エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. まぶたが下がるのは老化のせいじゃない?眼瞼下垂とは?

まぶたが下がるのは老化のせいじゃない?眼瞼下垂とは?

まぶたが下がりアンチエイジングする女性

若いころはくりくりでぱっちりしていた自慢の目。
なんだか最近まぶたが重く下がってきて、目が小さくなったと感じることはありませんか?
また、まぶたが重くなったため、目を開くのにおでこに力が入り、横シワが出てきたと感じることはありませんか?

それはもしかしたら年齢を重ねてきたせいではないかもしれません。みなさんは、「眼瞼下垂」って聞いたことはありますか?
まぶたが下がってきたのは眼瞼下垂(がんけんかすい)という病気のせいかもしれません。

いくら肌をアンチエイジングケアしていても、まぶたが下がっていると老けて見えてしまいますよね?

ここでは
・眼瞼下垂とは?
・眼瞼下垂の原因と対策

についてご紹介します。

若くてもなる?眼瞼下垂とは?

少しの段差でも転んでしまうのは、老化により筋力が下がってしまっていることや、反射神経の衰えが原因だと考えられます。
また、視野が狭くなることにより、転倒してしまうケースも考えられます。

まぶたが下がる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」もそのひとつの原因です。

眼瞼下垂はもともとは70代~80代の高齢者の方に発症する病気でした。

まぶた下がる

しかし、最近の発症の中心は40代~50代の中年層です。
また様々なことが要因だと考えられているため、20代~30代の方に発症する人も珍しくないみたいです。

それではなぜ発症してしまうのか?原因と病気について、また改善方法や対策を知りましょう!

まぶたが下がってくる病気

「眼瞼下垂」は、まぶたを上げるための筋肉:眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を動かすための神経:動眼(どうがん)神経が異常を起こすことにより発症します。

症状としては、真正面に顔を向けた際、力を入れてもまぶたが上まで上がりません。

十分に目が開かないため、視野が狭くなり肩がこります。
眼瞼下垂は、片目だけ発症する場合もありますし、先天性、後天性と症状は様々です。

上まぶたには上眼瞼挙筋というまぶたを上げる筋肉があり、それが弱るとまぶたが下がってきます。それを補うために、おでこの前頭筋という筋肉でまぶたを上げようとするので、おでこにしわが寄り、眉毛の位置が上がります。さらに上の視野が狭くなってくると、顎を上げて、物を見るようになります。そうすると、常に緊張した状態となり、肩こりなどの原因ともなるようです。
このように、まぶたを引き上げる筋肉が衰えてまぶたが下がってくる病気を眼瞼下垂と呼びます。

引用元:サトウ眼科

 

まぶたが下がる原因は?

まぶたが下がる原因は様々です。
ここでは、後天性の症状をご紹介します。
まぶたが下がることにより、眼瞼下垂を引き起こしますので、原因をしっかりと理解しましょう。

病院

1.コンタクトレンズ
一番多い原因が、コンタクトレンズの長期装用です。眼瞼下垂の症状が発症したかたは、10年以上のハードコンタクトレンズ使用者にかなり高率にみられるようで、コンタクトを装用知る際と外す際に、まぶたを指で横に強引に強く引っ張ることがひとつの原因とされています。

2.花粉症
花粉症が発症しているかたは、どうしても目のかゆみを和らげるため、まぶたをこする癖がついてしまいます。

これも眼瞼下垂の大きな原因とされています。

3.メイク
クレンジングをする際に、まぶたを強くこすってアイメイクを落としていませんか?
20代・30代の女性で眼瞼下垂が発症した方で考えられる原因です。

4.つけまつげ
日常的につけまつげを使用している方も眼瞼下垂が発症する危険があります。
つけまつげを強引に引っ張って外していませんか?まぶたの筋肉はそんなに強くありません。

5.老化
後天性の眼瞼下垂はまぶたにかかっていた今までの負担が積み重なり、少しずつまぶたが下がってきます。
本人が気づかないまま加齢のために目が細くなったと、そのまま放置することがないように注意しましょう。

コラーゲン減少によるたるみの可能性も?

