エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. 痩せない
  3. 食べ過ぎによる嘔吐&下痢を即効で解消改善するには?

食べ過ぎによる嘔吐&下痢を即効で解消改善するには?

食べ過ぎておう吐・下痢を引き起こす女性

お誕生日や結婚式、クリスマスやお正月などの特別な日は、つい食べ過ぎてしまうことがありますよね?
食べ過ぎてしまい気持ち悪くなって、思わず吐いてしまったと言う経験がある方、多くいるかと思います。

特に楽しいイベントがあると、羽目を外して食べ物の量や、お酒などの飲料の量もつい多くなりがち。

アルコール
しかし、下痢や嘔吐をしてしまう程、食べ過ぎてしまってはせっかくの楽しい日も台無しになってしまいますよね。

では、食べ過ぎるとなぜ、下痢や嘔吐が引き起こされるのでしょうか?
この情報を知ることで、ダイエット効果も期待されます。

そこで今回は、過食によって下痢や嘔吐といった症状が生じる原因についてご説明したいと思います。
また、健康へのストレスや食べ物・水分過多による症状の改善、対処方法もご紹介します。

食べ過ぎによる下痢&嘔吐の原因とは?

食べ過ぎによる下痢嘔吐

一体、なぜ食べ過ぎると下痢や嘔吐が生じるのでしょうか?

1つは、体の防衛反応が働く為です。

胃が消化しきれない程のたくさんの食べ物を食べると下痢や嘔吐だけではなく、胃の粘膜が荒れた事で、胃痛や腹痛なども生じるようになります。

胃

短時間で、一度に多くの食べ物が胃の中に入って来たと知った体は、すぐに胃の負担を減らす為に下痢や嘔吐によって、体外へ余分な食べ物を排出しようとするのです。

食べ過ぎで起こる嘔吐&下痢の原因は腸疲労?

症状が嘔吐や下痢も場合は、まず、食べ過ぎによる「腸疲労」を疑いましょう。

腸疲労とは、本来の腸の働きである<食べ物の消化と吸収><水分を回収><便を外へ排出>する機能を低下させてしまいます。

胃腸

症状が進むと、嘔吐や下痢という症状になってあらわれます。

本来、腸内で吸収される水分が吸収されにくくなって、便の水が増えてしまうというのが下痢のメカニズムです。

これが下痢や嘔吐が引き起こされる理由です。

腸疲労とは?下痢と腸疲労の関係

下痢や嘔吐が食べ過ぎなど腸疲労からきているのかどうか見分けるサインが、「おならの臭い」。

おなら

腸内の環境が悪くなると、悪玉菌が増やすことで腸の機能を低下させます。
臭いおならがよく出るという場合は、腸が疲れているのかもしれません。

下痢の主な原因

下痢の原因
下痢は、腸の収縮運動が活性化する事で、引き起こされる症状です。
腸内で吸収されるはずの水分が吸収されない為、水分をたっぷり含んだベチャベチャの便が生じます。

基本的には下痢の原因は、飲みすぎや食べ過ぎ、そしてストレスです。
これらが原因となって、腸の収縮運動が活性化してしまうことで、下痢が引き起こされます。
なので、暴飲暴食をしない、ストレスを溜めないことが下痢を即効に改善させる上では重要です。

暴飲暴食が嘔吐・下痢になる

また刺激物のある食べ物(辛い食べ物など)を食べた場合やお酒をたくさん飲んだ場合なども腸の収縮運動が活性化する事で、下痢に見舞われる恐れがあります。

ですので、刺激物のある食べ物や飲み物は控えるようにすることが下痢を解消する上では大切です。

刺激物
更に下痢は、キシリトールを過剰に摂取することでも引き起こされると言われています。
その理由は、キシリトールは吸収されにくく、水分を吸着するという性質があるからです。

吸収されずに腸へ移動したキシリトールは多くの水分を含んでいますので、大腸内の水分量が増加する事で、水分の多い便(下痢)が引き起こされるのです。

キシリトール

これはマグネシウムが配合された下剤やソルビトールが配合されたサプリメントを大量に服用することでも同じような理由によって、下痢が引き起こされますので注意してください。

