を近づけ、無心に操作する姿を良く見かけますがスマホやパソコンのバックライト、テレビの液晶などから発せられるこのブルーライトはレーザー光線に匹敵するといわれる強い光です。

 

ブルーライトは、顔はもちろん特に目の奥の水晶体や網膜、黄斑などの細胞を酸化させ、知らず知らずのうちに確実に細胞を破壊し老化させます。

アメリカでは早くから問題視されていて、現在、すでに中途失明原因の第1位、日本でも第4位で、これからも増えていくと警鐘を鳴ら眼科医もいます。

 

★スマホの利用上の注意点として下記に紹介します。

・スマホは少なくとも40センチは顔から離す。
・スマホのバックライトの明るさは半分以下に落とす。
・スマホよりブルーライトの弱いパソコンで作業する。
・画面にはできれば保護フィルムや保護眼鏡などを活用する。
・抗酸化作用がある、ビタミンC・E、ルテイン、カロテノイド、オメガ3、などを日ごろから意識して摂る。

 

若いうちから出来る美容スキンケア

アーリーアンリエイジングを意識するのであれば、まだ20代だからと思わずに今すぐアンチエイジングの概念を取り入れていくことが大切です。

アーリーアンチエイジングではアンチエイジングと同じように、加齢を進行させてしまう抗酸化物質や紫外線、ストレス、睡眠不足や乾燥に対策することが理想的です。

抗酸化対策

酸化物質は私たちの体を酸化させてしまう原因として、アーリーアンチエイジングの視点からも重要になってきます。

酸化物質を予防することは、アーリーアンチエイジングだけでなく健康を増進することも出来るので、年齢に関わらずいつでも意識しておきたいですね。

バナナ酸化

体の酸化を予防するためには、抗酸化物質を含む食品を積極的に摂取することが推奨されます。

紫外線対策

10代の頃は紫外線を浴びても肌のターンオーバーとともに古い皮膚は剥がれ落ち、新しい皮膚組織が次々作られるためシミが出来ることもありません。

しかし20代を超えると少しづつ肌のターンオーバーのスピードは遅くなり、肌が受けたダメージを十分に修復することが出来なくなっていきます。
紫外線を浴び続けると、紫外線によってつくられたメラニン細胞は肌の奥で反応し、新しい組織に作り替えられることなくシミとなって肌表面に現れます。

シミ

紫外線によって受けたダメージは蓄積され、すぐにシミとなって表れなくても肌組織に記録されて後々シミとなって表れることもあります。

さらに30代になって出てきたシミは修復するのが非常に難しく、ホワイトニング系の化粧品を使用しても薄くなる程度までしか改善しません。
さらに紫外線はコラーゲンやエラスチンなどの肌細胞にもダメージを与え、肌の弾力を低下させてしまいます。

UVケア

つまり紫外線は早くから対策しておくことが非常に大切なのです。
外出する際は日ごろから日焼け止めを使用し、帽子やサングラスで肌や目を守りましょう。

ストレス防止

ストレスはアーリーアンチエイジングだけではなく、健康面に対しても害が生じやすいです。
私たちの体がストレスを受けると、血行が悪くなりホルモンバランスや自律神経は不安定になります。

精神と体はいつも一体なので、精神的にストレスを受けると身体的にもストレスを受けてしまうのです。
ストレスで夜なかなか寝付けなくなったり、夜中に何度も目が覚めてしまうこともあります。

ストレス

ストレスは完全に無くすというのは不可能です。しかし、ストレスを味方につけて上手く付き合っていく工夫はいつまでも若くキレイでいるためにとても大切です。

10代、20代前半はまだ学生から社会に出たばかりで、新しい環境や新しい人間関係に馴染むまで様々なストレスを受けやすいです。
ストレスを感じたら、友達や家族と話したり、ストレスを回避してリラックスする時間を作ることも大切です。

十分な睡眠

睡眠は成長ホルモンを促進させ、細胞に栄養を送るのに非常に大切な時間です。

一晩オールすると、血行が悪くなるため肌は乾燥して目の下にくまができたりします。
反対に良質な睡眠をとれば肌質は年齢以上にキレイになります。朝起きたときが一番肌の調子がいいのもそのためです。

