エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 【お腹のぜい肉は危険信号】脂肪細胞で肥満が加速する!?

【お腹のぜい肉は危険信号】脂肪細胞で肥満が加速する!?

脂肪を気にする女性

「お腹まわりにお肉がついてきた」

「食べたら食べただけ太る」

「最近やせにくくなった」

 

そう感じることってありませんか?

それはきっと、年齢を重ねるごとに体の基礎代謝が下がっているから。そもそも体の基礎代謝が下がってしまうのは、体の中にある「脂肪細胞」の仕業かもしれませんよ。

 

太るサイクル肥満を防ぐには?

通常私たちは、食べ物に含まれる糖質や脂質を燃やして体のエネルギーに変えて活動を行っているんです。数十億個ある細胞のひとつに、褐色脂肪細胞とよばれる細胞があります。

この褐色脂肪細胞にはミトコンドリアという物質が存在し、寒いと感じたときには体の脂肪をエネルギー変換して、体温を一定に保つ役割をしています。

 

つまり、褐色細胞が多ければ脂肪を燃やすミトコンドリアの働きも高まるから、代謝が上がりやせ体質に近づくといこと。

しかし、反対に体の中に脂肪を溜め込む働きを持つ白色細胞が増えてしまうと、どんどん代謝機能が衰えて肥満を招いてしまうんです。では、肥満を防ぐためには一体どうしたらいいのでしょうか?

 

脂肪細胞とは?

shutterstock_85447960

そもそも脂肪細胞とはなんなのか、あらためて考えてみたいと思います。その名の通り細胞質に脂肪をもっている細胞のことで、「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類に分けられているのだと言います。

 

白色脂肪細胞って何?

白色脂肪細胞とは体のあらゆるところに存在している、いわゆる「脂肪」のこと。体の中に脂肪を溜め込む性質を持っています。

消費するカロリーよりも摂取カロリーの方が上回ってしまった場合、食事で摂り過ぎてしまった脂肪が体の中にどんどん蓄積。

そして、お腹・二の腕・背中・わき腹・太もも・腰まわり・ヒップなど体のさまざまな箇所に皮下脂肪内臓脂肪としてお肉が付いてしまうんです。

 

数年前までこの白色脂肪細胞は、乳幼児や思春期などある一定の期間を過ぎると増えることはない、とされてきました。

しかしここ最近の研究によると、成人になってからでも増えて肥満を招くと言われているのだそうです。白色脂肪細胞が増える原因に、カロリーの摂り過ぎ運動不足などが挙げられます。

 

ちなみに、一般的な成人の場合は400億個、肥満の人の場合はさらにその倍800億個にものぼるのだそう。では反対に、褐色脂肪細胞とは一体どんな働きがあるのでしょうか?

褐色脂肪細胞って何?

過食脂肪細胞には、脂肪を溜め込む白色脂肪細胞をエネルギーとして燃やす働きがあります。

特に冬の寒い時期、長時間外にいると体が冷えてしまいます。そうした状況のとき、褐色脂肪細胞に存在しているミトコンドリアが白色脂肪細胞を燃やしてエネルギーを放出し、体温を一定に保つホメオスタシスという役割を担っているんです。

 

白色脂肪細胞が体の至るところに存在しているのに対し、褐色脂肪細胞は首のうしろ肩甲骨まわりじん臓肝臓心臓わき腹といった特定に箇所にしかありません。また、成人でわずか40gととても貴重な脂肪なんですね。

 

ようするに、体の代謝を高めてカロリーを燃焼しやすくするためには、褐色脂肪細胞の存在なくしてあり得ないというわけ。そして、エネルギー源となる白色脂肪細胞を効率よく燃やすことが、肥満防止につながるということです。

ダイエットでリバウンドしやすい理由

shutterstock_561788977

糖質制限、ファスティング、夜ヨーグルト、朝アイス、白湯などダイエット方法はたくさんあります。しかし、実践してみたものの結局リバウンドしてしまった・・・なんて人も意外に多いのではないでしょうか?