その他の下痢の原因

腸疲労の代表的な症状である下痢や嘔吐。

その原因は、ちょっとした日頃の生活習慣が関わっていることもあります。
あなたの症状が腸疲労からきているかどうか確認してみましょう。

過度なアルコール

アルコールを飲むと、体内でアルコール成分が分解される過程でアセトアルデヒドがつくられます。

アルコール
このアセトアルデヒドは有害物質で、適度な量であれば徐々に分解されていくのですが、過剰に取りすぎると分解が間に合わなくなり身体が拒否反応を起こします。

この症状が、飲み過ぎや二日酔いによる<吐き気や嘔吐>というわけです。

過度なストレス

日常生活の中で、緊張やイライラ、不安なことを背負っていませんか?
腸は第二の脳といわれるように、身体の中でも精神的な影響を受けやすい臓器の一つです。

落ち込む女性

ストレス状態が続くと、腸の動きをコントロールしている自律神経が乱れ、腸がけいれんを起こし動きが鈍くなることで、下痢などの症状を引き起こします。

冷え

冷たいものを飲みすぎたり食べ過ぎたりすると、腸に大きな刺激を与え疲労をためてしまいます。
また、身体を冷やしてしまうことも、体内の免疫機能を低下させるので、腸疲労の原因につながります。

冷え

腸には、身体の約6割もの免疫細胞があるといわれます。
免疫細胞は一定の温度を保つことで活発にはたらきます。
逆に、身体を冷やしてしまうことは、免疫機能を損なってしまうので、腸の疲労につながるというメカニズムです。

ウィルス

腸は食べたものを消化するという機能のほかに、もうひとつ「有害なものを身体の中に取り込まない」ための防御という大きな役割があります。

腸内に1000兆個以上ある腸内細菌は、通常外からのウィルスや悪い菌と戦って、常に身体を守っています。

ウイルス

しかし、ストレスや体調不良からなる自律神経失調で免疫力が低下すると、身体に有害なウィルスの侵入を防ぐことができなくなり、腸機能の低下や進行すると炎症などを引き起こすことになります。

下痢になるメカニズム

腸の種類は大きく、小腸と大腸に分かれます。
まず、小腸が体内に入った食べ物を消化したり吸収したりします。
それから、大腸で水分を吸収し、小腸で吸収されなかった老廃物を便となって排出します。

その便をスムーズに排出するために、大腸の粘膜から適度な水分が分泌されています。

胃腸

腸が健康な状態であれば、この水分の吸収と水分の分泌のバランスが保たれているのですが、先に述べたような原因で、腸疲労の状態になってしまうと、水分バランスが崩れてしまうことが<下痢・嘔吐>を引き起こすメカニズムです。

下痢の種類

下痢の種類には、大きく2パターン<急性下痢>と<慢性下痢>があります。
症状によって対処法も異なるので、まず自分のタイプを知っておきましょう。

急性下痢

突然に起こる急性下痢の多くは、腹痛を伴い頻繁に便意をもよおしトイレに駆け込むというパターンです。
原因の多くは、食べ過ぎ・飲み過ぎ・冷え・ストレス・ウィルス感染など。
軽いもので2〜3日、さらに1週間ほど症状が続くケースもあります。

下痢

慢性下痢

慢性下痢の特徴は、急性下痢ほどの痛みは少なく、だらだらと長く続く症状で、2〜3週間以上続いたり、少しおさまっては再発したりを繰り返すこともあります。

原因は、急性下痢と同じく、暴飲暴食やストレスなどに加えて、自立神経失調による免疫力の低下によることもあります。

ハンバーガー暴飲暴食

万が一、同じような症状が繰り返して起こる場合は、「過敏性腸症候群」やさらに深刻な病気の可能性もあるので、早めに専門の医院を受診しましょう。

嘔吐の主な原因

食べ過ぎと下痢嘔吐の官益
下痢同様、暴飲暴食やストレスが原因のことが多くあります。

その他に、嘔吐が生じてしまう理由で冷たい食べ物や飲み物を大量に摂取することにより嘔吐することがあります。

また、疲労が蓄積していると、嘔吐してしまう可能性も高くなります。

ストレス

ストレスが溜まっていたり、疲労を感じている時は、胃腸の消化機が低下していると考えられます。

この状態で何かを食べたり何かを飲んだりした場合、消化しきれずに嘔吐が起こりやすくなりますので、十分注意しましょう。

その他の下痢・嘔吐の原因

下痢や嘔吐の主な原因は食べ過ぎですが、その他に深夜の食事によって生じることもあります。
就寝までが短い夜の遅い時間帯に食事をすると消化が上手く働かない為、下痢や嘔吐につながりますので注意しましょう。

