エイジングケア専門ライターによる「年齢に負けない」アンチエイジング研究サイト

  1. TOP
  2. スキンケア
  3. 肌のざらつきやブツブツの原因は?対策は?ピーリング化粧品?

肌のざらつきやブツブツの原因は?対策は?ピーリング化粧品?

肌のざらつき

肌のざらつきとは?

ふと気づいたら、肌がなんだかざらついている。

お化粧のノリも悪くなって、それだけで急に老けたような気分になってしまいます。

特に顔の中で肌のざらつきやすい部分は、鼻やおでこのTゾーン、そして、口周りとアゴ周辺のUゾーンです。

肌の水分不足

しだいに、肌がカサカサしたり、ニキビのように凹凸があったり、かゆみをともなうこともあります。

こんな肌のざらつきがあらわれたら、チャンスかもしれません。

肌は内臓の鏡といわれるように、身体の中の不調を知らせていることもあります。
そんな肌の状態について、原因やメカニズムについて見ていきましょう。

肌のざらつきはどんな生活習慣をしていると起こる?メカニズムは?

肌のざらつきのサイン。そのひとつは、生活習慣の乱れかもしれません。
まずは、自分の普段の生活を見直してみましょう。

偏った食生活

普段から美容や化粧品に気を使っていても、身体の中から健康でなければお肌の美しさは得られません。

ファストフード

食事制限による過度なダイエット、コンビニ食や添加物など、また栄養の偏った食事などが、肌の栄養不足からざらつきの原因になることもあります。

睡眠不足

女性の肌はターンオーバー(新陳代謝)によって、古い角質が新しい細胞に生まれ変わり、常に美しい皮膚が保たれています。

このターンオーバーが行われるのが主に就寝中です。

ターンオーバー

睡眠不足は、ターンオーバーを阻害する大きな原因になります。

ストレス

女性は特にストレスによってホルモンバランスや自律神経に影響を及ぼしやすく、これらの乱れにより肌の水分や栄養補給、ターンオーバーに不調をきたすことにもなります。

肌の状態が気になったら、日頃の生活で無理をしていないかどうか振り返ってみてください。

肌のざらつきの原因は?

肌がざらつきをおこすキーワードが、<肌のターンオーバー>。
ターンオーバーとは、皮膚を構成している「表皮」「真皮」「皮下組織」の一番外側の表皮が常に新しく生まれ変わりながら皮膚の表面に押し上げていくサイクルのこと。

真皮

表皮は、表面から角質層〜顆粒層〜有棘層〜基底層という4層で成り立っています。

一番奥の基底層で常に細胞分裂が行われ、その新しい細胞が表面へと徐々に押し上げられ、最終的に皮膚表面にたどり着きます。

その際、皮膚の古い角質層が剥がれ新しい皮膚が生まれることで、みずみずしい肌を保っています。

このターンオーバーの目安は通常約28日周期で新しい肌に生まれ変わりが行われます。

しかし、このターンオーバーがなんらかの原因で遅くなったり正常におこなわれなくなったりすることが、肌トラブルや肌老化の原因につながります。

ざらつきのチェックポイント

肌のざらつきの直接的な原因に、間違ったスキンケアがあります。

ポイントは3つ、「洗顔不足による汚れ」「洗顔の際の肌への刺激」「洗顔後の乾燥」。
主に、間違った洗顔の方法が肌をざらつかせる原因になっていることもあるので、正しい洗顔方法をチェックしてみましょう。

洗顔でしっかりメイクや皮脂が落とせていますか?

まずは、洗顔を丁寧にすることを心がけましょう。

メイクが残っていたり、余分な皮脂があったりすると毛穴に不要なものが溜まり、ニキビや炎症などを引き起こします。

洗顔

洗顔で肌をこすりすぎていませんか?

逆に、しっかり汚れを落とそうと洗顔料やクレンジングを使いすぎたり、ゴシゴシ擦りすぎて皮膚を刺激しすぎると、やはり肌のざらつきの原因になります。

また、肌に必要な潤いまでを取り除いてしまい、肌乾燥につながります。

洗顔後は、素早く保湿していますか?

そして、洗顔後のケアはまだ肌が湿っている状態の時に行うのが基本です。

「化粧水」「美容液」「乳液」「保湿クリーム」という順に、自分にあったケア方法で行いましょう。

乳液

肌のざらつきと肌老化の関係は?

肌トラブルや肌老化の原因は、ターンオーバー(新陳代謝)の乱れによるものであることはすでに説明いたしました。

では、肌老化と肌のざらつきについての関係について検証してみましょう。
肌のざらつきは、一般的に肌の乾燥から起こるとされています。

肌乾燥の原因は、「水分不足」と「栄養不足」。

これは、単なるフェイシャルケアの問題だけではありません。

もう少し肌のメカニズムを説明しておきますが、
表皮の一番外側にある角質層も、さらにいく重にも層が重ねられていて、各層の間に潤い成分が蓄えられています。

保湿

この潤い成分が十分に満たされていないと、角質層のすきまがごわついていき、皮膚表面では角質が反ってめくれ上がることが、手で触れた時に感じるざらつきというわけです。

肌のざらつきの肌へのデメリットは?

表皮の角質層の水分量が30%を下回ると、一般的に肌が乾燥している状態とされます。

このような状態になると、水分や必要な皮脂が不足し潤いが保てなくなり、肌表面は、ざらざらしたり、かさかさしたり、白っぽく粉をふいたような状態になります。

さらに悪化すると、皮膚乾燥から炎症からかゆみを引き起こし、うまく剥がされない古い角質層が毛穴に詰まることで、ニキビになることもあります。

肌のざらつきとブツブツはちょっと違う?