睡眠不足

睡眠時間は自分の生活リズムに合わせて、1日6から8時間がベストです。

アメリカで行われた睡眠の研究によると、睡眠時間は短すぎても長すぎても健康的ではなく、7時間の睡眠をとった人が1番病気を発症する確率が低く、心臓病のリスクが少ないと立証されています。

アーリーアンチエイジングを意識する場合は7時間は睡眠時間を摂るようにしましょう。
特に就寝後2時間から3時間の間は成長ホルモンの分泌が活発になります。

夜10時にはベッドに入れるのが理想的ですが、少なくても12時までには寝るように心がけましょう。

時間

保湿

肌の角質細胞は、セラミドと呼ばれる細胞間脂質で出来ています。

セラミドが細胞と細胞の間をぎゅっと埋めてくれているので、肌内部の水分が簡単に蒸発せずうるおいを保つことが出来ています。
しかしこのセラミドは30歳頃から減少しはじめてしまいます。

肌年齢はこのセラミドの密度に比例するとも言われているので、30歳ぐらいから肌の老化を感じる人は肌のセラミドが不足してきている証拠かもしれません。

美肌

それをそのままにしておくと、肌の水分はどんどんと蒸発してしまい、たるみやしわの原因になってしまいます。

アーリーアンチエイジングではまずこのセラミドを減らさないことが大切です。
皮脂は肌を守る働きをしてくれるので、無理に皮脂を拭き取りすぎないようにしてセラミドを傷つけないように気をつけましょう。
また、セラミド配合の化粧水や保湿液を使用することもおすすめです。

保湿

週に1度はパックをする習慣を若いうちからつけておくと、セラミド保護に効果的です。

老けないための食事は?どんな成分のものを摂取すればいい?

老化は食事からもアプローチすることができます。

ストレスをためることは老化を早めてしまう1つの原因になるので、絶対これだけ食べると思わずに、アーリーアンチエイジングに効果のある食材を意識的に摂取することで上手く生活に美容と健康を取り入れていきましょう。

成分

アーリーアンチエイジングに効果的な食品は、抗酸化作用のある抗酸化物質を含む食品です。抗酸化物質はビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ、ポリフェノール、カロテノイドなどが挙げられます。

ビタミン群

どの成分もサプリメントや基礎化粧品の成分としてお馴染みですね。これらの成分はサプリメントや基礎化粧品からだけではなく、自然の食品からも摂取することが出来ます。

成分を多く含む食物は?

ビタミンAやカロテノイドは緑黄色野菜に多く含まれ、レチノールやカロテンとも言われます。肌にうるおいを与える効果もあり、特にビタミンAは抗酸化作用が強く、体内を錆びから予防してくれます。

ビタミンCは野菜やフルーツに多く含まれ、非常に強い抗酸化力で細胞を活性酸素から守ってくれます。

美白や保湿にも効果があるビタミンCは清涼飲料水に含まれていることも多いです。
ビタミンCは食品から摂取する場合効率的に吸収されていきます。

しかし1度に摂取できる最大量が決まっているため、1度にたくさん摂取しても尿として排出されてしまいます。

ビタミンC

フルーツやサプリメントなので毎日継続的に摂取できるとアーリーアンチエイジングに効果的です。
ビタミンEはナッツやカボチャに多く含まれます。

ビタミンEは細胞膜が酸化するのを防いでくれるので、様々な病気の予防につながります。

また、血行を促進してくれる働きもあるので、代謝をアップさせて疲れにくい体を作ることが出来ます。

コエンザイムQ10はいわしやサバ、豚肉などに多く含まれています。コエンザイムQ10の働きはビタミンと似ていて強い抗酸化作用を持ちます。

ポリフェノールは赤ワインや緑茶、たまねぎ、ごまに多く含まれ、毒素のある酵素に対して無毒化する作用があります。

紫たまねぎ

また、最近ではアサイーやベリー類、ゴマに含まれるフォトケミカルと呼ばれる色素や辛み成分もアーリーアンチエイジングに効果的だと言われています。

これらの食品は免疫力を高めてくれる働きもあります。

低体温の人はアーリーアンチエイジングが必須!