夜食
また胃痛や腹痛などの症状は、食べ過ぎだけではなくストレスなどが原因で生じる場合もあります。

 

ストレスが生じると胃がキリキリと痛みませんか?
これは体の臓器の中で、胃は最もストレスの影響を受けやすい為です。
ですので、ストレスが溜まらないように気をつける事が大切です。

肉料理は消化不良になる

更に食べ過ぎだけではなく、肉類を食べることで下痢や嘔吐が生じる場合もあります。
なぜなら肉類は消化しにくいからです。
ですので、お肉大好きな人は要注意です。
下痢や嘔吐だけではなく胃痛や腹痛まで生じる恐れがありますので、

 

肥満防止の為にもなるべく野菜中心の食生活に改善する事が下痢や嘔吐を解消する上では大切です。

不快な症状である下痢や嘔吐、胃痛、腹痛を即効解消させるなら食べ過ぎないこと、ストレスを溜めないこと、そして、バランスの良い食事を取ることを心がけましょう。

サラダ

 

それでは、食べ過ぎて気持ち悪くなってしまった場合の対処法についてご紹介したいと思います。

当然、食べ過ぎてしまえば太ります。
しかし、それだけではなく、下痢や嘔吐まで、生じてしまう恐れがあります。

 

下痢&嘔吐の対処法

下痢嘔吐の対処法
何かを食べた場合、私たちの胃は胃液を分泌することで収縮運動を繰り返していきます。これにより、食べ物が下の方へ落ちて、胃液と混ざり合うことで消化されていきます。

しかし、食べ過ぎた場合、胃が拡張することで、収縮運動の働きが下がっていきます。
これにより、食べた物が消化されずに胃の中で、長時間留まってしまいます。
そして、下痢や嘔吐が起こりやすくなるのです。

 

①とにかく安静にすること

安静にして下痢嘔吐を和らげる女性

下痢や嘔吐を少しでも防ぐには、安静にすることが一番です。

極力、半日~1日は断食をするなどがベストです。
なるべく動かずにいましょう。
仰向けで寝る、お腹をさすって温める、好きなテレビ番組、映画などを観て気を紛らわすなどをしましょう。

 

②胃薬を飲もう

胃薬を飲む
食べ過ぎてしまった場合、基本的には、安静にしていれば改善していくものです。
しかし、嘔吐や下痢、胃痛、腹痛などの症状が酷い場合、思い切って、薬に頼るのも良い方法です。

整腸剤や下痢止めを飲んで、腸内を安定させるのもオススメです。
しかし、下痢や嘔吐が落ち着いたら服用するのは中止することが重要です。

薬には副作用がありますので、どうしても症状が重い場合のみ使用するようにしてください。

副作用

症状が重いということは、それだけ消化不良の程度も大きいという事になりますから我慢し続けると胃の状態は更に悪くなっていきますので、薬に頼るのも大切です。

現在、胃の薬は、様々な種類がありますが食べ過ぎの場合は、消化不良に効く薬を服用しましょう。

薬を飲むと10分~2時間程で、嘔吐が落ち着いていきます。
しかし、嘔吐が和らいだからといって、
その後、刺激のある飲み物や食べ物を食べたりしないようにしてください。
下痢や嘔吐の症状が和らいでも胃はまだ回復はしていません。

③ツボ押しをする

ツボ押し
食べ過ぎてしまうと胃がもたれたり、吐き気が訪れやすくなります。
そんな不快な症状を即効に改善させようとして、自分で口の中に指を入れて、食べた物を吐き出そうとするという方も多くいるかと思います。

しかし、これは胃や食道を傷つけてしまう行為となりますので、控えましょう。

そこまでせずとも食べ過ぎによって生じた不快な症状を簡単にスッキリさせる方法があるのです。

それは、ツボ押しです。

食べ過ぎによって、生じた不快な症状を改善させてくれると言われているのが不容(ふよう)と呼ばれるツボです。
不溶(ふよう)は、お腹にあるツボで、あばら骨に位置しています。

