エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 脱毛
  3. 効果
  4. 光脱毛後の自己処理とは?正しいケア方法とやってはいけないこと!

光脱毛後の自己処理とは?正しいケア方法とやってはいけないこと!

効果
  131 Views
脱毛機

光脱毛後の自己処理はどうしたら良い?

家庭用脱毛器やサロンで脱毛をする時に一般的なフラッシュ脱毛。
この光脱毛後の正しいケア方法がいまいち分からないという人も多いのではないでしょうか。この記事では光脱毛後のケア方法を解説していきます。

そもそも光脱毛後に自己処理が必要なのでしょうか?また脱毛したのに毛が生えてくるのでしょうか?

光脱毛

実は、1回目からでも脱毛してからある程度経つと毛が抜けます。
しかし、その後しばらくするとまた生えてくるのです。

それも、1ヶ月や2ヶ月毛がない状態が続くのではなく、1~2週間そこらで生えてきます。
光脱毛後なのになぜなのでしょうか?

実を言うと、施術の最初何回かはすぐに毛がまた復活してきます。
施術回数が増えるごとにどんどん毛の量が減り、復活するまでのサイクルが長くなるのです。

つまり、最初は1週間~2週間でまた元通り生えてきていたのが、1ヶ月になり、3ヶ月となっていくのです。
サイクルが長くなると、次の施術を受けるまでに毛が復活しなくなります。
つまり、自己処理はほとんどしなくて良くなります。

毛周期

しかし、最初の方の施術ではサロンに通う前に毛が生えてきてしまいます。
そうなると、どうしてもサロンに通う前に自己処理をしなくてはいけません。
もちろん、サロンへの来店日と来店日の間に何回かケアすることになる人もいるでしょう。

こういったわけで、光脱毛後も自己処理が必要となるのです。

脱毛後に抜けない原因は?

脱毛したからといって、すぐその直後から毛が抜けるわけではありません。

大体施術後、1~3週間かけて少しずつぽろぽろと毛が抜けていきます。
しかし、2週間以上経っても毛が抜けない場合は、2つの原因が考えられます。

照射漏れがあった

脱毛をした後、一部分の毛だけ抜けないという場合は、照射漏れが原因のケースが多いです照射漏れとは、施術の際にその部分だけ光が当たらないことで、スタッフの施術ミスにあたります。

照射漏れは無料で打ち直ししてくれることがほとんどなので、気付いたらすぐに店舗に連絡を入れましょう。

出力が弱かった

脱毛を始めたばかりの方や敏感肌の方には、肌のトラブルを避けるために、脱毛器の出力を押さえて施術します。
また、日焼け肌や黒ずみがある部分も出力を上げられません。
少しずつ様子を見ながら、出力を上げてもらうといいでしょう。

脱毛後に毛が早く抜けるようにする方法

肌の状態が良いと、施術の際の光がしっかり毛穴まで届きます。

脱毛の効果が早く出るようにするためには、保湿を十分にして、肌が潤っている状態にしておくのが一番です。
肌がしっかり保湿されていれば、肌や毛穴のターンオーバーも正常な状態になり、順調に毛が抜けていきます。

脱毛中は、できるだけ保湿ケアを心がけるようにしましょう。

やってはいけないこととは?どの位の期間やってはいけないの?

脱毛後しばらくやってはいけないことと言えば、体毛の処理と日焼けがあります。

体毛の処理は最低3日してはいけません。
毛を処理する方法として、毛抜きを使うのもNGです。

電動シェーバーを使用するのがおすすめ。なるべく、お風呂で体を洗う時も石鹸か肌に優しいボディソープを使うようにした方が良いでしょう。

石鹸

脱毛後の肌はとても敏感です。
日焼けすると炎症を起こしてしまうケースもあります。
そのため、日焼け対策はしっかりするようにしましょう。
できれば日焼け止めクリームは使わず、帽子や日傘で対応することをおすすめします。

意外に思うかもしれませんが、施術を受ける12時間前後はアルコールの摂取も避けた方が良いです。アルコールを飲むと血流が良くなります。

すると、脱毛後の敏感な肌だと痒みを感じるケースがあるのです。運動やサウナも避けた方が良いでしょう。
施術当日はお風呂の湯船につかるのもおすすめしません。

入浴

赤みやかゆみの原因となります。

さらに脱毛前後10日は予防接種も推奨されません。
体質によっては体調を崩すケースがあります。

また、薬の服用について気を付けた方が良いです。「抗不安剤」「抗生物質」といった薬を飲んでいると断られるケースが多いとか。
もしも、薬を飲んでいるのであれば、脱毛に問題がないか聞いておくようにしましょう。

予防接種

どんな肌トラブルがある?