アンチエイジングと低体温

アーリーアンチエイジングケアは、目に見える肌ばかりではありません。

体の中から免疫力をあげるアーリーアンチエイジングケアにはとても効果的です。

免疫力と深い関係がある、体温は人によって変わりますので、自分の平熱を知っておくことは、とても大切なことです。

 

健康な人の平熱は、一般的には36~37度ぐらいが目安になりますが、最近、若い人に36度以下の低体温の人が増えています。

特に若い人に多く実は「低体温」は、アーリーアンチエイジングと深い関係があります。低体温をそのままにしておくと、病気や体調不良が起こりやすくなります。

 

新陳代謝・免疫力と深い関係がある低体温

低体温を治してアーリーアンチエイジングする女性

私たちの体は、体温を1度上げると、免疫力は一時的に5から6倍にはね上がるといいます。体を温め平熱を上げることが、もっとも健康維持につながる早道になります。

 

一方で、低体温の人で良くみられる症状は、体の冷えを感じる、朝起きるのがつらい、暖房を付けてもなかなか体が温まらないなどを訴える人が多く、これらの症状は新陳代謝や免疫力が下がって血流が悪くなっていることを意味しています。

 

私たちの体は、新陳代謝の働きで約37兆2千億個の(新・数字)全ての細胞が約90日で入れ替わるというのです。

神秘的なものさえ感じますね。(部位によっても多少変わる)。

その細胞全てに栄養と酸素を送り届けて、老廃物を持ち帰る働きは血管を流れる血流によるものです。

栄養ばかりでなく免疫機能を持った白血球も一緒に運ばれ、体の免疫力を支えています。

低体温で血液の流れが悪くなるとこの一連の働きが出来なくなり免疫力が下がり、体調を崩してしまいます。なによりも先ず、低体温を改善し血流を良くすることが大切ですね。

 

低体温を改善するための方法とは?

低体温の人とそうでない人の差はいったい何処にあるのでしょうか。多くは、生活習慣の違いに原因があるといわれています。その代表的なものを下記に挙げます。

これらの生活習慣が低体温になるきっかけをつくり、免疫力や新陳代謝が落ちると考えられています。

☆日常的にシャワーを使う!➩➩湯船につかり副交感神経を優位たたせる。
☆食事が不規則で朝ごはんを抜く!➩➩朝ごはんを摂る習慣を付ける。
☆睡眠時間が短い!➩➩成長ホルモンが分泌。夜10時から2時よく寝る。
☆好き嫌いが多く栄養が偏っている!➩➩好き嫌いなくし栄養を効率よく摂る。
☆運動が嫌い!➩➩先ずは、ストレッチ、散歩など体を動かすことから始める。

これまでの生活習慣を見直して上記のような思い当たることがあれば改善しましょう。

 

さいごに

紫外線は一年中降り注いでいます。

アーリーアンチエイジングを始める場合、肌の老化は何といっても紫外線の影響が大きく、この紫外線が全体の80%を占めていると考えられています。

若いからといって真夏のビーチで肌を焼きすぎないように、20を過ぎたらしっかり日焼け止めを塗り、紫外線を避けることは、アーリーアンチエイジングの基本といえますね。

綺麗なヒップライン

扁平尻とは?たるみがちはお尻に効果のあるエクササイズ!

『扁平尻』とは? 扁平尻とは、平たくてメリハリがないのっぺりしたお尻のこと。この扁平尻になってしまっている人が […]

コメントなし

美・皇潤の特徴や成分・効果!飲む美容液のテッパン♪

Contents1 高級食材を贅沢に使った美容ドリンク2 芸能人御用達の美肌ドリンク3 魅力はなんといっても即 […]

コメントなし
尿素でキレイになる女性

尿素のアンチエイジング美容効果!クリームや化粧水に使用?

みなさんは「尿素」について、どれくらい知っていますか? 現在、ハンドクリームや美白クリーム、石けん、ファンデー […]

コメントなし
ガサガサかかとがキレイになった人

かかとのガサガサやひび割れの原因は乾燥?治すケア方法までご紹介!

乾燥して粉が拭いているガサガサなかかと問題。露出が増える夏に向けて、いつもより入念にケアしている女性が多いので […]

コメントなし

ファイトケミカルのアンチエイジング効果!野菜摂取で抗酸化!