ツボ押しのやり方は以下の通りです。

1. 仰向けになる
2. 人差し指、中指、薬指3本の指で、押す

このツボが硬くなっていますと胃が疲労している証拠です。
胃を正常な状態に改善させる為にツボ押ししていきましょう。
これにより、食べ過ぎによって生じる下痢や嘔吐などの不快な症状が和らでいくでしょう。

④腸内環境を整える

食べ過ぎが原因の嘔吐・下痢は、一般的に1日程度で具合は収まりますが、その後も下痢気味である可能性があります。
また、外から見ても分からない腸の回復。一般的に1週間程、回復に時間がかかると言われています。

治ったと思っても、また日にちがあくと、嘔吐・下痢を繰り返す場合がありますので、腸内環境を整えることが大切です。

善玉菌と悪玉菌

腸内環境を整えるには、善玉菌と悪玉菌バランスが重要です。

善玉菌が減ってしまい、悪玉菌が増えると、腸内環境が悪くなり、便が臭くなったり、お腹がぽっこり、肌が荒れたり、口臭が臭くなったりします。

また加齢により、善玉菌は徐々に減り、悪玉菌は徐々に増えていく傾向があります。

善玉菌は主に、ヨーグルトなどから摂取することができますが、生きた乳酸菌が腸まで届いたとしても、腸内自体の善玉菌が増えることはないそうです。

そのため、腸内の善玉菌を増やすには、サプリなどで補うことが大切とされています。

毎朝飲み続けられるからおすすめ!ゼリータイプのサプリメント

⑤腸を休める

腸疲労の大きな原因の一つは、腸への負担にあります。
一気に食べ過ぎてしまう過食や寝る前などの不規則な食事、そして、消化の悪い食べ物など偏食などもあります。

このような状態をリセットするのに効果的なのが、<プチ断食>。
食事の後、体内では消化のために多くのエネルギーを要します。

腸内

腸が疲労している状態では、できるだけ消化エネルギーを使わないようにするのが、一番早い回復法といえます。
プチ断食では、まず半日〜1日を目処に食事の摂取をやめます。
1日〜2日目から「ファスティングジュース」「ヨーグルト」「すりおろしたりんご」などに置き替えます。

カットフルーツ
その後は徐々に、フルーツや茹でた根菜類(カボチャやイモなど)など消化の良い食事に変えていきながら、体調に合わせて通常の食生活に戻していきます。
また、「私はちょっと無理」という人は、1日の食事の中で、朝食と夕食だけを置き替えるだけでも効果を実感できます。

まずは、腸を休めることが目的です。

下痢・嘔吐が酷い場合

下痢嘔吐がひどい

まず、下痢や嘔吐がひどい場合は、お医者さんに行きましょう。

そして、下痢や嘔吐に伴う症状の中で、特に注意すべきなのが脱水症状です。

下痢や嘔吐によって、体内から多くの水分が体外へ排出されてしまっていますので、
脱水症状が起こりやすくなります。
ですので、こまめに水分を摂取するということがとても大切です。

以下の飲み物で、水分をしっかりと体内に補給してあげてください。

・ 白湯
・ 番茶
・ ミネラルウォーター(常温)
・ スポーツドリンク

以下の飲み物は、刺激物となりますので、避けてください。

・ コーラなどの冷たい炭酸飲料
・ 緑茶やコーヒーなどのカフェインが多い飲料

また胃腸に負担がかからないような以下の消化が良い食べ物から食べるようにしましょう。

・ おかゆ
・ うどん
・ 野菜スープ
・ ヨーグルト
・ 白身魚
・ 豆腐

脂っこい食べ物や糖分の多い食べ物は、症状が和らぐまでは厳禁ですよ。
胃に負担がかかった状態で、脂っこい食べ物や糖分の多い食べ物を食べると消化不良はまた生じてきますので、