脱毛前後にはたくさんの「やってはいけないこと」があると分かりました。
それでは、光脱毛後にはどのような肌トラブルのリスクがあるのでしょうか?

肌荒れ・赤み

まずは良くある症状である「肌荒れ」「赤み」です。

光脱毛は肌に大なり小なりダメージを与えます。
そのため、肌荒れが起こってしまいます。毛穴に菌が入って軽い炎症を起こすと「赤み」が発生することも。

これを避けるためには、なるべくアフターケアを丁寧にし、清潔さを保つことを心掛けるようにすると良いでしょう。日焼け・運動・サウナも厳禁です。

毛嚢炎

毛嚢炎

毛嚢炎とは光脱毛の刺激によってバリア機能が下がっている時に、毛根に雑菌が入ることで炎症を起こす症状のこと。

白いニキビ様の発疹ができます。
なるべく清潔にして、保湿ケアを行うようにすればリスクは低下します。

また、肌を清潔に保ちにくいエステやマッサージ・プールも光脱毛後しばらくは避けるべきです。

毛嚢炎

硬毛化・増毛化

硬毛化は体毛が濃く太くなる現象のこと。
増毛化は毛量が増える現象のことを言います。

この2つの詳しい原因はわかっていません。
そのため、防ぐというのはなかなか難しくなってきます。

SHR方式はこの症状が起こるリスクがないという話も聞きます。
また、光脱毛とは違った脱毛方法でムダ毛処理を行うという方法もあります。

アフターケアをしないと起こること

前項で様々な肌トラブルを紹介してきましたが、アフターケアをしないとこうしたトラブルが起こるリスクが増加します。

特に光脱毛後は肌が「敏感」「乾燥」状態でケアをしないと傷つきやすいです。
また、保湿し乾燥を防ぐと埋もれている体毛が出やすくなるため、脱毛効果が向上します。

そのため、しっかり保湿を心掛けるようにしましょう。
風呂上りにタオルで拭く時も強くこすらないようにします。

タオル
保湿方法としては、保湿ジェル・ローション、ボディクリームがおすすめ。
また、化粧水をつけてから乳液を塗るとさらに効果的です。

使うケア用品は、なるべく天然成分がメインで敏感肌用のものがおすすめ。

というのも、先ほどから書いているように、光脱毛後の肌は非常に敏感で乾燥しやすいからです。
つまり、いつもより労わってあげなくてはいけません。
いつも使っているボディ用のクリームもいつもより疲れている肌だと赤みや痒みが出てくる可能性も。
そうしたトラブルが起こった際はすぐに使用をやめるようにしましょう。

実費購入するのではなく、サロンによっては保湿ジェルやローションをプレゼントしてくれるところもあります。
無償のサロンは問題ないですが、有料で高額なケア用品を買うよう勧誘してくるところもあるので注意してください。

病院

また、ケアをしていて、もし肌のひりつきや赤みが収まらなかったり、発疹が悪化するといったことに気づいたら皮膚科にかかるようにしましょう。
ドクターサポートのあるサロンであれば、サロンに連絡を取ってみるのも良いでしょう。

そのサロンのサポート体制にもよりますが、病院を紹介してくれ、診察費・治療費・薬代・交通費すべて負担してくれるようなところもあります。

脱毛後の自己処理でカミソリはあり?