このように、肌に必要な水分や栄養が行き届かなくなると、ざらざらという皮膚に乾燥だけでなく、小さなブツブツしたものが見られることがあります。

実に、このブツブツも肌のターンオーバー(新陳代謝)の不調によるもの。

角質層が毛穴をふさぎ、余分な皮脂を外へ排出できなくなり、ニキビの初期段階「微小面皰」、つまりこれが小さなブツブツの正体です。

このまま放っておくと、症状はさらに本格的な「白ニキビ」〜「黒ニキビ」〜「赤ニキビ」と徐々に悪化が進んでいきます。

黒ニキビ

改善法にはどんなものがあるの?

これまで肌のざらざらの原因やメカニズムを紹介してきました。
さあ、いよいよ美しい肌状態を取り戻すための改善法です。

主な原因であるターンオーバーを正常に促すために、また、溜まって硬くなってしまった角質層をリフレッシュするためには、いくつかの方法があるようですので、さっそく見ていきましょう。

ピーリング

ピーリングとは、皮膚をやわらかくして角栓という古い角質と皮脂が合わさったものを剥離することが目的で行われます。

ピーリングには、美容皮膚科やエステサロンなどで行うケミカルピーリングと自宅で行う方法があります。

ピーリング
美容皮膚科では、症状を見ながら何段階かに分けて施術が行われます。

自宅で行う場合は、市販のピーリング剤を使用しますが、やりすぎて肌を傷めることのないよう、十分な注意が必要。肌の状態を見ながら1〜2週間に1度のペースで十分です。

化粧品

洗顔〜保湿によるケアで改善が見られることもあるので、まずは試してみましょう。
ざらざらとブツブツの症状には、スクラブ洗顔が効果的です。

スクラブ洗顔は、小さな粒子が含まれている洗顔料で、毛穴をふさいでいる古くなった角質の除去に効果的です。

使用方法は、お風呂などで肌の毛穴が広がった状態で、お化粧をクレンジングできれいに洗い流してから、やさしくマッサージしながら角質を洗い流します。

化粧品

洗顔の際は、スクラブで強くこすり過ぎないようくれぐれも気をつけましょう。
その後は、十分に保湿ケアを行ってください。

洗顔後は時間を置かず、化粧水〜美容液〜乳液〜保湿クリームの順に浸透させることで、角質に潤いを与え、さらに奥へと浸透させていくことができます。

皮膚科

皮膚科では、肌トラブルのタイプに応じて施術メニューが用意されています。
特に、肌のざらざらには、<ケミカルピーリング><イオン導入>などが適していると考えられます。

ケミカルピーリング

皮膚科やエステでのケミカルピーリングでは、薬剤を使用し皮膚の角質層から表皮上層部をはがれやすくするとともに、肌のターンオーバーの活性化促進を目的に行われます。

ピーリング

その効果は、乾燥を伴うざらざらの原因や毛穴のつまりによるニキビ、さらにうれしいことにシミやソバカス、シワの予防や改善が期待できます。

イオン導入

イオン導入は、ターンオーバー機能が低下した状態の肌に、水分や栄養成分を浸透しやすくするために、肌を通して微弱な電流を流す施術です。

美顔器

有効成分を皮膚の奥の真皮にまで浸透させ、肌コンディションの改善に高い効果が期待できます。

パック

最後に、ピーリングやスクラブ洗顔などで、肌の状態をリセットできたら、今後のフェイシャルケアとして行って欲しいのが、<毛穴パック>です。

お肌への刺激を考えると、シートで剥がすタイプよりも、洗い流すタイプがおすすめです。

保湿

洗い流すタイプのパックは、毛穴の汚れを吸着する成分が配合されたもので、お肌に塗ってしばらく置いてから洗い流すというもの。

汚れ除去の成分には、お肌に優しいミネラル成分天然クレイ(海泥)やシリカのような火山岩、炭原料などがあります。

また、保湿効果もあるハーブエキス成分配合など種類豊富なので、できるだけお肌に優しくケアできるものを選びたいものです。

\ SNSでシェアしよう! /

Ms.アンチエイジングの注目記事を受け取ろう

肌のざらつき

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ms.アンチエイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

専門ライター紹介 専門ライター一覧

Saori

Saori

編集長 saori
美容・健康分野で数多くのメディアを企画、運営。元化粧品会社勤務、その後健康食品会社マネージャー、その後独立。エイジングケア研究のため3年間ヨーロッパに留学。

この記事を読んだ方が興味ある記事

  • 専科パーフェクトホイップマスクの成分効果や使い方・頻度は?口コミは?

  • 肌がヒリヒリする原因は化粧品?乾燥肌は注意!対策法は?

  • 洗い流す?拭き取る?クレンジングの選び方変わる明日の肌・・・

  • ビーグレンの商品の特徴や効果は?毛穴、ニキビ、しわ、シミへの効果!

  • 重曹を使ったスキンケアとヘアケアで美肌と美髪両方ゲット

  • 肌荒れの原因や改善法!ニキビ、毛穴開きと治し方

人気記事

  • 【事実】朝ご飯食べ過ぎは太る?ダイエットと朝食の意外な関係

  • 一番効果のあったダイエットまとめ≪成功者547人に聞きました≫

  • 全然痩せない原因・理由はコレ!痩せられない人の共通点まとめ

  • どうしても本気で痩せたい人!「とにかく痩せたい」を叶える法

編集部おすすめ記事

  • フェイシャルエステのおすすめランキング!口コミ体験や安いサロンをご紹介!