まずは水分を多く含んでいる野菜や果物などから食べるようにしてください。

酵素ドリンクやスムージーなどは特に消化が良くなりますので、オススメです。
2~3日は、消化に良い物を摂取し続けて、疲労した胃を優しく労わってあげてくださいね。

今話題のミネラル酵素グリーンスムージー

≪あわせて読みたい記事≫
更年期障害の下痢・腹痛ついて~胃腸の症状と整え方~
食べ過ぎで便秘&吐き気があり苦しいときの対処法
胃腸が弱い人は鍛えて強くしてアンチエイジング

実際の口コミ

いつもお腹が痛い!下痢と吐き気に悩み暴飲暴食やめました

会社の人間関係がうまくいかなくなり間食をするようになりました。
寝る前にお菓子や炭酸ジュース、おにぎりなどを毎晩食べるようになったらほぼ毎日下痢をするようになったんです。お腹が常に痛い状態で、仕事に集中できません。
何度か吐きました。
このままでは良くないと思い間食をやめて、朝は手作りのグリーンスムージーだけ飲み乳酸菌サプリメントも毎日飲み始めました。
腸内環境が良くなってきたと思ったのは一ヶ月経った頃です。食べすぎは良くないと勉強になりました。

大食漢とベジファーストのミスマッチ

大食漢とベジファーストはミスマッチです。ベジファーストによって血糖値の上昇が遅くなり、満腹中枢を刺激する頃にはお腹がパンパンになるからです。
勿論吐き気が起こります。
しかし、吐くのを我慢します。個人差があるので何とも言えませんが、我慢する方法は濃い酢水を飲む事です。
酢酸が油の粒子を小さくして消化し易くするからです。他には生の生姜を一欠片食べる事です。胃の動きを良くします。

ぬるま湯を飲みながらひたすら下半身を温めていました

こってりしたお肉を食べた後に腹痛に見舞われ、ほとんど水のような下痢が止まらなくなりました。
こういった時には経験上、とにかく不調の原因となったものを出し切らなければ治りません。下痢止めなどは飲まず、脱水しないようにぬるま湯をこまめに口にしながら、下っ腹にカイロを貼って毛布で温めつつ、トイレ近くでひたすら横になっていました。
少しでも便意を感じたらトイレに駆け込んで出しきる、その繰り返しです。半日程度でスッキリした後、おかゆを食べてお腹を落ち着かせて治しました。

生活や食習慣の改善ポイント

食べ過ぎのほかにも生活や食事の習慣を見直すことは、腸疲労の改善だけでなく、日頃からの健康対策や疲れ・病気の予防にも効果的です。

さらに、免疫力がアップすると、美容効果や老化防止などうれしい効果もつながりますよ。

治癒力

生活習慣

《お風呂につかる》

1日の疲れをリセットできる一番の方法が入浴です。
できるだけ毎日お風呂につかって、その日の疲れを寝る前にとるようにしましょう。

入浴

特に、腸は冷えると動きが鈍くなり、正常な働きができなくなります。

半身浴でなく、40度前後のお湯に10〜20分程度しっかり浸かることが、腸を活発化させるのには効果的で、下痢の症状なども改善します。

《呼吸法(腹式)》

ストレスからくる腸疲労には、呼吸法がおすすめです。
先述のとおり、腸は第二の脳といわれるほど脳と直結していて、ストレスの影響を受けやすい臓器です。
正しい呼吸は、脳をリセットして腸のストレスの改善に役立ちます。
以下は、ストレス改善のための呼吸法です。

  1. 鼻から、5秒かけて息を吸う(一気に吸うイメージ)
  2. 口から、15秒かけて息を吐き出す(肺の中の空気をすべて出し切るイメージ)
  3. 1〜2を繰り返す(3〜5分を1セットに)

呼吸法
瞑想するように、できるだけ、目を閉じながら呼吸に集中するイメージで行いましょう。
1日中、仕事や家事の合間など、いつでも気が付いたとき。特に、ストレスを感じたときの対処法として効果的です。

また、このような腹式呼吸は、腸の適度な刺激にもつながります。

息を吸うときに、お腹を空気で膨らまして、息をはくときには、お腹に手を当てて押し出すようにすることで、腸をマッサージするような効果をもたらすので、下痢だけでなく便秘などの不調も改善するのでぜひ試してみてくださいね。