たまに加齢によるコラーゲンの減少を原因とするたるみと勘違いされる方もいます。

眼瞼下垂は病気ですが、コラーゲンの減少は加齢と共に起き肌の弾力やハリを奪います。
こちらは、コラーゲン生成を促進する美容成分やセラミド化粧品などを使って改善します。

保湿

まぶたの下がりを防ぐ方法

まぶたが下がりが気になる女性

眼瞼下垂は自然に治ることはありません

症状が発症してしまったら、手術が必要です。手術方法は様々ですが、眼科や形成外科で一度診察してみましょう。

すぐに病院にいけない方はこちら⇒

しかし、まぶたの下がりを防ぐ方法はいくつかありますのでご紹介します。

point1引っ張りすぎない
まぶたが下がる原因は、まぶたを強引に強く引っ張ることです。
なので、コンタクトレンズのつけ外しの際は、強く引っ張らないことを意識しましょう。
コンタクトレンズを外す時専用のスポイトがあるのを知っていますか?外す際に使用するのもおすすめです♪
メイクやつけまつげを外す際も同様に強く引っ張らないことを意識することが大切です。
point2こすらない
クレンジングをする際は、こすらず優しく肌に馴染ませるイメージでしましょう。
まぶたの筋肉や神経はとても繊細です。
マッサージをする際も、まぶたにふれるときには優しく触れることを意識しましょう。

 

point3筋肉を使いすぎない
また、まぶたの筋肉を使いすぎないようにすることも大事。
パソコンやスマートフォンを長時間見る場合は、頻繁に目の休憩をしましょう。
体の疲れは、まぶたの下がる原因に大きく反映されますので、目と一緒に体をリフレッシュされることも大切です。


point4内側から改善するサプリ
まぶた下がりを内側からの改善をするには眼精疲労成分が入ったサプリを飲むことも大切です。
サプリは飲んで直ぐに効果が現れると言われていますので、まぶたを触る際は優しく丁寧に触ることと、サプリを飲むことによりまぶたの内と外からの対策が可能です。

眼精疲労成分とは主にポリフェノールです。ポリフェノールの効能は、抗酸化作用になります。
抗酸化作用とは、私たちの身体を錆びつかせる原因となる、活性酸素を抑制する働きがあります。

ポリフェノールの中でも、「アントシアニン」という成分は、特に眼精疲労や、視力の改善に優れているとされます。

アントシアニンがたっぷりと入ったサプリを飲むことをおすすめします。


ビルベリー&ルテイン配合アントシアニンたっぷりサプリ【めなり】

まぶたが下がる現象を食い止めて、いつまでも可愛いといわれる若々しいぱっちりした目を持続させましょう♪

 

眼瞼下垂は何科にいけばよい?

もし上記のような改善策でも効果が見られない場合病院にいきましょう。
科としては、眼科や形成外科に通うと診察してくれます。

ストレスや睡眠不足などの原因も考えられるのですべて試していてだめそうなら病院に通う事をおすすめします。

まぶたが下がる眼瞼下垂は恐いんです。

眼瞼下垂は、顔の印象を大きく変えます。

まぶたが下がり、いつも眠そうと思われがちですし、老け顔になりがちです。見た目年齢は目元で決まるものです。

また、まぶたを上げようとおでこに力が入るため、おでこにに横しわが出来たり、眉毛が上がります。

視界が狭くなるため、あごを上げてものを見るようになるため、恐い印象になります。
眼瞼下垂はれっきとした病気です。そのため、日常生活に支障をきたします

 

眼球にも影響を及ぼし、目を動かす筋肉や神経が弱いために、二重にものが見えたりします。
また、二重まぶたの幅が広くなる、三重まぶたなるといった症状も見受けられます。
眼瞼下垂は、眼精疲労や頭痛と肩こりといった症状が出てくるため、車の運転などにも支障をきたす可能性があります。

まぶた下がりを予防してぱっちり目の女性

これらの症状を聞き、思い当たるふしがある方は要注意です。
最近鏡を見ると、目が小さくなった気がしたり、自分の顔が恐いと感じることはありませんか?

眼瞼下垂になると、相手にあまり良くない印象を与えがちですし、日常生活に支障をきたします。こんな恐い病気にならないように、事前対策をしておきましょう。

 

あわせて読みたい記事

目の疲れからくる頭痛やめまいは眼精疲労かも!?
ゴルゴラインを消す方法!パソコンと睨めっこしているあなたへ
眼精疲労の症状が出たらコレ!アイケアランキング第1位商品を徹底解説!

化粧品

しわに効く化粧品ランキング|美容液・クリームなどでしわ予防・対策!

