エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. 家庭用脱毛器
  4. 家庭用脱毛器で顔の産毛も処理できる?選び方やケノン・トリアの使い方、

家庭用脱毛器で顔の産毛も処理できる?選び方やケノン・トリアの使い方、

家庭用脱毛器

顔の脱毛が出来る家庭用脱毛器とは?

せっかく家庭用の脱毛器を購入するのであれば、頭の先から足の先まで1つの脱毛器で処理したいですね。
もちろん足や腕は脱毛することが出来ても、果たして顔はどうでしょうか。
顔は外出するときに隠すことができない部位で、脱毛失敗して肌トラブルが起こるなんて許されません。

家庭用に販売されている脱毛器は、

  • フラッシュを利用した脱毛器
  • レーザーを利用した脱毛器

の2種類があります。

そのどちらも顔に使用することが可能です。

すべての顔の部位にも使えるの?

顔にも使えると表記してある家庭用脱毛器が多いですが、どこまでの範囲で使用できるかは商品によって様々です。

例えば家庭用脱毛器の代名詞ともいわれるフラッシュを利用した「ケノン」では、目の周り以外はほとんど全範囲の顔を施術することができます。

眉毛と眉毛の間や、おでこなどの細かい部位も施術できるのがケノンの1つのおすすめポイントです。

現在は生産終了していますが、過去に発売されている歴代のケノンの中には毛抜きでまゆげの処理ができる機能がついているものもありました。

それくらい顔の脱毛も想定して作られている脱毛器なので、顔への使用も安心です。
フラッシュを利用した家庭用脱毛器は、照射の際にまぶしく光ります。
付属のサングラスを使用して、目への影響を最大限に考慮して施術することが望まれます。

レーザー脱毛器トリアでも顔の産毛脱毛が出来る

一方家庭で扱える唯一のレーザー脱毛器の「トリア」も顔脱毛をすることができます。
トリアが使用できる顔の範囲は鼻より下とされています。

トリア
レーザーの目への影響を考慮しているためですが、おでこやこめかみも施術したいという人にとっては少し制限になってきます。
顔の中でも特にムダ毛が気になる口周りは、トリアでしっかりと処理することができます。

上記の2商品で比較するとどちらも顔に施術することができますが、ケノンの方が顔の広範囲に施術できることになります。

どんな家庭用脱毛器を選ぶ方がいいの?

家庭用脱毛器を選ぶ基準は、

  • 価格
  • 安全性
  • 脱毛効果
  • 1ショットあたりの施術範囲
  • 施術時の痛み
  • 使用できる出力の強さ
  • メーカー
  • 使用回数(脱毛器の回数制限がある脱毛器が多いため)
  • カートリッジタイプ交換タイプか、本体とカートリッジが1つになったタイプか
  • 脱毛器を使うのは自分だけか、家族や友達と共有するか

など比較する点がたくさん挙げられます。

中でも顔に施術する場合、

  • 安全性
  • 脱毛効果
  • 施術時の痛み

が重点を置きたいところですね。

安全性

分かりやすくフラッシュ脱毛のケノンとレーザー脱毛のトリアを比較すると、
安全面では両者どちらも安全に使うことができます。

どちらも家庭向けに発売されているもので、肌や毛に関する知識がない人でも安全に使えるような造りになっています。

ケノンはフラッシュで、トリアはレーザーという脱毛の仕組みをイメージすると、フラッシュよりもレーザーの方が出力が強いのでトリアの方が肌トラブルのリスクが高いように思われがちです。

しかしトリア利用者の口コミを見ても安全に施術が行えていることが分かります。

脱毛効果

脱毛効果では、ケノンもトリアも設定出力により差が出ています。

顔のムダ毛は体のムダ毛と比較しても薄くて細く、レーザーやフラッシュが反応しにくいのです。

光脱毛
そのため一定以上の出力で施術しないと脱毛効果を感じられないという口コミも多いです。
家庭用脱毛器使用時は、出力レベルの設定も顔脱毛成功の鍵になります。

施術時の痛み

施術時の痛みでは、ケノンもトリアも出力により差があります。
どちらも出力を強くすれば強くするほど痛みを感じやすくなりますが、その一方で脱毛効果も出やすくなるので悩ましいところです。

