エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 化粧水
  4. 顔のニキビの原因と皮脂を抑える方法をご紹介♪

顔のニキビの原因と皮脂を抑える方法をご紹介♪

化粧水 ニキビ
  24 Views
脂取り紙

顔の皮脂分泌が活発になると、私たちの肌にあらゆるトラブルを引き起こしますよね。

テカリやべたつきが気になり、必死にあぶらとり紙を使ったり、洗顔を繰り返している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ニキビの原因ともなる皮脂を正しく抑える方法をわかりやすくご紹介していきます!

顔の皮脂が増える原因は?

顔の皮脂分泌が活発になってしまう原因は、大きく挙げると2つあります。

1つ目は、肌の乾燥が原因で、一生懸命肌に潤いを与えようと防衛本能が働き、皮脂分泌が活発になってしまうこと。

そして2つ目は、新陳代謝が活発となっているため、過剰な皮脂を分泌してしまうことです。

10代の若い世代の場合、新陳代謝が活発になっていて過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまうことがありますが、これに関しては一時的ものである可能性が高いので、時間とともに改善されることがあります。

しかし実際には、顔の皮脂分泌に悩まされている7割以上の方が20代から40代にかけてなので、水分不足が原因です。

肌の水分不足

なぜ水分不足が引き起こされてしまうのかと言うと、誤ったスキンケアを繰り返していたり、肌のバリア機能が低下してしまい、水分を保持することができなくなっているからです。

過剰な皮脂分泌を繰り返す誤ったスキンケアの代表は、過度の洗顔と皮脂を過剰に取り除いてしまうことです。

冒頭でもお話ししたように、過剰な皮脂分泌をどうにか改善しようと繰り返し洗顔をしたり、あぶらとり紙を使うケースがありますが、これだと肌がますます乾燥してしまうので、さらに活発な皮脂分泌を誘発してしまいます。

ゴシゴシ洗顔

また、繰り返し摩擦が引き起こされることにより、ラップ程度の厚みしかない肌の角質層には傷がつき、バリア機能の低下につながります。

皮脂が増えるとテカる?

皮脂は油分となるので、活発に分泌されることによりテカリやすくなります。

さらに気温が高くなる夏場は、皮脂とともに汗も分泌されるようになるので、テカリやすくなってしまい、ファンデーションも崩れがちです。

脂性肌

しかし、テカリの原因となる皮脂は私たちにとって天敵のように感じてしまいますが、実は重要な役割も果たしてくれています。

その重要な役割とは、先ほどから何度か登場している「バリア機能」です。

過剰な皮脂分泌はニキビの原因であるアクネ菌の餌となり、アクネ菌を増殖してしまうことにつながりますが、適度な皮脂は私たちの肌を守るバリア機能を果たしてくれるため、外的刺激から保護する役割をしてくれます。

テカリが気になるからと、たくさん取り除いてしまうと、肌のバリア機能まで取り除くことにつながってしまうので、肌のテカリが気になり始めた時は、適度に抑えることが大切です。

ニキビ

ゴシゴシと過剰に洗顔を繰り返したり、必要以上に皮脂を取り除くあぶらとり紙のようなアイテムを使うのではなく、ティッシュで軽く押さえる程度にとどめるのが、肌には効果的ですね。

顔の皮脂を抑える方法は?

肌表面の皮脂を抑えるための対策方法は、保湿となります!

皮脂分泌が活発な状態に保湿は不要ではないかと思われてしまいがちですが、皮脂が活発に分泌されている状態ほど、肌が乾燥状態に陥っている可能性があるからです。

私たちの肌は、水分と油分のバランスを上手に保つことにより、1番良い状態を作り出すことができます。

しかし、皮脂分泌が活発になってしまっている状態だと、水分よりも油分が上回ってしまっているため、肌にとっては悪い状態を作り出してしまいます。

水分と油分のバランスを元に戻すためには、まず損われてしまった水分をたっぷりと補給する必要があります。

水分補給には化粧水

スキンケアの中で水分を補給する役割を果たすのは、化粧水です。

顔の表面がひんやりと冷たくなる状態まで、しっかりと化粧水で水分を補給し、うるおいで満たしてあげて下さい。

化粧水

水分を補給した後は、水分蒸発を防ぐために適度な油分が必要となってくるため、必ず乳液で蓋をしてあげる作業が必要です。

皮脂分泌が活発に引き起こされている状態だと、どうしても油分を不要に感じてしまうため、乳液を省いてしまうケースがあります。

しかし、乳液を省いてしまうと水分蒸発が引き起こされてしまうため、せっかく補給した水分を保持することができません。

余分な皮脂分泌を抑えるためにも、必ず化粧水で水分補給した後には、乳液を使うようにして下さい。

さらに、乾燥状態が悪化してしまっている状態だと、水分保持機能が著しく低下しているため、化粧水で水分を補給したとしても、砂漠に水をあげているような状態になってしまうことがあります。

そんな時には、水分保持機能を高めてくれる成分を取り入れるのも効果的です!

ライスパワーNo11エキス

厚生労働省が、水分保持機能の改善に唯一効果があると認めているのが、お米で作られた成分である「ライスパワーNo11エキス」になります。

最近では、化粧水や化粧水を使用する前の導入液にライスパワーNo11エキスが配合された商品も販売されているので、このようなアイテムを活用するのもおすすめです。

顔のテカリやべたつきが気になり始めると、どうしても皮脂を取り除くことばかり考えてしまいますが、過剰な皮脂が分泌されているのには必ず原因があります。

原因をしっかりと追求し、根本的な皮脂分泌の改善を目指してくださいね♪

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

脂取り紙

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • プチプラなのに効果抜群!ハトムギ化粧水は毛穴やニキビにも効果あり?!

  • アカランのエッセンシャルウォータージェルの口コミは?オールインワンでニキビにも効果あり?

  • 赤ニキビの原因や白ニキビの違い!即効で治す方法は皮膚科?

  • 無印良品の敏感肌用高保湿化粧水は口コミ人気抜群!成分や口コミまとめ

  • スキンケアのポイントはずばり保湿!!知らなかった保湿の大切さをご紹介♪

  • 青汁はニキビ・肌荒れにおすすめ!ニキビに効く青汁人気ランキング

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!