食習慣

《食物繊維》

食物繊維は、人の身体の消化酵素では分解できない成分で、大きく分けて「水に溶けない不溶性食物繊維」と「水に溶ける水溶性食物繊維」があります。

「不溶性食物繊維」は、スポンジを水分で包み込むながら排出するイメージ。代表的な食材としては「イモやゴボウなどの根菜類」「豆類」「きのこ類」「こんにゃく」「ココア」など、ザラザラとした食感が特徴です。

食物繊維
一方、「水溶性食物繊維」はゴミをからめとって排出するはたらきがあり、「リンゴやみかんなどの果物類」「人参・トマトなどの野菜類」「海藻」「大麦」など、ねばねば系とさらさら系の食品があります。
この2種類の食物繊維を2対1のバランスでとることが、腸の健康に理想的とされています。
また、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく含んでいる手軽な食品に「バナナ」があります。
バナナ
1日1本のバナナで、身体に不要なものを吸着して便と一緒に排出してくれるので、腸健康のためにはありがたいお助け食材といえます。

《抗酸化物質》

抗酸化物質とは、活性酸素による悪影響を抑えるはたらきがある成分。
活性酸素とは、体内でできるサビのようなもので、老化の大きな原因です。

特に、腸疲労の原因になる免疫力を保つためにも、抗酸化作用のある食物を意識してとるよう心がけましょう。

ビタミン群
代表的な食品には、ビタミンA・C・E、カロテノイドが一気に採れる「アボカド」。そして、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つリコピンを多く含む「トマト」。さらに、「ニンジンなどの緑黄色野菜」「アーモンドなどの豆類」などを、バランスよく摂取すると良いでしょう。

薬や病院

食べ過ぎによる腸疲労の治し方は、症状により異なりますが、一般的に病院や薬局では胃腸薬や下痢止めが処方されます。

下痢や嘔吐が激しい場合は、脱水症状を起こしている場合があるので、なるべく早く専門の医院を受診しましょう。

病院
自己判断で対処しつづけると危険ですので、くれぐれも気をつけて下さい。

実際の口コミ

食べ過ぎて吐いて下痢をして寝込んだのはこの時だけだった

元から沢山食べる方なので食べ過ぎてもお腹が苦しいくらいで済んでいましたが以前、中華料理を食べに行った時にかなり食べ過ぎてしまい帰り途中で胃がむかむかし始めて家に帰ってから吐き気がとまらずそのまま吐いてしまい吐いたら症状が治ると思っていたら下痢になってしまい次の日は一日寝込みました。
吐き気はその日のうちに収まりましたが下痢がとまらず病院を受診しようか迷いましたが横になって寝続けたら夜には下痢も治まり症状が改善しました。
それでも吐き気と下痢によって体力がなくなっていたので結局、次の日も寝込んでしまい吐き気や下痢で寝込んだことはこの時のみですが辛かったです。

食べ過ぎの場合の下痢はどの位の時間で治る?

食べ過ぎによる下痢や嘔吐は、腸疲労を起こしていることが考えられます。

期間の目安として、通常、痛みをともなう「急性下痢」で2〜3日、だらだらと便意をもよおす「慢性下痢」で2〜3週間程度で症状は収まっていきます。

万が一、それ以上症状が続くようであれば、専門の医院を受診した方が良いと考えられます。
もちろん、その期間より早めに病院へ行くことに越したことはありません。

病院の看護師

なにより、日頃から腸疲労にならないよう「食べ過ぎ防止」「生活や食習慣」で、セルフケアを心がけてくださいね。

漢方で痩せる

まだお腹の脂肪に悪戦苦闘してる?漢方ダイエットの驚異的効果

最近こんなこと、ありませんか? 「数年前よりもお腹にお肉がついたきがする」 「デニムやスカートの上にお肉が乗っ […]

コメントなし
トマトダイエット

トマトダイエットは効果がない!?栄養素やレシピなど

どうせダイエットするなら、やっぱり健康的に痩せたい!そう思ってる人も多いのではないでしょうか。 今、トマトの栄 […]

コメントなし
アンチエイジングに効くさつまいも

さつまいもの若返りや肌荒れの美容効果とは?