突然ですがあなたは、「ファイトケミカル」という言葉を聞いたことはありますか? 聞いたことはあっても、何のことだ […]

コメントなし
ピクノジェノールサプリ

ピクノジェノールの効果はビタミンの600倍?成分や効果口コミ

あなたは、「ピクノジェノール」という成分をご存知ですか?このピクノジェノールとは、フランス南西部ボルドー地方の […]

コメントなし
美肌

【お金をかけずに美肌に導く方法】キレイになるスキンケア方法

なかなか景気は上がらず、お給料も上がらない。 でも常にきれいでいたいと思うから、エステサロンに通ったり高級スキ […]

コメントなし
頭がぼーとしてスッキリしない猫

「すっきり目覚められない、頭がぼーっとする」知られざる原因と改善方法

あなたは毎朝、気持ちよくすっきりした目覚めの朝を迎えられていますか? しっかり寝たはずなのにすっきりしなくて頭 […]

コメントなし
ベルタ酵素の効果

ベルタ酵素を飲んで1ヶ月で3.8キロ痩せた!!~ダイエット継続中~

私は33歳の会社員です。 身長は157㎝、体重は55㎏ 着やせするタイプなのであまり太っているとは言われません […]

コメントなし
肝臓機能と内臓機能の低下を助ける医師

肝機能と内臓機能の低下は病気の原因になるって本当?

皆さんは肝機能や内臓機能が低下していると実感したことはありますか? 実は肝臓や腎臓の病気は、実感がないことが多 […]

コメントなし
長寿遺伝子について考える女性

長寿遺伝子であるサーチュインがアンチエイジング効果があるは嘘!?

長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子が老化防止に効果がある! NHKで放送されて以来どうやったらサーチュ […]

コメントなし
血管の若返りを表すケチャップ

血管年齢を若返らせて、健康的にアンチエイジング

皆さんは自分の血管年齢を知っていますか? 血管が老化することにより、身体も肌もどんどん老化していきます。 その […]

コメントなし
成長ホルモンで大きくなる子供

成長ホルモンを分泌させ、アンチエイジングに繋げよう♪

成長ホルモンと聞くと、身長を伸ばす作用や筋肉を増やす作用だけだと思っている方は多いのではないでしょうか? 実は […]

コメントなし
ホルモンバランスの乱れで落ち込む女性

ホルモンバランスの乱れを改善して、美しい女性へ♪

私たち女性は自分が思っている以上に繊細な生き物なんです。 例えば、ちょっとしたストレスや不規則な生活をするとニ […]

コメントなし
保湿

水素水比較ランキング-エイジングケア効果ありの水素水は?

近年、健康・美容に優れた効果があるとして、水素水が数多くのメディアで取り上げられています。 そして、様々な水素 […]

コメントなし
補酵素は酵素を助ける作用がある

ビタミンの補酵素を摂取して健康的にアンチエイジング

みなさんは補酵素という成分をご存じですか? 酵素という成分は聞いたことがありますよね? 酵素ドリンクは、今やア […]

コメントなし
アンチエイジングをして若々しい女性

若々しさの秘訣とは?健康的な女性の特徴まとめ

皆さんが思う女性の若々しさとは何ですか? そしてあなたは若々しさを保つためにどんなケアをしていますか? セサミ […]

コメントなし
ストレスが溜まり疲れが取れない女性

疲れが取れない原因は?ストレス発散でアンチエイジング

しっかり寝たはずなのに、朝起きたら全然疲れが取れない。 身体に疲労感がありすっきりしないどころか、疲れが抜けな […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 酵素ダイエットは本当に痩せる?口コミで酵素ドリンクの効果がないのか判明!

  • 肌断食って何?ニキビや乾燥肌に効果あり?正しいやり方は?

  • キヌアの栄養成分は?ダイエット効果や効能!使い方や食べ方!

  • アスタキサンチンとは?肌の抗酸化力に効果ある美肌成分

  • 日本人女性は混合肌が多い?原因と対策法によりアンチエイジング

  • 首のポツポツ・ブツブツの原因は?セルフケアで治す方法

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!