光脱毛後のセルフケアはどうすれば良いのでしょうか?
まず施術後最低3日は自己処理を行わないようにしましょう。

処理方法としては、カミソリより電動シェーバーを推奨します。

電気シェーバー

とは言っても、カミソリが悪いわけではありません。
カミソリより肌へのダメージが少なく、怪我もしにくいため電動シェーバー推奨なのです。

通常より脱毛施術で傷ついている状態なので、なるべく肌に優しいケア方法が望ましいです。そのため、ダメージを与えないこちらの方をおすすめしています。

また、怪我が問題なのは肌トラブルを避けるためだけではありません。
脱毛サロンの施術で光を当てる際に、怪我をしている部分には当てられません。
しかし、施術を行えないのは勿体ないですよね。

そのため、怪我で施術ができない部位がなるべくない方が良いのです。

医療脱毛と脱毛サロンで自己処理方法は異なる?

医療脱毛であってもサロンであっても、自己処理の方法は基本的に同じです。
毛抜きを使わず、カミソリや電動シェーバーを使うようにしてください。

特に電動シェーバーがおすすめです。
毛抜きは絶対しないようにしてください。毛抜きを使うと様々な問題が起こります。

例えば、脱毛の効果が現れなくなることがそのひとつです。サロンで脱毛をする前は、毛の処理をしなくてはいけません。

もし、その時に毛抜きを使ってしまうと、毛の根本の方から抜けてしまうため、光脱毛器の光が反応しなくなってしまいます。
光脱毛器の光は黒い(メラニン)色素を標的にするからです。

毛抜き

また光脱毛後は肌も毛穴もダメージを受けています。そこにさらに毛抜きでダメージを与えてしまうと、肌に対するダメージが重なってしまうのです。

毛抜きを脱毛前に使うのは問題である、と書きましたが、光脱毛後であれば肌へのダメージはさておき「毛抜きそのもの」には問題ないのでしょうか?

実はこれにも問題があります。
毛は成長期、成長後期、後退期、休止期というサイクル(毛周期)を繰り返しています。
そのサロンの方式にもよりますが、一般的に用いられることの多いIPL方式では成長期に合わせて施術を行うことに。

しかし、毛を抜いてしまうと、このサイクルが崩れてしまうのです。

そうなると、毛周期に合わせてせっかく入れた予約も変更しないと脱毛効果がなくなってしまいます。毛抜きを使うと、色々と面倒なことも増えてきてしまうのです。そのため、絶対に毛抜きは使わないようにしましょう。

光脱毛後、毛を指でつまむとスルっと抜けるようになります。
これは毛周期を無視したものではないため問題なく指で抜いて大丈夫。
あくまで無理やり抜くから「毛抜き」は問題ということです。

また、いくら電動シェーバーを使っていても怪我やカミソリ負けをすることもあります。特に古い刃を使い続けると怪我の原因になることも。

しっかり、既定の日にちを守って刃を交換するようにしましょう。

脱毛後どれくらいで毛は抜けてくるの?

光脱毛後に2回抜け落ちるタイミングがあります。
1回目は光脱毛後すぐ、2回目は1週間~3週間後です。
1回目は縮れた状態で抜け落ちます。これは、光を当ててすぐに毛根から毛が飛び出たものです。

脱毛サロン

光脱毛は光を当てて毛根を焼きます。
熱い熱が毛に浸透するのですから、たんぱく質変性を起こし縮れた状態となるのです。

2回目は抜けた毛がまた伸びて抜けたわけではありません。1回目に抜けなかった毛が毛穴から飛び出すことでこのようなことが起こりえません。

参考⇒腕のおすすめランキングはこちら
参考⇒足のおすすめランキングはこちら
参考⇒背中のおすすめランキングはこちら
参考⇒VIOのおすすめランキングはこちら
参考⇒全身脱毛のランキングはこちら
参考⇒家庭用脱毛器ランキングはこちら
参考⇒医療脱毛のおすすめランキングはこちら

脱毛石鹸

脱毛石鹸の効果とは?メリットやデメリットもご紹介!

モデルやアイドルなども使用していると言われている脱毛石鹸。 ここでは、 ・脱毛石鹸とは ・脱毛石鹸のメリット […]

コメントなし
ヤーマン脱毛器

ヤーマン脱毛器の効果や痛み・口コミをご紹介!ケノンとの違いは?