 

その原因はきっと、脂肪を溜め込む働きを持つ白色脂肪細胞が小さくなっただけだから、なのかもしれませんよ。

先ほどもお話しましたが、ここ最近の研究では脂肪細胞は増えることがわかっています。褐色脂肪細胞の働きを強めて白色脂肪細胞を少なくしなければ、減量をやめた途端にリバウンドという悲しい現実を迎えてしまうことになるんです。

褐色脂肪細胞を活性すれば、白色脂肪細胞が減る?

shutterstock_406943371

それでは、体のエネルギー消費量をより高めるためには一体どうしたらいいのでしょうか?体のエネルギー放出量を高め、体の代謝をアップさせる方法をいくつかご紹介します。

 

水とお湯を交互に浴びる

温泉やお風呂につかったあと、水風呂と熱いお湯を交互に浴びましょう。冷水に浸かることによって、温まっていたはずの体温が急激に低下します。

それにより、体内環境を一定に保ち体の健康を維持しようとするホメオスタシス機能が作動し、褐色脂肪細胞の働きがより活発になるからです。

肩甲骨ストレッチ

shutterstock_410726191

褐色脂肪細胞は肩甲骨まわりに存在しています。肩をグルグルまわしたり、大きく伸びをすることで褐色脂肪細胞が刺激され、血流がアップしてリンパの流れがよくなるんです。細胞の動きを活性化するだけでなく、デスクワークによる凝りをほぐす肩凝り解消効果も期待できます。

スイミングを行う

体の全身運動である水泳は、褐色脂肪細胞の活性化にとても有効だとされています。なぜなら、肩甲骨や背中を使う運動であるあるほか、温水/冷水とで交互に切り替えられるからです。水泳がダイエットに最適だ、と言われている所以はここにあるのかもしれません。

有酸素運動を行う

shutterstock_255001651

褐色細胞内にあるミトコンドリアの働きを高めるためには、有酸素運動が適しています。走り始めて始めは苦しいと感じても次第に呼吸が整うのは、細胞内のミトコンドリアの量が増えているから。

つまり、ミトコンドリアの働きを活性させる有酸素運動(ランニング・ジム)は、肥満防止に最適なのです。

 

体の代謝を高めたいなら◯◯が効果的!!

 

まとめ:よりよい健康のために

shutterstock_184616183

脂肪細胞には、体の中に脂肪を溜め込み肥満を生み出す「白色脂肪細胞」と、エネルギーを放出して体内環境を一定に保つ「褐色脂肪細胞」の2種類がありました。

そして、体の代謝を高めるためには褐色脂肪細胞の働きを活性化させ、エネルギー消費量を高めることが、肥満を防止してやせ体質の大きな決め手となっているんです。

 

今日から有酸素運動やスイミングを取り入れて体の新陳代謝を高め、お腹・腰まわり・二の腕・ヒップ・背中・わき腹のぜい肉をそぎ落としていきましょう。

毎日続けることできっと、年齢に負けないメリハリのある美しい健康体を手に入れられるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

脂肪を気にする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

沼田 優衣

沼田 優衣

ヘルスケア分野の店舗企画開発を経験。自身の心身の崩れから、より一層スキンケア、ヘルスケアを研究するようになる。現在は美容を中心としたプロライターとして活動。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 青汁で便秘解消!便秘に効く青汁や効果的な飲み方・口コミも!

  • 【めんどくさがり屋必見】目的別ダイエットサプリの正しい選び方

  • ベルタ酵素を飲んで1ヶ月で3.8キロ痩せた!!~ダイエット継続中~

  • 筋肉をつけない運動で痩せる!ふくらはぎに効果的なダイエット♪

  • 理想のお腹になる!『腹筋』ダイエットの法則

  • 水分代謝が悪い人は水太りの原因…解消してダイエット♪