ケノンもトリアも最大出力で施術すると、我慢できない人がいるくらいの痛みを感じます。
肌への負担を考慮して、家庭用脱毛器は年々進化しているので従来の脱毛器と比較するとかなり機能は改善しています。

ケノン

しかしまだ施術時の痛み自体を完全にはぬぐい切れていません。
ケノンやトリア以外の脱毛器で、より痛みを抑えて施術できるものもあります。

しかし痛みがない分脱毛効果も低いようです。
ケノンやトリアを使用する場合も、肌への負担を考えて出力を上げすぎないように注意しましょう。

家庭用脱毛器で顔のトラブルとかにはならないの?

家庭用脱毛器でも、使い方を間違えると肌トラブルを起こす可能性があります。

特に顔は特に他の部位よりも肌が敏感なので、しっかりと意識していないと肌トラブルを起こす可能性が高いです。

顔を家庭用脱毛器で施術する場合、脱毛の前後にしっかりと肌を冷やすことが肝心になります。 タオルに巻いた保冷剤でしっかりと肌を冷却してから施術にあたりましょう。
また、施術後もしっかりと肌を冷やして、専用のジェルや保湿クリームなどでしっかりと水分を補ってあげましょう。

クリーム

また、顔に施術する場合ホクロにも注意が必要です。

フラッシュを利用した家庭用脱毛器も、レーザーを使用した家庭用脱毛器もどちらも毛のメラニン色素に反応して脱毛を促していきます。

つまり、脱毛器は黒色に反応するように出来ているので、ホクロの黒色にも反応してダメージを与えてしまうのです。

ホクロがある場合はホクロの部位を絆創膏などでしっかりとカバーして、ホクロに直接フラッシュやレーザーがあたらないように施術しましょう。

顔の脱毛はどの程度の頻度や回数で行うべき?

家庭用脱毛器の使用頻度は、メーカーや種類によって異なります。

どの家庭用脱毛器にも使い方の説明書が同封されているので、しっかりと読んで脱毛頻度が頻繁になりすぎないように注意しましょう。

ちなみにトリアもケノンもおすすめの推奨される使用頻度は2週間に1回と記載してあります。

使用開始時はこの2週間に1回の頻度を守って使用を続け、顔の産毛が薄くなってきたら使用頻度を減らしていくのがベストです。

効果は何回位?

家庭用脱毛器の脱毛効果は、設定する出力レベルによりかなり差があります。
一番弱い出力レベルでは、痛みも感じなければ脱毛効果もほぼ感じない人が多いです。

トリアの場合はレベル5以上がおすすめです。
レベル5で照射した場合、2週間に1回ずつ使用して3から4カ月程度でしっかりとした脱毛効果を実感できます。
つまりトータル施術回数は6回から8回くらいです。

ケノンの場合、プレミアムまたはエクストラカートリッジの場合レベル6から7、ストロングカートリッジの場合レベル4から5がおすすめです。

照射レベル8
ケノンは人によって利用する出力にばらつきがあり、4カ月から半年程度で脱毛効果を実感することができます。
つまり8回から12回程度で

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

家庭用脱毛器

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • LAVIE(ラヴィ)の脱毛効果を口コミで検証!効果的な使い方とは?

  • 脱毛器トリアって効果なし?何回で効果出るの?ひげ・VIOにも使える?

  • 2PS(ツーピーエス)の効果は?VIOへの効果や最安値で購入する方法

  • 脱毛器ソイエは痛いの?効果を口コミ調査!使い方まで徹底解説

  • 脱毛器ブラウンフェイスの効果を口コミから検証!使い方や価格もご紹介!

  • ケノンで一人で背中脱毛?レベルや方法や回数、うなじにやり方までご紹介

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。