ヤーマンの家庭用脱毛器シリーズ商品について ・ヤーマン脱毛器の特徴 ・レイボーテの製品とケノンの比較 ・ヤーマ […]

コメントなし
スキンケア

ケノンで顔の産毛脱毛!使い方や美顔器機能で毛穴・ニキビ対策!

ケノンは顏の産毛脱毛に効果なし?顏脱毛のリスクとは? 家庭用脱毛器として人気のケノンですが、顔の脱毛にも使える […]

コメントなし
キレイモ全身脱毛

キレイモの全身脱毛の料金は?月額、学割プラン・支払い方法は?

キレイモといえば全身脱毛特化サロンとして有名のサロンです。 月額制もコースプランも安価な上に個室だったり雰囲気 […]

コメントなし
毛深い女性

ケノンは剛毛女子にも効果あり?VIO・すね毛・男にも効く使い方は?

ケノン愛用者の中でも、剛毛な人ほど脱毛後に手に入れるツルツル肌に満足しています。 元々ムダ毛が濃い人ほどその変 […]

コメントなし
背中

ケノンで一人で背中脱毛?レベルや方法や回数、うなじにやり方までご紹介

楽天で6年連続で売上1位を記録している爆発的大ヒットのケノン。 脱毛サロンに通わずに脱毛サロンと同等の効果が期 […]

コメントなし
クリーム

除毛クリームで自己処理脱毛!使い方・効果やデリケートゾーンの口コミ体験!

日々のムダ毛の処理は女性の永遠の課題ですね。 多くの方は、カミソリや毛抜き、電気シェーバーで自己処理しています […]

コメントなし
デリケートゾーン

Iラインが毛深い剛毛女子はどうしたら良い?みんなはどんな悩みがある?

Iラインの処理に困っている女性は多いです。 しかし、恥ずかしさのあまり、他の人のIラインの毛について話を聞くこ […]

コメントなし
お尻

Oライン(おしりの穴)が毛深い女性の脱毛処理方法をご紹介!

誰にも言えないおしりの毛の処理について悩んでいる女性は多いと思います。 悩んでいるわりには相談出来ない部位でも […]

コメントなし
Vラインのカミソリ負けについて

Vラインのカミソリ負けで赤いぶつぶつ?原因と対策は?薬で治るの?

Vラインは下着からはみ出る可能性が高いため、自己処理の頻度を多くしないといけない部位です。 しかしそれとは別に […]

コメントなし
アンダーヘアの自己処理について

アンダーヘアの自己処理方法まとめ!はさみ、シェーバー、除毛クリーム

アンダーヘアの自己処理ってみなさんどうしていますか? 毎日とはいかないまでも露出が激しい時や水着になる際に必ず […]

コメントなし
うなじの毛の処理について

毛深いうなじの脱毛処理は?シェーバー?キレイなうなじの作り方とは?

普段は自分で確認することも少ないうなじの毛。 しかし男性はうなじを結構見ているって知っていますか? 女性の毛深 […]

コメントなし
谷間のムダ毛処理について

胸の谷間の剛毛・産毛は処理すべき?毛が濃い原因と対処法

胸の谷間の毛が気になる、しかも剛毛で毛深い! これは本当にきつい悩みですね。 水着なんて着る際はかなりしんどい […]

コメントなし

乳首・乳輪の脱毛は恥ずかしい?自己処理の方法は?クリーム?毛抜き?

乳首・乳輪に毛が生えてきて困るという方は実は結構いますよね。 パートナーからどう見られるかなど、気になってしま […]

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

脱毛機

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • ハイパースキン脱毛とは?特徴やIPL、SSC脱毛との違いは?

  • 脱毛器の種類と特徴をご紹介!脱毛サロンのマシンはどう?

  • アトピーが脱毛で悪化?サロン・皮膚科・自己処理でおすすめ脱毛方法は?

  • 医療脱毛の効果は?効果の回数は5回じゃ足りない?クリニックをご紹介!

  • 毛周期とは?顔やワキなどの部位ごとの違い

  • ジェントルレーズプロの痛みは?産毛、シミなどフェイシャルにも効果?

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 引きこもりや鬱の人がダイエットで痩せる方法

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。