ホクホクした食感と鮮やかな紫色が美しい「さつまいも」。 疲れたときに食べると、ほのかな甘みが心も体も癒してくれ […]

コメントなし
酵素たっぷりパイナップル

ローフードダイエットとは!酵素で痩せるメリットと危険性

肌をきれいに保ちながら、体重を落としたい。両方を同時に手を入れたい女性におすすめしたいのが、今回ご紹介する「ロ […]

コメントなし
ダイエットに冷やご飯

冷やしご飯ダイエットの効果は?1週間で-1.8kg!?話題沸騰

ダイエットの大敵、炭水化物。 健康のためには食べるべきだと理解していても、痩せるために白ごはんは我慢・・・。 […]

コメントなし

ダイエットにも効果的!わさびの美容効果とアレコレ

日本の食卓に欠かせない薬味、わさび。 そのわさびがなんと、ダイエットに効くと最近話題になっています。 しかも、 […]

コメントなし

朝ご飯を食べないと太る!?食べないから痩せると思っていた方へ黄信号!!

~この記事で学べる事~ 朝ご飯を食べるメリット・デメリットについて。食べないと太るのか?痩せるのか? 朝ごはん […]

コメントなし
チアシードはダイエットに効く

チアシードの効果は?正しい食べ方でダイエット♪

ダイエット食品の中で、今最も注目されている「チアシード」。 海外セレブのミランダ・カーやモデルのローラなどの抜 […]

コメントなし
お腹痩せ

食事制限で痩せない理由と誤ったダイエット法と正しい痩せ食事法

食事制限によるダイエットは多くの方が実践するダイエット法です。 しかし、食事制限によるダイエットでは痩せないと […]

コメントなし
食べないダイエットで痩せる正しいやり方【最新版】

食べないのに太る・痩せない理由&食べないダイエット成功法

食べなければ痩せる。 これは多くの方が思っていることです。 その為、食べないダイエットで痩せるスリム化を目指す […]

コメントなし
吐き気とアンチエイジング

食べ過ぎで便秘&吐き気があり苦しいときの対処法

食物を食べ過ぎてしまうとお腹が苦しくなったり、吐き気を感じやすくなりますよね。 そして、食べ過ぎによって、引き […]

コメントなし
体重増加とアンチエイジング

ダイエット中に食べ過ぎ?自己嫌悪になる前に体重戻すために

結婚式や同窓会、誕生日やクリスマス、お正月、旅行など楽しいイベントではついカロリーの高い食事が多くなって、太っ […]

コメントなし
食べ過ぎが止まらない

食べ過ぎ止まらない・・・食べ過ぎを止めたい人必見の方法まとめ

ダイエット中なのに食べ過ぎてしまったという経験を持つ方は多くいるのではないでしょうか? 食事制限が原因である日 […]

コメントなし
食べ過ぎで痩せたい

食べ過ぎをやめたい&痩せたい人のための対処法!!

ダイエットをしているのについ食べ過ぎてしまうことってありますよね。 運動をすると潜在意識がカロリーを要求し、食 […]

コメントなし
スムージー

【食べ過ぎで後悔している人】ダイエットするスムージーの効果は?

誕生日や結婚式、クリスマスやお正月などの楽しいイベントがある日はつい食欲旺盛になってしまって、食べ過ぎてしまう […]

コメントなし
朝ご飯

【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

~この記事で学べる事~ 朝ご飯を食べ過ぎると太るのかどうかについて 朝ご飯をたくさん食べるダイエットについて […]

コメントなし
The following two tabs change content below.
Saori

Saori

編集長 saori 美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

\ SNSでシェアしよう! /

PALETTEの注目記事を受け取ろう

食べ過ぎておう吐・下痢を引き起こす女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

PALETTEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 人気のダイエットドリンクランキング!効果が高い酵素ドリンクやスムージーなどの口コミ

  • 膝上のたるみを引き締め解消!!取り除いてパーフェクト美脚へ!

  • 【めんどくさがり屋必見】目的別ダイエットサプリの正しい選び方

  • 30歳過ぎたら「美腹メイク」で 美しいウエストを手に入れよう!

  • 部分痩せに効果的な「ダンベルダイエット」の具体的な方法

  • 青汁ダイエットのやり方・効果は?人気のおすすめ口コミランキング

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

編集部おすすめ記事

まだデータがありません。