30代を超えたあたりから気になってくるのがしわたるみですね。 目元、口元、ほうれい線などしわが目立ってくると思 […]

コメントなし
ビタミンC誘導体の成分

ビタミンC誘導体は毛穴・シミ・しわ・ニキビに効果抜群の美容成分!

美肌の最強成分といえばビタミンC。 メラニン色素の沈着を抑え、女性の大敵であるシミを目立ちにくくしたり、コラー […]

コメントなし
伸び縮みするエラスチンのような輪ゴム

エラスチンはしわ対策に効果抜群!おすすめの化粧品・食品・サプリ!

年齢を重ねるごとにきになるのが、肌の弾力やハリの低下。 鏡で自分の顔を見るのが嫌になってしまうこと、ありません […]

コメントなし
加齢

活性酸素はコラーゲン減少で肌老化の原因に?対策とおすすめ化粧品!

活性酸素は、外部から体内に侵入してきたウイルスや細菌を防御する働きがあり、体にとっては基本的に必要なものです。 […]

コメントなし
美容ドリンクを飲む女性

美容ドリンク♪試して美肌&元気になったランキング【最新ver.】

女性ならいつまでもハリ・弾力があるお肌を維持していたいと思いますよね? 綺麗なお肌を維持していくには人並み以上 […]

コメントなし
エイジングケアをする夫婦

エイジングケア人気化粧品ランキング!美容液・クリームにサプリも紹介

加齢は避けられないとはわかっていても少しでも若く見られたいですよね。 少し高い金額を支払っても1歳でも若いとい […]

コメントなし
フェイスラインを気にする女性

フェイスライン引き締めおすすめランキング!美顔器・化粧品・ツボ!?

あれ?二重顎になっている? いつのまにかフェイスラインがもうメリハリがなくなっている そんな経験はありませんか […]

コメントなし
目元のシワ・シミが気になる女性

目元の小じわ・たるみに効く化粧品口コミランキング|しわ取り対策!

いつのまにか目元にしわができた。 そんなことで悩んでいる女性は多いと思います。 特に写真に写った自分の目元で気 […]

コメントなし
深いしわを消すには?部位ごとの原因と解決策

深いしわを消すには?眉間・法令線の原因と対策!効果大の化粧品も!

深いしわって目立つから嫌ですよね。 気になって表情も硬くなってしまいます。 私も加齢とともに増えるしわに悩んで […]

コメントなし
ほうれい線を気にする女性

ほうれい線を消す化粧品おすすめ口コミランキング!安い効果がある

Contents1 ほうれい線とは?2 ほうれい線が出来る仕組み・過程は?3 ほうれい線を消すおすすめ化粧品ラ […]

コメントなし
アンチエイジング

プラセンタサプリの口コミ効果ランキング【最新版】

プラセンタは、「未知なる物質」&「栄養の宝庫」と言われ、哺乳動物は出産するとすぐに胎盤(プラセンタ)を食べて、 […]

コメントなし
レチノールの効果を実感する女性

レチノール配合の化粧品は美容効果が高い!美容液?化粧水?摂取方法と副作用は?

あなたはしわやたるみに悩んでいませんか? 最近美容効果が高いと噂のレチノール。 レチノールはビタミンAの一種で […]

コメントなし
コラーゲンの美容成分

コラーゲンの美容効果は?ドリンク・化粧品・サプリ・食品摂取方法は?

みなさんはコラーゲンについて詳しく知っていますか? コラーゲン鍋などで目にするものは、プルプルしたゼリー状の物 […]

コメントなし
ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の効果はほうれい線改善?化粧品・サプリ・注射で摂取!

ヒアルロン酸注射ってよく聞きますよね。 芸能人がヒアルロン酸注射をしてシワをとったり、リフトアップしたりするイ […]

コメントなし

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

まぶたが下がりアンチエイジングする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 筋力低下は生活筋力の衰えが原因。運動してアンチエイジング♪

  • 疲れが取れない原因は?ストレス発散でアンチエイジング

  • 酵素は便秘に効くの?便秘解消におすすめの酵素ドリンクランキング

  • 青汁で野菜不足を補えるか?野菜不足解消におすすめの青汁もご紹介!

  • 更年期障害が原因のひどい肩こり【症状とケア方法】

  • 口のかわき・ドライマウスは更年期障害が影響している?